« 本牧ピザは四角形 横浜・関内「馬車道タップルーム」6回目 | トップページ | 初・飲み放題 新宿御苑前「Vector Beer」20回目 »

2軒目で来たのは初めてかも ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」43回目

原宿タップルームから、歩くこと1分弱。

Img_6361

 

すでに、2パイント飲んでいるので、いきなりアルト(Mサイズ、700円)からスタート。

Dscn4454

「ドイツ・デュッセルドルフ発祥の伝統的スタイルのビール。優しい苦味とみずみずしい口当たりでスイスイ飲めてしまう。カラメルモルトの、焼きたてのビスケットのような香ばしさとともに酵母由来のフルーティーな香りも感じられる赤レンガ色のエール」

やや濁ってます。

スッキリ飲みやすい。

甘くも苦くもなく、少し香ばしい。

★8

 

つまみは柊の素揚げ。

Dscn4455 Dscn4458

「三崎漁港のシラス漁船『君栄丸』さんより当店スタッフが頂いてきました! サクサクの歯応え、少し苦味のあるこの魚は、まさに横浜ビールにピッタリのおつまみです! 最初の一杯のお供にぜひ!」

かりかりサクサクのスナックですね、コレは。

 

2杯目、瀬谷の小麦ビール(Mサイズ、800円)。

Dscn4462

「横浜市瀬谷区の『岩崎農園』は、岩崎栄一さん、岩崎良一さんの親子で営む専業農家。横浜の宅地化が進む中、古くから受け継ぐ農地を守り、地域の畜産農家で作られる堆肥を使い、出来る限り化学肥料や農薬に頼らない農業を続けています。8年ほど前から横浜ビール向けに『あまぎ二条大麦』の生産をお願いしてきましたが、昨年からは『小麦』を作って頂いています。6月に収穫された小麦を副原料として仕込んだのが限定ビール『瀬谷の小麦ビール』です。優しい小麦の香りとすっきりとした口当たりに仕上がってます」

説明、長いわ(笑)

濁りはあるけど、少なめ。

香り抑えめ。

さすがのバランスですね。

★8

 

Dscn4464

ジャンボケバブ串 清水屋ケチャップがけ(550円)。

 

気持よくビールを飲んでいたら、突然店員さんが歌い出しました。

Dscn4456 Dscn4467

ただ歌うんじゃなくて、まるでオペラ!

朗々と歌いあげてます。

突然なのに、このクオリティ!!

正直、感動しました。

歌い手さんは、3名。

歌い終わると、お客さんのテーブルを回って、記念撮影をしています。

すげーな、このサービス。

最近来たの、昼ばっかりやから知らんかった。

 

Dscn4466

3杯目、ピーテッドブラック(Mサイズ、800円)。

「燻したような香りが特徴のピートが、ブラックモルトの香ばしさでほどよくマスキングされ、とても食欲をそそるフレーバーとなっています。やわらかなピート香とトーストのような香ばしいアロマを纏った、スコッチ・ウィスキーのようなスモーキーな黒ビール。グリル料理などによく合います」

「お酒が好きな方、スコッチ・ウィスキーが好きな方に是非飲んでいただきたいビールです。ピートを使ったビールは何度か造ってきましたが、今回はモルトのフレーバーを強くし黒ビールのスタイルにすることで、ビールとしての調和がとれた味わい深さに仕上がっています。ウィスキーのような香りと余韻ある味わいが楽しめながら、よりビールらしさを追求しました。ビールの持つ幅の広さを楽しんでいただけると嬉しいです。これからも、横浜ビールならではの新しい味をご提案します」

香りやや正露丸。

ガス弱くするする飲める。

スモーキーなんですが、ラオホとは違う味わい。

ウィスキー感ありますね。

★8

 

梅やローストターキー(700円)。

Dscn4468

結構スモーキー。

 

4杯目、インペリアルIPA(330ml、850円)。

Dscn4470

「ニュージーランド産ホップをふんだんに使ったIBU100以上の苦味、本場アメリカ産のものに負けない力強い香りを引き出したIPAです。華やかなフルーツを思わせるアロマとモルトの甘いフレーバーがハイアルコールを感じさせないスムースな飲み口になっています。強い苦味と、雑味のないクリアな味わいに仕上げました。時間をかけてゆったりとした重厚感をお楽しみください」

「ホップが効いたクラフトビールがお好きな方、がっつりとした重厚感を楽しみたい方のために造ったハイアルコールIPA!9%ものABVは横浜ビールとしては約6年ぶりとなる、ずっと造ってみたかったスタイルでもあります。今回は、より鮮烈なアロマを強調するためのレシピに初めて挑戦しました。IPA好きの醸造士が試行錯誤を重ね造り上げた自信作。横浜ビールの、新たなビールへの挑戦と追求。是非ご賞味下さい」

色はペールとアンバーの間。

濁りがあって、香りは草。

何とホッピーな。

少し甘みに余りがありますが、バランスは取れてます。

★8

Dscn4471

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

驛の食卓

住所:横浜市中区住吉町6-68-1

電話:045-641-9901

 

馬車道のホテルに戻り、大きなベッドでぐっすり。

翌朝は、みなとみらい〜山下公園〜元町〜中華街〜関内〜みなとみらいのランをしました。

Img_6362

いやぁ、超気持よかった。

やっぱいいな、横浜。

 

 

|

« 本牧ピザは四角形 横浜・関内「馬車道タップルーム」6回目 | トップページ | 初・飲み放題 新宿御苑前「Vector Beer」20回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本牧ピザは四角形 横浜・関内「馬車道タップルーム」6回目 | トップページ | 初・飲み放題 新宿御苑前「Vector Beer」20回目 »