« ラオホ&シュバルツヴァイツェン 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その9〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」山梨県富士河口湖町 | トップページ | またまた富士山見えず・・・ 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その11 »

焚き火前倒し 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その10

その9の続き。

SYLVANS(シルバンズ)」からの帰りは、昨年に引き続き徒歩。

現「暗いなぁ」
K「東京で暮らしてると、これほどの暗闇ってなかなか体験でけへんで」
現「スマホの画面って・・・・・明るいんやね」

K「ところで、いつもならこの後仮眠やん」
現「そやな」
K「このまま、焚き火せえへん?」
現「なるほど・・・それはそれでもエエかもしれんね」

19時過ぎ、焚き火スタート。

Dscn4151

現「薪が立派になった分、今までよりグレードアップしたな」
K「来年もこの薪があるといいな」

残った食材を焼きながら、ウイスキー。

Dscn4150

ブレブレですいません・・・

21時頃までは飲んでたかな?

Dscn4152

その11に続きます。

2149)富士山マラソン&ビール旅行記2015冬

|

« ラオホ&シュバルツヴァイツェン 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その9〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」山梨県富士河口湖町 | トップページ | またまた富士山見えず・・・ 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラオホ&シュバルツヴァイツェン 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その9〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」山梨県富士河口湖町 | トップページ | またまた富士山見えず・・・ 富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 その11 »