« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

極私的「現場」リスト-千葉(5)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

千葉では5現場行ってます。

千葉・浦安「ハーヴェストムーン」15回
ディズニーランド横のイクスピアリ内にあるレストランです。
「ケッ、ディズニーランドかよ!」と侮っているそこのアナタ!
ビックリしますよ。
とても美味しいです。
詳しくはコチラコチラ
★4
<2008.11追記>
ディズニーシー帰りに寄りました。
車ではなく、電車で行ったので、夫婦揃って飲んできました。
その時の模様はコチラ
★4
<2008.12追記>
ご近所S君と、お昼に訪問。
全種類は飲めませんでしたが、堪能しました。
詳しくはコチラ
★4
<2010.3追記>
6回目の訪問は、幕張のアウトレット帰り。
詳しくはコチラ
★4
<2010.11追記>
7回目の訪問は、ネズミーシー訪問後。
詳しくは、コチラ
★4
<2010.11追記>
8回目の訪問は、江東ハーフ完走後。
走った後は、やっぱビールでしょ!
詳しくはコチラ
★5
<2011.4.追記>
9回目で、震災後初訪問。
この頃から仕事帰りの訪問が増えました。
ピルスナー、ベルジャンウィート、PA、BA、シュバルツ。
★4
<2011.6追記>
10回目
ピルスナー、BA、シュバルツ。
★4
<2011.9追記>
11回目
記録、記憶ともにほとんど無し。
<2011.11追記>
12回目
ピルスナー、PA、BA、シュバルツ。
★5
<2012.2追記>
13回目
ピルスナー、BA、PA、シュバルツ。
ランチビール330円。
★5
<2012.2追記>
14回目
ピルスナー、ベルジャンウィート、PA。
★5
<2012.3追記>
15回目
ピルスナー、シュバルツ、PA。
★5
<2012.8追記>
16回目
この日もランチで訪問。
★5
<2012.10追記>
17回目
ビア友Kと、東京マラソンコースを試走した後に訪問しました。
3杯同時注文を初体験しました。
★5
<2012.11追記>
18回目
人間ドックの後に訪問。
★5
<2013.3追記>
19回目
休日ランチで訪問。
平日同様リーズナブルですし、意外と混んでないので大満足。
★5
<2013.9追記>
20回目
この日もランチでした。
★5
<2013.11追記>
21回目は走って訪問。
★5
<2013.12追記>
22回目も走って訪問。
珍しく限定ビール飲んじゃいました。
★5
<2014.3追記>
23回目
今や定番となった「葛西〜舞浜」ラン&ビアコース。
この日が初めてでした。
★5
<2014.4追記>
24回目も葛西経由。
★5
<2014.4追記>
この月2回目の訪問となった、通算25回目も葛西経由。
★5
<2014.5追記>
26回目
4回連続の葛西経由。
★5
<2014.7追記>
27回目も葛西経由。
★5
<2014.8追記>
28回目の訪問。
グリーンカレーをライスでなくナンで食べました。
★5
<2014.9追記>
29回目は、葛西経由。
限定のエキセントリックWIPAを飲みました。
★5
<2014.10追記>
30回目は、息子と一緒に葛西経由。
★5
<2015.1追記>
31回目も葛西経由。
ポトフがビールに合わないこと・・・
★5
<2015.6追記>
32回目
★5
<2015.9追記>
33回目も葛西経由。
季節限定の「秋麦」をいただきました。
★5
<2015.11追記>
34回目
★5
<2016.2追記>
35回目も葛西経由。
チョコレートケーキ食べました。
★5

千葉・船橋「サッポロビール千葉工場」
184ヶ所目の現場として、2008年6月に訪問しました。
工業地帯のど真ん中にある、立地的に珍しい「現場」です。
ここでは「黒ラベル」「エビス」が造られています。
詳細はコチラ
★3 
<2009.8追記>
ご近所S君と、自転車で訪問。
もちろん飲んだあとは、自転車を袋に入れて電車で帰りました。
★3
詳しくはコチラ
<2012.10追記>
4回目の訪問。
自宅から走って行こうとしたんですが、南船橋で挫折。
★4

千葉・印西「プレストン・エール
千葉NTにあるホームセンターにある現場です。
飲めるビールは2種類だけですが、ビールのレベルはとても高いです。
詳細はコチラ
★3
<2015.10追記>
2回目
残念ながら、ここのお店ではもう醸造していないとのこと。
正確には「現場」じゃないですね・・・

千葉・山武「九十九里オーシャンビール
2007年11月訪問。
171番目の「現場」でした。
九十九里浜から内陸に少し入ったところにあります。
ここの特徴は何と言っても生バンド!
私が行ったのは日曜日の午前中でしたが、しっかりビートルズのコピーバンドが大音量で演奏していました。
詳細はコチラ
★3

千葉・南房総「安房麦酒」
2010年7月に、新規212ヶ所目として訪問
樽生が飲めなかったのは、実に残念でした。
★2

| | コメント (0)

極私的「現場」リスト-北海道(21)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

<北海道>
現在21現場行ってます。

札幌「ノースアイランドビール」18回
新規187ヶ所目として、2008年11月に訪問。
ビールの種類は多いし、美味しいし、いい「現場」でした。
また行かせてもらいます。
詳しくはコチラ
★5
<2009.1追記>
2回目の訪問。
2回とも季節醸造モノが馬鹿ウマで、驚きました。
もちろん、★5。
詳しくはコチラ
<2009.7追記>
3回目。
醸造所が江別に移転してしまったあと、ビアバーオープン前という微妙な時期の訪問。
★4
詳しくはコチラ
<2009.11追記>
4回目。
醸造所が江別に移転した後、初めての訪問。
新しくオープンした「バー」「ホール」両方行って来ました。
アクセスのよい「バー」が出来て、「ホール」はちょっと寂しい感じ。
「バー」に集約しそうな雰囲気が漂ってました。
詳しくはコチラコチラ
<2010.7追記>
5回目
とっても短い訪問でした・・・
<2011.3追記>
6回目
4時間もいたみたいです(笑)
<2011.8追記>
7回目
ピルスナー、コリアンダーホワイト、コリアンダーブラック、ブラウンエール。
<2011.8追記>
8回目(バーは5回目)。
ヴァイツェン、スタウト、IPA。
<2011.8追記>
9回目(バーは6回目)。
ヴァイツェン、コリアンダーホワイト、ブラウンエール、コリアンダーブラック×2、スタウト。
<2011.12追記>
トータル10回目、バー7回目。
所用があったので、2回に分けて飲んでます。
ピルスナー、シナモンエール、クリスマスビール(オホーツク)、ブラウンエール、IPA、コリアンダーブラック、ハニーシナモンエール、スタウト、ヴァイツェン
月曜日はお休みなので注意
<2012.8追記>
8回目の訪問。
コリアンダーブラックが定番から外れ、ちょっとショック。
詳しくはコチラ
9回目の訪問はコチラ
10回目の訪問は、2013年3月
ピルスナー、ブラウンエール、マサジペールエール、コリアンダーブラックを飲んでます。
立て続けに、11回目
ヴァイツェン、スタウト、IPA、ブラウンエール。
<2013.7追記>
12回目
ピルスナー、アメリカンスモークエール、ブラウンエール、コリアンダーブラック、IPA。
コリアンダーブラックが定番に復活してました!
<2013.11追記>
13回目
ピルスナー、The 1st Imperial Pilsner、IPA、スタウト、コリアンダーブラック、再びThe 1st Imperial Pilsner。
合わせる食事に苦労しました。
14回目
ヴァイツェン、ピルスナー、The 1st Imperial Pilsner。
「マチルダ」さんの話題一色でした(笑)
<2015.2追記>
15回目の訪問。
「月と太陽」の情報を聞いたのは、この回でした。
ピルスナー、ブラウンエール、IPA。
<2015.2追記>
16回目の訪問。
ヴァイツェン、コリアンダーブラック、スタウト、インペリアルスタウト2014ノーマルver.
<2015.9追記>
17回目の訪問。
9月1日から新システムスタート。
ビールの価格が変わり、お通しが廃止されました。
ピルスナー、ヴァイツェン、ブラウンエール、IPA、コリアンダーブラック、ピルスナー。
<2016.1追記>
18回目の訪問。
ピルスナー、The Bitter、ブラウンエール、スタウト、コリアンダーブラック。

札幌「サッポロビアファクトリー
サッポロビアファクトリー内には、幾つかレストランがあるんですが、この時行ったのは「ハリエット」。
う~ん・・・
★2
<2005.10追記>
「札幌開拓使」に行きました。
こっちの方がよかったです。
詳しくはコチラ
<2006.6追記>
「札幌開拓使」、再訪しました。
またしてもランチやったんで、そんなに種類は飲んでません。
詳しくはコチラ
★3
<2008.5追記>
「札幌開拓使」再々訪しました。
あまりゆっくり出来ませんでしたが・・・
その時の模様はコチラ
<2010.7追記>
注ぎ方、雑やったなぁ・・・実にもったいない。
★3

札幌「薄野地麦酒」3回
すすきのの居酒屋チックなお店でした。
料理が北海道っぽくて美味しかったです。
★3
<2006.2追記>
何と言っても場所が便利!
★3
<2008.5追記>
久しぶりに行きました。
飲み放題1,000円(クーポン使用)は、お値打ちです。
詳しくはコチラ
★3
※2011年追記:店、無くなってました。残念です。

札幌「アサヒビール園白石」2回
2008年11月に、新規188ヶ所目として訪問。
あの「ホワイトストーンズ」が守っていた、白石にあります。
驚いたことに、アサヒビールの工場は初めて。
キリンは千歳、サッポロは恵庭に工場があるので、タクシーの運転手さん曰く「札幌に残った最後のビール工場」。
詳しくはコチラ
★3
<2012.8追記>
2回目の訪問は、前回行けなかった「ピルゼン」へ。
詳しくはコチラ

札幌「月と太陽BREWING」2回
2015年2月に新規239カ所目として訪問。
オリジナルが1本しか繋いでなくて、それが頻繁になくなってしまうのが難点。
この日もオリジナル無しでした。
<2015.2追記>
翌日、再訪問
IPAが飲めました。

恵庭「サッポロビール北海道工場
札幌から新千歳空港に向かう途中「サッポロビール庭園駅」にあります。
2007年10月現在、黒ラベルとクラシックを醸造しています。
ここの黒ラベルは、ホンマ美味い!
やっぱり「現場」が一番!
★4
ジンギスカンも味が濃くて、ビールが鬼のように進みます。
詳しくはコチラ

千歳「ピリカワッカ」
これも札幌出張のついでに行きました(2006.1)。
と言っても、千歳駅の近くにある「ビアワークスちとせ」ではなく、新千歳空港内の「シェーン・ヴァッサー」ですが。
まあ、これも「現場」でいいですよね。
詳しくはコチラ
★4
<2006.4追記>
「ビアワークスちとせ」にも行きました。
とっても立派な施設でした。
料理もビールもリーズナブルでした。
詳細はコチラ
★4
<2009.7追記>
新千歳空港内「シェーンヴァッサー」。
グラスのサイズが小さくなっていたような・・・
詳しくはコチラ
<2011.8追記>
リニューアル後初訪問
何だか微妙な感じになってました。
<2012.8追記>
「ビアワークスちとせ」、一度閉店していたんですが、復活したとの情報を得て再訪。
詳しくはコチラ
★3
<2016.1追記>
3回目の訪問。
飲み放題が嬉しいですね。
★3

千歳「キリンビール 千歳工場」4回
恵庭のサッポロビール工場の一駅隣にあります。
183ヶ所目の「現場」として、2008年5月に訪れました。
サッポロさんより、リーズナブル!
これはこれで楽しめます。
詳しくはコチラ
★4
<2010.7追記>
2回目
注ぎも肉も最高でした!
★4
<2011.3追記>
札幌・中島公園にある「キリンビール園」へ。
ジンギスカン食べ放題&ビール飲み放題。
グラスもきれいに洗浄されてました。
詳しくはコチラ
<2011.8追記>
またまた、ジンギスカン食べ放題&ビール飲み放題。
詳しくはコチラ
<2011.12追記>
3回目の「現場」訪問。
<2012.8追記>
フローズン生、イマイチでした。
詳しくはコチラ
<2013.3追記>
中島公園店3回目
巨大フロア初体験でした。
<2013.7追記>
千歳工場5回目
飲み放題にしなかったのは英断でした。

小樽「小樽ビール」6回
札幌出張のついでにフラッと飲みに行きました。
レストランがすごく立派でした。
★3
<2006.2追記>
また出張で行きました。
雪だらけでした。
★3
詳しくはコチラ
<2006.4追記>
厳密には「現場」ではありませんが、札幌にある直営レストラン「LEIBSPEISE」にも行ってきました。
テレビ塔下と言う稀有なロケーション。
詳しくはコチラ
<2009.1追記>
リニューアル直前に訪問。
飲み放題の制限時間が60分→90分に。
これで落ち着いて飲みまくれる条件が揃いました。
詳しくはコチラ
★3
<2009.7追記>
寒い頃に行くことが多かったんですが、今回は気持ちのイイ季節に訪問。
そのせいか、せいじゃないのかわかりませんが、全体に好印象でした。
あ、レストラン狭くなってました。
★4
詳しくはコチラ
<2010.7追記>
6回目の訪問
飲み放題が、曜日限定になってました・・・
★4
<2011.3追記>
7回目
3時間飲み放題、2,200円でした。
★3

小樽「おたるワイナリービール」2009年7月訪問
近くに醸造設備がないようなので、準現場ってことで。
直営でもなさそうでしたし。
詳しくはコチラ

登別「鬼伝説」2回
新規186ヶ所目として、2008年11月に訪問。
千歳から、札幌方面に向かわず登別へ。
温泉にも入らず、バスにも乗らず、ビールだけ楽しんでまいりました。
その時の模様はコチラ
★3
<2013.11追記>
2回目の訪問
グラスとつまみと接客が残念・・・

函館「はこだてビール」3回
冬に行きました。
港沿いのレストラン(西波止場)で、お土産市場みたいなところの2階でした。
<2005.10追記>
本店に行きました。
麦汁のにおいが気になりました。
「西波止場」の方が好きかも・・・・
詳しくはコチラ
★3
<2010.8追記>
3回目。
息子と2人旅行で訪問。
ランチ終わり間近だったからか、ホールの人が少なくて・・・
★3

函館「ビロングスビール」
函館の中心部から、五稜郭方面に路面電車で行ったところでした。
バーみたいな感じで、若いお客さんが結構入ってました。
もう、やってないみたいです。
★2

函館「大沼ビール
大沼公園駅からすぐ近く。
3種類飲めます。
ビールのレベルは高いですけど、行きづらい・・・
詳しくはコチラ
★3

旭川「大雪地ビール」3回
札幌出張ついでに、行ってきました、真冬の旭川(2006.1)。
駅からは近いです。
ビール(発泡酒)は全部で5種類。
詳しくはコチラを。
★3
<2010.8追記>
想像もしていなかった、息子との再訪
何だか、ビールが美味しくなったような気がします。
★4
飲み放題もあるしね。
<2011.8追記>
3回目
ビール云々でなく、それ以外が・・・残念です。
★3

帯広「十勝ビール」2回
これも出張のついで(2006.3)。
ここ大好きです。
ビールが美味しいのもさることながら、料理も地元のものがいっぱいあって美味しいし、レストランも空間として楽しいんです。
店員の皆さんもとってもフレンドリーですし。
次は家族と一緒に!
★5
詳しくはコチラ
<2011.8追記>
2回目は、青春18きっぷを使用して、ランチ。
なかなかゴージャスなランチでした。
★4

帯広「帯広ビール
「十勝ビール」の翌日訪問。
料理はお肉関係が美味しそう。
ただ、いかんせんビール(発泡酒?)が1種類のみ。
★1
詳しくはコチラ

帯広「十勝ビアファクトリー」
これも「十勝ビール」の翌日訪問。
とっても立派な建物が印象的でした。
料理は??でしたが、ビールは結構いけました。
★3
詳しくはコチラ
<2007年11月追記>
2007年5月に閉店したとの情報が・・・

石狩「石狩番屋の麦酒」
工場直営のレストランではありませんが、醸造所に電話して教えてもらった樽生が飲めるレストランを訪問しました。
詳しくはコチラ
厳密に言うと「現場」ではありませんが、一応「準」現場ということで・・・
★?

遠軽「えんがる太陽の丘ビール」2007年10月訪問
よう、ここまで来ました。
駅からは近いんですが、駅までが遠くて・・・
定食が充実しています。
飲み放題もステキです。
詳しくはコチラ
★3

網走「網走ビール」2007年10月訪問
網走駅と繁華街の丁度真ん中に位置します。
網走川沿いのロケーションと、お洒落な建物と、「現場」としては珍しい焼肉が「ウリ」やと、勝手に思っております。
詳しくはコチラ
★3

北見「オホーツクビール」2007年10月訪問
料理も美味いし、ビールも美味い。
しかも色んなスタイルがみんな美味しい!
「現場」マニアのそこのあなた!行く価値アリアリでっせ。
★5
詳しくはコチラ

富良野「富良野地麦酒」2009年7月訪問
富良野駅からてくてく歩いて行って来ました、地麦酒館。
うーむ・・・
カレーはすごくボリュームありでした。
★2
詳しくはコチラ

ニセコ「ニセコビール」2回
2010年7月に、211ヶ所目の新規現場として訪問
なかなか、行くのに苦労しました。
★2
<2016.1追記>
5年半ぶり2回目の訪問。
前回行った時からは、場所も変わってるし、樽生9種類に増えてるし、外人客ばかりやし・・・
これは再訪あるな。
★4

| | コメント (0)

茅場町「とり健」の後に 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」91回目

後輩と茅場町の「とり健」に行った後、2軒目に「麦酒倶楽部 HACHI」。

Dscn4451

1杯目、伊勢角屋のはなきんぶろんど。

Dscn4447

やや濁りあり。
柑橘系の香り。
なぜ「はなきん」?

2杯目、ミツボシヴァイツェン。

Dscn4449

濁り強い。
王道ヴァイツェン。

生ハムを頼んだようですね(笑)

Dscn4450

3杯目、那須高原のスコティッシュエール。

Dscn4452

香ばしいね。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

備忘録〜溜池山王「こくりこ」2回目、神保町「揚子江菜館」、小平「小平うどん」

会社の飲み会で、溜池山王の焼鳥屋「こくりこ」。
2回目になります。

Img_6332 Img_6333

Img_6334 Img_6335

タレよりも塩味がお得意のようでした。
日本酒のラインナップもそれに合わせてキレのイイ系。

次は、神保町の「揚子江菜館」。

Img_6337 Img_6338

上海焼きそばが名物です。

そして、小平の「小平うどん」。

Img_6339 Img_6340

ごっちごちの麺に、濃い目のつゆ。
さぬきうどんとは、対極ですね。

| | コメント (0)

ラン→清水湯→エビスジョッキフェア 銀座「ライオン銀座七丁目店」14回目

休日ランの定番、清水湯。

Img_6323

「タップルーム」か「よなよな」か迷ったんですが、銀座ライオンから送られてきていた「エビスジョッキフェア」に頭が占領されてしまい、メトロで「銀座」へ。

Img_6328

いつものことですが、外人さんがいっぱい。

Img_6324

これこれ、エビスジョッキフェア。
エビスのジョッキをオーダーする度にくじが引けて、1等がペアランチョンマット、2等が今治タオル(ポケットサイズ)、3等がドリンク1杯券。
狙いは3等のドリンク券。

Img_6326

1杯目は、いつもの黒ラベルではなくエビス。
いきなり飲むと、苦さが際立ちますね。
くじは2等の今治タオル。
とても小さいサイズで、使いみちがわかりません。
うーん、嬉しくない・・・

大好きナポリタン。

Img_6327

2杯目、琥珀エビス。

Img_6329

適度なモルト由来の甘さが心地いい。
くじは残念ながらハズレ。

3杯目、ハーフ&ハーフ。

Img_6330

琥珀よりキリッとしています。
くじはまさかの1等!
このランチョンマットが、また使えねぇんだ。

4杯目、プレミアムブラック。

Img_6331

結構チョコレート感あり。
くじは再度の2等。
何で3等当たらへんねん・・・

ライオン銀座七丁目店
住所:中央区銀座7-9-20
電話:03-3571-2590

| | コメント (0)

珍しくワインも 浜松町「バルケッタ」3回目 その2

その1の続き。

4杯目、アウグスのシュバルツ。

Dscn4439

ピザ、2枚目。

Dscn4440

5杯目、伊勢角屋のアロマリーフIPA。

Dscn4441

ちょっと豪華に、こんなものも。

Dscn4444

K「こういうのを食べるとなると・・・」
現「赤ワイン飲みたくなるよね」
K「やっぱり(笑)」

Dscn4445

ビールも好きですけど、ワインもね。

バルケッタ 浜松町・大門店
住所:港区浜松町1-18-11
電話:050-5788-8102

| | コメント (0)

ツアー打合せ 浜松町「バルケッタ」3回目 その1

ビア友Kと、次回ツアーの相談@浜松町「バルケッタ」。

Img_6322

現「一年ぶりかな、この店」
K「俺は初めて」
現「ピザ美味いで」

Dscn4435

K「ビール、まあまあ種類あるな」
現「しかも『これは頼まんなぁ〜』っていうのが無くない?」
K「ホンマやね」

Dscn4433

1杯目、ヤッホーのワイルドフォレスト。
スッキリしてたので、あっという間になくなりました。
Sサイズだからかな。

前菜5種盛り(880円)。

Dscn4434

K「エエやん、コレ」
現「エエやろ。でも一人飲みだと、これだけで終わってしまうのが難点」
K「アカンのか?」
現「だって、ピザも食べたいやん」

2杯目、富士桜のピルス(Lサイズ)。

Dscn4436

現「キリッとしてて美味いねぇ」
K「富士山マラソン、思い出すなぁ」

マルゲリータ。

Dscn4437

現「そう言えば、一泊目も二泊目もホテル予約したで」
K「俺も」
現「さすが」
K「何の打合せもしてへんけどね(笑)」
現「悩ましいのは、風呂とランコース」
K「そやなぁ・・・」

3杯目、僕ビール、君ビール。

Dscn4438

その2に続きます。

バルケッタ 浜松町・大門店
住所:港区浜松町1-18-11
電話:050-5788-8102

| | コメント (0)

厚切り牛タン! 新宿御苑前「Vector Beer」19回目

19回目の訪問。

Dscn4427

1杯目、こぶし花ピルスナー。

Dscn4424

グラスが少々残念ですが、スターターとしては妥当。
6回3失点的な。

Dscn4425

今のお通しはコレ、なのかな?

2杯目、ヘリオスのシークワーサーホワイトエール。

Dscn4428

色淡めで、濁りあり。
ガス弱く、全く苦くない。
サワー感あり。

奮発して、厚切り牛タン(1,480円)。

Dscn4429

これは、食べごたえあるね。

Dscn4430

常陸野ネストのアンバーエール。
クリアで、アメリカンなアンバーエール。
こんなに焦げっぽかったっけ?

4杯目、箕面のスタウトを生チョコケーキとともに。

Dscn4431 Dscn4432

ちょっとガス強め。
さすがの香ばしさ。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

初訪問! 船橋「British Pub&Foods ARROWS (ブリティッシュパブアンドフーズアローズ)」 → 「四川火鍋専門店 みやま」2回目

船橋での火鍋飲み会の前に、ちょっと立ち寄り。

Img_6315

British Pub&Foods ARROWS (ブリティッシュパブアンドフーズアローズ)」 。
2014年に10周年を迎えた、老舗のビアパブ。

まだ早い時間だったので、この日のお客第一号。

Img_6316 Img_6317

樽生はサイダー含め、12種類。
ゲスト6本、レギュラー6本。

うしとら「月読みのセゾン」、Mサイズ(900円)。

Img_6318

量に比してまあまあいいお値段しますが、この業界、東京が一番リーズナブルなので、まあしゃあない。

1杯飲んで、火鍋屋に移動。

Img_6319

四川火鍋専門店 みやま」。

完全予約制の火鍋屋。
ここのお店の常連さんと一緒だったので、超ラクチンで美味い、そして辛い鍋をたっぷり堪能。

Img_6320 Img_6321

ビールではなく、甘いサワーが好相性。
発見、発見。

British Pub&Foods ARROWS (ブリティッシュパブアンドフーズアローズ)」
住所:千葉県船橋市本町4-39-6
電話:047-421-4777

四川火鍋専門店 みやま
住所:千葉県船橋市本町1-11-27
電話:047-433-0455

| | コメント (0)

銀座六丁目「PILSEN ALLEY(ピルゼン アレイ)」2回目 → 七丁目「ますなが」2回目 → 六丁目「Coffee Bar K」初訪問

銀座七丁目のお寿司のお店に、昔の部下をご招待。

予約の時間にはまだ少しあったので、六丁目の「PILSEN ALLEY(ピルゼン アレイ)」で時間つぶし。

Img_6303

ドトール感覚で寄れるのがいいですね。
1杯だけ飲んで、「ますなが」へ。

Img_6304 Img_6305

Img_6306 Img_6307

Img_6308 Img_6309

Img_6310_3 Img_6311

次の店は、元部下のお店へ。

Img_6312 Img_6314

「Coffee Bar K」。
調子に乗って良いお酒を飲んでしまったので、まあまあのお勘定になってしまいました。
大バコなのは、有難いかも。

PILSEN ALLEY(ピルゼン アレイ)
住所:中央区銀座6-4-14
電話:03-3572-1655

「ますなが」
住所:中央区銀座7-7-12

「Coffee Bar K」
住所:中央区銀座6-4-12
電話:03-5568-1999

| | コメント (0)

富士見台からの帰りに 池袋「vivo!」?回目

富士見台でしゃぶしゃぶを堪能した後、池袋で途中下車。

Img_6297

約2年ぶりの「vivo!」。
ご無沙汰してます。

Img_6295

両国ポパイのオリジナル、ストレンジブリューイングの「ゴールデンスランバー」。
メモ無し、記憶なし。
すいません。

Img_6300 Img_6302

飲んだんでしょうねぇ、写真があるってことは・・・

Img_6301

食べたんでしょうねぇ、写真があるってことは。

vivo!
住所:豊島区東池袋1-20-5
電話:03-3987-1588

713)ビールなお店(池袋・vivo!)

| | コメント (0)

わざわざ行く価値あり 練馬・富士見台「牛蔵 しゃぶしゃぶ すき焼き店」

会社の飲み会で、西武池袋線「富士見台」駅へ。
目指すは、焼肉の有名店「牛蔵」のしゃぶしゃぶ店。
前から来てみたかったんですよね。
2階の焼肉屋には3年前に1度来たことがあって、すごくいい印象がありまして。

2階と比べると、だいぶ小ぢんまりとした店内。
奥の6名がけテーブルを独占し、飲みスタート。
まずは生(スーパードライ)から。

Img_6288

「しゃぶしゃぶ すき焼き店」とはいうものの、訪問した際はすき焼きは無く、しゃぶしゃぶのみ。

しゃぶしゃぶに行く前に、まず刺身系から。

Img_6290 Img_6291

黒毛和牛炙り刺し&カルパッチョ。

Img_6293

ユッケ刺し。

Img_6292

しば漬けポテトサラダ。
なかなか、これが美味い。

さあ、しゃぶしゃぶ。

Img_6289

たれは2種。

そして、お肉。

Img_6294

美味かったぁ。
男6人で、いいだけ食って飲んで一人6千円くらいでしたでしょうか。
予約困難なのもわかります。

「牛蔵 しゃぶしゃぶ すき焼き店」
住所:練馬区貫井3-10-2
電話:03-3970-2257

| | コメント (0)

チョコケーキ300円 ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」35回目 その2

その1の続き。

3杯目、4杯目は同時注文。

Img_6280

右はペールエール。
「イギリス産のエールモルトとホップを使い、ハーブを思わせるおだやかな香りとエールモルトの醸し出す深い味わいが特徴」
ちょっと冷たいのが惜しいが、美味い。
ものすごく量飲めそう。
★9

左、ブラウンエール。
「カラメルモルトのフレーバーと米国産ホップのあでやかな柑橘系の香りが特徴的。フルーティーで個性的なエールです」
やや濁りあり。
穏やかなアメリカンスタイル。
香ばしさも適度。
★8

Img_6281

5杯目、再びピルスナー。
何杯飲んでも美味い。

6杯目、シュバルツ。

Img_6282

「ブラックコーヒーの様な甘みを抑えたスムーズなテイスト。苦みと甘みのバランスの取れた飲みやすさが自慢」
するする飲めるのがシュバルツの魅力。

Img_6283 Img_6284

こんなのと合わせてみました。
300円とはリーズナブル。
シュバルツよりは、スタウトの方が合うかもしれませんが、これはこれで。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652
Img_6285


| | コメント (0)

ラン→風呂→美味いビール ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」35回目 その1

自宅から約10km走って、「湯処葛西」。

Img_6271

風呂で汗を流した後は、都バス→JRで舞浜。

Img_6272

家から近いとはいえ、35回目の訪問って・・・(笑)

Img_6275

何べん撮ってるんやろ、このビールメニュー。

メニュー見ずとも決まる、1杯目。

Img_6277

ピルスナー。
「後味に感じる苦味とフレーバーはドイツ最高級アロマホップが決め手。ゴクゴク飲めるすっきりテイスト」
クリアで綺麗。
相変わらず美味い!
★9
これでランチビール330円ですから。

Img_6273

ロティサリーチキンプレート(半羽)。
何だかゴージャスな雰囲気。
これにしよう!

Img_6279

あれっ?
何かちょっと違う・・・

2杯目、ベルジャンスタイルウィート。

Img_6278

「コリアンダーとオレンジピールを風味付けに使用したフルーティーで爽やかな口当たり。苦味が苦手な方や女性にオススメ」
色淡く、濁りあり。
説明通り、苦くなくフルーティ。
スルスル飲みやすい。
★8

この店、コースターをケチるのが唯一の難点。
改善希望。

その2に続きます。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652


| | コメント (0)

生はプレモル 目黒「焼肉 稲田」

お世話になった方を連れて。

Img_6259

あの「ミート矢澤」系列。
以前は「ホルモン稲田」という名前だったそうなんですが、その頃は未訪。

キムチ盛合せ。

Img_6260

そして「正真正銘のユッケ」。
今や、貴重品。

Img_6261

生ビールはプレミアムモルツ。

Img_6262

上タン切り落とし&ハラミ。

Img_6263 Img_6264

ハラミが美味しかったので、グレードアップ!

Img_6265

これはこれで美味いけど、普通のハラミの方が好きなくらい。

ハイボールにスイッチ。

Img_6266

ミスジだったか、ザブトンだったか・・・

Img_6267

生搾りレモンサワー。

Img_6270

コプチャンとシマチョウ。

Img_6269 Img_6268

喜んでいただけたようで、良かった。

焼肉 稲田
住所:品川区上大崎2-13-45
電話:03-5447-2914

| | コメント (0)

サンドイッチで3杯 御茶の水「神田アクアハウス江戸遊」→「cafe104.5」5回目

自宅から御茶の水まで走り、「神田アクアハウス江戸遊」でさっぱり。

向かいのカフェ、今日は開いてました。

Img_6250

ビールメニュー。

Img_6249_2

風呂上りに一番美味しそうなのは・・・
ブルーノート東京アメリカンウィートかな。

Img_6251

恐らく木内酒造製。
やや苦く、モルト感は少ない。
うん、間違ってなかった。

ランチメニューから、サンドイッチ。

Img_6253

休日ランチの王道!
って感じしません?

Img_6254

2杯目、104.5エール。
スルスル飲めます。
グラスと相俟ってシャープな印象。

Img_6256

3杯目、ブルーノート東京セッションIPA。
クリア。
「これがIPA?」と言うくらい、あまり苦くない。

cafe 104.5
住所:千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー2F
電話:03-3251-1045

| | コメント (0)

鹿やら熊やら 八丁堀「焼ジビエ 罠」

会社の先輩、後輩と、八丁堀の「焼ジビエ 罠」へ。

猪豚つくね。

Img_6241

1人前2本なんですが3名なので、3本で盛ってもらいました。

ここからは、ひたすら獣肉。

Img_6242 Img_6243

蝦夷鹿と日本鹿。
どっちがどっちかは、忘れましたが。

Img_6244 Img_6245

月の輪熊と羆。
これも、どっちがどっちかは・・・

「焼ジビエ 罠」
住所:中央区八丁堀3-20-11
電話:03-5542-2229

| | コメント (0)

焼肉&飲み放題 門前仲町「牛和鹿」

会社のちょっとしたお祝いで、門前仲町の焼肉屋「牛和鹿」へ。

近江牛特選コース(3,500円)。

Img_6239

キムチ盛り、本日の刺身盛り、サラダ又はサンチュ、生タン、極上カルビ盛り、極上ロース盛り、ハラミとホルモン 。
これに、1,500円の飲み放題を追加して、宴会スタート!

全て食べきってしまったので、Mコプチャン追加。

Img_6240

食った食った。

「牛和鹿」
住所:江東区門前仲町2-9-5
電話:03-3820-2522

| | コメント (0)

牛タン赤ワイン煮込み 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」90回目

90回目の訪問。
そろそろ、100回目が視野に入ってきました。

Dscn4416

横浜ベイブルーイングのピルスナー。
やや濁りあり。
少し苦めでバランスしてます。
美味い。

Dscn4417

牛タンの赤ワイン煮込み(1,380円)。

2杯目、ベアードの大工さんのみかんエール。

Dscn4419

これも少し濁ってます。
フルーティなんだけど苦い。
大人のスイーツ的な。

3杯目、伊勢角屋のゴールデンドラゴン。

Dscn4421

やや濁りあり。
草っぽくホッピーなんだけど、スルスル飲めます。
個人的にはビミョーかな・・・

4杯目、Yマーケットの肝臓破りの赤。

Dscn4422

その名のとおり赤色。
ハイアルコールなんですけど、ホップがいい感じで効いているのでドリンカブル。

ドライトマト追加。

Dscn4423

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

ラン→銭湯→ビール 「原宿タップルーム」22回目

またまた清水湯経由で、原宿タップルーム。

Img_6228 Img_6229

ここでも、カウンターの端っこがお気に入り。

Img_6231

1杯目は、修善寺ヘリテッジヘレス。

Img_6230

「クリーンで丸みがありバランスの良いゴールデンラガー」
濁り強め。
ラン後はやっぱりこれやろね。

ランチメニューから、親子丼。

Img_6233

もう少し、ビールに合ったメニューにして欲しいなぁ・・・

2杯目、沼津ラガー。

Img_6235

「ソフトで丸みがあり、後味はクリーン」
久しぶりの沼津ラガー。
ヘレスより、しっかり寄りのバランス。
どちらかと言えばホッピーかな。

3杯目、島国スタウト。

Img_6237

「深煎りモルトのドライさと軽いスモーク感」
ヘッドが豊か。
スルスル系でドライ。

ここで、かりんとう(300円)追加。

Img_6236

ラスト、黒船ポーター。

Img_6238

「シルクのような滑らかさとチョコレートやコーヒーのような苦み」
ガス弱く、スルスル系。
苦みはあまり感じません。
スタウトが先か、ポーターが先か悩みましたが、今回の順番で正解。
かりんとうにどちらが合うかと言われれば、ポーターかな。

この日隣に座った方と話をしたんですが、なんとキリンの方。
私の苦手な、ハイアルコール系ばかり飲んでいらっしゃいました。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

珍しくピザ食べず 「中目黒タップルーム」23回目

23回目の訪問。

Dscn4412

お気に入りのカウンター左端が空いてました。

1杯目、シングルテイクセッションエール。

Dscn4407

「スパイシーで躍動感のあるさわやかさ」
濁りあり。
軽やかさには欠けるかな。

トリッパアッラフィオレンティーナ(650円)。

Dscn4408

いつもはピザなんですが、この日は何だかいつもと違う気分だったので。

2杯目、レッドローズアンバーエール。

Dscn4409

「フルーティでモルティだが、キレもありドライ」
わりとクリア。
じんわり苦い。

自家製サルシッチャ(900円)。

Dscn4410

肉々しくて、美味いっす。

3杯目、アングリーボーイブラウンエール。

Dscn4411

「モルトの甘さの後にホップの苦みが追いかける」
茶色くて濁りあり。
見た目はお世辞にも、イイとは言えんね。
香ばしくてスルスル飲めます。

サルシッチャ1本追加。

Dscn4413

ラスト、中目黒ビター。

Dscn4414

わりとクリア。
ハンドポンプなので、スルスル飲めます。

中目黒タップルーム
住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階
電話:03-5768-3025

| | コメント (0)

いっぱい食べました 「TOWER DINING 恵比寿店」その2

その1の続き。

黒豚のジャンクインソーセージ&パスタ。

Dscn4400 Dscn4402

K「ボリュームあるねぇ」
現「ホンマホンマ」

Dscn4401

3杯目、Beat Buzz(Extra Pale Ale)。
YOKOHAMA XPAのことかな。
これも美味し。

4杯目、Beat Down Jet(Brown Porter)。

Dscn4403

香ばしくて美味。
これで、ビール4種類制覇。

Dscn4404_2

NYジャークチキンで、料理はフィニッシュ。
ご馳走様でした。

Dscn4405 Dscn4406

ペールエールとセッションエールを一杯ずつ。
サンクトガーレンさんのおかげで楽しめました。

そして、次回企画もこの場で誕生。
ついに、四国上陸です。

TOWER DINING 恵比寿店
住所:渋谷区恵比寿南1-17-17
電話:03-3760-0131

| | コメント (0)

ビア友Kと初訪問! 「TOWER DINING 恵比寿店」その1

ビア友Kと恵比寿。

Dscn4393

TOWER DINING 恵比寿店」。

TOWER RECORDSのお店。

Dscn4398

壁を眺めてるだけで、楽しくなってきます。
二人共、洋楽を聴いて育ったので。

この日は飲み放題のコース。

Dscn4394

二人共、最近少食気味なんですけどね・・・
ビールは4種類が飲み放題。

・Beat Buzz(Extra Pale Ale)
・Beat Down Jet(Brown Porter)
・Beat NO BEER NO LIFE(Session Ale)
・プレミアムモルツ

現「ここのオリジナルビール、どこで造ってるんですか?」
店「神奈川です」
現「神奈川というと、厚木のほうかな?」
店「はい、サンクトガーレンさんです」
現「じゃ、セッションエールください」
店「その、セッションエールだけは、うちのオリジナルレシピなんですよ」
現「へー」

Dscn4395

さすがサンクトガーレンさん、セッションも美味いねぇ。

ホタテとサーモンのアミーゴカルパッチョとチャイニーズチキンサラダ。

Dscn4396 Dscn4397

2杯目、プレミアムモルツ。

Dscn4399

その2に続きます。

TOWER DINING 恵比寿店
住所:渋谷区恵比寿南1-17-17
電話:03-3760-0131

| | コメント (0)

バーで晩ごはん 月島「atelier bar tin tsukuda(アトリエ・バー・ティン 佃)」

この日はバーで晩ごはん。

Img_6222

ハヤシライス温泉玉子付き。

ヴェデット飲んだりギネス飲んだり。

Img_6221 Img_6223

レーズン食べながら白州。

Img_6225 Img_6224

ベーコン食べながらハイボール。

Img_6227 Img_6226

「atelier bar tin tsukuda(アトリエ・バー・ティン 佃)」
住所:中央区佃3-2-10
電話:03-6220-0808

| | コメント (0)

初訪問! 銀座六丁目「PILSEN ALLEY(ピルゼン アレイ)」

新橋「Brasserie Beer Blvd.」の系列店。

Img_6208 Img_6211

間口が狭く、立ち飲みカウンターのみのお店。
とってもシンプル。

コートも脱がずに、カウンターに立つと、注文しなくてもビールが注がれます。
デュッセルドルフみたい。

Img_6209

グラスは、ケルシュっぽいですね。
中味はスーパードライ。
グラスも綺麗に洗浄されていて、見た目も超イケメン。

12分後にもう一杯。

Img_6210

コースターに飲んだ数だけ印を付けるのも、本場っぽい雰囲気。

PILSEN ALLEY(ピルゼン アレイ)
住所:中央区銀座6-4-14
電話:03-3572-1655

この後、新橋の餃子屋に移動。

Img_6212

これも美味かった。

| | コメント (0)

伊勢角屋サミットエール 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」89回目

89回目の訪問も、ジム帰り。

Dscn4383

ベイブルーイングのピルスナー。
やや濁ってます。
モルトの甘さと、ホップがバランスし、キリリとしたフィニッシュ。
美味いねぇ。

前菜5種盛り。

Dscn4385

今日の5種は、いつもより私好みかも。

2杯目、伊勢角屋のサミットエール。

Dscn4386

「サミット」というホップを、ビタリングホップとして使用したとのこと。
伊勢志摩サミットにも掛けてるのかな?
濁りあって、苦めなんだけど、フルーティ。
少し主張が強すぎるかな、個人的な感想ですが。

ポテト追加。

Dscn4387

3杯目、うしとらの朝焼けのアンバー。

Dscn4390

赤くて、やや濁りあり。
ボディしっかり、かつホッピー。
ただ、しんどい・・・
まだ早かったかな?

4杯目、うしとらの雷神。

Dscn4392

やや濁りあり。
パンチがあって、確かにIPAだが、ボディが軽くて救われます。

Dscn4388

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

| | コメント (0)

スタウトも美味 札幌ビール旅行記2016冬 その15 ビールの現場から~北海道千歳市「北海道ビール ピリカワッカ」3回目

その14の続き。

5杯目、スタウト。

Dscn4379

「クリーミーな泡立ちの中にホップの苦味がきいています。ホロ苦さと爽快感に満ちたのどへのインパクトをお楽しみ下さい」
ガス弱めで飲みやすい。
さほどドライではなく、適度な甘さ。
★8

6杯目、再度のピルスナー。

Dscn4381

また飲みたくなるのは、いいピルスナーの証拠。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

「ビアワークスちとせ」
住所:北海道千歳市東郊1-7-1
電話:0123-40-2500

再び、千歳駅に歩いて戻り、新千歳空港へ。

「きのとや」でチーズタルトを買ったついでに、ソフトクリーム。

Img_6207

エエ年したオッサンが、何やってんねん(笑)

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

ピルスナーv.s.サッポロクラシック 札幌ビール旅行記2016冬 その14 ビールの現場から~北海道千歳市「北海道ビール ピリカワッカ」3回目

その13の続き。

3杯目、ピルスナー。

Dscn4375

「上質なホップの苦味とスッキリとしたのど越しが特徴。新鮮な味わいが持続する。あきのこない飲み口をお確かめください」
クリアで、やや苦めバランス。
良ピルスナーです。
★8

4杯目、趣向を変えて、サッポロクラシック。

Dscn4377

もちろん、クリア。
いやぁ、スッキリしてますね。
比べて飲むと、その違いは明確。

Dscn4378

マルゲリータ(600円)。
ここは、料理がリーズナブルですね。

その15に続きます。

「ビアワークスちとせ」
住所:北海道千歳市東郊1-7-1
電話:0123-40-2500

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

ケルシュ&ヴァイツェン 札幌ビール旅行記2016冬 その13 ビールの現場から~北海道千歳市「北海道ビール ピリカワッカ」3回目

その12の続き。

ビールメニュー。

Dscn4372

ピルスナー、ヴァイツェン、スタウトの3種。
あれ、前回は4種あったような・・・

Dscn4370

ありました、ケルシュ。

では、まずケルシュから。

Dscn4367

「ドイツのケルン地方のみで造られる伝統のビール。淡い黄金色に、甘い口当たり。すっきりとした軽やかな味わいをお楽しみ下さい」
やや濁りあり。
気持ち苦めで、いい感じ。
★8

2杯目、ヴァイツェン。

Dscn4373

「フルーティーな味わいで女性におすすめの小麦ビール。上品でまろやかなのど越しは楽しい一時をやさしく演出してくれます」
ジョッキで登場は残念ですが、飲み放題だし、致し方ありません。
泡が多めなのも、飲み放題ですし・・・
ややパンチ不足で、おとなしめのヴァイツェン。
★7

サーロインステーキ(150g)、980円。

Dscn4374

バカ安だったので、勇んで注文しましたが、値は値な感じ。

その14に続きます。

「ビアワークスちとせ」
住所:北海道千歳市東郊1-7-1
電話:0123-40-2500

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

3年半ぶりの訪問 札幌ビール旅行記2016冬 その12 ビールの現場から~北海道千歳市「北海道ビール ピリカワッカ」3回目

その11の続き。

帰京の日。
新千歳空港に行く前に、千歳駅で下車。

Dscn4382

千歳駅からは、徒歩。
国道337号線を北東方向へ。

Dscn4361

いい天気です。
サーモンパークの横を通って、サーモン橋まで来たら「現場」はもうすぐそこ。

Dscn4362

到着しました。

Dscn4365

2012年の夏以来、3年半ぶりの訪問。
ここのレストランは、天井が高くて気持ちいいですね。

Dscn4369

前回は飲み放題だったけど、今回は・・・

Dscn4366

ありましたが、「2名様以上」の文字が・・・

現「すいません、1人なんですけど、飲み放題ダメですか?」
店「いいですよ」

あっさりOK。
有り難や。

その13に続きます。

「ビアワークスちとせ」
住所:北海道千歳市東郊1-7-1
電話:0123-40-2500

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

ギリギリで帰還 札幌ビール旅行記2016冬 その11 ビールの現場から~北海道虻田郡ニセコ町「ニセコビール」2回目

その10の続き。

ここでもう一度、ビールメニュー。

Dscn4334_2

全部で9種類書いてあるんですが、カウンターの中の人によると、ロゼビールは品切れとのことだったので、この日の飲めるMAXは8種類。
全種類飲むのは諦めて、ポーターを飲んで締めようと思ってたんですが、色気が出てきました。
でも、レギュラー3杯はしんどいし・・・

Dscn4349_2

こんなん、あるやん!

Dscn4350

左から、ポーター蝦夷、ロゼハスカプ、パンプキンエール。

まずは、ロゼハスカプ。
「北海道三笠のハスカップと余市のオーガニック葡萄果汁で仕込んだ酸味のある紅紫のフルーツビール」
濁りあり。
酸味がいい感じ。
よく出来たフルーツビールです。
★8

そして、パンプキンエール。
「ニセコのオーガニックかぼちゃで仕込んだシナモン香る淡色のエール」
やや濁りあり。
後味、確かにかぼちゃ。
まったりしてるんですが、ガスが強いのが残念。
生かせてない感じ。
★7

最後に、ポーター蝦夷。
「北海道の鮭節と椎茸と昆布で仕込んだうまみフレーバーを醸す黒ビール」
ロースト感やや強め。
バランスは取れていて、美味しいポーターだとは思いますが、ここまで残っていたピリ辛ごぼうとは合いませんね・・・
★8
うまみフレーバーは、よくわかりませんでした。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

後半になって、更にインバウンドな感じになってきました。

Dscn4351

さすがやなぁ。

店を出たのは、20時58分。

Dscn4355

札幌行きの最終電車は、21時13分発。
急がねば。

Dscn4357

でも、この下り坂は、変に急ぐと真の意味で命取りに・・・

無事、到着しました。

Img_6204 Img_6205

良かった。

その12に続きます。

CRAFT BEER RESTAURANT 二階 NIKAI
住所:北海道虻田郡ニセコ町字本通4-11
電話:0136-55-5664

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

PA3連発! 札幌ビール旅行記2016冬 その10 ビールの現場から~北海道虻田郡ニセコ町「ニセコビール」2回目

その9の続き。

3杯目、ペールエール残照(レギュラー、600円)。

Dscn4343

「ホップの香りと麦芽のフレーバーのバランスが楽しめるエールビール」。
クリアで、スルスルいける系。
ややホッピーなところで、しっかりバランスしてます。
★8

4杯目、ペールエール富良野(レギュラー、680円)。

Dscn4346

「北海道富良野のリーフホップ(カスケード)を仕込んだエールビール。グラッシーな香りと苦味のバランスをお楽しみください」
かすかに濁りあり。
ガスは弱めで、フローラルな感じ。
★8

5杯目、ペールエール深雪(レギュラー、680円)。

Dscn4347

「2種類のホップでよりキリリと飲みやすい茶褐色の香り豊かなエールビール」
これも、かすかな濁り。
しっかり系でバランス取ってます。
これも美味い。
★8

似たような色のペールエールばかり、3種を同時に飲める「現場」ってのも珍しいかも。
しかも、各々個性あるし。

その11に続きます。

CRAFT BEER RESTAURANT 二階 NIKAI
住所:北海道虻田郡ニセコ町字本通4-11
電話:0136-55-5664

Dscn4345

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

ごぼうづくし 札幌ビール旅行記2016冬 その9 ビールの現場から~北海道虻田郡ニセコ町「ニセコビール」2回目

その8の続き。

1杯目は、ピルスナー山吹(レギュラー、600円)。

Dscn4337

「クリアですっきりとして飲みやすい黄金色のビール」。
見てのとおり、色は薄めでやや濁りあり。
少し苦めですが、バランス取れてます。
★8
ちょっと冷たいかなぁ。

フードメニュー。

Dscn4338

クイックメニュー、肉、魚、野菜、御飯ものと、バランス型。
この中から、ごぼうピリ辛南蛮漬け(480円)。

Dscn4339

2杯目、ベルジャンエール向日葵(レギュラー、600円)。

Dscn4340

「オレンジの柑橘がほのかに香るスッキリと飲みやすいクリアなビール」
これもやや冷ため。
小麦系にしては、透明度が高い。
ガスもやや強め。
★7

もう一品は、ゴボウの唐揚げ(880円)。

Dscn4342

どんだけ、ごぼう好きやねん(笑)

その10に続きます。

CRAFT BEER RESTAURANT 二階 NIKAI
住所:北海道虻田郡ニセコ町字本通4-11
電話:0136-55-5664

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

ビールはまさかの9種類 札幌ビール旅行記2016冬 その8 ビールの現場から~北海道虻田郡ニセコ町「ニセコビール」2回目

その7の続き。

Dscn4354

店の入口と言うよりは、事務所の入口風。

ドアを開けて中に入ると、1階が醸造所。

Dscn4333

だから「二階」って言う店名なんですね。
以前のお店「TANTO」とは、場所が違うのはそういうことでしたか。

2階に上がると、L型のカウンターとラウンジ風のテーブル席。

Dscn4341 Dscn4344

先客は、オーストラリアからのスキー客と思われる4人組。
うん、想像どおり。

ビールメニューはコチラ。

Dscn4334

9種類か、多いな・・・
全部飲むのは諦めたところから、組み立てないと無理ですね。

その9に続きます。

CRAFT BEER RESTAURANT 二階 NIKAI
住所:北海道虻田郡ニセコ町字本通4-11
電話:0136-55-5664

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

ニセコの雪初体験 札幌ビール旅行記2016冬その7 ビールの現場から~北海道虻田郡ニセコ町「ニセコビール」2回目

その6の続き。

余市駅。

Img_6203

そうか・・・もうすぐ開業か、北海道新幹線。
って、ミスター!!

18時半、ニセコ駅到着。

Dscn4325

ここから、お店に電話。

現「先日予約の電話をしたものです。その時、駅から電話をもらえれば、近道を教えると言われたんですが・・・」
店「駅から歩いていらっしゃるんですか?」
現「はい」
店「駅前の道をどんどん上っていくと、左側に遊歩道があるので、そこを上がってきていただけるとすぐです」
現「遊歩道の入り口って、わかりやすいんでしょうか」
店「たぶんわかると思います」

夏に一度来たことはあるんですが、今は真冬。
道に迷ったら死ぬんちゃうか・・・

少し歩くと、イルミネーションで彩られたツリー。

Dscn4326

前に来た時よりも、だいぶ垢抜けた印象。
これも、インバウンド効果やろか。

以前も上った坂道ですが、暗いし寒いし・・・

Dscn4327

キュッ、キュッ。

踏みしめる雪の感触が、今までと違うような。
これがニセコの雪か!

ん、これかな、遊歩道って。

Dscn4328

手すりはあるものの、結構な傾斜。
一歩一歩慎重に、踏みしめながら上ります。

Dscn4329

いい景色です。
だいぶ上ってきましたねぇ。

Dscn4356

それっぽい建物が見えてきましたが、以前のレストランとは全然違います。

Dscn4331 Dscn4332

画像は光が飛んでますが、「二階」と書いてあります。
無事到着したようです。
良かった・・・

その8に続きます。

CRAFT BEER RESTAURANT 二階 NIKAI
住所:北海道虻田郡ニセコ町字本通4-11
電話:0136-55-5664

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

マッサン後初訪問 札幌ビール旅行記2016冬その6 ウイスキーの現場から~北海道余市郡余市町「ニッカウヰスキー北海道工場(余市蒸留所)」2回目

その5の続き。

小樽から余市に移動。
2010年7月の初訪問以来、2度目の訪問になります。

Img_6202

今回も、無料見学ツアーに参加。

Dscn4316 Dscn4317

参加人数が少なくて、ラッキーでした。
ガイドの方に話しかけやすいので、「マッサン」撮影エピソードなんかも聞けました(笑)

Dscn4314 Dscn4315

Dscn4318 Dscn4320

冬景色もいいですね。

ツアーの締めくくりは、試飲。

Dscn4321

前回は「余市10年」と「鶴17年」と「アップルワイン」でしたが、今回は「竹鶴ピュアモルト」「スーパーニッカ」「アップルワイン」に。
うーむ・・・

Dscn4322 Dscn4323

その7に続きます。

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (2)

小樽でランチ 札幌ビール旅行記2016冬その5 小樽市「万次郎」

その4の続き。

小樽駅で降りて、昼食を食べる店を探してブラブラ。
アーケードのある商店街を抜けて、寿司屋街へ。
そこでも決めては無く、堺町通りへ。

渋い店、見つけました。

Img_6201

いわゆる「小樽らしい感じ」では無いかも・・・

Img_6198 Img_6199

アジフライ定食(670円)+生玉子(50円)+納豆(100円)。

Img_6200

ビールは、小瓶で2本いただきました。

その6に続きます。

「万次郎」
住所:北海道小樽市堺町2-15
電話:0134-23-1891

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

初訪問! 札幌ビール旅行記2016冬その4 札幌市「COOL BEER CRAFT」

その3の続き。

Beer Bar NORTH ISLAND(ビア・バー・ノース・アイランド)」を出て、狸小路を西へ。

南3条西1丁目。

Img_6193

いい具合に、カウンター席が空いていました。

Dscn4309

ドラフトメニューは、こんな感じ。

Img_6194 Img_6195

まあまあイイ値段しますね。
スワンレイク、アウトサイダー改めいわて蔵、田沢湖、帯広。
ノースで既に5杯飲んでますので、ここは帯広のクロウト(Mサイズ、850円)。

Dscn4303

右に写っているお通し、300円也。

2杯目、田沢湖のアルト。

Dscn4306

クリアでバランス良。
さすがです。

サーモンとアボカドのタルタル(680円)。

Dscn4305

いやぁ、いいだけ飲んで、いいだけ食べました。
そろそろ、ホテルに戻るとします。

大通りに向けて歩いていた時、こんなものを発見。

Img_6196 Img_6197

新しい市電の駅が!
初めて見た!!

その5に続きます。

COOL BEER CRAFT
住所:北海道札幌市中央区南3条西1-3-3
電話:011-596-0774

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

5杯で終了 札幌ビール旅行記2016冬その3~ビールの準現場から「Beer Bar NORTH ISLAND」18回目

その2の続き。

4杯目は、スタウト。

Dscn4301

ガス弱い。
ボディしっかりでもなく、ドライと言うほどでもなく。
★8
もう少し、ドライな方が好みではありますが。

ラストは、コリアンダーブラック。

Dscn4302

これもガス弱め。
スパイシーですね。
だいぶ慣れましたが。
★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。

Img_6191

すぐ近くにあるもう一つの「現場」、「月と太陽」も覗いてみましたが、オリジナルビールは欠品中とのこと。

Img_6192

その4に続きます。

Beer Bar NORTH ISLAND(ビア・バー・ノース・アイランド)」
住所:北海道札幌市中央区南2条東1-1-6
電話:011-303-7558

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

限定The Bitter 札幌ビール旅行記2016冬その2~ビールの準現場から「Beer Bar NORTH ISLAND」18回目

その1の続き。

2杯目、限定のThe Bitter。

Dscn4297

やや濁りあり。
フルーティで、ホッピー。
後味に苦みあり。
★8

Img_6189

現「お腹がとっても減ってるんですけど、ボリューミィなのはどれですかね?」
店「パスタがいいんじゃないでしょうか」

Dscn4298

豚角煮と冬野菜のラグーパスタ(950円)。
確かに、ボリューミィ。

3杯目、ブラウンエール。

Dscn4299

濁りあり。
香りがホッピー。
★8

その3に続きます。

Beer Bar NORTH ISLAND(ビア・バー・ノース・アイランド)」
住所:北海道札幌市中央区南2条東1-1-6
電話:011-303-7558

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

今年も雪少なめ 札幌ビール旅行記2016冬その1~ビールの準現場から「Beer Bar NORTH ISLAND」18回目

ほぼ5ヶ月ぶりの札幌。

Img_6187

雪、少ないですねぇ。
去年も少なかったし・・・

8時過ぎ、いつものお店に到着。

Img_6188

今日は、ゆったり飲めそうな予感。

Dscn4300

メニューはコチラ。

Img_6190

ピルスナー、ブラウンエール、スタウト、ヴァイツェン、IPA、コリアンダーブラック、The Bitterの7種。

1杯目、ピルスナー(Lサイズ、700円)。

Dscn4296

クリア。
温度も丁度いい。
苦さとモルトのバランスも丁度いい。
わかっちゃいたけど、美味いな、おい。
★9

その2に続きます。

Beer Bar NORTH ISLAND(ビア・バー・ノース・アイランド)」
住所:北海道札幌市中央区南2条東1-1-6
電話:011-303-7558

2151)札幌ビール旅行記2016冬

| | コメント (0)

住宅街にぽつんと 入谷「大塚」天ぷら

後輩を誘って、入谷の「大塚」。
入谷の駅を降りて、住宅街をまあまあ歩いた所にあります。

Img_6185

L型のカウンター8席と、4人掛けのテーブル☓2。
我々は二人だったので、カウンター。

天ぷら中心のコースでスタートし、単品を幾つか追加。
そして、最後はかき揚げがのった天丼。

Img_6186

現「子供を連れて来ても大丈夫ですか?大学生と高校生ですが」
店「もちろん、大丈夫ですよ」
現「4人だったら、テーブル席ですかね?」
店「カウンターが埋まってれば、テーブル席になりますが、出来ればカウンターに座っていただきたいので」

結構飲んだこともあり、2人で18,000円くらいだったかな。

「大塚」
住所:台東区入谷2-12-11
電話:03-3873-8826

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »