« 危険な価格設定 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その9〜ビールの現場から「志賀高原ビール」 | トップページ | 全種類制覇! 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その11〜ビールの現場から「志賀高原ビール」 »

どのビールも美味いねぇ 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その10〜ビールの現場から「志賀高原ビール」

その9の続き。

3杯目、Indian Summer Saison。

Dscn5155

「夏の農作業のために農閑期につくられたというセゾン。夏をこえて、Indian Summerの季節までも楽しめるようにと、一層たっぷりのホップを使って仕込んでみました。セゾン酵母由来のフルーティーな香りが、ニュージーランドとアメリカ産のアロマホップの個性と調和した、ドライで爽快な味わいです」
かすかに濁りあり。
これまでの2杯と比べて、よりホッピーでよりボディしっかり。
★8

4杯目、IPA。

Dscn5156

「強烈なホップの個性をしっかりとしたモルトのボディが受け止めます。多くのビールファンにご支持をいただき、『自分たちの飲みたいビール』の代表でもある志賀高原ビールの看板商品です。その圧倒的な香りと爽快感。「苦さ」の「旨さ」をお楽しみください!」
やや濁りあり。
IPAだけに、苦いんですけどバランス取れてます。
以前は志賀高原、ちょっと苦手だったんですけどね。
私が寄せたのか、プロダクトが変わったのか・・・
★8

つまみ追加。
Kurakake Beans(鞍掛豆)、300円。

Dscn5157

最初は私一人だったんですが、どんどんお客さんが増えてきました。

その11に続きます。

TEPPA ROOM
住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏1163
電話:0269-33-2155

2154)長野ラン&ビール旅行記2016夏

|

« 危険な価格設定 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その9〜ビールの現場から「志賀高原ビール」 | トップページ | 全種類制覇! 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その11〜ビールの現場から「志賀高原ビール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険な価格設定 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その9〜ビールの現場から「志賀高原ビール」 | トップページ | 全種類制覇! 長野ラン&ビール旅行記2016夏 その11〜ビールの現場から「志賀高原ビール」 »