« 代行バスで秋田着 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その3 | トップページ | 初クッチーナ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目 »

生は6種類 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その4〜ビールの準現場から「田沢湖ビール」秋田県秋田市3回目

その3の続き。

とりあえず何かあるかなと思い、あくらの「現場」がある市街地方面に向かったんですが、雪がひどくて断念。
泣く泣く駅ビルに撤退。
秋田での寄り道を諦めて、盛岡に向かおうと思ったその時、エエもん見つけてしまいました。

Img_7956

「MANMA」
「あくら」ではなく「田沢湖」の直営店。

Img_7960

中途半端な時間だったので、会社の愚痴をこぼす2人組以外に客はおりません。

ビールメニュー。

Img_7957

田沢湖のドラフトが6本!
60分飲み放題も魅力的でしたが、この後盛岡なので自重。

Img_7958

ピルスナーをグラスサイズ(450円)で。
「最大の特徴は、美しく住んだ黄金色であること。低温発酵・熟成のこのビールは冷蔵技術の発達により世界で最も飲まれるタイプのビールとなりました。下面発酵ならではの爽快なノド越しと田沢湖ビールならではの麦芽の香りと味わいをお楽しみください」
クリアでキリリと苦い、良ピルスナー。
★8

フードメニュー。

Img_7959

どれも魅力的ですが、すぐ夕食なのでピンチョ・モルノ(串焼き)をオーダー。

Img_7962

2杯目、アルト。

Img_7963

「ドイツ語で【古い】を意味するアルト、古来からの製法そのままの伝統的上面発酵ビールです。ドイツ・デュッセルドルフ独特のこのビールは肉料理のためのビールと言っても過言ではありません。ビターなアルトとソーセージで気分はもうドイツ旅行!」
ほぼクリアで、程よくモルティ。
いいねぇ。
★8

盛岡行きの新幹線の時間(16時12分)が迫ってきたので、ここで終了。
ちょっとしか居なかったので、また行ってみたい度は保留で。

その5に続きます。

「MANMA」
住所:秋田県秋田市中通7-1-2
電話:018-889-3554

2158)秋田岩手ビール旅行記2017冬

|

« 代行バスで秋田着 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その3 | トップページ | 初クッチーナ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代行バスで秋田着 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その3 | トップページ | 初クッチーナ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目 »