« 初クッチーナ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目 | トップページ | 中ノ橋へ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その7 »

クラシック&スコティッシュエール 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その6〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目

その5の続き。

ビールメニュー再掲。

Img_7968_2

この中から、1杯目はクラシック(ジョッキ、650円)。

Img_7970

「ベアレンの基本。苦みとコクのラガー」
クリアでしっかり苦い。
東京のビアバーで飲むより、苦みがキリッとしてます。
★9

フードは、マルゲリータ(800円)。

Img_7973

20cm弱かな。
かわいいサイズですな。

2杯目、スコティッシュエール(ジョッキ、650円)。

Img_7974

「華やかな麦芽の香り。まろやかで軽やか」
ガス弱めでスルスル飲めます。
モルティではありますが、しっかりではなく確かに軽やか。
★8

さて、そろそろ「中ノ橋」に移動しましょっか。
また行ってみたい度は保留で。

その7に続きます。

la CUCINA
住所:岩手県盛岡市菜園1-5-10
電話:019-606-0171

2158)秋田岩手ビール旅行記2017冬

|

« 初クッチーナ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目 | トップページ | 中ノ橋へ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初クッチーナ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その5〜ビールの現場から岩手県盛岡市「ベアレンビール」11回目 | トップページ | 中ノ橋へ! 秋田岩手ビール旅行記2017冬 その7 »