« 青森弁で・・・ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その11〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 | トップページ | 夜桜見物 東北ラン&ビール旅行記2017春 その13 »

わいは、けやぐ、へちょべ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その12〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」

その11の続き。

3杯目、わいはセッションIPA。

Dscn5772

クリア。
香り強めで、苦み控えめ。
セッションですねぇ。
★7.5

「わいは」は、「びっくり」の意味だそうです。

ローストビーフ(800円)。

Dscn5775

4杯目、けやぐウィートIPA。

Dscn5776

ウィートなんですがクリア。
ホップがしっかり香ります。
苦いんですが、良いバランスです。
★8

「けやぐ」は仲間とか友達の意味とのこと。

5杯目、へちょべオートミールスタウト。

Dscn5777

飲みやすいですね、このスタウト。
甘さと苦さのバランスが取れてるんですね。
★8

「へちょべ」は鍋底に付いた煤のこと。
黒いってことかな。

以前三沢基地にいらしたギャレスさんが始めた醸造所。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

その13に続きます。

ギャレスのアジト
住所:青森県弘前市松ヶ枝5-7-9
電話:0172-78-1222

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

|

« 青森弁で・・・ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その11〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 | トップページ | 夜桜見物 東北ラン&ビール旅行記2017春 その13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青森弁で・・・ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その11〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」 | トップページ | 夜桜見物 東北ラン&ビール旅行記2017春 その13 »