« 新規261ヶ所目! 東北ラン&ビール旅行記2017春 その10〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 | トップページ | わいは、けやぐ、へちょべ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その12〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 »

青森弁で・・・ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その11〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」

その10の続き。

ビールメニュー。

Dscn5766

オリジナル5種+ゲスト3種。

1杯目、あずましウィートエール。

Dscn5767

Lサイズ、600円。
濁りあり。
香りは控えめ。
ボディ軽めで、苦めのウィート。
★7

現「この『あずまし』ってどういう意味なんですか?」
店「青森弁で『心地よい』っていう意味なんです」

2杯目、かちゃましぐねペールエール。

Dscn5770

クリア。
Loralというホップを使用しているとのこと。
これもボディは軽め。
後味にホップが残ります。
★7

現「『かちゃましぐね』って?」
店「『ごちゃごちゃしていない』『シンプルな』って意味です」

ポテトフライ 3種の自家製ディップ付き(550円)。

Dscn5771

その12に続きます。

ギャレスのアジト
住所:青森県弘前市松ヶ枝5-7-9
電話:0172-78-1222

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

|

« 新規261ヶ所目! 東北ラン&ビール旅行記2017春 その10〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 | トップページ | わいは、けやぐ、へちょべ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その12〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新規261ヶ所目! 東北ラン&ビール旅行記2017春 その10〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 | トップページ | わいは、けやぐ、へちょべ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その12〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 »