« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

神田エール2015&UKエールフェア 神田「THE Jha BAR」少なくとも77回目

当ブログ77回目の登場。

ブログ書き始める前によく来ましたから、余裕で100回は越えてますね。

この日のビールメニュー。

Dscn2774_2

こういうラインナップは、貴重ですよね。

 

神田エール2015。

Dscn2775

少し冷ためでサーブされるので、手で温めてから飲むのがオススメ。

イギリス系のエールに、少しだけ新大陸風の味付け。

 

2杯目、HOBGOBLIN。

Dscn2777

エンボスの入ったオリジナルパイントグラス。

見た目の印象と裏腹に、スッキリ。

日本のクラフトビールでは、なかなかお目にかかれないテイスト。

 

つまみは当然(?)、フィッシュ&チップス。

Dscn2776

 

3杯目、ST. AUSTELL ADMIRALS ALE。

Dscn2778

おおーっ、イギリスっぽい。

久しぶりやん、この感じ。

 

THE Jha BAR

住所:千代田区神田多町2-5

電話:03-3252-3258

| | コメント (0)

酔ってたなぁ・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」41回目

人形町でふぐを食べた後で訪問(美味かったぁ・・・・・)。

 

Img_4973 Img_4974

 

さんざん日本酒を飲んでいたので、この一杯だけ。

Dscn2772 Dscn2773

伊勢角屋のペールエール。

飲んだ瞬間はスッと入ってくるんですが、時間差でマスカットのようなホップが襲ってきます。

41回訪問した中で、一番酔っ払ってたんじゃないかなぁ、この日は。

メモの字が、自分でも判読不能なので(笑)

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

天井、高っ! 門前仲町「軍鶏料理 有明」

門前仲町の軍鶏鍋のお店。

Img_4963

玄関までの狭いアプローチを抜けると、天井の高い広めの店内。

コースとかセットで頼んだ方がお得ではありますが、色々単品で頼むことに。

 

Img_4966

この店の名物、滝川豆腐。

画像でもわかりますが、繊維状になっていて、例えて言うならそうめんを束ねたよう。

食感も豆腐のそれではなく、「ザクザクッ」としていて、結構快感。

 

冷製蒸し鶏のポンジュレがけ。

Img_4968

 

軍鶏ハム。

Img_4969

 

白レバーのパテ。

Img_4970

 

そして、軍鶏味噌すき焼き。

Img_4967

ご馳走様でした。

 

軍鶏料理 有明

住所:江東区富岡1-14-19

電話:03-3641-4222

| | コメント (0)

盲目の僧侶? 「原宿タップルーム」16回目

表参道の「清水湯」までのラン後に訪問。

Img_4955

休日のお昼時に何度か来てますが、必ずいらっしゃる外国人の方が・・・

近くにお住まいなんやろか?

 

1杯目、ライジングサンペールエール。

Img_4956

「きりっと爽快な柑橘系のホップの個性」

香りが華やか。

現在のビールシーンでは、「ややホッピー」レベルなのも好印象。

安定感あるなぁ。

 

Img_4960

豚しょうが焼き丼。

これでランチメニューは、完全制覇かな?

 

2杯目、盲目の僧侶スパイスアンバーエール。

Img_4961

オハイオ出身の方が北京でやっている「グレイトリープ」とのコラボビール。

さらさらしてます。

7%の割には、ボディが薄い印象。

ううむ・・・

後半に進むにつれ、こなれてはきましたが。

 

ラストはアングリーボーイ。

Img_4962

やっぱり美味いわ。

 

原宿タップルーム

住所:渋谷区神宮前1-20-13

電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

食った!飲んだ!!  八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」40回目

40回目の訪問は、上司を連れて。

1杯目は、ミツボシピルスナー。

Img_4937

 

上司がいるので、普段食べないようなものも注文しちゃいます。

Img_4939

焼き野菜のサラダ。

 

2杯目、ベアードのインディアペールラガー。

Img_4938

 

そして、フィッシュ&チップス。

Img_4940

 

金しゃちのやわらかゴールデンエール。

Img_4941

ネルソンソーヴィン使用。

 

ノースアイランドのIPA。

Img_4942

 

そして、伊勢角屋のラッシュホップIPA。

Img_4944

ここで、上司は帰宅。

テーブル席からカウンターに所を変えて、一人二次会。

 

世嬉の一「賀正」。

Img_4947 Img_4948

 

そして、馨和KAGUAのルージュ。

Img_4953

 

特別に、スモーク3種盛り。

Img_4954

食べ過ぎ、かつ、飲み過ぎました・・・

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

森下「みの家」 → 門前仲町「ガブリエ」81回目

会社の後輩達を連れて、森下の「みの家」へ。

桜鍋と馬刺しで有名なお店。

Img_4935

コースではなく、アラカルトで頼んだんですが、正解だったかな。

 

解散した後、一人で門前仲町へ。

Img_4936

ガブリエ、81回目の訪問。

 

Dscn2770

サッポロ生UKP680円→580円。

驚くほど色が薄いね。

 

八海山アルト(UKP850円)。

Dscn2771

赤いねぇ。

そして、全然苦くない。

日本クラフトビール界伝統のアルトって風情。

 

下町ビアホール ガブリエ

住所:江東区富岡1-8-7

電話:03-3643-0115

| | コメント (0)

京都・四条烏丸「栞屋 烏丸仏光寺店」

大阪・天満から、京都・四条烏丸に移動。

21時は過ぎてましたが、O先輩が「ちょっと飲みに行こうよ」とお誘い。

ホテル近くのブラブラしてジャケ買い。

Img_4933_20210614160301

栞屋 烏丸仏光寺店」。

 

Img_4923_20210614160401

ビールを飲んでいたので、最初から日本酒。

 

Img_4924_20210614160601 Img_4925_20210614160601 Img_4926 Img_4927 Img_4928_20210614160701 Img_4929_20210614160701

 Img_4930_20210614160701 Img_4931_20210614160701Img_4932

結構食べてますね。

 

栞屋 烏丸仏光寺店

住所:京都府京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル上柳町320

電話:075-361-4001

| | コメント (0)

大阪に来たからこそ飲めるビール達 ビールの準現場から〜大阪・天満「箕面ビール」33回目

大阪での仕事を終え、天満へ。

Img_4921

 

ビールメニュー。

Dscn2760_6

 

東京のビアバーではあまり飲めない、ピルスナーからスタート。

Dscn2761_2

パイントグラスでもこの薄さ。

すっきりしててちょい苦。

 

つまみは鹿児島黒豚の豚キムチ(600円)。

Dscn2763

初めて食べましたが、これが結構美味。

 

2杯目、これもまた東京のビアバーでは、お目にかかることが少ないペールエール。

Dscn2765

ちょい苦の按配が、王道ペールエール(あくまで私基準)。

 

3杯目、スタウトのリアルエール。

Dscn2766

スルスル系、さっぱりと飲めるスタウト。

リアルエールだからって言うのもあるかもね。

 

4杯目、インペリアルスタウト。

Dscn2768

香りが華やかで、ボディしっかり。

美味い。

8.5%をあまり感じさせないのが素晴らしい。

 

さ、これから京都に移動です。

 

BEER BELLY 天満

住所:大阪府大阪市北区池田町7-4

電話:06-6353-5005

Img_4922

| | コメント (0)

Cooper Red 2014 リアルエールver.  新橋「COOPER ALE'S」24回目

24回目の訪問。

Dscn2755

呉のピルスナーでスタート。

ピルスナーらしく、ゆっくりと苦味が押し寄せてきます。

温度も泡の按配も丁度いい。

 

鶏もも肉の香草パン粉焼き。

Dscn2756

 

2杯目は、コレ。

Dscn2758Dscn2757_2

オリジナルハウスエール「Cooper Red 2014 リアルエールver.」。

リアルエールにしては、泡多め。

そして少し甘め。

ガスが弱い分、スルスル飲める。

リアルエールver.のがいいかな・・・

 

3杯目、ひでじのスタウト。

Dscn2759

ドライでもなくスイートでもなく、私の思う中間値的な良スタウト。

 

COOPER ALE'S(クーパー・エールズ)」

住所:港区新橋3-16-3烏森ビル3F

電話:03-6450-1377

| | コメント (0)

記憶力が素晴らしい 横浜・生麦「キングペリカン」少なくとも7回目

キリンビールで一番搾りを一杯だけ飲んだ後、2年1ヶ月ぶりの「キング・ペリカン」へ。

Dscn2748

前回が1年11ヶ月ぶりでしたから、2年に1度くらいのピッチで来たくなる店みたいですね。

 

Dscn2749

訪問日のビールは、函館ビールの「社長のよく飲むビール」。

ちょっとヘビーなので、横浜ビールのペールラガー(横浜ラガー)をパイントでいただくことにしました。

Dscn2750

うん、苦い。

パイントグラスで飲めるのがステキ。

 

つまみは、フィッシュ&チップス。

Dscn2751

2年に1度くらいしか来ないのに、カウンターの中の人は私がマラソンしていることなどを覚えてくれてました。

さすが。

 

2杯目も横浜ラガー。

Dscn2752

パイント分取れなかったため、グラスサイズに変更。

温度が丁度良いんだよね。

 

3杯目、樽が替わって横浜アルト。

Dscn2753_2

アルトは、もう少し高めの温度がいいかな。

故に後半が美味い。

 

4杯目、ギネス。

Dscn2754

スタウトと言うか、ギネス。

昔は逆でしたが。

 

ではまた、2年後(笑)

 

キング・ペリカン

住所:横浜市鶴見区生麦1-11-12

電話:045-503-1950

| | コメント (0)

スプリングバレーは3/18から ビールの現場から〜横浜市鶴見区「キリンビール横浜工場(ビアポート)」16回目 

2013年6月以来、1年半ぶりの訪問。

Dscn2739

接近を阻む、あの赤いコーンは何?

電気も付いてないし。

 

Dscn2740

スプリングバレー、3月17日までお休みなんですって・・・

 

仕方がないので、ビアポート目指してズンズン奥へ。

Dscn2741

 

ビアポートは、2007年6月以来。

Dscn2742

 

本来ならガッツリ飲みたいところでしたが、事情があって一番搾りを一杯だけ飲んで終了。

Dscn2747

ビールは楽しく飲まないとね(笑)

 

ビアポート

住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1

電話:045-506-3013

| | コメント (0)

ピルスナー系抜きで4パイント 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」39回目

39回目の訪問は火曜日。

ピルスナーのラインナップがあまり刺さらなかったので、ゆずホ和イトでスタート。

Dscn2732

色は薄めで、濁りあり。

さっぱりゆず風味。

ベルジャン+ゆず。

 

前菜5種盛り。

Dscn2734

 

2杯目、ブリマーのベストビター。

Dscn2735

ううむ・・・ちょっとしんどいなぁ。

色んな要素が、バラッバラに組み合わさっている印象。

 

3杯目、伊勢角屋のインペリアルレッドエール。

Dscn2737

これがレッド?

かなり濃いけど。

グラスに口を付けた瞬間、パッと華やかに香りが広がる、バランスの良いエール。

ところで、どのへんがインペリアル?

 

4杯目、ベアードのスルガベイ。

Dscn2738

タップルームは結構行くんですが、意外に飲んでないスルガベイ。

色薄めで濁りあり。

ホップバリバリっすね。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

鹿児島の定番 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その8〜ビールの現場から「霧島高原ビール」鹿児島県霧島市7回目

その7の続き。

 

朝食後、シャトルバスに乗って中心部へ。

照国神社や、中央公園のあたりを散策。

Img_4916

出来ることなら走って来たかったんですが、フルマラソンの翌日では、さすがにきつくて・・・

 

天文館から空港バスで空港へ。

空港に着いたら、「現場」に電話して、迎えに来てもらいます。

Dscn2714

K「前来た時は、歩いていったよなぁ」

現「車で迎えに来てもらうなんて、当時は考えもつかんかった・・・」

 

「現場」到着。

あれっ?

Dscn2715_2 Dscn2716

現「こんなのあった?」

K「知らんがな」

 

レストラン到着。

Dscn2718 Dscn2720

 

ビールメニューはコチラ。

Dscn2719

光って見えませんが、90分飲み放題1,944円。

 

現「俺はケルシュ」

K「俺も」

現「ピルスナー飲まへんの?」

K「一応全部飲みたいし、後で飲みたくならなそうやし・・・」

現「だよな」

Dscn2721

「通常は上面発酵製法ですが、霧島高原ビールでは特別な方法で下面醗酵並みの低温で熟成させました。ハラタウホップを使用したアロマ風味の豊かなフルーティーな酸味の爽やかなビールです」

現「かなり冷たいな」

K「ピリピリする・・・」

★7

 

現「さて、いよいよ・・・」

K「行きますか(笑)」

Dscn2722

2杯目、待ちに待ったボヘミアン・ブロンド。

「チェコが世界に誇る淡色系のピルスナービールです。チェコ麦芽とザーツホップを使用して低温でじっくりと寝かせて熟成しました。何杯飲んでも飽きのこないビールです」

 

現「Lサイズで頼まないのがポイント」

K「何で?」

現「Lサイズだと陶器のジョッキで来るんで、色がわからんのよ」

K「なるほど。Lじゃないから濁ってるかどうか、わかるんや」

現「そういうこと」

K「これも冷たいな」

現「ま、よくあることではあるが」

K「・・・・・」

現「・・・・・」

K「こんなんやったっけ?」

現「期待値が高過ぎるってのもあるけど・・・雑味があると言うか」

K「感動レベルでは無いんだよな」

★8

 

ピザ&ソーセージ盛合せ。

Dscn2723 Dscn2724

 

3杯目、ボヘミアン・ガーネット。

Dscn2725

「濃色系のピルスナービールです。チェコ産カラメル麦芽とザーツホップを使用、コーヒーのような香りが特徴です。黒ビールとしては驚くほど軽快な味わい。チェコでは女性が飲むと胸が大きくなると言われています」

現「これもバラついてるなぁ」

K「ブロンドに比べると、モルト強めやね」

現「どうしたんやろ?」

★8

 

4杯目、ボヘミアン・ブロンドをラージサイズで。

Dscn2726

現「なっ」

K「確かに、色は全くわからんね」

 

5杯目、ボヘミアン・ガーネット。

Dscn2728

K「ブロンドとガーネットは、泡の色でわかるね」

現「確かに」

 

ガーリック味のスープ&2枚目のピザ。

Dscn2727 Dscn2729

 

6杯目のボヘミアン・ブロンドで〆。

Dscn2730

現「そろそろ空港行く時間やで」

K「文句言ってるわりには、結構飲んだな」

現「単純計算だと、1杯あたり300円強か」

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

来年に期待です。

 

チェコレストラン リトルプラハ

住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15

電話:0995-58-2535

Img_4917

 

 

| | コメント (0)

ご来光? いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その7

その6の続き。

 

マラソン翌日は、ホテルの露天風呂集合。

 

現「まだ暗いね」

K「ちょっと早かったかな」

 

この日の日の出は、7時20分頃。

風呂に集合したのは、6時半。

のぼせるっちゅうねん。

一旦部屋に帰って、出直し。

 

7時25分。

Dscn2708

現「そろそろじゃない?」

 

7時26分。

Dscn2709

K「ひょっとして、もう出てるんじゃ?」

現「出てるかなぁ・・・」

 

7時30分。

Dscn2711

K「これは完全に出てるなぁ」

現「噴煙が南にたなびいてるから、ぼんやりしてるんや」

 

朝食は定評のあるビュッフェではなく、和食。

Dscn2712 Dscn2713_2

現「これからどうしよっか?」

K「11時半頃には鹿児島空港に着きたいなぁ」

現「だとすると、天文館10時半くらいか・・・」

K「だとすると、ホテルは何時出発かな」

現「俺、市内散歩したいんで、天文館集合にしてもらってイイ?」

K「エエよ」

 

その8に続きます。

| | コメント (0)

いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その6〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市 4回目

その5の続き。

 

鹿児島中央駅には、16時頃着いたと思います。

 

現「ホテルまでは、無料シャトルバスあるけど・・・」

K「タクシー乗らへん?」

現「せやな、それくらい贅沢させてもらおう」

 

城山観光ホテルにチェックインし、桜島を望む自慢の露天風呂で集合。

 

K「エエ景色やなぁ」

現「エエやろ」

K「あとは、楽しいことしか残ってないな」

現「夕食7時スタートなんやけど、食べた後天文館行く?」

K「最初はそのつもりやったけど、ダルいっちゃダルいな」

現「せっかく良いホテル泊まってるんやから、今日はゆっくりせえへん?」

K「そうしよう!」

 

19時、レストラン「ホルツ」前。

Dscn2689 Dscn2690

現「ここは初めて?」

K「初めて」

現「今日飲むのは、ここで終わりやから、せいぜい飲もう!」

 

バイキングレストランなので、行く度にテーマが変わってます。

今回は「北欧風グルメフェア」。

Dscn2703

現「北欧か・・・」

K「微妙と言えば微妙」

現「IKEAで食べるようなミートボールとか?」

K「酸っぱい魚とか?」

 

食べ放題+飲み放題にプレミアムプラン500円を追加して、4,700円。

これで城山ブルワリーのビールが飲み放題なんですから、安いもんです。

 

ビールを飲みたい気持ちをぐっと抑えて、料理一皿目。

Dscn2691

現「さすがに、全部が北欧風ってわけじゃないね」

K「リスク高過ぎるからな」

現「バイキングって、取り過ぎさえ気をつけたら、色々ちょこちょこ食べられるのがエエんよ」

K「ここと箱根が、ビール&バイキング界では双璧やね」

 

いよいよビール!

Dscn2692

現「1杯580円か」

K「飲み放題2,000円だから・・・」

現「4杯で元が取れるな」

K「余裕すぎる(笑)」

現「飲み過ぎてぶっ倒れても、ここに泊まってるし」

K「明日も遅いし」

現「超余裕」

 

1杯目、ベルギーホワイト【桜島小みかん】。

Dscn2693

「鹿児島特産桜島小みかんの皮を使用。スパイシーな口当たりと小麦の酸味、オレンジの香りがほのかにします。女性の方におすすめです」

スタイルなりに色が薄めで濁りがあって泡が白い。

エイドでも出された「桜島小みかん」は、控えめでバランスを壊さない。

★8

 

現「うんまいね」

K「そだね」

現「ここのビールは、食中酒として造られてるから」

K「俺ら好み」

 

2杯目、ペールエール【琵琶茶】。

Dscn2694

「フルーティな味わいでホップの苦味と香りが特徴のペールエール琵琶茶。ほんのり甘くまろやかな琵琶茶は美容と健康維持に良いと言われ、その動きが注目されております」

ちょい苦でバランスしてます。

★9

※HPは「枇杷茶」と表記

 

現「よく出来たペールエールやね」

K「お茶っぽい香りが、ほんの少し」

現「琵琶茶って言われて『ん?』ってなるけど、全然正統派なんだよな」

K「ちょっと泡が多いかな」

現「飲み放題は、大らかな気持ちになれるからいいね」

 

料理二皿目。

Dscn2696

 

3杯目、ハーブエール【万咲IPA】。

Dscn2704

「一株食べれば一日長生きするといわれる徳之島の長命草(万咲)、世界的人気のビールスタイルIPA。ホップをふんだんに使用し、苦味が強く奥深い、ビール好きの為のビール」

苦いけどOK。

さすが城山、「食中酒」の範囲内。

★8

 

現「名前がキワモノっぽいけどね」

K「普通に美味いIPAやし」

 

4杯目、ベルギーホワイト。

Dscn2697

K「スタウトちゃうんや」

現「デザートに合わせようと思って」

 

5杯目、ペールエール。

Dscn2698

 

料理三皿目。

Dscn2699

 

6杯目、7杯目もペールエール。

Dscn2700 Dscn2701

 

一旦、ご飯もので〆。

Dscn2702

 

8杯目、スタウト【黒糖】。

Dscn2706

「細かい泡立ちと大麦の香ばしい味の黒ビール。黒ビールが苦手な人にもクセがなくスムーズな味に仕上がっており、ほのかに黒糖の香りがします」

すごくドライってわけじゃないけど、スイートではないのでデザートには合います。

Dscn2705

 

9杯目もスタウト。

Dscn2707

現「いやぁ、飲んだね」

K「飲んだ」

現「9杯だから、1杯200円ちょっとまで希釈化したことになるな」

K「あとは寝るだけ(笑)」

現「明日は何時スタート?」

K「風呂でご来光見る?」

現「いいねぇ」

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

その7に続きます。

 

ガーデンレストラン ホルト

住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1

電話:099-224-9330

Dscn2695

| | コメント (0)

棄権するする詐欺? いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その5

その4の続き。

 

午前8時半、スタート地点に移動。

Img_4911

現「すごい人やな」

K「参加者18,000人越えてるらしいで」

 

午前9時、腰の不安を抱えながらスタート!

市街地を抜け、細かいアップダウンを繰り返しながら、10kmまでは上り基調。

10kmを越えると、池田湖と開聞岳が見えてきます。

Img_4913

現「棄権するにしても、12.5kmまで走らんと収容車も無いから」

K「そんなに痛い?」

現「いや、痛いのは痛いけど、悪化はしてない」

 

池田湖畔沿いの道からは、菜の花越しの開聞岳。

Img_4914

この先辺りで、ビア友Kとはぐれてしまいます。

アップダウンが多いので、どうしてもスピードがバラつくんですよね。

はぐれてしまったせいで、何となく棄権しづらくなってしまいました・・・

この孤独なランを支えてくれたのが、豊富なエイド。

公設エイドでは、バナナ、チョコ、氷砂糖。

私設エイドでは、豚汁、ぜんざい、かつおの腹皮焼き、足湯等々・・・

ビア友Kが私に追いつく形で、30km過ぎの下り坂で再会。

 

現「速いね」

K「腰、どう?」

現「ぼちぼちやな。着地する足の角度さえ気をつけてれば、最後まで行けそうな感じ」

K「そら良かった。俺は中間地点をいい感じで越えられたので、調子上がってきた」

現「俺はこれ以上のペースは難しいから、気にせず走ってや」

K「わかった、ぼちぼち行こう」

 

山川港沿いの道を走った後、最後の上り(35km地点過ぎ)。

これがキツかった・・・

前を行くビア友Kの背中がどんどん小さく・・・

坂を上りきった頃にはすっかり背中が見えなくなってしまいましたが、温泉街を緩やかに下る道で再び合流。

 

K「あとちょっとや」

現「城山観光ホテルが待ってるで」

 

ゴールは2人揃って。

楽しそうな出店も温泉もありましたが、脇目もふらず鹿児島市内へ直行するバスに乗車。

 

K「スムーズ過ぎるくらいスムーズやな」

現「よう完走できたわ」

K「棄権するする詐欺やで(笑)」

 

その6に続きます。

| | コメント (0)

午前5時の鹿児島中央駅は人だらけ!  いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その4

その3の続き。

 

マラソン当日。

午前4時起床予定だったんですが、3時半に目が覚めてしまいました・・・まだ昨日の酒が残ってる(泣)

ビア友Kとの集合場所、鹿児島中央駅は5時前にも関わらず、結構な人波。

そのほとんどがランナー(笑)

大イベントなんですね。

 

ビア友Kと合流し、荷物をコインロッカーに預け、指宿へ向かう臨時列車に乗るため改札を抜けたところ・・・

Img_4909

K「何これ、ホーム入場制限してんの?」

現「そうみたいやな」

 

何とかホームに降りた後も、待っていた電車は結構な混雑。

 

現「1本後の電車にしたら座って行けるんちゃう?」

K「それが良さそうやね」

 

暗くて寒いホームで待つこと、約15分。

ボックスシートに無事座れました。

5時21分、ランナー満載の臨時列車が鹿児島中央駅を出発。

 

現「こっち側の席だと、日の出とか見えるんじゃない?」

K「まだ真っ暗やけどな」

 

6時30分。

 

現「あと15分ほどで指宿やけど、全く明るくならんね」

K「東京よりもだいぶ西やから、日の出も遅いってことか」

 

6時47分、指宿駅着。

改札出るのに行列、会場に向かうバスに乗るのにも行列。

Dscn2688

現「人は多いけど、さばきがキチンと出来てるよな」

K「さすが第34回」

現「よく考えられてるんで、ストレスフリー」

 

指宿総合体育館で受付を済ませ、準備万端。

 

現「あとは腰がもつかどうかやな・・・」

K「腰?」

現「一週間前に、軽く痛めてもうて・・・実は棄権する気満々やねん」

K「ずるっ!」

現「痛いもん、しゃあないやん。でも行けるところまで行くで」

 

その5に続きます。

Img_4910

| | コメント (0)

2軒目は名物てんこ盛り いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その3〜鹿児島市「龍泉」

その2の続き。

 

現「美味かったなぁ、前割り」

K「インパクトあったわ」

現「さて」

K「豚しゃぶ食べてないね」

現「きびなごの刺身も」

K「かつおの腹皮も」

現「行くしかないか、まだ7時前やし(笑)」

 

天文館公園周辺を、店を探して30分ほどブラブラ。

スマホに頼ったりしません。

あくまで足で探索。

 

K「ここどうやろ?」

Dscn2677

現「結構混んでて、イイ感じやん」

K「焼酎の前割りもあるみたい」

現「よし、入ろう!」

Dscn2670

現「よしよし」

K「よしよし」

 

まずは、焼酎から。

Dscn2667 Dscn2668

現「2合で400円!」

K「恐るべし、鹿児島」

 

まずは、お通し。

Dscn2669

 

そして、きびなごの刺身。

Dscn2671

現「たまらんねぇ」

K「『鹿児島に来た感』が半端ないな」

 

Dscn2672

「龍泉揚げ(薩摩揚げ)」。

フワフワで美味。

 

K「さっきの店の焼酎の方が好きかな」

現「俺も」

K「ここのも美味いけどね」

 

かつおの腹皮焼き。

Dscn2673

 

そして、豚しゃぶ。

Dscn2675

現「下品なくらいに名物だらけ(笑)」

K「さながらダイジェスト版やね」

 

ラストは、大好きな鯖!

Dscn2676

現「明日は何時に出る?」

K「5時鹿児島中央駅集合にしよっか」

現「早いねぇ〜(笑)」

K「9時過ぎたんで、そろそろ出るか」

現「あとはカーボだけかな」

 

お店の人に聞いた天文館公園近く店で、ラーメンを食べて、本当にフィニッシュ。

Dscn2686 Dscn2684

 

ホテルまでは徒歩で。

Dscn2687

 

その4は、いよいよマラソン当日。

 

「龍泉」

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町7-12

電話:099-226-0639

| | コメント (0)

「前割り」の衝撃 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その2〜鹿児島市「丸万元祖焼鳥」

その1の続き。

 

注文の多い中年男二人が、ジャケ買いしたお店。

Dscn2665

「丸万元祖焼鳥」。

扉を開けると、左側にCの字のカウンター。

まだ6時前だったこともあり、客は我々のみ。

カウンターの奥まで進んで、腰を落ち着けます。

 

Dscn2654

現「うん、エエ感じ」

K「今のところ、見立て通りやな」

 

店「うちは、もも焼きしかないけどいいかな?」

現「もも焼きだけ?大丈夫ですよ」

K「そのもも焼き、幾らですか?」

店「1人前1,800円です」

現「ハーフサイズとかってあるんですか?」

店「ありますけど、切り落としになってしまうので、あまりオススメできないですね」

K「そうですか・・・・・じゃ、もも焼きを二人前」

店「付き出しが900円であるけど、どうします?」

現「どうします?って、1人1つ必ず付いてくるんじゃないんですか?」

店「鶏皮をポン酢で和えたものなんですけど、2人で1つでもいいですよ」

K「それじゃあ、付き出しを1つ」

現「あと、生ビール2つ」

店「承知しました」

 

現「1,800円って高いな」

K「よっぽど自信あるんやろ」

現「付き出しとか言いながら、頼まんでもイイとか言うし(笑)」

 

店「付き出しです」

現・K「ええっ・・・、コレが?」

Dscn2655

店「海苔の下に鶏皮があるので、もう一つの器を使ってよく混ぜて下さい」

現「ああ、なるほど」

 

海苔をこぼしながら、混ぜて取り分けるとこんな感じになりました。

Dscn2656

現「美味いね」

K「うん、美味い」

 

本日の主役「もも焼き(1,800円)」登場。

Dscn2657

現「骨が付いているので、かぶりついて食べられるってわけか」

K「見た目は、宮崎の地鶏焼きに近いかな」

現「(一口食べて)結構レアやね」

K「これは宮崎とは違うな」

 

Dscn2658

店「もも焼きに付いている、キュウリです」

現「ほう」

 

現「生ビール無くなったけど、次どうする?」

K「やっぱり焼酎かなぁ」

現「すいません、焼酎飲みたいんですが、どんな飲み方が?」

店「お湯割り飲む方が多いですね」

現「じゃ、お湯割り」

K「2つ」

店「お湯割りって言っても、ここで割るんじゃなくてもう馴染ませてるからね」

 

Dscn2659

K「いわゆる『前割り』ってやつか」

現「この味気のないグラスが、かえっていいよな」

K「美味っ!」

現「こんなお湯割り、飲んだこと無い!」

K「これで1杯250円とは・・・」

現「堪らんね、鹿児島」

 

Dscn2661

すかさず2杯目。

 

現「焼酎は『海童』ですか?」

店「同じ蔵の『薩摩富士』です」

現「濱田酒造!1回行ったことあります」

 

そして、3杯目。

Dscn2662

K「ばかウマ」

現「これからはお湯割りやな(笑)」

 

明日本番なので、ここらで切り上げます。

 

その3に続きます。

 

「丸万元祖焼鳥」

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町12-31

電話:099-224-6808

| | コメント (0)

注文の多い二人 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 その1

富士山マラソンの事前打ち合わせの時に、急遽決まった鹿児島行き。

ビア友Kとの待ち合わせは、鹿児島空港。

私は何かとお騒がせのスカイマーク便。

Img_4907

20分遅れで、鹿児島空港着。

ANA便で到着したビア友Kと合流し、バスで鹿児島中央駅へ。

この日泊まるホテルは別々だったので、一旦解散し各々ホテルへ。

 

再集合は、鹿児島中央駅の市電乗り場に17時。

市電に乗って、天文館へ。

 

K「軽く調べたんやけど、やっぱり豚しゃぶかねぇ」

現「俺もそんな気するけど、とりあえず歩こうか」

K「食べログ3.5以上、とか言う決め方はしたくないしな」

現「同感」

 

天文館通りをとりあえず南へ。

 

K「いいねぇ」

現「鹿児島に来た感あるなぁ」

K「でも、この通り沿いじゃないほうがいいよな」

現「よさげな通りを見つけたら、入ってみよう」

 

現「酒メッチャ安いで。ここ、エエんちゃう?」

K「エエなぁ、保留」

 

K「豚しゃぶや。ここもそそられへん?」

現「エエなぁ、保留しとこ」

 

現「ここどやろか?」

Dscn2664

K「面構え、エエ感じやん」

現「そういや、さっきネットで観たわ」

K「店の中、覗いてから決めよか」

現「そうしよ。最悪一品頼んで出てきてもエエし」

K「明日フルマラソン走るとは思えんな」

現「飲む気満々やし(笑)」

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

フードのラストオーダーは22時 浜松町「DEVIL CRAFT(デビルクラフト)浜松町店」2回目

「バルケッタ」から「DEVIL CRAFT」へ。

Dscn2653

22時に入店したんですが、入ると同時にフードラストオーダー。

散々食べたからエエけど。

 

Dscn2652

 

このラインナップからチョイスしたのは、伊勢角のインペリアルレッドエール。

Dscn2651

これでレッド!?と思った方、正解。

欠品だったので、マウイのココナッツポーターに変更を余儀なくされてます。

香りが微妙にココナッツ。

ポーターとの相性はいいですね。

 

DEVIL CRAFT 浜松町

住所:港区浜松町2-13-12

電話:03-6435-8428

| | コメント (0)

初訪問! 浜松町「バルケッタ」

八丁堀「麦酒倶楽部」の姉妹店、「バルケッタ 浜松町・大門店」に行ってきました。

Dscn2650

「ビールなお店」と言うより、「イタリアンレストラン」。

イタリア人シェフが焼く、本格窯焼きナポリピッツァが売りのお店。

 

ほら。

Dscn2643

 

ほら。

Dscn2647

 

ほら。

Dscn2645

 

でもね・・・

Dscn2639

すごいでしょ。

樽生が何と10種類!

おいおい(笑)

 

先日のイベントで一緒だったスタッフにも挨拶し、1杯目。

Dscn2640

日本海倶楽部の奥能登伝説(Lサイズ、890円)。

ややモルティな、しっかり系ラガービール。

現場」で飲んだのは、2年半前か・・・

 

お通し(250円)はコールスロー。

Dscn2641

 

そして、嬉しいのがこのシステム。

Dscn2638

「前菜盛合せ」はよくありますが、その内容を自分の好みで選べるんです!

 

Dscn2642

いろいろお肉のパテ、ポルチーニ入りライスコロッケ、ベーコンと野菜のキッシュ。

5種選びたいところですが、この後ピザも食べなきゃいけないので・・・

 

2杯目、アウグスのペールエールが欠品だったので、同じくアウグスのエクストラピルス。

Dscn2644

1杯目と同じくしっかり系ですが、よりキリッとしてますね。

 

3杯目、湘南の古代米IPA。

Dscn2646

すごく香る、薬のように。

うっかり頼んでしまいましたが、ソラチエース使用・・・

 

4杯目、TYハーバーのIPA。

Dscn2648

伝統芸としての新大陸系IPA。

「何のこっちゃ」って感じですが(笑)

でも、このくらいの按配が好き。

 

会社からも行きやすいし、いいんじゃないでしょうか。

 

バルケッタ 浜松町・大門店

住所:港区浜松町1-18-11

電話:050-5788-8102

| | コメント (2)

新春特別ビールメニュー!! ビールの現場から〜山梨県甲府市「OUTSIDER BREWING(アウトサイダー・ブルーイング)」6回目

清里から帰る途中で、甲府で途中下車。

 

6回目の訪問。

Dscn2625

1階の工場部分。

 

Dscn2626 Dscn2631

2階のお店。

まだ6時前だったので、賑わいはこれから。

 

1杯目は、新春特別ビールメニューから(注:1月7日まで)。

Dscn2628

クラウンゴールデンエール(Sサイズ、550円)。

「爽やかで強いホップ香と軽い口当たり。フィニッシュに強く残るホップの苦味。ホップの余韻をお楽しみください」

色は薄いが、濁りあり。

確かにホップ爽やかで、余韻が強く残ります。

個人的には、残り過ぎかな・・・

★7

 

定番メニューに戻りましょう。

Dscn2627

 

2杯目、インキーパー・ビター・ラガー(Sサイズ、500円)。

Dscn2634

「しっかりとしたコク、口中に広がるホップの苦みそして麦芽の味わい」

いつもよりローストが強めな気がしますが、気のせいか?

★7.5

 

いつもどおり、ほうとうパスタを頼んだんですが・・・

Dscn2632

何故かパスタの画像無し。

 

余談ですが、お店がingressのポータルになっているので、思い立ったらハック!

Dscn2633

 

3杯目、再び新春メニューに戻って、ツーステップベルジャンダブル(Sサイズ、600円)。

Dscn2635

「桃の天然酵母由来の甘〜い香り。香りとは裏腹に口当たりは軽く。ローストされた麦芽の酸味」

色は見てのとおり、かなり濃く、後味とってもベルジャン。

7%もあるのに、軽やか。

★8

 

前回美味しかった「桜肉の煮込み」。

Dscn2636

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

Hops & Herbs(ホップス・アンド・ハーブズ)」

住所:山梨県甲府市中央1-1-5

電話:055-225-2012

Dscn2637

 

| | コメント (0)

メニュー一新! ビールの現場から~山梨県北杜市「タッチダウンビール」13回目

清里駅は雪景色。

Img_4905

一応、ブーツは履いてきたんですが、油断をすると転倒しそうです。

駅前の階段を降りるのだけでも、一苦労。

Img_4906

普段なら快適な駅から「現場」への下り坂も、この雪だと恐怖しか感じません。

 

転倒すること無く、無事到着。

Dscn2610 Dscn2619

暖炉正面の席に陣取りました。

この日は、比較的空いてたかな。

 

ビールメニューが、リニューアルされてました。

Dscn2609

グラスの変更に対応したのかな?

写真が暖炉バックになって、ちょっとかっこ良くなってます。

 

1杯目、ピルスナー(Sサイズ、480円)。

Dscn2611

色、薄っ!

「こんなに薄かったっけ?」と思い、過去のエントリを見返したくらい(笑)

以前はパイントグラスで飲むことがほとんどだったので、余計そう感じたみたいですね。

やっぱりピルスナーは、濁りがあると見た目がイマイチ。

グラスの洗浄も・・・残念。

やや苦く、そして華やか。

★8

 

続いて、清里ラガー(Sサイズ、480円)。

Dscn2614

これも、色が薄く見えるなぁ・・・

ピルスナーよりクリア。

じんわり苦いが、しっかり感弱め。

★8

見た目が影響してるかなぁ・・・

 

ダブルベーコンカレー。

Dscn2613

写真がヘタ。

迫力が伝わっとらん!

 

3杯目、デュンケル(Sサイズ、480円)。

Dscn2616

光の具合もあるとは思いますが、これも色薄め。

香ばしいけどさっぱり。

★8

 

4杯目、アルト(Lサイズ、680円)。

Dscn2617

デュンケルよりも色は濃い。

Lサイズのグラスのほうが、キレイに洗えてます。

デュンケルよりも、更に軽やか。

★8

 

BGMは、U2、オアシス、ブラー、デヴィッド・ボウイ。

 

そして、満を持してプレミアム・ロック・ボック(Lサイズ、760円)。

Dscn2620

デカイな。

赤くてキレイ。

複雑なんだけど、その全ての味がイイ感じでからみ合ってます。

★9

これで760円はお得やなぁ。

 

BGM、デュラン・デュラン、ロキシー・ミュージック、シンプル・マインズ、ピーター・ガブリエル。

 

ラストは、ソフトクリームに合わせて、ショコラシュバルツ!

 

現「ショコラシュヴァルツをSサイズで」

店「申し訳ありません、1月下旬からの提供なんです・・・」

 

えっ、と思いましたが、メニューにしっかり書いてありました(泣)

残り少ないプレミアム・ロック・ボックに合わせるしか無いね。

Dscn2622

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

ROCK

住所:山梨県北杜市高根町清里3545萌木の村

電話:0551-48-2521

Dscn2624

| | コメント (0)

次はスキレットがいいなぁ 新宿御苑前「VECTOR BEER FACTORY(ベクタービアファクトリー)」2回目

店先でビールメニューを入念に確認してから入店。

Dscn2600_2

うん、これなら3杯は飲めそう。

 

1杯目、こぶし花のIPA。

Dscn2602

1杯目でも大丈夫なIPA。

 

オーブン料理メニューの中から、八幡平ポークのタリアータ。

Dscn2605

美味しそう!

だけど、ちょっと違和感。

Dscn2604

こういうので出てくると思ってたので・・・

 

2杯目、ベアレンのシュバルツ。

Dscn2606

ちょっとピリピリするなぁ。

惜しい。

 

3杯目、ベアードのバカヤローエール。

Dscn2607

濃いブラウン。

初期のベアードに感じた荒々しさが感じられます。

たまに飲みたくなりそう。

 

「VECTOR BEER FACTORY」

住所:新宿区新宿1-36-7

電話:03-5315-4744

| | コメント (0)

月面画報&賀正エール 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」38回目

年明け初訪問(通算38回目)は、川崎大師初詣の後に。

Dscn2589

ヤッホーとアマゾンのコラボビール、「月面画報」。

写真でわかる通り、とってもクリアで色はやや濃いめ。

この見た目でベルジャン風だから不思議。

 

2杯目、常陸野ネストの賀正エール。

Dscn2592

去年の1月以来、1年ぶりの賀正エール。

色は赤め。

相変わらず、複雑で美味い。

 

新年と言うことで、カウンター席の皆さんに、振る舞い酒。

Dscn2593

世嬉の一を常温で。

 

この他に「やくらいビール(瓶)」のおすそ分けもちょこっといただきました。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

Dscn2590 Dscn2596

| | コメント (0)

大盛況! ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「福生のビール小屋」?回目

2015年は、福生の「現場」でスタート!

Dscn2573

 

「雑蔵」は休みだったので、この日は「福生のビール小屋」。

Dscn2574

 

見る限り、テーブル席は予約で一杯。

Dscn2578

さすが、人気ですね。

 

Dscn2575

季節のビールは、ブルーベリーエールだそうです。

あと、ヴァイツェンがありますね。

「雑蔵」よりタップが多いってこと?

 

さて、何から行きますか・・・

Dscn2576

ヴァイツェンをグラスサイズで。

キレイなグラスですね・・・・・ん?

 

現「すいません、このグラスって、雑蔵と同じですか?」

店「いえ、違いますね」

 

なるほど。

 

「バナナのような香りが特徴のビール」

主張は強くないが、バランスの取れたスッキリ系好ヴァイツェン。

★8

 

2杯目、ブルーベリーエール。

このタイミングで飲まないと、飲めなくなるんでね。

Dscn2579

見た目は、いわゆるアンバーエール。

ヘッドがイマイチ。

さほどブルーベリーは強くないので、私でも大丈夫ですが、そう言うのを期待していた人には・・・?

★6

 

席の目の前で、ピザの生地をこねていたので、つまみはピザ。

Dscn2580

クアットロ・フォルマッジョ(1,300円)。

 

さて、ここでピルスナー投入。

Dscn2581

「麦芽の香りが豊かで、爽やかさと深い味わいのあるビール」

これはジョッキで。

少し濁っていて、説明どおり麦の味がしっかりします。

★8

 

4杯目、ペールエール。

Dscn2583

「香り高くフルーティーな、苦味と甘みのバランスのとれたビール」

確かにフルーティな香り。

ナンボでも飲める系。

★8

 

5杯目、ミュンヒナーダーク。

Dscn2584

「強くローストした麦芽使用。キャラメリックな香りの黒ビール」

悪くないんやけど、やっぱり苦手。

もう少しスッキリしてた方がいいなぁ・・・

★7

 

ラストは「あらばしり」で〆。

Dscn2586

「清酒をしぼる際の最初のわずか30%の部分を『あらばしり』といいます。フルーティーな香り、新酒特有の若々しい味わいを楽しめる、純米生原酒」

ボディしっかり系。

「雑蔵」ならいいんですけど、こっちのレストランだと、合わせるつまみが無いんよ・・・

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

福生のビール小屋

住所:東京都福生市熊川一番地

電話:042-530-5057

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます

2015年が明けました。
未年ってことは、年男ってことになりますね。
12年ぶりやなぁ(笑)

毎年書いてますが、抱負はありません。
ただひたすらに淡々と続けて行きたいと思います。
1月早々、ビア友Kと鹿児島へのマラソン&ビール企画があります。
鹿児島と言えば・・・(笑)
楽しみです。

| | コメント (7)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »