« 新雪を踏みしめ 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その3〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」16回目 山梨県富士河口湖町 | トップページ | 焚火飲み 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その5 »

熊出没? 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その4〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」16回目 山梨県富士河口湖町

その3の続き。

今回はヴァイツェンスタート。

Dscn5507

「フルーティーな香りと上品な味はビールが苦手な方や女性にもおすすめ」

K「毎回迷うよな」
現「去年はピルスから」
K「走った後やからかな」

走ってはいませんが、色々と働いたので、美味さ格別。
★8

キノコとベーコンのクリームピザ&素揚げゴボウと春雨と焼豚の中華風サラダ。

Dscn5512 Dscn5513

2杯目、ピルス。

Dscn5514

「世界で最も愛飲されており、アロマホップとビターホップのバランスが特徴です」

現「エエなぁ」
K「これだけでも、そこそこいけるけどね」
★8

3杯目、シュバルツヴァイツェン。

Dscn5515

「キレと甘芳ばしさが共存した黒いヴァイツェンです」

現「4種類ある定番の一つがシュバルツヴァイツェンってのもスゴイな」
K「普通無いよね」

★7.5

4杯目、ラオホ。

Dscn5516

「ドイツ・バンベルク特産のビール。麦芽を乾燥させる時にスモークしますので、独自の香りと味が楽しめる日本でも珍しい通好みの逸品」

現「シュバルツヴァイツェンが定番もスゴイけど、ラオホが定番ってのもね」
K「すっかり馴染んだけどね」

★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。

18:30

Dscn5519

現「すっかり暗いね」
K「同じ道を帰るだけとは言え、暗いと怖いね」

Dscn5520

現「おいおいおい!」
K「大きな声でしゃべりながら行かんと」

その5に続きます。

SYLVANS(シルバンズ)
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1
電話:0555-83-2236

2156)富士山マラソン&ビール旅行記2016冬

|

« 新雪を踏みしめ 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その3〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」16回目 山梨県富士河口湖町 | トップページ | 焚火飲み 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新雪を踏みしめ 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その3〜ビールの現場から「富士桜高原麦酒」16回目 山梨県富士河口湖町 | トップページ | 焚火飲み 富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 その5 »