« 今回はグラス中心で ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」9回目 その1 | トップページ | 12年ぶり! ビールの現場から~埼玉県小川町「麦雑穀工房」2回目 その1 »

成田山にも行っちゃいました ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」9回目 その2

その1の続き。

4杯目、IPL。

Dscn5706

「IPAにインスパイアされて造った苦味の強いラガー。強い苦味がガツンときます」
やや濁りあり。
ガス圧少々強め。
グラスに口を近づけると、ホップの香りがガツンと来ます。
マスカット感あり。
★8

ポテトフライ(350円)。

Dscn5707

5杯目、ピルスナー。

Dscn5708

「日本で最も飲まれているスタイル。爽快な苦味が特徴です」
かすかに濁りあり。
とってもニュートラルなピルスナー。
いいですね、ポテトフライにぴったり合います。

6杯目、デュンケル。

Dscn5709

「キャラメルソースやコーヒーを思わせる香ばしいダークラガー」
やや濁りあり。
モルトが勝ってるバランスで、安らぎます。
この順番で良かった。
★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。

ラ・テラス・ドゥ・オエノン
住所:茨城県牛久市中央3-20-1
電話:029-871-7021

少し足を伸ばして、成田山参拝。

Img_8599 Img_8600

|

« 今回はグラス中心で ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」9回目 その1 | トップページ | 12年ぶり! ビールの現場から~埼玉県小川町「麦雑穀工房」2回目 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回はグラス中心で ビールの現場から~「牛久ブルワリービール」9回目 その1 | トップページ | 12年ぶり! ビールの現場から~埼玉県小川町「麦雑穀工房」2回目 その1 »