« 釜玉で、もとい、蒲田までラン | トップページ | アルトはジョッキで ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」45回目 その2 »

やっぱり美味いね、ピルスナー ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」45回目 その1

45回目の横浜ビール。
よく来たもんです。

Dscn4822

グラス250円、ジョッキ350円。
相変わらず素敵。

日替わりの手作りハンバーグ。

Dscn4825 Dscn4826

1杯目、ピルスナーをグラスで。

Dscn4824

「美しい黄金色をしたチェコスタイルのプレミアムビール。上質なホップの上品な苦味と伝統の製法によるしっかりとした飲み応え、それに負けない麦の甘みも感じられるビールです。飲んだ後まで心地よい余韻が残る、こだわりの3デコクション製法!」
プレモルがダブルデコクションですから、1回多いってことですかね。
やや濁っていて、ガス弱め。
モルトもホップもいい感じ。
実にグッドバランス。
★9

2杯目、ヴァイツェン。

Dscn4827

「南ドイツのスタイルで、小麦を使用したフルーティーな白ビール。酵母由来のバナナやバニラのようなやさしい香りがあり、苦味が少なく甘みのあるやわらかい飲み口、濃厚な旨みが特徴。ビールを飲み慣れていない方からの人気も高いビールです。女性の支持率高し!」
濁り強く、泡はきめ細かい。
しっかり香ると言っても、香り過ぎることもなく。
★8

その2に続きます。

驛の食卓
住所:横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901

|

« 釜玉で、もとい、蒲田までラン | トップページ | アルトはジョッキで ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」45回目 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釜玉で、もとい、蒲田までラン | トップページ | アルトはジョッキで ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」45回目 その2 »