« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

チリビールはチリビール 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」80回目

記念すべき(?)80回目の訪問は、常陸野ネストのフレッシュカスケードセッションからスタート。

Dscn3964

現「右のグラス何ですか?」

S「いいから飲んでくださいよ」

現「これ、チリビールでしょ。美味しないもん」

S「飲んだこと有ります?」

現「20年前にね」

 

いきなりチリビールを飲む気はしないので、まずはネスト。

クリアですね。

モルト軽い。

最近こういうの多いなぁ。

 

Dscn3965

さて、チリビール。

ううむ、やっぱり不味い。

 

2杯目、コエドの星月夜。

Dscn3967

結構色は濃いですね。

ジャリロという新品種ホップを使用しているとのこと。

1杯目よりモルティでドリンカブル。

 

Dscn3966

最近お気に入りの、サラミ&生ハム。

 

3杯目、おさるIPA。

Dscn3969

クリアでモルティでホッピー。

いやぁハイレベル。

あっと言う間に無くなりました。

おかげで、さっきまで微妙に残っていた、チリビールの影響を払拭できました。

 

4杯目、志賀高原のポーターハーベストブリュー2015。

Dscn3970

ホップにモルトが勝って、モルトの甘さに、モルトの香ばしさが勝ってます。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

初訪問! 川崎市中原区「Beer Bar THE PINT」

武蔵小杉の串焼き屋「文福」で、ビールと生ホッピー!

Img_5694 Img_5695

 

東横線で帰る途中、新丸子の「ビールなお店」に寄り道することにしました。

Img_5696

Beer Bar THE PINT」。

店主の高橋さんと初めてお会いしたのは「横濱Cheers」。

その後は「中目黒タップルーム」だったかな。

 

高「あっ」

現「お久しぶりです」

高「お久しぶりです」

 

カウンター8席に、2人掛けテーブルが2つ。

カウンターから見上げると、ビールメニューが。

Dscn3956

12種類の樽生。

 

挨拶代わりに、ひでじ「月のダークラガー」。

Dscn3958

モルティでキレてない。

 

フードメニュー。

Dscn3957

 

肉まん(200円)。

Dscn3959

 

2杯目、高橋さんと言えばこのビール。

Dscn3961

このくっきりしたシャムロック、さすがです。

そしてかなりの温さ。

 

合わせるつまみを探したんですが、見つけることが出来ず、安かったコレをオーダー。

Dscn3962

ううむ・・・やっぱり合わんかったか。

 

Beer Bar THE PINT

住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東1-826

電話:044-572-8801

| | コメント (0)

3杯で終了 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」79回目

またまたジム帰り。

Dscn3951

ファーイーストの東京ブロンド。

少しだけ濁りあり。

ピルスナーにしてはとても華やか。

で、ちょい苦。

 

厚切りキッシュ(880円)。

Dscn3952

 

2杯目、南信州のオクトーバーフェスト。

Dscn3953

わりとクリア。

モルティで、今流行ってない味(笑)

もう少し後で飲んだほうが良かったかも・・・

 

3杯目、反射炉のイングリッシュホップスIPA。

Dscn3954

クリアで少し赤め。

IPAなのに、全然ホッピーじゃない。

イングリッシュだけあって、全然アメリカンじゃない(当たり前)。

最近のIPAマニアが飲んだら、びっくりする味。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

Dscn3955

| | コメント (0)

ビールは11時から飲めます ビールの現場から~東京都品川区「TENNOZ ALE」11回目

休日に天王洲。

Dscn3937

公式HPによれば、休日ランチは11時半〜。

訪問したのは11時15分。

予約をしていなかったので、入口近くのスペースに案内されました。

Dscn3938Dscn3943

フードのオーダーは11時半からなんですが、ビールは飲めるとのこと。

Dscn3940

 

やっぱりペールエールかな。

Dscn3939

Mサイズ(420ml)、880円。

「淡いブロンズ色のエールで、フルーティな味わいを持ちながらカスケード・ホップの苦味がバランスよく混ざった、ティー・ワイ・ハーバーの定番ビールです」

濁り強め。

香りは抑えめですが、後味に苦みがやや強めに残ります。

バランスは良いですね。

★8

 

レストランエリアのオープンが11時半なので、私の周りは皆さんそのウェイティング。

リア充っぽい人達ばかりです・・・

 

11時半になりました。

さて、何食べますか。

Dscn3942

レギュラーバーガーMサイズ(2,000円)。

Sが170g、Mが250g。

ダブルバーガー(2,300円)と迷いましたが、こちらにしました。

 

料理が来るまでの間は、2杯目を飲みながら待ちます。

Dscn3944

メープルライアンバー。

定番じゃなく、季節限定ですね。

Dscn3941

「ライモルト、メープルシロップを加えた秋のビール。今年は、よりライモルトを感じるドライな仕上がりになっています。使用したモルトは7種。麦本来の甘味とメープルの甘味、そして香りが絡み合いながらも口に含むとスパイシーな、のど越しが印象的です」

濃い茶色。

甘い。

麦芽由来の甘さよりは、メープルシロップ由来の甘さを強く感じます。

飲み終えた後の唇を舐めても甘い。

★6

小さいサイズにしとけば良かった・・・

 

ハンバーガー到着。

Dscn3945

 

何とか飲み干し3杯目。

Dscn3946

アンバーエール。
「ボディのしっかりした、琥珀色のエールです。焙煎したモルトを使用し、コクがありながらも低炭酸で苦味が抑えられているので、ゆっくりと飲んでいただけます」

2杯目より濁りは少ないかな。

やや苦めでイイ感じ。

★8

 

4杯目、IPA。

Dscn3947

「通常のペールエールの3倍のホップを使用することで通常のビールよりしっかりした苦味とキレのあるコクをお楽しみください」
説明文、読点ゼロやな。

書き写してて、息が苦しくなりました(笑)

明るくてキレイ。

トラディショナルな新大陸系。

★8

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

やっぱり入口の席は、落ち着かんね。

 

T.Y.HARBOR BREWERY

住所:品川区東品川2-1-3

電話:03-5479-4555

| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール 中目黒「中目黒タップルーム」21回目

「ラン→銭湯→ビール」シリーズ。

今回の目的地は、武蔵小山「清水湯」さん。

前回訪問時はちょっと遠回りしましたが、今回は直接向かったので、約12kmのラン。

うん、適度な距離です。

 

武蔵小山からは、東急を乗り継いで中目黒。

Img_5693

中目黒と言えば、ここですね。

 

意外と空いてました。

Img_5686

 

ランチにはドリンクが付いているとのことだったので、最初にいただきました。

Img_5687

 

そして、ビール。

Img_5688

クールブリーズピルス。

やや濁っていて、少し草っぽくてベアードらしい。

さすが、バランス良いね。

 

サラダ&ペパロニパイ。

Img_5689 Img_5691

 

2杯目、中目黒ビター。

Img_5690

これもやや濁っていて、少々甘め。

 

3杯目、マリスオッター50 ESBaird。

Img_5692

わりと泡たっぷり。

やや濁りあり。

微妙にシトラッシーで、ドリンカブル。

 

中目黒タップルーム

住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階

電話:03-5768-3025

| | コメント (0)

珍しく季節限定 ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」33回目

33回目の訪問も、ラン帰り。

Img_5678 Img_5675

 

ビールメニュー(定番)。

ランチビールは330円。

Img_5668

 

書かずともわかるとは思いますが、ピルスナースタート。

Img_5670

「後味に感じる苦味とフレーバーはドイツ最高級アロマホップが決め手。ゴクゴク飲めるすっきりテイスト」

クリアでやや苦め。

美味いなぁ。

★9

 

季節限定ビールメニュー。

Img_5669

「バーレーワイン」と「舞浜みかんウィート」にはさほどそそられませんでしたが、「秋麦」には心動かされちゃいました。

Img_5671

「通常の1.3倍の麦芽を使用。酵母由来のフルーティーなアロマ、6%のアルコールがもたらすリッチなボディとフレーバー。深まりゆく秋とともにじっくりと味わっていただきたい限定醸造ビールです」

やや濁っていて、色は濃いめ。

ほのかに甘さがあって、果糖っぽい感じがするのは何ででしょう?

★8

 

ハンバーグステーキ(きのこトマトソース)。

Img_5672

 

3杯目、ペールエール。

Img_5673

「イギリス産のエールモルトとホップを使い、ハーブを思わせるおだやかな香りとエールモルトの醸し出す深い味わいが特徴」

スルスル系ペールエール。

濁っているのが、見た目的にはイマイチですが、まあしゃあない。

★8

 

4杯目、シュバルツ。

Img_5674

「ブラックコーヒーの様な甘みを抑えたスムーズなテイスト。苦みと甘みのバランスの取れた飲みやすさが特徴」

香ばしい!

飲みやすい!

★8

 

5杯目、ブラウンエール。

Img_5676

「カラメルモルトのフレーバーと米国産ホップのあでやかな柑橘系の香りが特徴的。フルーティーで個性的なエールです」

適度な華やかさ。

モダンなのにクラシック。

★8

 

再びのピルスナーで〆。

Img_5677

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House

住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F

電話:047-305-5652

| | コメント (0)

プレモルが280円 新宿区「鳥貴族 新宿三丁目店」

今話題の「鳥貴族」に、先日初めて行ってきました。

Img_5659_2

これが全部、税抜とは言え280円!

恐ろしい店です。

大盛況なのも納得です。

 

プレモル280円。

Img_5658

 

響のハイボールも280円。

Img_5661

 

料理も全て280円。

Img_5662 Img_5663

 

Img_5664 Img_5665

お腹いっぱいになりました。

次は若い奴と来るかな。

 

鳥貴族 新宿三丁目店

住所:新宿区新宿3-6-7

電話:03-6380-1588

| | コメント (0)

球児緊急登板 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」78回目

1杯目、横浜のブルーマシンガン。

Dscn3929_3

ハマスタで売ってるビールとのこと。

やや濁りあり。

後味、苦すぎかも。

飲んだ瞬間は良いんですけど・・・

 

プロシュートコット&スパイシーナポリサラミ。

Dscn3932

 

2杯目、ネストのフレッシュカスケードセッション。

Dscn3933

クリアですね。

1杯目から一転、後味ゼロ。

さっぱりし過ぎちゃうかなぁ。

 

3杯目、日本海倶楽部のアメリカンアロマライトエールが飲みたかったんですが、欠品。

気を取り直してチョイスした木曽路のペールエールも、何と欠品。

緊急事態です。

こうなったら、コレしかありません。

Dscn3935

箕面のW-IPA。

阪神で言ったら、藤川球児が8回から投げるみたいなもん。

 

4杯目、球児の連投も考えましたが、1杯飲み切ると気分は変わりますね。

Dscn3936

1周回って、サントリーのマスターズドリーム。

料理の味が戻ってくる感じ。

微かに香るあたりが、イイ感じ。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

ノーラガー 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」77回目

77回目もジム帰り。

 

珍しく、ラガー系以外からスタート。

Dscn3921

湘南のレモングラスホッパー。

ほんの少し濁ってます。

苦いんですが、ホップ由来と言うよりは、ピール由来のような苦み。

つまみ要らず。

これ単独で結構飲めます。

 

2杯目、志賀のDPA。

Dscn3923_2

マリスオッター使用のスルスル系。

バランスが良いので、飲みやすいですね。

 

パテ・ド・カンパーニュ。

Dscn3922

 

3杯目、スワンレイクのアンバーエール。

Dscn3924

やや濁りあり。

赤くてキレイ。

お手本のようなアンバーエール。

さすが、安定のスワンレイク。

 

4杯目、志賀のIBA。

Dscn3925

複雑過ぎる・・・

3杯目と4杯目、逆でも良かったかも。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

天婦羅で一杯 ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「雑蔵」10回目

土曜日。

近くに行く機会があったので、少し足を伸ばして「雑蔵」へ。

Dscn3908

 

ビールメニュー。

Dscn3909_3

おっ、TOKYO BLUESがある!

 

とは言え、1杯目はピルスナー(グラス、500円)。

Dscn3910

「大手のビールと同じタイプですが、よりコクを持たせて苦みをしっかり出し、スッキリとした炭酸ガスの強いビールです」

色は薄めで苦みは控えめ。

さっぱりバランス。

★7.5

 

天婦羅蕎麦を注文したんですが、蕎麦だけ後で持ってきてもらえるようお願いしました。

Dscn3913

 

2杯目、ヴァイツェン(グラス、500円)。

Dscn3914

「ヴァイツェンならではのバナナの様な香りと、のどを通る瞬間に感じる爽やかさが特徴の小麦麦芽使用ビール」

これも、さっぱりバランス。

やや酸味を感じます。

★7.5

 

3杯目、TOKYO BLUES(グラス、600円)。

Dscn3916

 

ビールの説明がコチラ。

Dscn3912

長いわっ!

いつも転記するんですが、とても無理(笑)

見出しだけ抜き書きしますね。

「綺麗な味わいを追求」

「レイトホッピング製法を採用」

「2種類の特徴的なホップを使用」

「東京の地下天然水を使用」

クリアで、香りが素敵。

セッションエールだけあって、今風の仕上がり。

★8

 

そろそろ日本酒。

Dscn3918

たまの八重桜(180ml、550円)。

 

そろそろ、蕎麦も。

Dscn3915

ご馳走様でした。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

雑蔵

住所:東京都福生市熊川一番地

電話:042-530-5057

Dscn3919

| | コメント (0)

今日イチは日本海倶楽部 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」76回目

76回目もジム帰り。

カウンターが満席だったので、丸テーブル。

Dscn3900

木曽路のプレミアムラガー。

クリアで軽くて苦め。

飲みやすいっすね。

 

2杯目からは、空いたカウンター席に移動。

Dscn3904

富士桜のマンダリーナバーバリア。

ドイツの新種ホップ「マンダリーナバーバリア」を使用したヴァイツェン。

いつものヴァイツェンより、ダーク。

スルスル飲め過ぎる・・・

香りもあまり強くないし。

何故このホップをヴァイツェンに使おうと思ったのか?

 

秋刀魚のフィッシュ&チップス。

Dscn3902_2

ま、季節モンやし。

 

3杯目、日本海倶楽部のアメリカンアロマライトエール。

Dscn3906

クリア。

甘いと思えば甘い、苦いと思えば苦い。

実に不思議なバランス。

そして微かにフルーティ。

この按配、センスあるわぁ。

 

4杯目、ベアードのブルワーの悪夢ライIPA。

Dscn3907

クリア。

第一印象は軽くてドリンカブル、なんですが、苦みはしっかりあります。

さすがの完成度。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

木造3階建でいただく串揚げ 根津「はん亭」

Y先輩と根津の「はん亭」。

Img_5654

建物が素敵な、串揚げのお店。

 

2階の座敷、窓際です。

Dscn3899

 

お任せで、どんどん出てくるスタイル。

Dscn3896 Dscn3897

Dscn3898

 

はん亭 根津

住所:文京区根津2-12-15

電話:03-3828-1440

| | コメント (0)

土佐堀、西長堀からの・・・ ビールの準現場から〜大阪・天満「箕面ビール」36回目

この日3軒目は、「BEER BELLY 天満」。

Dscn3886

Y「もうMARCAも行ってきたんですか?」

現「早いでしょ(笑)」

 

Dscn3887

 

そこそこ飲んでるので、ペールエール(パイント、830円)スタート。

Dscn3888

やや苦ですが、スルスル飲めます。

★8

 

ソーセージ5種盛(900円)。

Dscn3890

3軒目にして、初の本格的な食事。

 

2杯目、こざるIPA。

Dscn3891

リアルエールと普通のドラフトが選べますが、注文したのはドラフト(パイント、930円)。

色は薄めで、少々濁りあり。

ホップの香りはそこそこするんですが、飲みやすさの範囲内。

★8

 

3杯目、W-IPA(パイント、930円)。

Dscn3892

少々濁りあり。

久しぶりのモルティなビール。

これが、普通に感じられるって、相当飲み過ぎってことかな?

★8

 

くんせい玉子(200円)。

Dscn3889_2

 

現「スタウトのリアル版下さい」

Y「すいません、さっき切れました・・・」

 

気を取り直して、こざるIPAのリアル版(パイント、930円)。

Dscn3893

刺激な無くてスルスル。

わかっちゃいたけど、ドラフトとは別モノ。

 

5杯目、意外なところで桃ヴァイツェン(パイント、930円)。

Dscn3894

いける!

このタイミングでもいけるぞ!

 

ラスト、スタウト(パイント、830円)。

Dscn3895

いやぁ、どう考えても飲み過ぎ。

よく帰れたな(笑)

 

BEER BELLY 天満

住所:大阪府大阪市北区池田町7-4

電話:06-6353-5005

| | コメント (0)

新規246ヶ所目 ビールの現場から~大阪府大阪市西区「Marca」

肥後橋から地下鉄を乗り継いで「西長堀」へ。

この駅で降りたのは、初めてかも。

 

駅から歩くこと約3分。

Dscn3879

渋い。

渋すぎるロケーション。

 

間口が狭く、奥行きのある店内。

奥の壁がガラスになっていて、醸造設備がよく見えます。

Dscn3882

テーブル席は無く、カウンター席のみ。

12席くらいかな?

カウンターの中には、女性が1人。

 

ビールメニュー。

Dscn3881

この日飲めるのは、オリジナル3種と、ゲスト1種。

設備的には8本タップがあったので、稼働率50%ですね。

 

1杯目、Saison/Farm Ale。

Dscn3880

見てのとおり、色薄くて濁りあり。

じんわり苦いんですが、甘さはほとんど感じません。

今風やね。

★7.5

Sサイズ(150ml)で、450円はちょっとお高いかな。

 

タルタルディップとクラッカー(450円)。

Dscn3883

 

2杯目、American Brown Ale Coriander Flavored。

Dscn3884

Mサイズ(250ml)、650円。

やや濁りあり。

コリアンダー入ってるな、って感じ。

これも苦めで、甘さ感じず。

★7

 

3杯目、Wheat IPA。

Dscn3885

Mサイズ、650円。

小麦系にしてはクリア。

味もあまり小麦っぽくない。

小麦麦芽の比率は30%とのこと。

★7

 

オリジナルは全て飲んだので、ここで終了。

全体的に、もう少し温くても良かったかも・・・

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

Marca Cafe & Beer Factory

住所:大阪府大阪市西区北堀江3-7-28

電話:06-6710-9487

| | コメント (0)

驚きポイントが4つ ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」35回目

京都での仕事を終え、大阪に移動。

淀屋橋のホテルにチェックインし、まず目指したのは肥後橋の新生「BEER BELLY」。

 

おお、あったあった!

Dscn3873

 

前の店を知ってる私の、驚きポイント①。

Dscn3878

奥の壁にある窓と、その窓を背にしたカウンター。

やだ、かっこいい。

アメリカみたい。

 

前の店を知ってる私の、驚きポイント②。

Dscn3875

広くなった店内。

以前の狭さ、結構好きではありましたが・・・

 

前の店を知ってる私の、驚きポイント③

Dscn3874

醸造設備。

来月から開始したいとのことでした。

 

現「前の店には結構来てたんですが、だいぶ変わりましたね」

店「そうですね」

現「だいぶ広くなりましたけど、どちらに広げたんですか?」

店「どちらに???」

現「隣の店とくっつけたんですよね。どっちの隣ですか?」

店「いえいえ、前の店と違う場所です、ここ」

現「エーッ!!」

これが驚きポイント④。

 

ビールメニュー。

Dscn3876_2

 

じゃ、ピルスナーからいただくかな。

Dscn3877

色が薄くてクリアです。

美味いね。

 

ここで、メールで連絡していた天満のY店長から電話。

 

Y「今、どこですか?」

現「土佐堀のお店です」

Y「いつも、急ですねぇ(笑)」

現「そうですか(笑)」

Y「これからどうするんですか?」

現「MARCAに行ってから、そっちに行こかと思てます」

 

MARCAには最初から行くつもりでしたが、天満に行くのは想定外。

でも言ってしまったからには、行かんとアキマセン。

 

てなわけで、土佐堀は1杯でおしまい。

次に向かいます。

 

BEER BELLY

住所:大阪市西区土佐堀1-1-31

電話:06-6441-0717

| | コメント (0)

※ビール無し 京都朝ランメモ

京都出張。

前日入りした翌朝、早起きしてラン。

八坂神社前のホテルをスタートし、まず目指したのは南禅寺。

Img_5650 Img_5651

テレビ東京の「美の巨人たち」を観て、行きたくなったんですよね。

 

南禅寺の後は、「哲学の道」を北上。

Img_5652

大学に入って、最初にデートで行った思い出の場所。

全然覚えてないけど(笑)

 

銀閣寺の中には入れないので、入口まで。

Img_5653

 

帰りは白川通を南下してホテルへ。

小雨は降ってましたが、約9kmの快適なランでした。

| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール! 「バルケッタ 青山店」3回目

いつもの「清水湯」からの「バルケッタ青山店」。

もちろん、清水湯まではラン。

Img_5641

 

そして「バルケッタ」。

Img_5644 Img_5642

赤丸が付いているのが、この日飲めるビール。

ミツボシヴァイツェンが飲みたかったんですが、残念ながら赤丸は付いてません・・・

 

気を取り直して、南信州のアップルホップ。

Img_5643

残念ながら、パイントは取れませんでしたが、1杯目にピッタリでした。

 

ランチに付いている、取り放題の前菜。

Img_5645

ピザが焼きあがるまでは、これをつまみながら待ちます。

 

2杯目、志賀高原のソルティホップ。

Img_5647

昼に飲んでるってこともありますが、キレイなビールです。

大事です、見た目。

 

マルゲリータ焼き上がり。

Img_5646

このピザ食べに来てるようなもんですからね。

 

3杯目、ろまんちっく村のレモンドロップIPA。

Img_5648

クリアで見た目良し。

IPAと名は付いていますが、あんまりIPAっぽくないかな。

今風でもないんですよねぇ。

 

4杯目、伊勢角屋のモザイクIPA。

Img_5649

ややにごりあり。

ホッピーかつ後味複雑。

 

いつもより、少し飲み過ぎちゃいました。

 

「バルケッタ 青山店」

住所:渋谷区渋谷2-2-2

電話:050-5786-8713

| | コメント (0)

「ドリンカブル」にも色々あるよね 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」75回目

75回目もジム帰り。

 

1杯目、アウトサイダーのインキーパー。

Dscn3868

クリアです。

ラガーなんですけど、ちょっと温めでサーブ。

いいですね、香りが立って。

デラウェアのよう。

マスカッティとはちょっと違うんですよね。

 

Dscn3869

トロナスと生ソーセージの厚切りキッシュ(780円)。

ホント、とろっとろです。

 

2杯目、うしとらのエクスペリメンタルIPA。

Dscn3871

クリア。

華やかですが、苦くない。

ドリンカブルっすね。

 

3杯目、志賀高原のIPAハーベストブリュー2015。

Dscn3872

だいたいいつも、3杯目を飲むあたりで出てくるお冷とともに。

やや濁りあり。

一転華やかさは抑えめ、

でも、これはこれでドリンカブル。

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

災い転じて・・・ 「回転寿司 根室花まる JRタワーステラプレイス店」

札幌3日目。

 

予約していた帰りの便は、千歳発21時。

仕事が終わったのは14時。

少し遊べますね!

・・・と言いたいところなんですが、この日の札幌は発達した低気圧の影響で大荒れ。

飛行機はまだ飛んでいるものの、いつ飛ばなくなってもおかしくない状態。

とてものんびり札幌を楽しむ雰囲気じゃありません。

 

予定を変更し早めに千歳に行こうと札幌駅でエアポート快速を待っていたんですが、人はどんどん増えるのに電車は来ない・・・

アナウンスも何もないので、不穏な雰囲気が漂ってきました。

あー、耐えられない、このギスギスした感じ。

幸い、時間に余裕はあるので、一旦ホームから撤退し駅周辺で時間を潰すことに方針変更。

 

行くあてはありました。

前から行きたかったんですが、人気店ゆえ今までご縁無し。

しかし、中途半端な時間の今なら行ける!

回転寿司 根室花まる JRタワーステラプレイス店」。

 

入店したのは16時。

昼食のカレーを食べたのは12時半。

まだ腹は全然減ってませんが、仕方ないですね。

さすが、この時間。

並ばずに入れましたが、ガラガラってわけじゃないところが、さすが人気店。

Img_5635 Img_5636

いやぁ、楽しい。

Img_5637 

あまりに楽しくて、悪天候のことを忘れそうになるくらい(笑)

「乗換案内」で状況を確認しつつ、ビールから日本酒に移行。

Img_5638

どうやらJRも動き出したようなので、汁物で〆。

Img_5639

帰りの便を少し早めて、無事羽田に到着。

 

回転寿司 根室花まる JRタワーステラプレイス店

住所:札幌市中央区北5条西2丁目ステラプレイス6F

電話:011-209-5330

 

| | コメント (0)

9月から色々変更 ビールの準現場から「Beer Bar NORTH ISLAND」17回目

手稲で終日働いた後、札幌に期間。

豊水すすきの駅近くのホテルから、創成川沿いに北へ。

目指すはもちろん「Beer Bar NORTH ISLAND」ですが、その途中にもう一つ「現場」が。

Img_5632

黒板見てください。

「現在自家製ビール欠品中」。

1杯飲んでからNorthでも良かったんですが、今回は断念し直接Northへ。

Img_5633_2

 

一番乗りだったので、お気に入りのカウンター一番奥へ。

Dscn3858_2

現「カウンターの上の黒板、無くなってますね」

店「そうなんですよ。今日(9月1日)からなんです」

現「あれ、メニューもありませんね」

店「全て壁の黒板に書くことにしました」

Dscn3857_4

現「そうなんだ」

店「あと、ビールも全て50円値上げしました」

現「パイントもハーフも?」

店「はい」

現「今日からか・・・」

 

ま、こういうご時世ですから、しゃあないね。

 

店「あと、お通しも無くなりました」

現「へー」

 

ビールメニュー。

Dscn3856_12

ビールは7種類。

 

ピルスナー(700円)からスタート。

Dscn3855

クリアでフレッシュ。

やや苦バランスで、やっぱり美味い。

★8

東京のビアバーじゃ、なかなかピルスナーは飲めないもんね。

 

2杯目、ヴァイツェン(700円)。

Dscn3859

濁ってて、バナナ。

実に妥当なヴァイツェン。

★8

 

ポークスペアリブのオーブン焼き(900円)。

ボリューム、すげー。

Dscn3860

 

3杯目、ブラウンエール(700円)。

Dscn3861

やや濁りあり。

ホップは懐かしい感じの新大陸系。

ホップ寄りのブラウンエール。

★8

BGMはソフトセル「汚れなき愛」、シカゴ「素直になれなくて」

 

4杯目、IPA(750円)。

Dscn3862

クリア。

ホッピーでシトラッシー。

★8

 

カウンターの中の外国人の方はオレゴン出身で、日本に来て2年半とのこと。

 

5杯目、コリアンダーブラック(750円)。

Dscn3863

ミルキーなのはあまり好きじゃないんですが、このコリアンダーブラックは、ギリギリのところで踏みとどまってます。

★8

BGMはユーリズミックス「Sweet dreams」、リック・スプリングフィールド「Don't talk to strangers」、TOTO「Africa」。

 

スペアリブを完食したので、タンドリーチキンのホットサンド(600円)。

Dscn3864

 

だいぶ店内、賑わってきました。

Dscn3866

 

さて、ラストは何にするか・・・

M&Hは、「ソラチエース」が入っているので無し。

普通に行けば、スタウトなんですが、あえてピルスナー。

Dscn3865

最後に飲んでも美味い!

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

Beer Bar NORTH ISLAND(ビア・バー・ノース・アイランド)」

住所:北海道札幌市中央区南2条東1-1-6

電話:011-303-7558

| | コメント (2)

札幌へ!

とある学会に参加するため、2泊3日で札幌へ。

ANAを利用したんですが、機内販売の冊子を見ててビックリ。

Img_5628

霧島高原ビールやん!

えらいメジャーになられて・・・

 

札幌到着は午後10時。

月曜日はNorth Islandはお休みなので、すすきのの交差点近くの「やきとりの一平」へ。

Img_5630 Img_5631

ラーメンサラダと、うずら玉子の殻付き。

やっぱりインパクトあるのは、この二品。

連れて行った後輩も驚いてました。

 

やきとりの一平 札幌南4条店」

住所:北海道札幌市中央区南四条西3-9-1

電話:011-281-0006

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »