« 豪快なジョッキでピルスナー 東海ビール旅行記2015夏 その5〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目 | トップページ | おかげ横丁は大賑わい 東海ビール旅行記2015夏 その7〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目 »

帰りはバスで 東海ビール旅行記2015夏 その6〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目

その5の続き。

2杯目、ヴァイツェン(中ジョッキ、680円)。

Dscn3780

「原料に小麦を用いるのが特徴のビール。口当たりがソフトで、苦味が少なく女性の方におすすめ。色は黄金色で泡立ちのきれいなビールです」
ジョッキで供されていることを除くと、実にヴァイツェンらしい外観。
手堅いですねぇ。
地味に美味い。
★8

黒のソーセージ(780円)。

Dscn3782

薄い皮が、パリっとしていて美味。

3杯目、デュンケル(中ジョッキ、680円)。

Dscn3783

「ドイツ・バイエルン地方で昔から造られているビール。ナッツやチョコレートを思わせるローストした麦芽の甘い風味と香りが特徴。色は濃い銅色のビールです」
これも「らしい外観」。
モルティで、実に妥当なデュンケル。
★8

どのビールも、忠実に造られている印象。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

走ってきましたが、帰りはバスで桑名まで。

Img_5573

その7に続きます。

なばなの里 長島ビール園
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
電話:0594-41-0752

|

« 豪快なジョッキでピルスナー 東海ビール旅行記2015夏 その5〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目 | トップページ | おかげ横丁は大賑わい 東海ビール旅行記2015夏 その7〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豪快なジョッキでピルスナー 東海ビール旅行記2015夏 その5〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目 | トップページ | おかげ横丁は大賑わい 東海ビール旅行記2015夏 その7〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目 »