« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

特急料金は1,030円 ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」4回目 その3

その2の続き。

Dscn3378

やみつきバッファローチキンポテト添え(1,000円)。

4杯目、ペールエール。

Dscn3380

「英国(イギリス)で伝統的に作られている明るく澄み切った銅色(茶褐色)のビール。のど元に広がるキリッとした軽い苦みと、香りとコクが特徴」
ガスが弱くて、微かにフルーティ。
こういうペールエールあるよな。
是非パイントグラスで飲みたいビール。
★8

フェイスブックで「いいね」を押すともらえるアイスと、シトラスエールをもう一杯。

Dscn3381

また行ってみたい度は★4(5段階)。

帰りは特急「りょうもう」を奮発。

Img_5249

浅草まで1,030円!
俺も大人になったなぁ。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222


| | コメント (0)

ケルシュ&シトラス ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」4回目 その2

その1の続き。

ヴァイツェンを飲み終わらないうちに、2杯目注文。

Dscn3377

ゴールデンケルシュ。
「ドイツ麦芽を使用した『ケルシュ』スタイルの黄金ビール。フルーティーで華やかな香りとスッキリとした飲み口が特徴」
色はヴァイツェンと似たような感じ
微かに甘い。
ケルシュらしいケルシュ。
★8

ここで季節限定メニュー。

Dscn3375

シトラスエール。
「カスケードホップによる柑橘系の香りが、暑い季節にぴったりの『エール』タイプの限定ビール。スッキリとした爽やかな喉ごしは、ビールが苦手な方にもオススメです!」

Dscn3379

色は薄め。
結構カスケードではあるものの、日本の地ビール黎明期を思わせる味わい。
わりと好き。
★8

その3に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222


| | コメント (0)

バラ鑑賞の後に ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」4回目 その1

バラが綺麗な「ザ・トレジャーガーデン館林」を訪問。

Dscn3370

館林まで来たら、太田はすぐそこ。

Img_5246

駅から「現場」へ延びる道。

「現場」到着。

Dscn3371 Dscn3373

ビールメニュー。

Dscn3374

ヴァイツェンかゴールデンケルシュか・・・

Dscn3376

ヴァイツェンにしました。
「小麦麦芽を主原料とした味わい深いビール。炭酸が強く、スッキリとした清涼感のある喉越しが特徴」
クセが少なく、飲みやすい。
香りも抑えめ。
★7

その2に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (0)

2周年記念ネスト祭り 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」60回目

60回目の記念訪問も、ジム帰り。
記念訪問と言っても、何があるわけではありませんが。

あっ、何かあった!!

Dscn3361

お店の2周年記念で、常陸野ネスト祭り開催中! ※6月上旬

Dscn3363 Dscn3364

見てこのフクロウだらけのメニュー。

せっかくなので、流れに乗ってホワイトエールからスタート。

Dscn3362

少し後味に甘さが残るが、許容範囲。

2杯目、アンバーエール。

Dscn3365

赤ワインのような色。
こんなに焦げっぽかったっけ?
以前「現場」で飲んだのは2013年やからなぁ。

フィッシュ&チップス。

Dscn3366

3杯目、HACHI'S セッションアンバーエール。

Dscn3367

2周年記念、オリジナル醸造ビール。
「HACHI」にちなんで、8種類のホップを使用しているとのこと。

定番好きの私ですが、これは美味しいね。
セッションらしく、軽やかで。
8種入れると、角が取れていいのかも。
シングルモルトとブレンデッドみたいに。

4杯目、アマリロフレッシュ。

Dscn3368

クリアですね。
適度にシトラッシー。
微かに甘く、微かに苦い。

本日は、全て常陸野ネストで揃えてみました。
「現場」にでも行かないと、中々こんなこと出来ないもんね。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

アンバーエールとポーターが美味しかった ビールの現場から〜東京都台東区「Campion Ale」3回目 その2

その1の続き。

Img_5239

2杯目は、フェスティバルエールをハーフパイント(600円)で。
ゴールデンエールをベースに、蜂蜜をプラスしているとのこと。
かすかに蜂蜜由来の甘みがありますね。
★7

パストラミチーズサンド(1,200円)。

Img_5240

3杯目、アンバーエール(UKP、1,000円)。

Img_5241

焦げっぽさが無くなった。
軸になるビール。
美味しいです。
★8

ラスト、ポーター。

Img_5242

香ばしくてドリンカブル。
焦げっぽくなる一歩手前。
いい感じでバランスしています。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

Campion Ale
住所:台東区西浅草2-2-2
電話:03-6231-6554

| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール! ビールの現場から〜東京都台東区「Campion Ale」3回目 その1

今回は、走って東上野の寿湯
自宅からは約9km。
気温も高くなってきたので、これくらいがいい感じかなぁ。

Img_5233

決して設備が新しいわけじゃないんですが、いい銭湯でした。
露天風呂もあるし、ボディソープもあるし。
再訪確定やね。

寿湯から、東へ数分歩くと何とそこは「現場」。

Img_5234

素敵じゃないの。
何で今まで気づかなかったのか・・・

1階は何と満席!

Img_5236

2階で飲むのは初めてですが、気持ちエエやん!
ビールを取りにいかなきゃいけないのが難点といえば難点ですが、この気持ちよさには代えられないでしょ。

Img_5238

1杯目は、ビター。

Img_5235

UKパイントで1,000円。
あれ、前回800円だったような・・・
色から想像するより、香ばしいと言うか、焦げっぽい。
ドリンカブルですね。
★7

その2に続きます。

Campion Ale
住所:台東区西浅草2-2-2
電話:03-6231-6554

| | コメント (0)

珍しく3杯構成 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」59回目

59回目も、例によってジム帰り。

Dscn3354

奥入瀬とミツボシか、エエやんエエやん。

Dscn3356 Dscn3357

左、奥入瀬ピルスナー。
右、ミツボシウィンナスタイルラガー。
※同時に頼んだわけではありません。

どちらもモルティなフィニッシュ。
好きなビールなんですが、シチュエーションって大事。

Dscn3358

いつもの前菜盛り。

そして3杯目は、伊勢角のモルティフィールド。

Dscn3359

やや濁ってて、赤い。
シトラスっぽくはないが、フルーティ。
ガスが弱めで、スルスルドリンカブル。

いつもは4杯飲むんですが、この日はここで打ち止め。
体調悪いんやろか?

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

肉、肉、肉 吉祥寺「Va bene(ヴァ・ベーネ)」7回目

中央線に住む先輩2人と、半年ぶり7回目の訪問。

先輩たちが到着するまで、ハートランドでウェイティング。

Dscn3352

5種類か・・・・・全部飲んだる(笑)

Dscn3351

先輩到着。

3人いるので、普段頼めない肉の盛合せをオーダー。

Dscn3353

豪快やな。
よう考えたら、7回目にして初めてかも(泣)

クラフトビール?
もちろん、5種類全て飲ませてもらいました。

Img_5223 Img_5224

Img_5225 Img_5227

Img_5228

どれがどれかは聞かないで(笑)
先輩、ご馳走様でした。

イタリアン食堂 Va bene(ヴァ・ベーネ)
住所:武蔵野市吉祥寺南町1-17-9
電話:0422-26-7235

| | コメント (0)

ワインの前に1杯だけ 八丁堀「Gare de Lyon(ガール・ド・リヨン)」

八丁堀の「ワインなお店」。

Img_5222 Dscn3344

一人だけ早く着いちゃったので、お先に一杯。

Dscn3346 Dscn3345

このお店、予約の電話をすると「皆さんワイン飲まれますか」と確認されちゃうくらいワイン推しの店。
なので、ビールはこの一杯だけ。

そして、美味しい料理の数々。

Dscn3347 Dscn3348

Dscn3349 Dscn3350

たまにはいいね、こういうのも。

Gare de Lyon(ガール・ド・リヨン)」
住所:中央区 八丁堀3-3-9
電話:03-5541-4343

| | コメント (0)

さすがベアレンシュバルツ! 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」58回目

58回目の訪問もジム帰り。
っていうか、ジム行ったらかなりの確率でこちらにお邪魔してます(笑)

Dscn3333

まずは、ピルスナー系から。

Dscn3334

富士桜のピルス。
マラソン後に「現場」で飲むことが多いので、何だか新鮮。
もう少しキリリ系のイメージだったんですが、思ったよりモルティ。
何か印象違うな・・・

この日は店がてんてこ舞いで、中々オーダーできません・・・
やっとオーダーできた2杯目は、こぶし花のIPA。

Dscn3335

とってもクリアで、じんわり苦い系のIPA。
美味いぞ、やっぱり。

Dscn3336

初めてオーダーする「ゆず胡椒のアラビアータ」。
かなりパンチの効いた味。
舌がヒリヒリします。

3杯目、ベアードのフルーツフルライフシトラスIPA。

Dscn3339

かなりの濁りっぷり。
ジューシーではありますが、期待ほどフレッシュな感じはしないかな。

4杯目、ベアレンのシュバルツ。

Dscn3341

見た目はすごく熟成した赤ワインのよう。
絶妙なバランスやね、このシュヴァルツ。

大賑わいだった奥のブース。

Dscn3343

私は関係ないんですが、気持ち的にバタバタでした・・・

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

ここに来たらパン食べたい! 藤沢「MOKICHI CRAFT BEER」2回目 その2

その1の続き。

自家製ソーセージとマッシュポテト。

Dscn3326

洒落てるなぁ〜(笑)

2杯目、ピルスナー(Lサイズ)。

Dscn3327

こちらのセットは、パンが付いていなかったので、パン追加。

Dscn3329

美味しいんですよね、ココのパン。

メインの「自家製スモークの3種と旬の野菜サラダ」。

Dscn3330

これは、ビールが進むわ。

Dscn3331

3杯目、アルト(Lサイズ)。
香ばしさが際立つアルトですね。
アルト勝負なら、横浜のほうが好きかなぁ。

4杯目、シュバルツ(Lサイズ)。

Dscn3332

スルスル飲める、ドリンカブルシュバルツ。
いいね。

このエリア、いいお客さんが多いんでしょうね。
しょっちゅうは来れないなぁ・・・

MOKICHI CRAFT BEER
住所:神奈川県藤沢市南藤沢20-19
電話:0466-90-3590

Dscn3328


| | コメント (0)

中央林間の帰りに 藤沢「MOKICHI CRAFT BEER」2回目 その1

中央林間での用事を済ませて、藤沢へ。
ほぼ1年ぶりの訪問。

ランチメニューは湘南価格。

Dscn3324

チョイスしたのは、このメニューからではなくコチラから。

Img_5221

ビールが1杯付いて、2,180円。
ファーストビールは、どれからいくか・・・

Dscn3325

ピルスナーかゴールデンエールかホワイトセゾンかで迷いましたが・・・

Dscn3323_2

ゴールデンエール(Sサイズ)に決定。
かすかに濁りあり。
少し苦めでシトラッシー。
IBU26とあるが、ホンマかいな。

その2に続きます。

MOKICHI CRAFT BEER
住所:神奈川県藤沢市南藤沢20-19
電話:0466-90-3590

Img_5220


| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール 蒲田「ゆ〜シティ蒲田」

「ラン→銭湯→ビール」シリーズ、今回の目的地は蒲田。

海岸通をひたすら南下し、16km走って蒲田の銭湯到着。

Img_5216

ゆ〜シティ蒲田」。
露天風呂あり黒湯あり水風呂あり。
これで460円、銭湯ってスゲーなぁ。

すっきりしたところで、京急蒲田駅方面へ向かい、関西風の串揚げ屋に落ち着きました。

Img_5217

もちろん1杯目はビールでしたが、2杯目以降はハイボール。

Img_5218

デカイんだ、このジョッキ(笑)

Img_5219_3


| | コメント (0)

安くて美味い 浅草「喜美松」2回目

会社の後輩を連れて、浅草の「喜美松」。

Img_5214

前回来た時はカウンターでしたが、今回は小上がり。

Img_5215 Img_5212

いやぁ、安くて美味しい。

Img_5213

ここへ来ると、ホッピーばっかり飲んでしまう・・・

「喜美松」
住所:台東区浅草4-38-2
電話:03-3874-5471

| | コメント (0)

間違えちゃった・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」57回目

57回目はジム帰り。

Dscn3313

ううむ、どれにしよっか・・・

Dscn3315

タモリカップにしました。
赤くてクリア。
ややモルティでガス少なめ。
グイグイ飲める仕上がりではあるんですが、ジム帰りの私的には、もう少しキレてる方が良かったかも。

Dscn3316

私の定番、前菜盛り(ハーフ)。

2杯目、伊勢角のブロンドエール。

Dscn3317

見てのとおり、ピッタピタ。
あまり「ブロンド」っぽくない色に、ほとんど無いガス。
これはビールか?と疑われてしまいそう。
UKパイントグラスで飲みたいビール。

3杯目、志賀のNot so special。

Dscn3318

ん?

現「Y川さん、これってホントにNot so special?」
Y「すいません、志賀のアニバーサリーIPAと間違えました!」

色は薄くて、少し濁りあり。
今風の味ではありますが、さすがに苦すぎました・・・

Dscn3319

仕切り直し。
これこれ、この味。
スルスル、ドリンカブル。

4杯目の前に、ポテト追加。

Dscn3321

ラストは、うしとらの「不惑のアンバー」。

Dscn3322

濁りもモルトも強め。
4.9%とは思えないヘビーさ。
美味しいのが並ぶ「うしとら」のビールの中では、ちょっと苦手かも・・・

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)


| | コメント (0)

ちょっと珍しい組み立て 新宿御苑前「Vector Beer」15回目

15回目の訪問。

Dscn3309_3

スワンレイクのヴァイツェンからスタート。

Dscn3308

ピルスナー?と見まごうばかりのクリアさ。
すいすいスッキリ系のヴァイツェン。

現「南信州のヤマネブラウン下さい」
店「すいません、さっき無くなったんですよ」
現「あら・・・」

仕切りなおして、うしとらの「グレフル入れちゃいました」。

Dscn3310

黄色くて濁りあり。
ホップ由来のグレフル感ではなく、本来のグレープフルーツのみが出せるグレフル感。
よく出来てるなぁ。
難があるとしたら名前かなぁ。
もっと王道な感じが似合うと思うんだけど・・・

Dscn3311

ラストは、ヘリオスの星空ポーター。

Dscn3312_2

ちょっと焦げっぽいかな・・・

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

1杯だけ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」56回目

「とり健」の後に、ちょこっと訪問。

Dscn3306

1杯だけなら、これにしようかな。

Dscn3307

ブライアンのファーストIPA。
結構濁ってます。
華やかなホップの香りと苦み。
ワイルドですね。
最近のベアードにしては、攻めてますね。
モルトもホップもリッチ。

今度は、ゆっくり来ます。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

路地裏の一軒家 茅場町「とり健」

関西時代にお世話になった先輩と、茅場町「とり健」。

その名の通り、焼鳥の美味しいお店。

Img_5208 Img_5206

とろっとろの、レバー。

Img_5209

日本酒が、進む進む(笑)

Img_5207 Img_5210

先輩、ご馳走様でした。

「とり健」
住所:中央区日本橋茅場町2-14-8
電話:03-3639-9671

| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール 武蔵小山「清水湯」

ランと銭湯とビールを絡めたお出かけは、これまで何度もしてきました。

葛西「湯処葛西」→舞浜「ハーヴェスト・ムーン」 8回
2013年11月2013年12月2014年4月2014年5月2014年7月2014年9月2014年10月2015年1月

表参道「清水湯」→原宿「タップルーム」2回
2014年10月2015年1月

御茶ノ水「神田アクアハウス江戸遊」→御茶ノ水「cafe104.5」1回
2014年6月

浅草「観音温泉」→浅草「隅田川ブルーイング」1回
2013年11月

まとめてわかりますが、自宅起点だと意外とバリエーションありませんね(笑)
舞浜か表参道か・・・

「ビールなお店」優先だとバリエーションが限られるので、今回は銭湯優先。
ただ、銭湯優先と言っても、ランして風呂入って昼食にビールを飲むとすると、行ける銭湯が限られるんですよ。
今回調べて初めて知ったんですが、ほとんどの銭湯って午後3時頃から営業なんですね・・・

そんな中、セレクトしたのが武蔵小山の「清水湯」。
平日は8時から、日曜日でも12時から営業。
うん、大丈夫。
自宅からの距離はちょっと遠いけど、何とかなるでしょ。

第一京浜を南下し、田町のあたりで内側に切れ込み、五反田経由で武蔵小山。
15.5km走って、やっと到着。

Img_5205_2

天然温泉に入れて、大人460円は実にお値打ち。
汗を流し、火照った筋肉を水風呂でクールダウンし、武蔵小山の商店街へ。
この日のビールは、中華料理を食べながら。

次はどこの銭湯行きましょうか。

| | コメント (2)

初訪問! 愛知県名古屋市「Beer Bar Komugi」

新幹線の出発まで少し時間があったので、駅の近くでもう一杯。

Img_5199

Beer Bar Komugi」。

10席ほどのカウンターのみ。

生ビールメニュー。

Img_5200

頼んだのは、ヴァルシュタイナー。
ヴァルシュタイナーと言えば、ドイツビール旅行での記念すべき1杯目のビール

Img_5201 Img_5202

お通しは、プレッツェル(500円)。

シメイブルーで名古屋飲み〆。

Img_5203

食べ〆は、新幹線ホームのきしめんで。

Img_5204

Beer Bar Komugi
住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-24-10
電話:052-485-7557

| | コメント (0)

美味いぞ、クレセントライト ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」3回目 その2

その1の続き。

メニュー再掲。

Dscn3295

フードはタコス。

Dscn3299

中に入っているのは台湾ミート。
隣の店に入った気分が味わえます(笑)

3杯目、クレセントライト。

Dscn3301

「鋭い三日月をイメージした、シャープで切れのあるボディーと、キリッととがったホップの爽やかで鋭い苦味が特徴です。しっかりとローストされた麦芽のまろやかな苦味と香ばしさもあり、それでいて後味すっきりの黒いIPAです」
おおっ、黒い。
IBU62とメニューにあったんですが、嘘でしょ?と言いたくなるくらいドリンカブル。
そしでボディしっかり、ホップ適度。
このビールはメチャ美味いな。
★9

牛すじの自家製ビールどて煮。

Dscn3302

2日がかりで全種類制覇したので、昨日飲んだビールの中から★8の中からセレクト。

Dscn3303

4杯目、クラフトハートレッド。
うん、やっぱり美味い。

Dscn3304

ラスト、ホップカーニバルセッションIPA。
うん、いいね。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (1)

また来ちゃった(笑) ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」3回目 その1

連日の訪問。
また6時前ということもあり、店内まだガラガラ。

Dscn3298 Dscn3297

ビールメニューが、微妙に変わってます。

Dscn3295

OUT:ラ・モザイク
IN:ホップセダクションセッションIPA

今日も1番は昨日と同じ「ラ・モザイク」に任せようと思ってたのに・・・

数分考えた末、「新戦力」を起用することに。

Dscn3296

ホップセダクションIPA。
「軽やかなボディーに低めのアルコールで淡い金色のエールながら、しっかりとしたホップのキャラクターと苦味を味わうことが出来ます。麦の甘みも極力抑えられており口当たりはドライでキレのある仕上がり。お食事にも合わせやすい味わいです。ホップ好きにおすすめ」
「ホップセダクション」と銘打つだけあって、かなりの草系。
見てのとおり、色は薄めで濁りあり。
草系苦手な私ですが、このバランスならギリ大丈夫。
甘さは抑え目でドライな仕上がり。
★8

さて、2杯目。
最低のノルマは全種類制覇。

Dscn3300

燻し銀スモーク。
「燻製されたモルト由来のスモーク香をはっきりと主張させながらも、ワイマーケットのテーマである、もう一杯おかわり出来ちゃうドリンカビリティーの高い仕上がり。難しいバランスが求められる醸造を、ブリュワー歴18年の中西が難なく料理。これこそまさに、"燻し銀"な仕事!!!」
うすいブラウンで、やや濁りあり。
若干の生薬感あり。
ラオホはしょうがないんだけどね。
どうしても富士桜と比較しちゃうからなぁ。
★7

その2に続きます。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

Img_5198


| | コメント (0)

どのビールもレベル高し! ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」2回目 その3

その2の続き。

ビールメニュー再々掲。

Dscn3287

5杯目、ホップカーニバルセッションIPA。

Dscn3293

「現在、手持ちのホップを大放出!!贅沢かつ繊細に、そしてバランスよく使用した新作です。様々なホップのアロマ・フレーバーが感じられながらも、4.6%の軽めのアルコールとスムースな飲み口でドリンカブルな仕上がり。7種類の人気ホップのホップ祭りじゃぁぁ!!!!!」
IBUは高めながら、コメントどおりとってもドリンカブル。
色んなホップを使用した結果、とってもマイルド。
ブレンドって大事だなぁ。
★8

チキン&チップス(680円)。

Dscn3292

6杯目、マイティールーク。

Dscn3294

「チェスシリーズ第4弾『Rook』。強靭な戦士をイメージしたしっかりとしたボディーで、アルコールもやや高め。麦芽の濃厚な旨みの中に、爽やかなホップのフレーバーのバランスが絶妙。後口に心地よい甘みが残る、とてもまろやかな仕上がりです」
甘いな。
いや、甘く感じると言ったほうが正しいか。
ただ、その甘さの中に、しっかりとしたホップの苦さも感じます。
結構モルティにも関わらず、アルコール感は控えめ。
いいじゃない。
★8

あと2杯飲めばコンプリートなんですが、ここで断念。
明日も来ますわ(笑)

また行ってみたい度は★5(5段階)。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (0)

アイパー大人気 ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」2回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー再掲。

Dscn3287_2

2杯目、クラフトハートレッド。

Dscn3289

「クラフトへの情熱をテーマにしたレッドエール。シトラスのような華やかなアロマを持ったアメリカンホップをしっかり効かせています。後味はスパイシーで、上質な苦味の余韻が心地よい。ホップ好きにはたまらない!クセになる濃厚な赤いエールビールです」
新大陸系のレッドエール。
まあまあ苦いが、適度な苦さ。
穏当でグッドなエール。
★8

3杯目、アイパー。

Dscn3290

「鬼伝説ビール☓ワイマーケット・コラボビール第1弾!!日本で最も有名なペールエールの一つでもある、鬼伝説ビール・金鬼ペールエールの味わいの骨格を受け継ぎつつワイマーケットのキレの良さを融合。名前は「I,Pa-」となってますが、スタイルはアメリカンペールエール。鬼伝説ビールの醸造責任者柴田氏のトレードマーク・アイロンパーマに敬意を表して命名です」
とにかくこの日のカウンター、みんなこのビールを飲んでました。
「すいません、アイパー」
「僕も」  みたいな感じで。
苦さ先行で、あっさり系。
ボディは薄め。
苦さもパッと来て、サッと去っていく。
★7.5

4杯目、ヒステリックアイピーエー。

Dscn3291

「パッションフルーツ・シトラス・グレープフルーツ・ライチ・青リンゴのようなホップのアロマが複雑に絡み合い、しっかりとした苦味、爽やかな酸味、まろやかな甘みを感じる濃厚なIPA。苦味の質にこだわった、当店人気No.1ビール」
見た目もクリアですが、味もクリア。
IBUはアイパー(39.2)より高めですが(53.16)、マイルドな苦さに感じるってことは、バランスしてるってことかな。
★8

その3に続きます。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (0)

6種類→8種類 ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」2回目 その1

昨年9月以来、2回目の訪問。

Dscn3285

カウンターの一番奥の席。

Img_5196

端っこ大好き(笑)

Dscn3287

ビールメニュー。
前回来た時は6種類でしたから、明らかにグレードアップしています。
IPA系に少々偏っている気はするものの、色んなスタイルがラインナップされてますね。
組み立てが楽しいっ!

1杯目は、迷わず「ラ・モザイク」。

Dscn3286

「淡く美しい金色をしたセゾンビール。ボディーは軽めで酸味を抑えた爽やかでドライな仕上がり。メインホップにアメリカ産モザイクをふんだんに使用し、独特の柑橘・トロピカルフルーツのようなフレーバーが心地よい。お食事とも合わせやすいビールです」
少し日和ってMサイズ(650円)。
IBUは24.4と低めですが、ボディが軽いからか、苦く感じます。
でも、軽いなりにバランスしているので、1杯目に最適。
前回飲んだ「セゾンシーズン」と似たタイプですが、ソラチエースを使ってないので、その分好印象。
★8

名古屋コーチンレバームース(550円)。

Dscn3288

他のカウンター席には、ビールマニアっぽい人と、地元のビール好きっぽい方がいらっしゃったんですが、「けやき」直前だったため、話題はそれ一色。
さすがですな。

その2に続きます。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (0)

4年ぶりの訪問 新橋「ビアライゼ'98」移転後3回目

ご無沙汰したなぁ、ビアライゼ'98。
震災の翌月に来て以来ですから、4年ぶりの訪問。

有難いことに、アサヒ樽生が復活。
震災直後は、スーパードライでしたから。

Img_5195

でもなぁ・・・
何だろ、このモヤモヤ感。
あんまりビールにインパクトが無いんですよね。

俺の舌が変わったのか?

「ビアライゼ’98」
住所:港区新橋2-3-4
電話:03-5512-5858

| | コメント (2)

祝・かりんとう復活! 「原宿タップルーム」17回目 その2

その1の続き。

Dscn3276

ここで定番メニューに回帰。

3杯目は、大好きアングリーボーイ。

Dscn3280

見た目は茶色で濁りがあって、全然美味しそうじゃない(笑)
フレッシュそうじゃないのに、フレッシュ。
相変わらず美味しいよ。

ここで壁メニューで気になる品発見。

Dscn3281

かりんとう(300円)。
原宿でかりんとうに出会ったのは、何と2010年2月
それ以来お目にかかれなかったんですよね・・・

かりんとう再会記念で、4杯目島国スタウト。

Dscn3283

やっぱ合うわ(笑)
ドライなスタウト。
甘くもないし、ホッピーでもない。

次来る時は、かりんとうの有無を確認してからにしますかね。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

Dscn3284 Dscn3282


| | コメント (0)

またしょうが焼き・・・ 「原宿タップルーム」17回目 その1

ラン後の清水湯からの、原宿タップルーム。

Img_5194

ラン後ならラガー系が定番ですが、ライジングサンから。

Dscn3275

タップルームですもの。
草っぽいっちゃ、草っぽいけどね(笑)

Dscn3274 Dscn3278

熟考の末に選んだのが、しょうが焼き丼。
選んでからわかったんですが、前回と同じ・・・
残念です。

2杯目はこちらのメニューから。

Dscn3277

無礼講時間ストロングゴールデンエール。

Dscn3279

これでゴールデン?
よくよく味わうと9%っぽいんですが、意識しないとわかんないレベル。
とってもデンジャラスです。

その2に続きます。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450


| | コメント (0)

4球全てストライク 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」55回目

55回目もジム帰り。
最近、ジム帰りしか無いな。

Dscn3268

今日は組み立て楽やな(笑)

1杯目、アウグスのピルスナー。
確実にストライク取れます。

Dscn3269_2

改めて飲むと、モルティ。
全然苦くない。
最近のビールでは、少数派のバランス。

2杯目、ベアレンのクラシック。
これも確実にカウントが稼げるボール。

Dscn3270

アウグスと比べると、ちょい苦。
エエバランスやなぁ。

3杯目、南信州のマイルドペールエール。
初球、2球目と順調に来ているので、3杯目はボールになってもOK。

Dscn3271

赤くてクリア。
紅茶っぽい。
マスカットっぽくもある。
俺はいいけど、これ受けるかなぁ・・・?
個人的にはストライクなので、これで三振。

4杯目、アウトサイダーのスリーストージャズレッドエール。
もう三振取ってるので、4球目は思い切って腕が振れます。

Dscn3273

穏健な新大陸系。
イイね、このビール。
これもストライク!

S水さんが不在だったので、メニューだけが頼りでしたが、素敵な4杯になりました。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

Dscn3272


| | コメント (0)

作戦勝ち ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」40回目 その2

その1の続き。

2杯目、ピルスナー(250円)。

Dscn3264

「美しい黄金色をしたチェコスタイルのピルスナー。ホップの強い苦味と、それに負けない麦の甘み!こだわりの3デコクション製法!」
説明文に「!」が多いね(笑)
少し濁ってますね。
そのせいか、黄色く見えます。
ちょい苦バランスが素敵。
★8

3杯目、アルト(350円)。

Dscn3265

「焼きたてのビスケットのような香ばしい香りを醸し出した赤レンガ色のエール。現地版より色が濃く苦味は控えめ」
仰るとおり色は濃いめで、見た目がちょっと・・・
味はいいんだけどね、やっぱり見た目が。
いや、美味しいんよ。
★8

4杯目、ペールエール(250円)。

Dscn3266

「爽快な飲み口と豊かな香りをお楽しみ下さい。アメリカンホップを使った柑橘系の香りと苦味が特徴的なペールエール」
苦いけど甘い。
ややフルーティ。
新大陸系なのに、穏やかなのが好み。
★8

5杯目、横浜ラガー(250円)。

Dscn3267

「マスカットやパッションフルーツを思わせるフレーバー。心地よい柑橘系の苦味がたまらない、醸造長イチオシのラガー!」
かなり苦めなんですが、順番が功を奏し、マイルドに感じます。
作戦勝ち。
★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。
ま、そうでなきゃ40回も来ませんわ。

驛の食卓
住所:横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »