« 横須賀中央 → 金沢文庫 | トップページ | フードが課題 ビールの現場から 神奈川県横浜市「南横浜ビール研究所」その2 »

新規258ヶ所目! ビールの現場から 神奈川県横浜市「南横浜ビール研究所」その1

京急「金沢文庫」駅から、歩いてスグ。

Img_7243

南横浜ビール研究所」。
新規258ヶ所目の現場です。

醸造設備は、1階にあります。

Img_7256 Img_7257

2階にはカウンターとテーブル席に加え、畳エリアが広がっています。

Img_7245

これは珍しい。

この日のビールメニューは、壁の黒板に。

Img_7247

ペールエール、ヴァイツェン、IPA、ポーター、ベルジャンウィートの5種。
小麦系が2つか・・・

まずはヴァイツェン(グラス、480円)から。

Img_7248_2

濁り強め。
色は薄めで、きれいなビールです。
ガス弱めで飲みやすい。
何故かほんのりストロベリー感。
★7.5

2杯目、ベルジャンウィート(グラス、580円)。

Img_7250_2

濁りあり。
名前ほど、ベルジャン感はありません。
★7

その2に続きます。

南横浜ビール研究所
住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東3-1-4
電話:045-781-5055


|

« 横須賀中央 → 金沢文庫 | トップページ | フードが課題 ビールの現場から 神奈川県横浜市「南横浜ビール研究所」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横須賀中央 → 金沢文庫 | トップページ | フードが課題 ビールの現場から 神奈川県横浜市「南横浜ビール研究所」その2 »