« ちょっと残念 ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」3回目 その4 | トップページ | 組み立てが難しかった・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」54回目 »

キャッセ羽生クラフトビアフェスティバル&野外ライブ

こぶし花ビールの現場「むじな庵」を出ると、お子さん連れを中心に何だか楽しそう。

Dscn3210

何と、こんなイベントが開催中!

Dscn3212

早く言ってよ、5杯も飲んじゃった(笑)

色々、ブースが出ています。

Dscn3206 Dscn3213

Dscn3214 Dscn3215

ハーヴェスト・ムーンも、TYハーバーも、那須高原も、コエドも飲めますが、現場主義者なので、ここでもこぶし花。

Dscn3207

マイボック(500円)。
「粗挽き麦芽をたっぷり使い、ホップの香りもこのタイプとしてはやや強めに造りました。オールモルトのリッチなコクと、ドイツラガータイプならではの穏やかな香味。高アルコールと溶け合う重厚な飲み応えのビールです」
ちょっとスカンキーなのが残念・・・
★7

Dscn3211

グランクリュ(500円)。
「グランクリュはベルギー・アビィビールの中のトリペル(トリプル)と呼ばれるビールです。トリペルは、淡い色と高いアルコール度、ドライな味付けの長期熟成ビールで、ベルギービール独特のフルーティな香りと、苦味・甘みなど複雑な味わいを楽しめます。麦芽使用量約1.8倍(当社比)。食前酒、洋食にお奨めの年1回特別限定醸造品です」
意外とすっきりしていて飲みやすい。
現地で飲めば、こんな感じなのかもしれん。
★8

帰りは、無料シャトルバスで羽生駅まで。

Img_5151

楽しい休日でした。

|

« ちょっと残念 ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」3回目 その4 | トップページ | 組み立てが難しかった・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」54回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと残念 ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」3回目 その4 | トップページ | 組み立てが難しかった・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」54回目 »