« 新発田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その2 | トップページ | 酒田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その4〜酒田「浜のかあちゃんの店」 »

飲み放題999円! 東北ラン&ビール旅行記2017春 その3〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その2の続き。

 

水原駅から、準現場へは徒歩15分。

Img_8784

住宅地の路地を抜けていく動線は、牧落駅からWAREHOUSEへの動線を思い起こさせます。

 

SWANLAKE Pub Edo 修蔵」到着。

Dscn5729Dscn5730

駅からここまでは、ほとんど人に会いませんでしたが、店の中は人だらけ。

繁盛してるやんけ。

念のため、予約しといて良かった。

 

Dscn5738

カウンターは私だけ。

そらそやね。

 

ビールメニュー。

Dscn5731

現「飲み放題とか、あったりします?」

店「今なら、999円で飲み放題出来ますよ」

現「じゃあそれでお願いします」

 

スワンレイクが、999円で飲み放題!

えらいことです。

東京なら、1パイントしか飲めません。

 

飲み放題、1杯目は越乃米こしひかり仕込み。

Dscn5734_2

現「飲み放題は、全部このグラスですか?」

店「いえ、ビールによって変えています」

 

「地元新潟県産コシヒカリを含んだビール。キレがあり香り豊かなスペシャルラガービール」

色は不明。

恐らく淡いんでしょう。

1杯目としては最適。

★7.5

 

お通し(300円)。

Dscn5735

鴨とクリームチーズ。

 

5分でこの状態。

Dscn5737_2

きちんと注がれていることがわかります。

 

2杯目、ゴールデンエール。

Dscn5740_2

「イギリス系エールビール。やや日本的でライトな口あたり。少し苦みも味わえる風味の豊かさが特徴です」

泡なしで登場。

ほぼクリア。

定番の安定感。

すっきりドリンカブル。

★8

 

3杯目、ホワイトスワンヴァイツェン。

Dscn5741

「ドイツ・バイエルン地方特産のビールでヴァイツェン酵母と小麦を使用。フルーティーな味と香りが特徴です」

ほぼクリア。

すっきりヴァイツェン。

洗練されてます。

★7.5

 

4杯目、アンバースワンエール。

Dscn5742

「褐色系ビールです。芳醇な味と甘み、繊細な味わいと豊かな麦芽の風味が特徴です」

ほぼクリア。

色もあいまって、ワインのように見えます。

モルトとホップが絶妙にバランスしてます。

今日イチ。

★8

 

5杯目、スワンレイクB-IPA。

Dscn5743

「ベルジャンホワイトビールの酵母と、アメリカンホップの融合。フルーティーでスパイシーでホッピーなユニークビール」

かっこつけて登場(笑)

濁りあり。

ボディしっかり。

気持ちベルジャン。

量が丁度いい。

飲み放題じゃなかったら、どうなるんやろ?

★8

 

ネギだくホルモンの安田瓦焼き(530円)。

Dscn5745

 

店「メニューには乗ってないんですが、アンバーライスラガー飲まれますか?」

現「是非!」

 

6杯目、アンバーライスラガー。

Dscn5744

ほぼクリア。

アンバーなこしひかり。

定番になってもおかしくないほどの完成度。

★8

 

7杯目、ポーター。

Dscn5746

「クリーミィな泡と香ばしい味と苦みのイギリス系黒ビール。黒ビールの中でも飲みやすいマイルドタイプ」

泡ほとんど無しで登場。

スッキリ、ドリンカブルなポーター。

★8

 

8杯目、インペリアルスタウト。

Dscn5747

「圧倒的なロースト感。長期熟成の洗練されたブレーバーが魅力」

湯で温めて出されます。

温めると、バランスが良くなります。

最初から、温く出すわけにはいかんのか?

★8

 

現「このお店で、人気の料理は何ですか?」

店「よく出るのは、炙り寿司ですかね」

現「それ下さい!」

Dscn5750

極上あがの姫牛の炙り寿司(980円)。

これ、メチャ美味い。

皆さんが頼むのも、納得の味。

 

9杯目、アンバーエール再び。

Dscn5748

 

あら汁(100円)。

Dscn5752

 

ラスト、ゴールデンエールで〆。

Dscn5751

いやぁ、満足。

これで飲み放題999円って、凄すぎます。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

歩いて、水原駅へ。

Dscn5753Dscn5754

 

水原駅から新発田駅まではJR。

Img_8786

 

その4に続きます。

 

SWANLAKE Pub Edo 修蔵

住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25

電話:0250-62-5355

|

« 新発田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その2 | トップページ | 酒田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その4〜酒田「浜のかあちゃんの店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新発田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その2 | トップページ | 酒田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その4〜酒田「浜のかあちゃんの店」 »