« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

豪雪の中、新潟へ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その1

上越新幹線で燕三条ヘ!
11時40分東京発だったんですが、ほとんどの方が駅弁を食べ始めたのには驚きました。

Img_7935 Img_7936

私も、その例に漏れず。

折しも燕三条は大雪!
※1月中旬

Img_7937

駅まで迎えに来てくれた方もびっくりの豪雪。

何とか仕事を済ませ、本日の宿のある新潟へ移動。

Img_7938

後輩「ひどいっすね、雪」
現「歩きたくないなぁ、外」

タクシーで万代橋まで移動し、老舗のオークラにチェックイン。
一息ついてから、古町へ。

後「店、どうします?」
現「決めてない。ジャケ買いしよ」

悪天候だからなのか、金曜日の夜にも関わらず、人出はほとんどなし。

後「ここのお店どうですか?」
現「日本酒も飲めるし、そこそこ混んでるし、エエんちゃう」

Img_7939 Img_7940

Img_7941 Img_7942

最後は、新潟らしく「へぎそば」で〆。
ホテルまでは、タクシーで帰りました。
遭難しそうだったので・・・

その2に続きます。

「風薫る」
住所:新潟県新潟市中央区古町通7番町1002-1
電話:025-224-4710

2158)秋田岩手ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

戸越飲み@「Nami」

昔住んでいた戸越で、先輩と飲み。
少し早めに着いたので、銭湯でスッキリ。

Img_7920

戸越銀座温泉」。
昔「中の湯」と言ってたらしんですが、すっかりキレイになってます。

この日のお店は、戸越銀座駅を越えて少し行った所にある鉄板焼きのお店「Nami」。

Img_7921

カジュアルフレンチといった佇まいで、出されるのはお好み焼きだったりします。

Img_7923 Img_7924

先輩も私も関西人なので、お好み焼きでフィニッシュ。

Img_7925

Nami
住所:品川区平塚2-13-7
電話:03-3786-7761

Img_7926


| | コメント (0)

ガーネットも美味し いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その15〜ビールの現場から「霧島高原ビール」鹿児島県霧島市11回目

その14の続き。

4杯目、ボヘミアン・ガーネット。

Dscn5652

「濃色系のピルスナービール。チェコ産カラメル麦芽とザーツホップを使用。コーヒーの様な香りが特徴的。黒ビールなのに驚くほど軽快な味わい」

現「これも去年より美味しくなってない?」
K「そんな気するなぁ」
★8

5杯目、ブロンド再び。

Dscn5653

ブロンドが復活してくれたのは嬉しいですね。
来年はもっと美味しくなってないかなぁ。

6杯目、ガーネット再び。

Dscn5655

ランチに付いている、デザートを一緒に。

Dscn5654

現「そろそろ行きますか」
K「では、また来年」
現「また来年」

また行ってみたい度は★4(5段階)。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

ブロンド復活 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その14〜ビールの現場から「霧島高原ビール」鹿児島県霧島市11回目

その13の続き。

ビールメニュー。

Dscn5644

現「ケルシュって書いてあるけど、ヴァイツェンがあるみたいやで」
K「そうなんや、前回ケルシュが美味しかったけどな」

店「ご注文はいかがしましょうか」
現「メニューにケルシュってありますけど、飲めないんですよね」
店「いえ、大丈夫ですよ」
現「えっ・・・じゃあヴァイツェンは?」
店「ヴァイツェンもありますよ」
現「そうなんですか。じゃ、飲み放題2人分で、1杯目ケルシュ下さい」

Dscn5647

「ハラタウホップを使用したアロマ風味のビール。フルーティな酸味が爽やかなケルシュはビールの苦みが苦手な女性にも大変人気」
昨年に引き続き、悪くない出来。
★8

グラーシュランチ(1,296円)。

Dscn5648 Dscn5650

2杯目、ボヘミアン・ブロンド。

Dscn5649

「チェコが世界に誇る淡色系のピルスナービール。チェコから直輸入の麦芽と香り高いザーツホップを使用し、低温でじっくりと熟成。どれから飲もうか迷ったらまずはブロンドから」

現「なっ、復活してるやろ?」
K「ほんまや(笑)」
現「ブルワーが替わったかな」
K「そうかもしれんね」

3杯目、ヴァイツェン。

Dscn5651

かなり濁ってます。
香り弱めのヴァイツェン。
悪くは無いんですけど・・・
★7

その15に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

鹿児島空港から徒歩で、 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その13〜ビールの現場から「霧島高原ビール」鹿児島県霧島市11回目

その12の続き。

城山観光ホテルから、シャトルバスで鹿児島中央駅へ。
鹿児島中央駅でお土産を買い、バスで空港へ。

K「空港まで迎えに来てもらう?」
現「西郷公園経由で、歩いて行かへん?」
K「ええなぁ、そうしよっか」

Img_7916

K「デカいなぁ、西郷さん」
現「ここ、『対決列島』で最後に白熊対決したところやで」
K「『水曜どうでしょう』の?」
現「そうそう」

西郷公園から「現場」までは、徒歩5〜6分。

Img_7917

K「ここも3年連続」
現「空港から歩いていける距離やからな」

チェコレストラン リトルプラハ

Img_7918 Img_7919

今回は、少し張り出したテラス席。

Dscn5646

その14に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

城山観光ホテルで朝食 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その12

その11の続き。

9時過ぎに就寝したので、翌日6時起きも全く苦にならず。
もちろん風呂では撮影出来ないので、すっ飛ばして朝食会場。

Dscn5639

いやぁ、何でしょこの組み合わせ(笑)
突然ラーメンが食べたくなってしもて。

Dscn5637

オムレツ&トースト。

Dscn5638 Dscn5640

オリジナルのジャムが美味しいんですよねぇ。
知覧茶のジャムを買って帰りました。

Dscn5641

その13に続きます。

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

バーで〆 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その11〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市6回目

その10の続き。

20時過ぎ頃から、デザートに移行。

Dscn5629

ビールは当然のようにスタウトへ。

Dscn5630

「細かい泡立ちと大麦の香ばしい味の黒ビール。黒ビールが苦手な人にもクセがなく、スムーズな味に仕上がっており、ほのかに黒糖の香りがします」

K「ドライなスタウトやね」
現「甘いものにも良く合うわ」

★8

もう一杯&アイスクリーム。

Dscn5631 Dscn5632

合計8杯飲んで、終了。
また行ってみたい度は★5(5段階)。

現「天文館行く?」
K「フロントでもらった、バーで使えるドリンク無料券があるから、そこでエエんちゃう」
現「そうしよっか(笑)」

ラウンジ・バー カサブランカ

Dscn5635

ジントニックをいただきました。

Dscn5636

明日の風呂での集合時間を確認して終了。
後は、ホテルのベッドで寝るだけです。

その12に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (2)

2周目突入 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その10〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市6回目

その9の続き。

4杯目、ベルギーホワイト再び。

Dscn5624

K「スタウトには行かへんのね」
現「そう。前回同様、デザートに合わせようと思って」

Dscn5625

現「2皿目は、前菜系で」
K「俺、こっちの方が好きなんだよね」

5杯目、レモングラス再び。

Dscn5626

現「これで5杯ってことは、@400円まで来たね」
K「もう、ほぼ元取ってる感じかな」

6杯目、万咲IPA再び。

Dscn5627

そろそろデザート行きますか。

その11に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

今回は前菜から いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その9〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市6回目

その8の続き。

現「ビールを頼むか、料理を取りに行くか・・・」
K「ビュッフェはいつも悩むよね」
現「ビールまず頼もっか」

Dscn5619

ベルギーホワイト。
「鹿児島特産桜島小みかんの皮を使用。スパイシーな口当たりと小麦の酸味、オレンジの香りがほのかにします。女性の方におすすめです」

現「いやぁ・・・最高」
K「このために、フルマラソン走ってると言っても過言じゃないからな」
現「すっきりしてるんだけど、旨みのあって良いバランス」
★8

K「一息ついたところで、料理取りに行きますか」
現「せやね」

Dscn5620

いつもなら前菜から行くんですが、今日はメインから。
全体的に茶色っぽくなっちゃいます。

2杯目、レモングラス。

Dscn5622

「レモングラスは胃を健康にし、整腸作用、高血圧や貧血にも効能があるハーブです。コクがあるのに爽やかな味と香りは、女性だけでなく男性にもおすすめ」

K「これも美味いねぇ」
現「スパイシーで、変わってるんだけどバランスしてるよな」
★8

3杯目、万咲IPA。

Dscn5623_2

「ホップをふんだんに使用し、苦味が強く奥深い、ビール好きのためのビールです。徳之島産長命草使用し、長命草は万咲(まあざく)と呼ばれています」

K「変わった原料を使ってる割には、結構妥当な味やね」
現「お手本的なIPAにすら感じるな」
★8

その10に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

3年連続「北欧フェア」 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その8〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市6回目

その7の続き。

3年連続の城山観光ホテル。

Dscn5617

3年連続で、ラン後の風呂。

さつま乃湯」。

3年連続の「ガーデンレストラン ホルト」へ。

Dscn5616

3年連続の北欧フェア。

Dscn5618

現「完全に定番化してるなぁ」
K「北欧フェア以外も体験したいなぁ・・・」

予約時間19時ぴったりに入店。

Dscn5628

3,200円+プレミアム飲み放題(城山ビールの飲み放題)を付けて、税抜5,200円。

Dscn5621

その9に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

指宿へ! いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その7

その6の続き。

マラソン当日。
午前5時起床で、枕崎駅へ。

Img_7908 Img_7909

まだ真っ暗。
雨も降ってます。

K「ちょっと早めに来たけど、俺らだけやね」
現「やっぱりこのルート、あんまりポピュラーじゃないみたい」

Img_7910

6:08枕崎発。

途中駅で、ランナーっぽいお客さんがちょこちょこ乗ってきました。

7:21指宿着。

Img_7911

K「まだ降ってるな」
現「予報では止んでるはずなんやけどね」

駅からバスで会場に移動し、受付を済ませスタート地点に向かう頃には雨はほぼあがりました。

Img_7912

9:00スタート!

この日はかなり暖かく(スタート時点で19℃!!)、ウエア選択のミスもあり過酷なレースになりましたが、何とか2人とも完走。

Img_7913 Img_7914

帰りはバスで鹿児島市内へ。

その8に続きます。

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

ビール3杯焼酎3杯 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その6〜ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島県枕崎市2回目

その5の続き。

2杯目は、白波。
注ぎ放題です(笑)

Img_7899

「鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもであるコガネセンガンと米麹を原料に、薩摩に伝わる焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。
しっかりした濃い甘さと、芋らしい香り」

ビール2杯目、薩摩RED。

Img_7901

「健康成分ポリフェノールをタップリと含んだムラサキイモを原料に仕込んだ薩摩レッドは果実のような芳香と上品な旨みを楽しめます」
こなれてはいないんですが、フルーツっぽいのがちょっと面白いかも。
★6

焼酎2杯目、黒白波。

Img_7902

「口に含んだ瞬間、ほんのりとした甘みが広がり、芳醇で爽やかな香りの余韻が楽しめます。
「ほの甘く、香り立つ。」進化した旨さをご堪能ください」

焼酎3杯目、花渡川。

Img_7903

ここでしか飲めないんですって、奥さん。

K「ついつい忘れがちやけど、明日マラソンやで」
現「忘れてた(笑)」

ビール3杯目、薩摩BLACK。

Img_7904

「コクのある苦味と香ばしい芳香が特徴です。独自の製法から生まれる芳醇な香りと味わいが楽しめます」
コーヒー感あり。
ドライです。
★6

Img_7905 Img_7906

〆のご飯ものとデザート。

K「さすがコースやな」
現「これで3,000円とは・・・」
K「お値打ちやね」

Img_7900

ペッパー君に見送られて、ホテルへ。

Img_7907

また行ってみたい度は★3(5段階)。
ビールだけだと★2ですけど、トータルで★3。

その7に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

地元料理+飲み放題3,000円 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島県枕崎市2回目

その4の続き。

今回は事前に電話してコース料理(2,000円)+飲み放題(1,000円)。

K「コース料理って?」
現「スープとか前菜とかメインとか」
K「イマイチやな」
現「やろ!!せやから、2,000円で地元っぽい料理にしてほしいってお願いしといた」
K「おお、期待できるがな」

ビールメニュー。

Img_7894

現「すいません薩摩GOLD下さい」
K「私も」

Img_7895

「南薩摩産のさつまいも黄金千貫(コガネセンガン)が原料。ラガータイプの酵母でじっくり貯蔵熟成して仕上げました。すっきりした切れ味が特徴です」
クリア。
何だかバラバラ。
こなれてないとでも言いましょうか。
★5

地元っぽい料理登場。

Img_7896

K「いいねぇ」
現「いいよねぇ(笑)」

Img_7897

ネイゴ(カンパチ)のかぶと煮。

K「いいねぇ」
現「いいよねぇ(笑)」

その6に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

まさか再訪することがあろうとは・・・ いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その4〜ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島県枕崎市2回目

その3の続き。

ビア友Kとホテルで合流したのは、18時45分。

現「早速行こか」
K「予約19時やもんね」
現「まだ雨降ってる?」
K「本降り(笑)」

傘をさして、暗い夜道を歩くこと15分。

Img_7887

現「まさか、Kと来るとは思ってなかったなぁ」
K「結構立派やねぇ」
現「何と言っても、あの『白波』の現場やからねぇ」

Img_7889 Img_7888

レストランに入ると、お客は我々のみ。

Img_7892

我々の席は、完璧にセットされてます。

Img_7890 Img_7891

K「ビール以外は、好きにやれってことかな?」
現「そのようやね」

その5に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

足湯でリラックスして枕崎へ いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その3

その2の続き。

再度、鹿児島空港。
また送ってもらっちゃいました。

Img_7884

いつもなら、ここから鹿児島市内に向かうんですが、今回は何と枕崎へ。
16時発のバスには、まだ30分以上あります。

Img_7883

枕崎行きバス停目の前にある足湯。
足だけなのに、温まりますねぇ。

定刻、バスは枕崎に向けて出発。

Img_7885

薩摩半島を北から南に縦断。
結構な山道なので、車酔いする人はキツイかも。

Img_7886

枕崎駅前に着いたのは、17時45分。
あたりはすっかり暗くなり、雨も降っています。

駅から徒歩5分ほどのホテルにチェックインし、ビア友Kの到着を待ちます。

その4に続きます。

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

ボヘミアンブロンド復活! いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その2〜ビールの現場から「霧島高原ビール」鹿児島県霧島市10回目

その1の続き。

ランチメニュー。

Dscn5607

明日はフルマラソンだからなぁ・・・

Dscn5612

カツカレー、ご飯大盛りで。

ビールメニュー。

Dscn5609_2

まずは、ボヘミアンブロンド(500円)から。

Dscn5610

昨年飲んだブロンドがイマイチだったので、恐る恐る一口。
おっ、良いぞ!
ガス弱めで、麦の味がしっかりします。
ピルスナーなので、苦みもあります。
ちょっと冷たいのが、難点と言えば難点ですが。
★8

いい気分で、ボヘミアンガーネットを注文。

Dscn5611

香ばしさと甘さが実にいい塩梅。
★8

ブロンドをもう一杯飲んで終了。

Dscn5613

ブロンドの美味しさが復活してて一安心。
ビア友Kに報告せな!

また行ってみたい度は★4(5段階)。

その3に続きます。

こうじ蔵GEN
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

ビア友Kと会えず いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 その1〜ビールの現場から「霧島高原ビール」鹿児島県霧島市10回目

3年連続で、新年早々鹿児島へ。

12時羽田発の便なんですが、一緒に乗るはずのビア友Kが見当たりません・・・
心配しつつも搭乗。

Img_7882

大阪に行くときより、若干南寄りを飛行。
空から陸地を見るのって、飽きないよねぇ。

鹿児島空港に到着し、LINEを確認するとビア友Kから12時過ぎに連絡があったようです。

K「今、鹿児島着きました」

「12時のANA便」で各々予約をしたんですが、私は12時発、Kは12時着だったようです(笑)
Kは知覧に用事があったため、すでにレンタカーで出発していたので、一人で霧島高原ビールの「現場」へ。
一人でも空港に迎えに来てくれるのが、有難いですね。

Dscn5605 Dscn5614

14時過ぎに「現場」到着。
「リトルプラハ」は15時閉店とのことだったので、「GEN」へ。

Dscn5606 Dscn5608

その2に続きます。

こうじ蔵GEN
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2157)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬

| | コメント (0)

今回は5種類 ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」8回目 その2

その1の続き。

3杯目、サマークリスマスIPA(Rサイズ、650円)。

Img_7873

「真夏にクリスマスを迎える南半球NZ産ホップ2種をドライホッピングに使用したIPA。ホップアロマの組み合わせで、”ゆず皮”を思わせる爽やかな香りを楽しめます。ホディ−は軽め、今のシーズンのみの限定醸造。にぎやかな季節、どんどんおかわりしちゃいましょう!!!」
やや濁りあり。
マイルドで、バランス重視のIPA。
名は体を表さない。
説明を読めば納得ですが、名前だけだと誤解しそうです。
★8

Img_7874 Img_7875

タコス。
中味は台湾ミート。

4杯目、ハーモニクスESB(Lサイズ、1,000円)。

Img_7876

「美しいオレンジがかった琥珀色をした、ミディアムフルボディのビール。4種のアメリカンホップをたっぷりと使用し、華やかなホップ感がありながら、豊かなモルト感と甘味も感じられます。飲めば、じわりと身体が温まるよう。寒い夜に、ゆるゆると・・」
赤く、かすかに濁りあり。
ややモルティで、ものすごく飲みやすい。
とんがってないのが、好ましい。
★8

5杯目、レッドフーリガン(Lサイズ、1,000円)。

Img_7877

「やわらかな赤色で、モルトの香ばしさやチョコ・コーヒー・キャラメルのようなキャラクターがほんのりと感じられます。それでいて苦味は攻撃的!!シトラス・フローラル・スパイシー、、、様々なホップのアロマが交錯する、味わい深くもやや軽めのアルコール度数の新作レッドIPA」
やや濁りあり。
ガス強め。
結構ホッピーでドライ。
★7.5

この日はここで打ち止め。
また行ってみたい度は★4(5段階)。
ちょっとホッピーだったかな、全体的に。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (0)

パクチー無いんかい! ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」8回目 その1

やって参りました、「Y.MARKET BREWING KITCHEN」。
8回目です。

Img_7865 Img_7878

一番落ち着く、カウンター一番奥の席が空いてました。
ラッキーラッキー。

Img_7866

久しぶりに来たので、新鮮ですね。

Img_7868

ワイマーケットセッションIPL(Rサイズ、650円)。
「低めのアルコールと、軽やかで華やかな飲み口のラガービール。ワイマーケットがメインホップとしている3種のアメリカンホップ、シトラ・シムコー・モザイクホップをふんだんに使用し、圧倒的なホップ感を持たせています。これぞ”ワイマーケット”のビールです!!」
やや濁りあり。
香りホッピーで、苦みもしっかり感じます。
後味も苦いので、いっぱい飲むのはしんどいかな・・・
★7.5

パクチー品切れのため、「カリカリ鶏皮ゴルゴンゾーラまみれ」580円。

Img_7869

確かに、まみれてます。
ちょっとチーズが強いかも。

Img_7870

2杯目、ブリリアントスカイペールエール(Rサイズ、700円)。
「Y.Marketのゴールデンレシピ、パープルスカイペールエールをアレンジ。メインホップのシトラ・シムコー・モザイクに加えて、花や蜂蜜のような優しく華やかなキャラクターを持つアマリロをブレンド。ホップ一つ1つの個性が組み合わさり唯一無二のホップキャラクターを醸し出している」
かすかに濁りあり。
フルーティで軽い。
適度な苦みがいい塩梅。
★8

その2に続きます。

Y.MARKET BREWING KITCHEN
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6
電話:052-533-5151

| | コメント (0)

豆あじ唐揚げ 「沼津魚がし鮨 沼津店」2回目

先日の「山正」に引き続き、またまた沼津で昼ごはん。

Img_7859 Img_7858

一番安いセットメニューと、サッポロ生(静岡麦酒)。

ビールは一杯だけで、日本酒に。

Img_7860 Img_7861

徳太郎の純米。
もっきりです。

豆あじ唐揚げ追加。

Img_7863

これで280円って、すごくない?

Img_7864

気分が良くなったので、もう一杯お代わりして終了。

魚がし鮨 沼津店
住所:静岡県沼津市大手町1-1-6
電話:0120-79-7798

| | コメント (0)

息子とラン再び ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」39回目

高1の息子と、「湯処葛西」までラン(2回目)。
前半は息子のほうが早いんですが、後半は父が盛り返しました。

風呂上りに、バスと電車を乗り継いで、イクスピアリの「舞浜地ビール工房 Roti's House」へ(2回目)。

Img_7857

ピルスナーに続いて、ベルジャンスタイルウィート。

Img_7851 Img_7852

私が食べたロティサリーチキンと、息子が食べたハンバーグ。

Img_7853 Img_7855

ペールエールにブラウンエール。

Img_7854 Img_7856

息子を連れて行くと、当然出費はかさみますが・・・いいもんですね。
また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

後半はパイントで ビールの現場から 静岡県静岡市「AOI BEER」4回目 その2

その1の続き。

Img_7844

ザ・パッカーズ(ポテト付き、1,100円)。

Img_7846

3杯目、Supersonic Pale Ale(パイント、950円)。

Dscn5602

「濃色麦芽と控えめなホップの香りのバランスの良いエールビール。何杯飲んでも飲み飽きない青いブリューイング版ESB」
色濃いめで、濁りあり。
気持ち甘めですが、良バランスで飲みやすい。
★8

4杯目、GARAGE REVOLUTION DRYSTOUT(パイント、950円)。

Dscn5603

「焙煎麦芽の香ばしさと苦みのバランスの良い、口当たりの軽い黒ビール」
ドリンカブル。
好きなタイプのスタウトです。
★8

Dscn5604

燻製玉子。
スタウトに良く合います。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911

Img_7847


| | コメント (0)

開店と同時に ビールの現場から 静岡県静岡市「AOI BEER」4回目 その1

沼津から、在来線で静岡へ。
静岡駅から、駿府城の脇を通って浅間通りへ。

Img_7842

時刻は開店したての午後5時過ぎ。

Dscn5599

まだまだ店内はまったり。

Img_7845

ビールメニュー。

Img_7843

クリスマスエール2種類を含む、6種類。

Dscn5600

1杯目、sweet desperation GRASS WHEAT ALE(グラス、850円)。
「オレンジピールなどで香付けし、苦みも優しめもホワイトエール」
やや濁りあり。
少し甘めの後味。
香り、爽やかさ共に弱め。
★7

Dscn5601

2杯目、zen-infused OCHA ALE(グラス、850円)。
「『安心して飲んだり食べたりできる緑茶づくり』をテーマに取り組んでいる掛川の山英さんの深蒸し緑茶を使い、爽やかな飲み口にお茶の香りが楽しめます」
濁りあり。
ガス強めで、ピリピリします。
言われてみれば、お茶の香り。
★7.5

その2に続きます。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911

| | コメント (0)

AOIの前に 沼津「山正(やましょう)」

沼津駅で降りて、いつもなら南に向かうんですが、今回は東へ。

Img_7836

平日の昼間にも関わらず、開店時間(11:30)には店の前に人だかりが。
店の前に置いてあるシートに、名前を書いて順番待ち。

案内されたのは、30分後。

Img_7838

ちょっとだけ迷っていると、カウンターの中から元気な声が。

店「山正丼、残りわずかになってます!」
現「じゃ、山正丼で」

流されちゃった(笑)

まずは生ビール(一番搾り)。

Img_7840_2

そして、山正丼。

Img_7841

美味そう!
これで880円は安いなぁ。
並ぶわけだ。

店員さんが言っていたとおり、私の次のお客さんで山正丼終了。

お昼も食べたし、ぼちぼち静岡目指しますか。

山正
住所:静岡県沼津市平町3-14
電話:055-963-0377

| | コメント (0)

結構飲んだ後に 浜松町「バルケッタ」10回目

結構飲んだ後に、ふらりと訪問。

Dscn5595_2

ノースアイランドのシナモンエール。

Dscn5596

結構色が濃い。
モルトの甘さとシナモンがイイ感じ。
スパイシーで、ドリンカブル。

Dscn5597

2杯目、ヤッホーのUMAMI IPA。

Dscn5598

クリア。
不思議な味ですね・・・

バルケッタ 浜松町・大門店
住所:港区浜松町1-18-11
電話:050-5788-8102

| | コメント (0)

蕎麦からラーメン ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」19回目 その2

その1の続き。

3杯目、限定の与謝野フレッシュCC(グラス、600円)。

Dscn5591

「京都府与謝野町の栽培された、カスケード(Cascade)種、及びセンテニアル(Centennial)種をフレッシュな状態で使用した、この時期しか味わえない、フレッシュホップの瑞々しい香りのビールです」
ガス強めで、その名のとおりホップ強め。
★7.5

ここでお蕎麦。

Dscn5592

旬の野菜の天婦羅蕎麦。
いつもコレやね。
天婦羅がつまみになるからなぁ。

Dscn5593

4杯目、アマリロセッション(グラス、600円)。
「オレンジ様でフローラルなアロマが特徴のAmarillo Hopを使ったSession IPAスタイル。淡色で軽い飲み心地の中に、上品でしっかりとしたホップフレーバーが際立ちます」
クリアで、すっきりホッピー。
★7.5
モルトが感じられるビールが少ないのが、難点と言えば難点でしょうか。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

デザートもあります。

Dscn5594

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

この後、佐野らーめんが食べたくなって、佐野へ移動。

Img_7828 Img_7829

ビールを頼んだら、柿ピーが付いてきます。

Img_7832

そして、ラーメン。

Img_7833

シュウマイも頼んだんですが、かなり独特かつ微妙。

Img_7834

「精養軒」
住所:栃木県佐野市万町50
電話:0283-22-0450

| | コメント (0)

前菜とサラダから ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」19回目 その1

水戸からバスで京成百貨店へ。

Img_7827

行き先は、もちろん「酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)」。

Img_7825 Img_7826

奥のテーブルに案内されました。

Dscn5590

定番の蕎麦セット。

Dscn5586

前菜とサラダを先に持ってきてもらいました。

Dscn5588

ビールは、ホワイトエール(グラス、600円)。
「コリアンダー、オレンジピール、ナツメグ等を加えた小麦ビール。ハーブによる爽やかな香りに、小麦麦芽の柔らかな味わいが特徴です」
色薄く濁りあり。
ガス弱く、スルスル飲めます。
★8

2杯目、ラガー(グラス、600円)。

Dscn5589

「麦芽の旨味、アロマホップによる爽快な香りとほど良い苦味、フレッシュなのど越しが楽しめる下面発酵の淡色ビールです」
クリア。
ホッピーなラガーです。
もっと明るい所で飲みたいビールです。
★8

その2に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

この日は2杯だけ 高田馬場 「高田馬場タップルーム」13回目

13回目の訪問は、ライジングサンから。

Img_7816

濁りがあって、ややホッピー。

ハムカツ&うずら。

Img_7817

2杯目、アングリーボーイ。

Img_7818

良いバランス。
好きですね。
さすがアングリーボーイ。

角煮丼。

Img_7819

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »