« チキン南蛮 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その4〜ビールの準現場から 宮崎県延岡市「ひでじビール」2回目 | トップページ | 炊き餃子&ちゃんぽん 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その6 »

2軒で全種類制覇 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その5〜ビールの準現場から 宮崎県延岡市「ひでじビール」3回目

その4の続き。

麦酒蔵(びあぐら)Hideji」から、歩いて5分強。

延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA」。

Dscn5681

地元の焼酎、日本酒、ビールが揃うひでじ直営ビアパブ。
雰囲気はラウンジ風。

Dscn5691 Dscn5683

まだ客は私だけ。
そらそうですよね、まだ6時過ぎですから。

Dscn5682

ビールはちょっと高いかな。

1軒目で飲んでないビールからチョイス。

Dscn5685

森閑のペールエール(大、700円)。
「静かにたたずむ宮崎の森・爽快な済んだ空気とせせらぐ小川をイメージ。カスケードホップの爽やかなアロマと爽快な苦味が、至福のひと時を導く」
少々濁りあり。
温度が低めだからか、キリリとした印象。
華やか系のペールエールではありません。
★7.5

あげみ生姜塩(400円)。

Dscn5686

「あげみ」とは、いわゆるさつま揚げの、この地方の呼び名。

Dscn5687

この店2杯目は、YAHAZU PILSNER(ボトル、700円)。

Dscn5687_2

宮崎産モルトを使用した、宮崎県内でしか飲めないラガービール。
直営店でも、ボトルでの提供になります。
クリアで、淡色。
栗のような、さつまいものようなフレーバー。
モルティなラガー。
爽快感には、当然欠けてきます。

3杯目、月のダークラガー(大、700円)。

Dscn5690

「幻想的な月夜の日向灘。海の躍動と月の静寂をイメージしたダークな色合い。ロースト麦芽の香ばしさと、すっきりとした喉越しが特徴の黒いラガー」
濁りがあって、香ばしい。
ややガス強め。
★7.5

2つの店で、全種類制覇出来たので、ここで終了。
また行ってみたい度は★4(5段階)。
その6に続きます。

延岡三蔵・県産酒Bar HIMUKA
住所:宮崎県延岡市船倉町2-5-9
電話:0982-27-4200

2159)宮崎大分福岡ビール旅行記2017春

|

« チキン南蛮 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その4〜ビールの準現場から 宮崎県延岡市「ひでじビール」2回目 | トップページ | 炊き餃子&ちゃんぽん 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チキン南蛮 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その4〜ビールの準現場から 宮崎県延岡市「ひでじビール」2回目 | トップページ | 炊き餃子&ちゃんぽん 宮崎大分福岡ビール旅行記2017春 その6 »