« やっぱりアンバー? 東北ラン&ビール旅行記2017春 その5〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目 | トップページ | 10杯飲みました 東北ラン&ビール旅行記2017春 その7〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目 »

温めて飲むインペリアル 東北ラン&ビール旅行記2017春 その6〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その5の続き。

店「メニューには乗ってないんですが、アンバーライスラガー飲まれますか?」
現「是非!」

6杯目、アンバーライスラガー。

Dscn5744

ほぼクリア。
アンバーなこしひかり。
定番になってもおかしくないほどの完成度。
★8

7杯目、ポーター。

Dscn5746

「クリーミィな泡と香ばしい味と苦みのイギリス系黒ビール。黒ビールの中でも飲みやすいマイルドタイプ」
泡ほとんど無しで登場。
スッキリ、ドリンカブルなポーター。
★8

8杯目、インペリアルスタウト。

Dscn5747

「圧倒的なロースト感。長期熟成の洗練されたブレーバーが魅力」
湯で温めて出されます。
温めると、バランスが良くなります。
最初から、温く出すわけにはいかんのか?
★8

その7に続きます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵
住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25
電話:0250-62-5355

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

|

« やっぱりアンバー? 東北ラン&ビール旅行記2017春 その5〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目 | トップページ | 10杯飲みました 東北ラン&ビール旅行記2017春 その7〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりアンバー? 東北ラン&ビール旅行記2017春 その5〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目 | トップページ | 10杯飲みました 東北ラン&ビール旅行記2017春 その7〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目 »