« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

極私的「現場」リスト-埼玉(4)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

埼玉・羽生「こぶし花ビール」3回
受賞ビールだけあって、ビールは美味しいです。
ただ、レストランはちょっと・・・
★3
<2014.5追記>
2回目の訪問。
羽生駅から歩いて行きました。
うどん以外のつまみも幾つかあって、結構楽しめました。
メルツェンが美味かったなぁ。
★4
<2015.4追記>
3回目の訪問。
前回感動したメルツェンが今ひとつでしたが、ピルスナーは安定の美味さ。
★4

埼玉・川越「小江戸蔵の街」6回
ここはビールの種類も多いし、レベルは高いし、料理はリーズナブルだし、オススメです。
詳しくはコチラ
★5
<2009.4追記>
イタリアンレストランにリニューアルされてました。
あくまで個人的な好みではありますが、以前よりオススメ度は下がりました。
詳しくはコチラ
★3
<2014.1追記>
川越駅から走って5回目の訪問。
休日のお昼時だったので、結構混んでました。
★4
<2014.9追記>
6回目の訪問。
グラスがオシャレになってました。
★4

埼玉・小川「麦雑穀工房(ざっこくこうぼう)ブルワリー
馬場さんというもと大学教授だった方がやっているブルワリーです。
いずれは自分で栽培したものを原料に作るのが目標だそうです。
詳しくはコチラ
★4

埼玉・大宮「氷川の杜」
2015年8月に、新規245ヶ所目として訪問
結構種類があってびっくり。
★3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極私的「現場」リスト-三重(4)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

<三重>
4現場行ってます。

三重・美杉「火の谷高原ビール」2回
えっ、こんな山奥にこんな施設が!って感じがします。
ホテルあり、レジャー施設あり、レストランあり。
ちょっとビックリです。
「現場」もスペアリブをメインに据えるなど、がんばってる感じです。
★3
<2005.11追記>
聞いたところによると、以前「倭王」にいらっしゃったブルワーさんが今いらっしゃるのがここの「現場」とのこと。
再訪せねば。
遠いけど。
<2007.12追記>
初めて電車を乗り継いでいってきました。
意外に駅から近くてちょっとビックリ。
スペアリブもビールも美味しいです!
ビールも料理も、量が多いので注意です。
詳しくはコチラ
★4

三重・伊賀「モクモク地ビール」2回
とっても楽しい農業公園の中にあります。
レストランも開放的でいい感じです。
詳しくはコチラ
★4

三重・伊勢「伊勢角屋麦酒」6回
ビールはもちろんのこと、地元食材を使った料理が美味です。
是非行ってみてください。
★4
<2006.11追記>
種類も多いし、心意気もいいし・・・いい「現場」です!
詳しくはコチラ
★4→★5
<2009.3追記>
サイコロの旅」で訪問。
ビールは美味いし、飲み放題もあるし・・・最高です。
詳しくはコチラ
★5
<2010.6追記>
飲み放題1,980円。
詳しくはコチラ
★4
<2011.4追記>
6回目の訪問。
飲み放題が1,880円になってました。
詳しくはコチラ
★4
<2014.9追記>
7回目。
樽生が12種類に増えてました。
詳しくはコチラ
<2015.8追記>
内宮前店に初めておうかがいしました。
鰻と牡蠣推しのお店でした。
★4

三重・亀山「かめやま地ビール乾杯のうた」
名阪国道の始点(終点)亀山にある「現場」。
HPが見つからないため、今あるかどうかは不明です。
印象に残っているのは、店内を回っていたピエロを見て
娘が泣いてしまったことですか。
★1

三重・桑名「長島地ビール」2回
新規195ヶ所目の「現場」として訪問。
入場料が必要です。
入場料を払ってる模様はコチラ
★3
<2015.8追記>
走って温泉入ってビール飲んで。
詳しくはコチラ
★4

| | コメント (0)

極私的「現場」リスト-秋田(3)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

秋田・秋田「あくらビール
秋田市内にあります。
ドイツのビールをリスペクトしてる雰囲気が伝わってきます。
なかなか美味でした。
ビアレストランが貸切で入れなかったので、リベンジ予定。
詳しくはコチラ
★4
<2010.3追記>
前回訪れたのが「ビアカフェあくら」。
今回訪れたのが「ビアレストランプラッツ」。
私は「ビアカフェ」の方が好きだ!と、今回の訪問で思いました。
詳しくはコチラ
★3

秋田・角館「田沢湖ビール
老舗です。
温泉や劇場などが併設されてます。
詳しくはコチラ
★3
<2015.7追記>
角館から走って訪問しました。
レストランと同じ敷地に温泉があるっていいですね。
詳しくはコチラ
★4

秋田・田沢湖「湖畔の杜ビール
田沢湖かぶりつきの絶好のロケーションにあります。
ちょっと高いですが、料理は美味しかったです。
ビールは淡色系が多いです。
詳しくはコチラ
★3

| | コメント (0)

極私的「現場」リスト-宮城(4)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

結構行けてないのが、宮城。
まだ3現場です。

角田「仙南クラフトビール
2006年9月訪問。
一時醸造を中断されてましたが、復活しました。
あまり話題にならない気がしますが、結構好きです。
詳しくはコチラ
★4
<2011.6追記>
JR東日本の企画きっぷ「東日本パス」を使用して行ってきました。
ピルスナー、ヴァイツェン、古代米エール、スタウト。
詳しくはコチラ

仙台「キリンビール仙台工場
196ヶ所目の新規現場として、2009年3月訪問。
JRからも何とか歩けますし、近くにアウトレットがあるのが嬉しいですね。
この工場オリジナルは「麒麟伝説」。
ちょっと苦めです。
詳しくはコチラ
★4

大崎「鳴子の風」
新規234ヶ所目として、2014年7月に訪問
お風呂が隣にあるのはプラスなんですが、いかんせんビールが・・・
★2

大郷「松島ビール」
新規242カ所目として、2015年7月に訪問。
1997年からビールを造っているんですが、交通の便が悪く、これまで訪問出来ていませんでした。
温泉があるので、例によって走って訪問しました。
★3

| | コメント (0)

極私的「現場」リスト-群馬(7)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

群馬では7現場(オゼノユキドケを除く)行ってます。

群馬・吉岡「上州森のビール」
無くなってしまいました。
濃色系が美味しい、いい「現場」だったのに・・・
★4

群馬・伊勢崎「赤城地ビール」
2006.2訪問。
ここ、すごくいいです。
特に我々のようなファミリーには。
美味しいビールが飲み放題ですし、子供向けのドリンクバーも充実してるし。
詳しくはコチラをご覧ください。
★5
<2006.12追記>
もうビール造ってないそうです・・・残念ですが。

群馬・高山「シャトーエール
2006.5訪問。156番目の現場。
スコットランドから移築してきたロックハート城がメインの施設「大理石村」内にあります。
お城で飲めるわけじゃなく、近くのレストランで飲めます。
詳しくはコチラ
★2
※2013年1月時点でHPを見る限り、ビールは造って無さそうです。

群馬・太田「呑龍夢麦酒」3回
2006.5訪問。157番目の現場。
結構立派なレストラン。
関越道と東北道の中間くらいに位置します。
詳しくはコチラ
★3
<2014.1追記>
2回目の訪問。
ビールも美味しいし、リーズナブル。
8年ぶりでしたが、だいぶ印象が変わりました。
★4
<2014.5追記>
3回目の訪問。
近くに温泉があるので、走って行きました。
★4

群馬・館林「オゼノユキドケ」
レストランがあるわけではないので、正確には「現場」ではありませんが、行ってきました。
立派な酒屋さんでした。
そのときの模様はコチラ

群馬・みなかみ「月夜野クラフトビール
2008年5月、182番目の「現場」として訪問。
「月夜野びーどろパーク」という、ガラス関係の施設の中にあります。
レストランが醸し出す雰囲気よりは、ビールはハイレベル。
2008年5月に訪れたときには、ピルスナーが品切れだったので、リベンジ候補です。
★3
<2009.12追記>
幸いピルスナーは飲めましたが、食事がなぁ・・・
★3
詳しくはコチラ

群馬・嬬恋「嬬恋高原ブルワリー」
新規215ヶ所目として、2010年8月に訪問。
軽井沢のすぐ近くにあることもあり、えらく込んでました。
お客さんの層も、ちょっと他の「現場」と違う感じ。
ビールは、うーん・・・
詳しくはコチラ
★2

群馬・川場「川場ビール」2回
新規216ヶ所目として、2010年8月に訪問。
とっても有名な道の駅併設ということもあり、メチャクチャ混雑してました。
そのせいか、4種類飲めるビールのうち、スタウト・ボックが品切れ。
リベンジせんとあきません。
詳しくはコチラ
★3
<2015.8追記>
2回目の訪問。
前回ほど混んでなかったのが助かりました。
定食じゃなくて、単品で頼めると良かったんですけどね。
★3

| | コメント (0)

極私的「現場」リスト-岩手(7)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

一関「いわて蔵ビール
家族で中尊寺観光のついでに訪問。
料理が地元っぽくて好きです。
もちろんビールも美味しいです。
ポテトとかソーセージとかピザとかが多いので。
★4
<2009.3追記>
2回目の訪問。
ビールメニューがちょっとわかりづらいのが難と言えば難ですが、ビールも料理もハイレベル。
★4
詳しくはコチラ
<2014.7追記>
震災後初で、3回目
ゴールデンエール、シングル魂ラガー、レッドエール、IPA(リアルエール)。
★4

盛岡「ベアレンビール
ベアレンの「現場」、醸造所に行ってきました。
レストランがあるわけではなく、醸造所の殺風景な2階で飲むだけなので、いわゆる「ブルワリーパブ」みたいなものを期待して行くと、がっかりしますので注意してください。
その時の模様はコチラ
<2008.10追記>
オープンした「ビアパブ ベアレン」に行ってきました!
料理良し、ビール良し、グラス良し。
次はテラスが気持ちいい季節に行きたいです。
詳しくはコチラ
もちろんの★5
<2010.3追記>
お昼に訪問。
テラスに壁(と言ってもガラス)が設置されていて、冬でも北上川を眺めながらのドリンキングが可能になってました。
何度来てもいいねぇ、ココ。
詳しくはコチラ
★5
<2011.6追記>
中ノ橋初訪問
<2011.7追記>
ビア友Kと材木町
じゃじゃ麺「白龍」をはさんで、中ノ橋
もちろん★5
<2012.7追記>
八戸で仕事があったので、盛岡で前泊。
時間があまりなかったので、満喫できませんでしたが。
詳しくはコチラ
<2014.7追記>
8回目は、材木町。
クラシック、夏のヴァイツェン、草原の風薫るラガー、アルト、シュバルツ、アルト。
9回目は、中ノ橋。
3軒目だったので、ジャーマンピルスナーとアルトの2杯だけ。
<2015.7追記>
10回目の訪問。
キャッシュオンデリバリーになると同時に、料理もパブフード中心に変更されていました。
★5

盛岡「あさ開クラフトビール
2007.11訪問。
たまたまランチ営業しかしていない日に行ってしまい、あまりゆっくりできなかったことと、「ホワイトステラ」が飲めなかったことが心残りです。
詳しくはコチラ
今度は夜、ホワイトステラが飲みたいです。
★3
<2008.10追記>
夜、ホワイトステラを飲みました(笑)
料理の多国籍なのには、改めて驚きました。
詳しくはコチラ
★3

遠野「ズモナビール
新規213ヶ所目として、2010年8月訪問。
厳密には「現場」じゃないんですが、近くと言うことでカウントさせてもらいました。
元「みやもりビール」の現場で、「ズモナビール」を飲むという微妙なシチュエーション。
詳しくはコチラ
★3

和賀郡西和賀町「銀河高原ビール」
新規235ヶ所目として、2014年7月訪問
行くのが大変でした・・・
昼に行ったんですが、宿泊して飲むのが基本かなぁと。
★3

北上「北上さくら醸造所
新規243カ所目として、2015年7月に訪問
イギリスの方が造っていらっしゃるとのこと。
★4

花巻「夢花まき麦酒醸造所」
新規244カ所目として、2015年7月に訪問
風変わりな焼肉屋さんでした。
★2

| | コメント (0)

また3年ぶり 下北沢「うしとら」5回目

気候が良かったので、渋谷の「Goodbeer faucets」から徒歩で下北沢方面へ。

Img_5614

2012年7月以来、3年ぶり5回目の訪問。
前回も、前々回も3年ぶり。
そう言う周期なんかな?

飲んだビールはコレ。

Img_5612

すいません、メモ取ってないのでわかりません・・・

うしとら
住所:世田谷区北沢2-9-3
電話:03-3485-9090

| | コメント (0)

HAPPY HOURがHAPPYすぎる! 渋谷・松涛「Goodbeer faucets(グッドビア ファウセッツ)」2回目

6時にハチ公前で待ち合わせし、2回目の「Goodbeer faucets」へ。

Img_5610

何と、平日は20時までHAPPY HOURで200円引き!
実にHAPPY!

沼津ラガー(900円→700円)。

Img_5602


キノコのマリネ(600円)&マグロのタルタル(720円)。

Img_5603

2杯目、ニードのエンドレスブラウンエール(750円→550円)。

Img_5604

バカみたいにお得ですね。

3杯目、同じくニードのレッドネックアンバーエール(800円→600円)。

Img_5605

4杯目、ベアードの帝国IPA(900円→700円)。

Img_5607

サルシッチャオムレツ(750円)。

Img_5608

そして、5杯目ベアードスルガベイ(1,000円→800円)。

Img_5609

何とここまでがHAPPY HOUR対象。

Img_5611

Shooner Schwarz(1,300円)に、アイスクリーム(200円)プラス。

いやぁ、楽しかったぁ。

Goodbeer faucets
住所:渋谷区松濤1-29-1
電話:03-3770-5544

| | コメント (0)

備忘録 銀座「ますなが」 

先輩に連れられ、オープンしたての銀座の「ますなが」訪問。
カウンター8席のお店。

備忘録的に、写真だけ。

Img_5595 Img_5596

Img_5597 Img_5599

忘れたくないくらい、美味しかったので・・・

「ますなが」
住所:中央区銀座7-7-12

| | コメント (0)

再訪して良かった 東海ビール旅行記2015夏 その14〜ビールの現場から 静岡県静岡市「AOI BEER」2回目

その13の続き。

ハンバーガー到着。

Img_5586

「ザ・サンフランシスコ」、ポテトセットで1,200円。
アボカド、チーズ、トマトが入っています。
あらかじめ紙の袋に入れてくれているのは、有難い。
入れる過程で、いつも何らかやらかすので(笑)

3杯目、ペールエール(グラス、750円)。

Img_5588_3

「苦みも程よく、コクも楽しめる。ホップの爽やかな香りでスッキリ旨いです」
いかにもペールエールと言った色合い。
しっかり苦くて、香ばしい。
飲みやすさではゴールデンエールの方が上かな。
★7.5

4杯目、サブテルIPA(パイント、950円)。

Img_5589

「原材料をたっぷり使い、華やかな香りと強めに苦みのガツン系ビール」。
色は少し濃くなりました。
最近主流のIPAと比べると、苦み控えめ。
普通に美味いペールエール。
★8

5杯目、スタウト(グラス、750円)。

Img_5590

「焙煎麦芽の香ばしさに程よい苦みで、口当たりは軽めの黒ビールです」
フルーティーな香りがします。
ボディ軽めでドリンカブル。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

正直、前回はあまりいい印象無かったんですが、今回は良かった!
やっぱり一回で判断したらアカンね。

これにて、旅行記終了。

Dscn3804

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911


| | コメント (0)

メニュー紹介 東海ビール旅行記2015夏 その13〜ビールの現場から 静岡県静岡市「AOI BEER」2回目

その12の続き。

ビールメニュー。

Img_5584

ゴールデンエール、ヴァイツェン、ペールエール、サブテルIPA、スタウトの5種。

フードはハンバーガー推し。

Img_5585

1杯目は、ヴァイツェン(グラス、750円)。

Img_5583

「バナナのような香りで、苦みも控えめ。飲みやすい白ビールです」
色は薄くて、濁りあり。
ヴァイツェンにしては、香り抑えめ。
★7.5

2杯目、ゴールデンエール(パイント、950円)。

Img_5587_2

「爽やかな香りとほのかな酸味で、この時期にぴったりのさっぱりビール」
明るいい色で、少し濁りあり。
定番的な安定感。
バランスが良くて、ドリンカブルです。
★8

その14に続きます。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911


| | コメント (0)

この辺りにあるはずなんだが・・・ 東海ビール旅行記2015夏 その12〜ビールの現場から 静岡県静岡市「AOI BEER」2回目

その11の続き。

14時頃、静岡駅到着。

今回行くのは、前回行った「AOI BEER STAND」ではなく、新しく出来た「BEER GARAGE」。
静岡駅からは結構距離があるので、バスで行くのが正解かと思いますが、予定より少し早めだったのでのんびり歩いて行くことに。

Img_5581

静岡浅間神社の参道かな。
両側に地元感溢れるお店が並んでいます。

Img_5582

食べログの地図によると、この辺りにあるんですが・・・
店らしきものは見当たりません。
突き当たりまで行って戻ってきても、やっぱりありません。
おかしいなぁ?

もしやと思い、裏側の通りにまわってみたら、ありました!

Img_5593

食べログの地図、間違ってましたね。
※現在は修正済み。

開店と同時(正確には3分くらい前)に入店。
15人くらい座れそうなコの字型のカウンターと、テーブル席が少し。

Img_5591 Img_5592

開店直後なので、お客は私だけ・・・と言いたいところですが、私と同じ匂いがする男性客がもう一名。
店内の写真をガンガン撮影されてたので・・・(笑)

その13に続きます。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911

| | コメント (0)

遅めの朝食 東海ビール旅行記2015夏 その11

その10の続き。

最終日。
青春18きっぷ利用なので、もう一つくらい「現場」に寄りたいところ・・・

まず思いついたのが、南信州。
いいでしょ。
早速電車の時間を調べてみましたが、昼食前後に到着するのはとても無理。
そらそうです、前回豊橋6時発で行ったんでした・・・

浜松。
悪くないけど、去年行ったんだよねぇ・・・

沼津。
東京に近づき過ぎだし、去年の秋旅行でも〆に使ったし。

ここで、静岡の「AOI BEER」を思い出しました。
店の情報を調べてみると、15時開店とのこと。
昨日に引き続き、中途半端な時間の食事になりますが仕方ない、行きましょう!

遅い昼食に合わせて、朝食も遅くすることに。

Img_5578

煮込うどんの山本家本店エスカ店。
総本家ではなく、本店。
こっちの方が好きなんですよねぇ。
母の実家が名古屋で、子供の頃からよく食べていたので。

本店は名古屋駅周辺に4店舗あり、他の店は全て11時開店なんですが、エスカ店のみ10時開店。
11時だと「遅い朝食」じゃなくて「早い昼食」になっちゃうもんね。

Img_5579 Img_5580

うん、美味い。
かなりお高いけど、納得の味。
でも、お新香と白御飯は、行き慣れた大門本店の方が好きですねぇ。

その12に続きます。

山本家本店 エスカ店
住所:名古屋市中村区椿町6-9
電話:052-452-1889

| | コメント (0)

ハイレベルなビール達 東海ビール旅行記2015夏 その10〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目

その9の続き。

3杯目、神都麦酒(グラス、500円)。

Dscn3800

「伊勢志摩地区限定販売の地ビール。原料に伊勢志摩産の古代米を使用しております。内宮前店絶対の看板地ビールです」
色は少し濃いめ。
しっかり苦いんですが、モルトが負けていないのが好印象。
★8

4杯目、ブラウンエール(グラス、550円)。

Dscn3802

「4種類のホップが織り成す複雑な香りを感じてください。鰻料理と組み合わせるとその絶妙極まる香りのハーモニーにびっくり」
その名のとおり、色はブラウンで濁りあり。
モルトのホップのバランスがとれているので、ナンボでもいけます。
言い換えればドリンカブル。
★8

5杯目、スタウト(グラス、550円)。

Dscn3803

「焦がした麦芽により濃厚な黒色。一味違う苦味とコク。言わずと知れた、牡蠣との相性が抜群です」
スッキリ系スタウト。
これもナンボでも飲めますね。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。
「おかげ横丁」に最適化してるので、私の理想からは少し離れちゃってます。
「麦酒蔵」復活しないかなぁ・・・

この後内宮に寄って、名古屋へ。

Img_5575

結局夕食が早すぎたため、ホテル近くの居酒屋で軽く食べることに・・・

Img_5576 Img_5577

その11に続きます。

伊勢角屋麦酒 内宮前店
住所:三重県伊勢市宇治今在家町東賀集楽34
電話:0596-23-8773


| | コメント (0)

うなとろ丼(2,170円) 東海ビール旅行記2015夏 その9〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目

その8の続き。

伊勢ピルスナーを飲みながら、食事を吟味。

Dscn3801

基本的には、牡蠣と鰻。
本当はこのメニューから軽くつまみたいところですが、「定食縛りエリア」ゆえそれは叶いません・・・

牡蠣か鰻かと言われれば、迷わず鰻。

Dscn3795

「うなとろ丼」に決定!

ビールを飲んでいるので、お漬物だけでも先に来ると嬉しいですね。

Dscn3797

そして、本体も到着。

Dscn3798

そして、ビールはヒメホワイト(グラス、550円)。

Dscn3799

「伊勢市内で採取した天然酵母を使用したホワイトエール。ゆずとコリアンダーで、とっても爽やかに仕上がっています」
濁りはありますが、自然光のおかげできれいに見えます。
天然酵母を使ってるだけあって、ややワイルドですが、ドリンカブルな範囲内。
★7.5

その10に続きます。

伊勢角屋麦酒 内宮前店
住所:三重県伊勢市宇治今在家町東賀集楽34
電話:0596-23-8773

| | コメント (0)

定番4種+限定2種 東海ビール旅行記2015夏 その8〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目

その7の続き。

「定食しばり」がある奥のエリア。

Dscn3793

高低差があって、なかなかイイ感じ。
大して腹は減ってませんが、ゆったり飲みたいので、致し方無いですね。

窓際の席なので、このような眺めも楽しめます。

Dscn3792 Dscn3794

先にあるはずの五十鈴川は、イマイチよく見えません。

定番ビールメニュー。

Dscn3790

神都麦酒、伊勢ピルスナー、スタウト、ブラウンエールの4種。

そして、限定ビールメニュー。

Dscn3791

インペリアルレッドエール、ヒメホワイトの2種。

皆さんご想像のとおり、1杯目は伊勢ピルスナー(グラス、500円)。

Dscn3796

「伊勢志摩地区限定販売の地ビール。ホップの香りが心地よく爽快で飲みやすいビール。ビール愛好家に親しまれているラガータイプです」
クリアできれいなビール。
ピルスナーにしては、少し変わった香りがします。
何だろう、この香り?
★7.5

その9に続きます。

伊勢角屋麦酒 内宮前店
住所:三重県伊勢市宇治今在家町東賀集楽34
電話:0596-23-8773

| | コメント (0)

おかげ横丁は大賑わい 東海ビール旅行記2015夏 その7〜ビールの準現場から 三重県伊勢市「伊勢角屋麦酒」8回目

その6の続き。

桑名から、伊勢市までJRで移動。
今までだったらここから歩いて「麦酒蔵(びあぐら)」なんですが、残念なことに2月に休業・・・
私好みになってただけに、結構ショックではありますが、ここは気を取り直して内宮店へ。

内宮へは、伊勢市駅からバス。
「神宮会館前」で降り、おかげ横丁へ。

Dscn3786

聞いてはいましたが、すごい人。
賑わってますねぇ。

Img_5574

横丁の中心、とっても人通りが多いところで、伊勢角屋の屋台が。
でも、ここで飲むわけにはいきません(笑)

広い通りに出て、少し進むと「内宮前店」発見!

Dscn3787 Dscn3788

入口の横に売店があって、ビールも買って飲めるんですが、ベンチが満員で座れません。
立ち飲みは嫌なので、席を求めて店の中にズンズン進むと、奥のテーブル席はガラガラ。
「ラッキー!」と思った瞬間、店の人に声を掛けられました。

店「奥のテーブル席は、定食メニューを頼まれる方のみですが、大丈夫ですか?」
現「定食メニューって、ひつまぶしとかカキフライ定食とかですか?」
店「そうですね」

結構ボリューミーですが・・・

現「わかりました、定食頼みます」
店「ご案内します」

その8に続きます。

伊勢角屋麦酒 内宮前店
住所:三重県伊勢市宇治今在家町東賀集楽34
電話:0596-23-8773

| | コメント (0)

帰りはバスで 東海ビール旅行記2015夏 その6〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目

その5の続き。

2杯目、ヴァイツェン(中ジョッキ、680円)。

Dscn3780

「原料に小麦を用いるのが特徴のビール。口当たりがソフトで、苦味が少なく女性の方におすすめ。色は黄金色で泡立ちのきれいなビールです」
ジョッキで供されていることを除くと、実にヴァイツェンらしい外観。
手堅いですねぇ。
地味に美味い。
★8

黒のソーセージ(780円)。

Dscn3782

薄い皮が、パリっとしていて美味。

3杯目、デュンケル(中ジョッキ、680円)。

Dscn3783

「ドイツ・バイエルン地方で昔から造られているビール。ナッツやチョコレートを思わせるローストした麦芽の甘い風味と香りが特徴。色は濃い銅色のビールです」
これも「らしい外観」。
モルティで、実に妥当なデュンケル。
★8

どのビールも、忠実に造られている印象。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

走ってきましたが、帰りはバスで桑名まで。

Img_5573

その7に続きます。

なばなの里 長島ビール園
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
電話:0594-41-0752

| | コメント (0)

豪快なジョッキでピルスナー 東海ビール旅行記2015夏 その5〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目

その4の続き。

天井が高い、広々とした店内。

Dscn3778

席から見た、外の眺め。

Dscn3779

気持ちよさそうなテラス席。
ただ訪問したのは、猛暑日。
いくら外好きの私でも・・・無理です(笑)

メニューは、フードもドリンクもこれ1枚。

Dscn3776

ビールパートだけ拡大。

Dscn3775

風呂上りなので、まずはピルスナー(中ジョッキ、680円)から。

Dscn3777

「チェコで生まれた世界中で愛される一般的なビール。芳しいホップの香りが特徴の苦味のきいたキレのある味で、色はうすい黄金色のビールです」
ジョッキ、デカイです。
苦すぎず、甘すぎず。
風呂上りに飲むには、いいバランスです。
★8

ピリ辛チキンの名古屋味(680円)。

Dscn3781

その6に続きます。

なばなの里 長島ビール園
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
電話:0594-41-0752

| | コメント (0)

ラン→風呂→ビール 東海ビール旅行記2015夏 その4〜ビールの現場から 三重県桑名市「長島地ビール」2回目

その3の続き。

なばなの里」内には、温泉があるんです。
これがあるんで、走って来れるワケ。

Img_5570

入湯料、1,500円!
結構しますね・・・

Img_5572

温泉旅館を思わせるエントランス。
かなりの高級感です。

写真はありませんが、お風呂もかなり良かったです。
高低差のある庭園の中に、露天風呂が複数配置されていて。
お値段高いのも、なるほど納得。

Img_5571

ランして風呂に入ったら、あとすることはたった一つ!

Dscn3773 Dscn3774

その5に続きます。

なばなの里 長島ビール園
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
電話:0594-41-0752

| | コメント (0)

蟹江→なばなの里12.1km 東海ビール旅行記2015夏 その3

その2の続き。

2日目。

名古屋駅から関西本線で蟹江駅まで移動。

Img_5565

駅を降り、ランニングウェアに着替え、西へ向かってランスタート。
蟹江市から弥富市へ。

Img_5566

おっ、看板見えてきた。

愛知県と三重県の県境を流れる木曽川到着。

Img_5567

尾張大橋という橋なんですが、足元スースーしててちょっと怖い・・・

Img_5568

左手に持ってるスマホ、落としたらどうしよう・・・

橋を渡りきり、12.1km走ったところで、「なばなの里」到着。

Img_5569

1,000円の入場料を払って、園内で使える1,000円の金券を受け取ります。
実質入場料は無料ってことやね。
※季節によって変わります。

その4に続きます。

| | コメント (0)

丁寧な説明が素晴らしい 東海ビール旅行記2015夏 その2〜ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」4回目

その1の続き。

本日のオムレツ(ラタトゥイユ)、550円。

Dscn3768

見た目はキッシュ。
来た瞬間、オーダー間違いだと思いました(笑)

3杯目、ブラウンハンチング(Mサイズ、650円)。

Dscn3769

「ミディアムハイなボディでありながらするする飲めるドリンカビリティーの高い仕上がり。主張しすぎないホップキャラクターとスペシャリティーモルトとの絶妙なバランス。麦芽の旨みと甘味、コクや香ばしさを味わえる、本場イギリスで愛される、繊細でまろやかなビアスタイル」
濁りがあるため、ベタッとした茶色。
トラディショナルな甘さ。
確かにブリティッシュ。
★8

ビールメニュー下半分。

Dscn3764

4杯目、肝臓破りの赤(Mサイズ、700円)。

Dscn3770

「8.3%で甘めのフィニッシュながらドリンカブルな仕上がりのインペリアルレッド。アルコール感と麦芽の甘味のバランスを取るために、ビタリングに苦味の余韻が長いドイツ産ホップを使用、程よいキャラメル感とシトラス&トロピカルなホップキャラクターでどんどん飲めちゃいます」
濁りがあるので、赤と言うより茶。
確かに8.3%を感じさせないドリンカビリティー。
★8

ここの「現場」、ビール説明丁寧かつわかりやすい!

追加でチリチーズフレンチフライ(680円)。

Dscn3771

料理に引きずられて、5杯目は予定を変更。
パープルスカイペールエールシトラVer.(Lサイズ950円)。

Dscn3772

「ライトなボディーにホップのトロピカルでスパイシーな香りが華やか。苦味は控えめで、ごくごく飲めて何杯でもお代わりできる味わいに仕上がっています。今回は原点に返り、初醸造時に使用したシトラホップが再登場。人気のアメリカンホップの味わいを堪能してください!!」
見た目はとっても今風。
大して苦くなく、ドリンカブル。
見た目だけじゃなく、味も今風ですね。
★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。
大阪の帰りに途中下車しても寄りたいレベル。
その3に続きます。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (0)

大盛況 東海ビール旅行記2015夏 その1〜ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」4回目

名古屋駅近くのホテルにチェックインし、すぐに向かったのはやっぱりコチラ。

Dscn3762

2014年9月に初訪問して、1年足らずのうちに4回目の訪問。
気に入ってるなぁ、俺(笑)

私が気に入ってるだけでなく、名古屋の皆さんも気に入ってるようで、店内大盛況。
ほぼ満席でしたが、事前に電話を入れていたので、1席だけ空いていたカウンターに座れました。
ちなみに、3階にテラス席が出来た模様。
行ってみたい・・・

Dscn3763

1杯目は、メニュー左上のオススメに従い、メイヨンラガー(Mサイズ、650円)。

Dscn3765

「ホップ由来の柑橘系フレーバーとしっかりとしたコクのあるラガービール。ラガービールでは珍しく、ドライホップ(追いホップをして華やかな香りを付ける手法)で仕上げてある。濃い味の名古屋飯にも合う、当店限定提供のビール。他店には出しておりません!ぜひどうぞ!」
濁ってます。
ホッピーではあるが、苦くはない。
フィニッシュがホッピーなので、モルトをあまり感じません。
★7.5

2杯目、たそがれサマーエール(Mサイズ、650円)

Dscn3767_2

「太陽が地平線に沈み、空がオレンジ色に染まる頃、たそがれながら一杯なんていかがでしょう?マンダリーナバーバリアホップを使用。みかんのようなアロマ、すっきりとした口当たり、ほのかな甘みと優しい苦味と小麦の酸味。ブリュワー中西、久々の新作」
これも濁りあり。
少し甘くて、フルーティーでドライ。
美味しいなぁ。
★8

その2に続きます。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151


| | コメント (0)

ケイジャンチキンと夏野菜のグリル 新宿御苑前「Vector Beer」16回目

16回目の訪問は、富士桜のヴァイツェンでスタート。

Dscn3758

安定の1番打者。

Dscn3759

ケイジャンチキンと夏野菜のグリル(780円)。
色どりが素敵。
たまにはいいですね、こういうのも。

Dscn3760

2杯目、南信州のアンバーエール。
甘さはあまり感じない。
すっきりしていてドライ・・・と言うかボディが軽すぎる。
こんなんだっけ?

Dscn3761

3杯目、こぶし花のメルツェン。
「現場」で飲んだ時より、アルコール感を強く感じます。
奇跡のバランスやったんかなぁ・・・

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

日本酒注ぎ放題! 四谷「かいのみ」

会社の先輩を誘って、四谷の「日本酒なお店」。

Img_5556

よく行く「Vector」さんの姉妹店で、以前から行ってみたかったので。

何と言っても特徴的なのが、飲み放題システム。

Img_5557

知らない方に向けて、捕足。
ここの飲み放題、冷蔵庫に並ぶ一升瓶から好きに自分で注ぐスタイル。
面倒臭いっちゃ面倒臭いですが、これがねぇ・・・楽しいんです。

しかも、その名のとおり「貝」料理がいっぱい。

Img_5558

現「そう言えば確認し忘れてましたが、日本酒と貝、大丈夫ですか?」
先「どっちも大好きなの知ってるくせに、何言ってんだ(笑)」

「貝」以外のつまみも、恐ろしいくらいに日本酒に合います。

Dscn3756 Dscn3757

そして、「貝」登場。

Dscn3754

刺身と焼きで迷いましたが、焼きを選択。
いやぁ、楽しい。

現「飲みましたねぇ」
先「2時間にしといて良かっただろ?」
現「ホントですね(笑)」

「かいのみ」
住所:新宿区四谷1-19-16
電話:050-5570-5539(予約専用)

| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール! 志村坂上「さやの湯処」

この日のラン&ビアは、都営三田線高島平駅スタート。

駅でウェアに着替え、まずは北へ。
荒川にぶつかったところで、東に進路を変え、少し河原を走った後、志村坂上方面へ。
7kmほど走ったところで、目的地到着。

Img_5550

前野原温泉 さやの湯処」。
高速道路の高架から、少し入った所にあります。
良い雰囲気なんですが、結構な唐突感があることは否めません。
平日830円、休日1,030円。
いつも行く銭湯より少し高めですが、その価値は十分。

お風呂が素敵なのはもちろんですが、私が気に入ったのが「柿天舎(してんしゃ)」というお食事処。

Img_5552

この写真じゃ、全然良さが伝わりませんね。
これはただのメニュー写真。

これでどうだ!

Img_5551

ビールは機械が注いでくれるし、料理も特筆すべきものはないんですが、素晴らしいのがこの雰囲気。
庭園かぶりつきで飲めるんですよ。

Img_5554

ここはまた来たいなぁ。

前野原温泉 さやの湯処
住所:板橋区前野町3-41-1
電話:03-5916-3826

Img_5555


| | コメント (0)

最後はパイントで ビールの現場から~埼玉県さいたま市大宮区「氷川の杜」その3

その2の続き。

3杯目、「フルーツエール」をハーフ(580円)で。

Dscn3749

「程よい苦みと共に、爽やかなグレープフルーツの香りを感じることができます」
フルーツは入ってません。
グレープフルーツっぽいので、フルーツエール。
ちょっと紛らわしいね。
アロマホップ強めで、苦みもあります。
★7

焼きチーズカレー(900円)。

Dscn3752

ピッタピタで登場(笑)

ラスト、「アンバーエール・琥珀」をパイント(980円)で。

Dscn3751

「すっきりした味わいの中にしっかりした苦みがあります」
濁りがあってガスが弱いのは、これまでと同様。
ちょっと甘めでバランスしてます。
★7

また行ってみたい度は★3(5段階)。
大宮に用事、あるかなぁ・・・

氷川ブリュワリー
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1
電話:048-783-5123

| | コメント (0)

ガス弱めで濁りあり ビールの現場から~埼玉県さいたま市大宮区「氷川の杜」その2

その1の続き。

1杯目、「ペールエール・涼」をハーフ(580円)で。

Dscn3746

「暑い夏に、苦みが少なく、清涼感を感じることができます」
やや濁りあり。
ガス弱めで、スルスル系。
少しだけホッピー。
後味が苦いっすね。
★7

つまみは、厚切りベーコンビール焼(580円)。

Dscn3747

2杯目は、「Hana(ゴールデン・エール)」の2015年版をハーフ(580円)で。

Dscn3748

「爽やかな香りと苦みは、『華』と表現できる香りと味を感じさせます」
これもやや濁りあり。
ガス弱め。
フルーティでドリンカブル。
★8
個人的には「ゴールデン」と名乗るなら、クリアであってほしい!
あくまで「個人的に」ですが。

その3に続きます。

氷川ブリュワリー
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1
電話:048-783-5123

| | コメント (0)

新規245ヶ所目 ビールの現場から~埼玉県さいたま市大宮区「氷川の杜」その1

大宮駅東口下車。

大宮で飲むのは初めてじゃないでしょうか。
駅を降りても、街の感覚が無い・・・降りたことすら無かったかもしれん。

よくわからないので、線路沿いに北へ向かい、跨線橋にぶち当たった所を右折。
ここからは一本道・・・なんですが、途中からは店の気配も無くなってきます。

ありました、「現場」。

Img_5548

店内に足を踏み入れると、左にサーバーとレジがあり、反対側の壁際にカウンターがあり、フロアにテーブル席が幾つか。

Dscn3750

注文は、このカウンターで。
後ろの黒板(茶板?)にメニューが書いてあります。
スポットライトを多用した店内は、ビールなお店としては明るめですかね。

ビールのメニュー。

Img_5549

現「ビールは全部で8種類飲めるんですか?」
店「1番のビールは2014年と2015年の2種、あとここに書いていない『カスケード』がありますので、全部で10種類飲めます」
現「2014年と2015年はどう違うんですか?」
店「2014は苦め、2015は苦味を抑えています」
現「なるほど」

その2に続きます。

氷川ブリュワリー
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1
電話:048-783-5123

| | コメント (0)

おまけ ビールの現場から~群馬県利根郡川場村「川場ビール」2回目 その4

その3の続き。

帰りのバスまで、あと約1時間あったので、少しお散歩。
道の駅を出て、リンゴ畑の中を進むと、「ふれあい橋」と言うつり橋が。

Img_5539 Img_5541

いやぁ、暑かった・・・

ふれあい橋からは、こんな田んぼアートが見られます。

Img_5542

橋を渡りきり、芝生の広場を抜けた所にあるのが、ホテルSL。

Img_5543

ここには、立ち寄り湯があるんです。

Img_5544

露天風呂は無く、シンプルな温泉ですが、500円というのは有難いですね。
「沼田から走ってきて、風呂に入ってビール」もありかと思ったんですが、沼田駅からの上り坂を思い出して気持ちが萎えました・・・

お風呂に入って、14時6分発のバスで沼田駅に戻りました。

Img_5546 Img_5547


| | コメント (0)

季節限定はちょっとお高め ビールの現場から~群馬県利根郡川場村「川場ビール」2回目 その3

その2の続き。

2杯目、ピルスナープレミアムを中サイズで(600円)。
季節限定ビールは、ちょっとお高め。

Dscn3742

「醸造にじっくりと時間をかけています。高級アロマホップの芳醇な香り。深いコクと爽やかなのど越し」
こちらも色は薄めで、とってもクリア。
じんわり苦い。
ガスが強いのが、もったいないなぁ。
スッキリ、さっぱり。
★7

3杯目、レッドエール(中サイズ、430円)。

Dscn3743

「深みのある赤色。ホップとカラメル麦芽が程よく調和。ビール好きの方に好評」
おっ、グラスが違うぞ。
少し濁りがありますね。
香ばしくて穏やか。
全部ガス強め。
★7

3種類全て飲んだので、4杯目は日本酒。

Dscn3744

永井酒造の「谷川岳 超辛口純米酒」。
確かに、メチャクチャ辛口。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

飲み終わったのに、その4に続きます。

田園プラザかわば
住所:群馬県利根郡川場村大字萩室385
電話:0278-52-3711 

Img_5538


| | コメント (0)

がっつりロースカツ ビールの現場から~群馬県利根郡川場村「川場ビール」2回目 その2

その1の続き。

早い時間だったので、すんなり着席。

Dscn3737

食事は、定食的なメニューが中心。

Dscn3736

特選ロースカツ御膳(1,540円)。

Dscn3741

単品をつまみながら飲みたかったんですが、しょうがないかな・・・

ビールメニュー。

Dscn3738

定番はヴァイツェンとレッドエール。
季節限定は、雪ほたかビールとピルスナープレミアムですが、雪ほたかは品切れ中とのこと。

まずはヴァイツェンを大サイズで(590円)。

Dscn3740

「小麦麦芽のフルーティーな香り。ホップの苦味を抑えてどなたにも飲みやすい口当たり。無濾過で酵母も沢山」
色はかなり薄く、ガス強い。
泡持ちはあんまり良くないですね。
さっぱりヴァイツェンです。
★6

その3に続きます。

田園プラザかわば
住所:群馬県利根郡川場村大字萩室385
電話:0278-52-3711 

| | コメント (0)

5年ぶり ビールの現場から~群馬県利根郡川場村「川場ビール」2回目 その1

夏のある日、青春18きっぷを使って行ってきました。

Dscn3732

沼田駅。
いい天気です。

循環バス待ち。

Dscn3731

定時より5分遅れで、バス到着。

Dscn3733

恐ろしいほどの上り坂を、エンジンを唸らせながら登っていきます。

11時10分頃、道の駅「田園プラザかわば」到着。

Dscn3734

2010年のお盆以来、2回目。
さすが「関東好きな道の駅5年連続1位」、賑わってます。
まだ11時過ぎですが、混むといやなので、レストランに向かいます。

Dscn3735

その2に続きます。

田園プラザかわば
住所:群馬県利根郡川場村大字萩室385
電話:0278-52-3711 

| | コメント (0)

定番化希望! ビールの現場から~横浜市中区「BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)」2回目 その2

その1の続き。

2杯目、ベイアンバー。

Img_5532

「チェコ本国でよく造られている琥珀色のラガービール。チェコビール伝道師として、このビールの素晴らしさを伝える為に限定醸造しました。香ばしさとホップの軽快な苦みが相まって味わい深くも飲みやすい琥珀色のビールです。5.2%ABV、IBU34」
説明文を読んでるだけで、同じチェコビール好きとしては色々と高まってきます(笑)
クリアなアンバー。
ピルスナーに香ばしさプラス。
で、少しフルーティ。
こら美味いわ。
限定醸造なのが、勿体ないレベル。
私が思う「バランス良い」って、こういうこと。
★9

3杯目、ブラックマイルド(窒素)。

Img_5533

「ロスのクラフトブルワリー『EAGLE ROCK BREWERY』を訪れた時、その美味さに衝撃を受け、その場でブルーマスターにレシピを教えてもらい、帰国後、すぐに仕込んだイングリッシュエール。ポーターほど強くもなく、マイルドより黒いということで『ブラックマイルド』。3.9%ABV」
甘いか苦いかと言われれば、少しだけ甘い。
でもスルスル飲める。
そのキャラクターを窒素ガスがさらに後押ししてます。
★8

チェコ式ポテトサラダ(400円)追加。

Img_5534

刻んだピクルスが入ってるのかな?
美味い、家で作ってみる。

新規開拓は断念して、ベイピルスナーとベイアンバーをリピート。

Img_5535 Img_5537

だって美味しいんだもん。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)」
住所:横浜市中区福富町東通2-15
電話:045-341-0450

Img_5536


| | コメント (0)

約3年ぶり ビールの現場から~横浜市中区「BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)」2回目 その1

「現場」になってから、2回目の訪問。
何と前回の訪問は2012年11月。
場所は近いし、ピルスナーは美味いし・・・何でこんなに間が開くんでしょ?

Img_5528

ビールメニューはコチラ。

Img_5529

5番のサンクトガーレン以外は全てオリジナル。
2012年の訪問時は、オリジナルは3種だけでしたから、かなり進化してますね。

1杯目はベイピルスナーをUSパイントで(900円)。

Img_5530

「世界一のボヘミアンピルスナーを目標にしている当社のフラッグシップビール。初期糖度は12°。こだわりの3デコクション製法でじっくり煮込み、チェコ産最高級ザーツホップで豊かな香りと苦味を加えました。真の黄金色をしたラガービールです。4.9%ABV」
やや苦で、麦の甘みが奥にある。
これが美味しいピルスナー。
★8
できればパイントグラスじゃないグラスで飲みたいところです。

厚切りベーコン(500円)。

Img_5531

その2に続きます。

BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)」
住所:横浜市中区福富町東通2-15
電話:045-341-0450


| | コメント (0)

色々美味かった 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」72回目

この日はピルスナー系が、イマイチ心に響かなかったので、小麦系スタート。

Dscn3725

伊勢角屋のヒメホワイト。
それほど白くない。
柚子の皮を使ってるとのこと。
でも何だかグレフルっぽい。
柚子なんだけど。

Dscn3726

チキン&オニオン(ハーフサイズ)。

Dscn3727

志賀高原のSALTY HOP。
これも小麦系なので、色明るめ。
野生の菖蒲と自然塩使用。
美味いんんだなぁ、これが。
塩が効いてるんですよ。
しかも、今っぽい。
センスあるわ、さすが。

3杯目、箕面のおさるIPA。

Dscn3728

これはねぇ、もう美味しいの知ってるし。

4杯目、うしとらの「苦そうで苦くない、ちょっと苦い黒」。

Dscn3730

「」付けないと、どこからどこまでが名前かわかりません(笑)
変わった名前にも関わらず、実に正調なスタウト。

今日は、どれもレベル高かったなぁ。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

更新遅すぎ・・・ 高田馬場「HUB」

8月2日のこと(古くてすいません)。
西武新宿線で都内に帰ってくると、高田馬場で乗り換える必要があります。
普通に乗換えりゃいいんですが、この日は本当に暑くて・・・

特にあては無かったんですが、とにかく生ビールを求めて早稲田口からフラフラと歩き出すと、見つけてしまいました。

Img_5524

いやぁ、持ってるなぁ、俺。
半額やって(笑)

中途半端な時間(16時過ぎ)にも関わらず、店内は学生と思しき客で8割の入り。
さすが高田馬場。

Img_5525

HUBエール。
通常880円が、何と440円!
何となくハーフっぽく見えますが、パイントです、パイント。

2杯目は、一番搾り。

Img_5526

こちらは350円。

8月2日は「ハブの日」。
覚えておきましょう。

HUB高田馬場店
住所:新宿区高田馬場1-27-3
電話:03-5292-3339

| | コメント (0)

初訪問! 二子玉川「DRAFT CRAFT(ドラフトクラフト)」

休日の午後、二子玉川に行く機会があったので寄ってみました。

Img_5516

DRAFT CRAFT(ドラフトクラフト)」。
以前訪問した「DRAFT KING」の姉妹店。

「DRAFT KING」は開放的な雰囲気でしたが、こちらはまた雰囲気が違います。

Img_5520

ビールメニュー。

Img_5517

Img_5519

むむむ、結構エエ値段しますね・・・・・

Img_5518

フタコビールのサンシャインゴールドをハーフで(900円)。

現「これは、この店のオリジナルですか?」
店「いいえ、店じゃなくて、二子玉川のオリジナルなんです」
現「どこで造ってるんですか?」
店「常陸野ネストさんですね」

そうなんだ。

DRAFT CRAFT(ドラフトクラフト)
住所:世田谷区玉川3−9−10
電話:03-6805-6540

| | コメント (0)

ソラチ・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」71回目

この日は、ノースアイランドのM&Hラガーでスタート。

Dscn3719

ソラチエース入りを忘れていて、うっかり注文・・・
うーん、やっぱり苦手。
よくよく確認しないとね。

パテ・ド・カンパーニュ。

Dscn3720

2杯目、アウグスのマデューロ。

Dscn3721

あれっ?
マデューロってこんな色だっけ??
もう少し濃かったような・・・

3杯目、オラホのキャプテンクロウEXPA。

Dscn3722

ホップの香りが、何だか懐かしい感じ。

現「この香り、何だろう・・・」
S「何ですか?」
現「わかった!焼き芋や!!」
S「なるほど。何となくわかります」

4杯目、伊勢角屋のトリプルホップIPA。

Dscn3723

トリプルホップなんで、やや苦め。
でも飲みやすいんですよね。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

初訪問! 柏「Cluster(クラスター)」

柏駅西口を出て、あさひ通りを少し行った左手。

Img_5511

ビルの二階です。

明るめの店内。

Img_5513

カウンターの上には、コミック本がずらり。
画像左上に見えるモニターに、ビールメニューが写っています。

この日は、8種類。
海外のビールが中心でした。

Img_5512

グリーンフラッシュのセッションIPAをハーフパイントで(850円)。

焼きそば(400円)。

Img_5514

カウンターの中の人の、髭が印象的でした。

Cluster(クラスター)
住所:千葉県柏市旭町1-10-5
電話:04-7115-6528

| | コメント (0)

8種完全制覇 ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」8回目 その4

その3の続き。

ラテラス自家製ハンバーグ(880円)。

Dscn3712

デミグラスソースと和風にんにくソースが選べます(私はデミグラスソースをチョイス)。
こういう時は、保守的なんです。

6杯目、ブラウマイスターオリジナル。

Dscn3714

「ビール造りを教えてくれたブラウマイスターが、シャトーカミヤのために開発してくれたビールです。麦の風味が豊かで、それでいてスッキリ飲みやすいドイツのドルトムンダースタイルです」
見た目はほぼクリア。
ちょい苦、ちょい甘ですが、それを感じさせずにスルスル飲める。
思っていたより軽やか。
もっと早いタイミングで飲むべきでした・・・
★7

7杯目、デュンケル。

Dscn3716

「カラメル麦芽やロースト麦芽を使用しているためカラメルソースやコーヒーのような香ばしい風味のある濃厚な色調のビールです」
スルスルで香ばしい。
モルティですが、ドリンカブル。
★8

8杯目、IPL(インディアペールラガー)。

Dscn3717

「IPAにインスパイアされて造った、苦味の強いラガー。ゴクゴクと飲みやすいよう、ボディを抑えてアルコール5%に仕上げました。柑橘系ホップの香りが口いっぱい広がり、強い苦味がガツンときます」
来ましたねぇ、新大陸系。
マスカッティでグッドバランス。
★8

一通り飲んだので、ここで終了。
実に平均点が高い「現場」です。
また行ってみたい度は★5(5段階)。
近いうちに再訪したいですね。

ラ・テラス・ドゥ・オエノン
住所:茨城県牛久市中央3-20-1
電話:029-871-7021

| | コメント (0)

★8ばかり ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」8回目 その3

その2の続き。

3杯目、ピルスナーをフルサイズで。

Dscn3710

「ドイツ産のアロマホップをふんだんに使用し華やかなホップアロマと爽快な苦味が特徴です。スパイシーな料理とよく合います」

ほぼクリア。
1杯目のヘレスに比べると、当たり前ですが苦め。
カレー味のキッシュとよく合います。
★8

4杯目、ヴァイツェン。

Dscn3711

「南ドイツ発祥の小麦麦芽を使用したエールです。バナナやピーチなどを思わせる香りと、クローブのようなスパイシーな香りが特徴的です。小麦麦芽の柔らかく爽やかな酸味が加わって、夏にぴったりです」
濁ってるのは当たり前。
ジョッキで油断してたら良い香りでびっくり。
バナナ、クローブ・・・
グラスが違ったね(笑)
しっかり系のヴァイツェン。
★8

5杯目、ライ麦ビール。

Dscn3713

「ライ麦麦芽を使用した『ロッゲン』スタイルにアメリカンホップをたっぷり入れた独自スタイルのビールです。ホップによるグレープフルーツのような香りの奥に、ヴァイツェン酵母による、まろやかでスパイシーな風味が感じられます」
ほぼヴァイツェンですが、やや荒々しい。
ヴァイツェンよりはこっちの方が微妙に好み。
★8

その4に続きます。

ラ・テラス・ドゥ・オエノン
住所:茨城県牛久市中央3-20-1
電話:029-871-7021

| | コメント (0)

ソラチエース・・・ ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」8回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー(表)。

Dscn3701_6

ビールメニュー(裏)。

Dscn3702

定番3種+季節限定5種のビールが、1,500円で120分飲み放題(9月27日まで)。
こらお得だわ。

まずは定番の「ヘレス」から。

Dscn3706_2

「苦味を抑え、心地よく飲みやすく仕上げたのど越し爽やかな黄金色に輝くビールです。種類を問わず幅広い料理とよく合います」
やや濁りが有り、モルティ。
いいね、ヘレス。
★8

夏野菜のキッシュ カレー風味(300円)。

Dscn3707

この店の飲み放題は、ジョッキを持ってサーバーがあるカウンターに行き、注いでもらう方式。

2杯目、限定のライスラガー。

Dscn3708

「原料に酒造好適米の『吟風』を使用し、さらりとした口当たりでキレの良いラガーです。さらに、ホップは日本にルーツを持つ『ソラチエース』を使用し森林浴をしているようなすがすがしい香りが特徴です。『和』を基調としたビールをお楽しみください」
米は良いんですけど、ソラチエースか・・・
嫌な予感がしたので、カウンターでハーフサイズにしてほしいと依頼。
柔軟でいいね。
飲んで実感、やっぱりソラチエース苦手。
★6

その3に続きます。

ラ・テラス・ドゥ・オエノン
住所:茨城県牛久市中央3-20-1
電話:029-871-7021

| | コメント (0)

敷地内には5つのポータル ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」8回目 その1

常磐線方面での仕事の帰りに、少し足を伸ばして牛久。

Img_5509 Img_5508

ポータルをハックしながら園内を散歩。

Img_5510

今日は一人だし、バーベキューはスルー。

もう少し歩くと正門。

Dscn3698

国指定重要文化財の本館が、何と修復中。
ちょっと残念ですが、ビールの味には関係ないか(笑)

醸造設備の隣を通って、「ラ・テラス・ドゥ・オエノン」到着。

Dscn3699 Dscn3700

今日は窓際の席です。

Dscn3704 Dscn3705

その2に続きます。

ラ・テラス・ドゥ・オエノン
住所:茨城県牛久市中央3-20-1
電話:029-871-7021

| | コメント (0)

日南鶏のガランティーヌ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」70回目

70回目の訪問は、御殿場のヘレスでスタート。

Dscn3693

薄くてクリア。
ジム帰りの1杯目としては、とってもイイ感じ。

Dscn3694

日南鶏のガランティーヌ(680円)。
基本このお店で食べる料理は(勝手に)1,000円以内と決めているので、この料理はストライクゾーン。

2杯目、HACHIのセッションアンバーIPA。
6月上旬に初お目見えしてから約2ヶ月経ってますが、さてどんな変化があるかな?

Dscn3695

赤くてクリア。
2ヶ月経ってホップの華やかさが落ち着いた分、モルトが足りない感じがしますね。
なるほどね。

3杯目、サントリーのマスターズドリーム。

Dscn3696

困ったときのマスターズドリーム。
確実にカウントが稼げます。

4杯目、ベアードのベアクローブラックIPA。

Dscn3697

8.5%を感じさせないあたりは、さすがベアード。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

初訪問! 御茶ノ水「WIZ(ウィズ) CRAFT BEERandFOOD

御茶ノ水の「ワテラス」に、今年7月に出来た「ビールなお店」。

Img_5503

WIZ CRAFT BEERandFOOD」。

Dscn3689

カウンター席が10席ちょっと。
4人がけのテーブルが5つと、2人がけのテーブルが2つ。
そして、店の前にテラス席。
まだ暑くて、テラスで飲む気はしませんが、これから秋に向けて、外で飲むのもいいかもしれません。

HPによれば、樽生は31種類。

Img_5504 Img_5505

ビールの価格には幅があり、700〜1,150円。
こうなっちゃうと、安いもの中心に選んでしまうとってもケチな私。

Dscn3685

ブリマーのSOTOBORI Wheat(700円)。
濁ってはいますが、キレイですね。
小麦にしてはかなり苦め。
もう少し甘いほうが好みですが、コレはコレ。

ランチメニューの中から、ステーキランチ(1,300円)。

Dscn3686 Dscn3687

あくまで価格とのバランスではありますが、少し肉が寂しいような・・・

Dscn3688

2杯目は、湘南のアルト(850円)。
このお店のライティング、ビールを美味しく見せますね。
ちょい甘めのアルト。

現「グラスは基本的にこのグラスなんですか」
店「いえ、他の形もあります」

このグラス、口あたりが私好み。

3杯目、伊勢角屋のペールエール(850円)。

Dscn3691

泡がキレイです。
美味いねぇ。
繊細です。

「cafe104.5」と同じワテラス内なので、ラン&銭湯の選択肢が増えました。

WIZ CRAFT BEERandFOOD
住所:千代田区神田淡路町2-105
電話:050-5589-4040

| | コメント (0)

今回はサラダでなく・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」69回目

ジム帰りには珍しく、フルーツ系からスタート。

Dscn3678

伊勢角屋のサザンフルーツウィート。
見た目もジュースっぽいですね。
マンゴーやパッションフルーツの味がします。
少し苦めで甘さはあまり感じません。
うん、ありやね。

2杯目、ロコビアのESB。

Dscn3682

ピッタピタで登場。
いいですね、イギリスっぽくて。
ただちょっと冷たいかな。
もう少ししてから、本気出して飲むことにしましょう。

このビール、67回目の訪問の際も飲んだんですが、この時はサラダと合わせてしまって・・・
正直ちょっとやっちまった感が残っていたので、今回はコレに合わせてみました。

Dscn3683

ローザビアンカと挽肉のグラタン(980円)。
ローザビアンカと言うイタリアの茄子、とっても固いんです。
こんなしっかりした茄子、あるんですね。

3杯目、うしとらのディアシトラ。

Dscn3684

カウンターに置かれた瞬間から香る、ホップ。
なのにあまり苦くない。
色は薄くてクリア。
シトラスの中でも、グレープフルーツに近いかな。

S水店長もいなかったので、この日は3杯で終了。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

あのビールで〆 東北ビール旅行記2015夏 その24 岩手県北上市「Ariv(アリーブ) 北上店」2回目

その23の続き。

花巻駅から、新幹線に乗るために北上駅へ。
少し時間があったので、もう一軒。

Dscn3672

2日ぶりの訪問(笑)
駅から近いって素敵。

Dscn3673

ズモナのペールエール。
少し苦みがちなペールエール。

白金豚ベーコンのピッツアビアンカ(800円)。

Dscn3675

ベアレンクラシックで〆。

Dscn3676

さすがさすが。
この旅行で何杯飲むねん、このビール(笑)

再訪しても良いお店は良いお店。

これにて旅行記終了。
新規3現場はよく頑張りました。

Ariv(アリーブ)
住所:岩手県北上市大通り1-3-27
電話:0197-61-0484

2146)東北ビール旅行記2015夏

| | コメント (0)

おかわりしたのはライトエール 東北ビール旅行記2015夏 その23〜ビールの現場から 岩手県花巻市「夢花まき麦酒醸造所」

その22の続き。

ホルモン&鶏ハラミ。

Dscn3664 Dscn3667

どっちもすごい歯応え。
ありすぎるくらいに。

お試しセットの第二弾。

Dscn3666

左から、ライトエール、ラガー、小麦ビール。

ライトエール。
色赤めで、やや甘め。
フルーティですね。
★6

ラガー。
一般的なラガーと比べると、色濃いめ。
モルトが強いっちゃ強いかな。
★5

小麦ビール。
なぜか赤く、そして甘い。
★5

味噌だれ焼餃子追加。

Dscn3671

ビールもライトエールを追加。

Dscn3669

また行ってみたい度は★2(5段階)。

帰りは別のバス停から。

Img_5502

その24に続きます。

「味かく亭」
住所:岩手県花巻市東町5-3
電話:0198-29-5840

2146)東北ビール旅行記2015夏

| | コメント (0)

焼肉屋・・・なのか? 東北ビール旅行記2015夏 その22〜ビールの現場から 岩手県花巻市「夢花まき麦酒醸造所」

その21の続き。

ビールメニュー見ましょうか。

Dscn3660

ラガー、ライトエール、ぶどうエール、いちごエール、りんごエールの5種に、壁に書いてあった小麦ビールを合わせて合計6種類。

1杯300円とはいえ、全部飲むのはきつそうだったので、1,000円で6杯飲めるお試しセットをいただくことにしました。

Dscn3662

第一弾到着。
左から、いちごエール、ぶどうエール、りんごエールのフルーツ3兄弟。

まず、いちご。
甘いですね。
最近甘さ抑えたフルーツビールを飲むことが多いので、余計に。
こればっかりは好みなので。
★5

ぶどう。
酸味がちょっと気になりますね。
★5

りんご。
この3つの中では、これが一番いいかな。
★6

お通し。

Dscn3663

料理メニュー。

Dscn3659

何か、思ってた焼肉屋のメニューと違う・・・
カルビも無ければ、ロースも無い。
タン塩も無ければ、ミノも無い。
ハラミはあるけど、鶏ハラミ。

その23に続きます。

「味かく亭」
住所:岩手県花巻市東町5-3
電話:0198-29-5840

2146)東北ビール旅行記2015夏

| | コメント (0)

新規244ヶ所目! 東北ビール旅行記2015夏 その21〜ビールの現場から 岩手県花巻市「夢花まき麦酒醸造所」

その20の続き。

盛岡駅から東北本線で花巻駅へ。
花巻駅から「現場」までは、徒歩で・・・・・と思っていたんですが、花巻も雨。

Img_5498

バスで行くことにしました。

「東町」バス停で下車。

Img_5499 Img_5500

あっ、見えてきた。

Img_5501

何だか、ぽつんと建ってるね。

Dscn3657

見た目はほぼ焼肉屋ですが、2階部分には「現場」感がありますね。

Dscn3658

「地ビール祭り」開催中とのこと。
通常350円→300円なんですって。

階段を上がって2階へ。

Dscn3661

ブースに区切られた店内。
一人でブースを独り占めです。

その22に続きます。

「味かく亭」
住所:岩手県花巻市東町5-3
電話:0198-29-5840

2146)東北ビール旅行記2015夏

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »