« 町屋「竹の湯」までラン ビールの現場から 東京都足立区「さかづきBrewing」2回目 | トップページ | 現場モノは6種類 ビールの準現場から~東京都港区「DEVIL CRAFT」4回目※現場としては2回目 »

過酷なトレイルラン ビールの準現場から〜静岡県伊東市「伊豆高原ビール」5回目

伊東駅に到着したのは、9時40分。

Img_8160

ここから伊豆高原方面へスタート!

 

最初は平坦だったんですが、3kmを過ぎたあたりから上りがきつくなってきました。

Img_8161

ほぼトレイルラン。

きついです。

 

Img_8162

引き続き、きついです。

 

14km走って(歩いて)、やっと到着。

Img_8163

伊豆高原ビール うまいもん処」。

 

ビールの前に「伊豆高原の湯」で、ひとっ風呂。

満を持して、隣のレストランへ。

Img_8164

ここのレストラン、7年ぶり2度目

 

以前は、窓際の席だったような・・・

Img_8167

 

ビールメニュー。

Img_8168

ボケてますけど・・・

飲み放題90分1,800円。

 

「大室」でスタート。

Img_8169

「苦みを押さえたキレの良さが自慢です。ドイツの古都ケルンで飲み継がれるビールの醸造法をベースに作りました。厳選淡色麦芽にザーツホップとハラタウホップをブレンドして使用」

ケルシュタイプ。

ちょい甘めのケルシュ。

日本のケルシュでは、スタンダードではありますが。

★7

 

Img_8165 Img_8166

 

活き鯵姿造り(580円)。

Img_8170

ピクピク動いてます。

すごい歯応え。

ちょっと量が少ないかなぁ。

 

2杯目、季節限定のヴァイツェン。

Img_8172

香りおとなしめのヴァイツェン。

★7

 

なめろうフライ(380円)。

Img_8171

 

3杯目、甘夏スパークリング。

Img_8174

これはもう、ジュースですな。

ジュース。

 

小鯵のひもの揚げ(480円)。

Img_8173

昔はこういうのの美味しさ、全然わからんかったなぁ。

年を取ると、味覚も変わるねぇ。

 

4杯目、天城。

Img_8176

「スッキリしたホップの苦味とモルトの香りのハーモニー。ビールのブラウン色は大量に使用するローストしたキャラメル麦芽によるものです。グラスをゆっくり回すとモルトの甘みが立ち上ります」

濁りあり。

キャラメル麦芽使用なので、香ばしいですね。

ガス弱めなので、パイントグラスで飲みたい雰囲気。

★7

 

じゃがバタ明太子(480円)。

Img_8177

ここへ来ると、税別4,000円しばりがあるので、フードはいつもより多めに頼まざるをえません。

貧乏性なので。

 

5杯目、天城越え。

Img_8178

「アルコール8%のストロングビール。麦芽を1.5倍使用した贅沢なビールです。コクがあり、まろやかな味わいに仕上がりました。アルコール度数は8%とちょっと高めです」

濁りあり。

モルティですね。

さすが。

★7

 

愛鷹牛のメンチカツ。

Img_8179

 

ラストは、ゆずみつジンジャーハイボール。

Img_8180

島焼酎が飲めるぶん、マリンタウン店のほうがいいかな。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

伊豆高原駅から、電車で帰宅。

Img_8181

 

伊豆高原ビール うまいもん処

住所:静岡県伊東市八幡野1180高原の湯内

電話:0557-54-5300

|

« 町屋「竹の湯」までラン ビールの現場から 東京都足立区「さかづきBrewing」2回目 | トップページ | 現場モノは6種類 ビールの準現場から~東京都港区「DEVIL CRAFT」4回目※現場としては2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 町屋「竹の湯」までラン ビールの現場から 東京都足立区「さかづきBrewing」2回目 | トップページ | 現場モノは6種類 ビールの準現場から~東京都港区「DEVIL CRAFT」4回目※現場としては2回目 »