« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

寿湯から初訪問 神田「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット) 神田店」 その1

稲荷町の寿湯までラン。

Img_8839

5月29日から7月11日まで、耐震補強麹を行うため休業となるので、当分来れなそうです。

稲荷町駅から、銀座線で神田駅へ。
南口駅を出て、スグ。

Img_8840

4月7日にオープンした「CRAFT BEER MARKET 神田店」。
クラフトビアマーケット密集エリアにあえての新店です。

淡路町は窯焼きピッツア。
三越前は和食。
神保町テラスはタイ料理。
大手町はメキシカン。

そして、この神田店はラム肉料理推し。

Img_8841

ステンレストップのカウンターの前には、タップとブラックボード。

Img_8848

ビール好き双六のゴールがHOP HEADSだとしたならば、私は一生無理かもしれん。

その2に続きます。

CRAFT BEER MARKET 神田店
住所:千代田区鍛冶町1-7-5
電話:03-6260-9477

| | コメント (0)

女川経由で帰京 東北ラン&ビール旅行記2017春 その19

その18の続き。

盛岡から一般道を南下。
首都圏以外は、なるべく一般道を走ることにしてます、この旅行。

途中女川に寄り道。

Dscn5829

写真は女川駅。
ここから海に向かって、プロムナードが伸びています。

Dscn5832

プロムナード沿いの商業施設「シーパルピア女川」に、何とビアバーが!

Dscn5831

ガル屋
開店時刻は17時。
今、9時半ですから、あと7時間半か・・・
って、そもそも飲まれへんし。

再出発。

昼食は、陸前浜街道沿いの「そば処 みちのく庵」。

Img_8836 

カツ丼。

Img_8837

再々出発。

Img_8838

Jビレッジ。
結構この道路、走ってると凹みます。

日立南太田ICからは、常磐自動車道で自宅へ。
無事故無違反で無事帰還しました。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

素晴らしいラインナップ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その18〜ビールの現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」13回目

その17の続き。

4杯目、メルツェン(ジョッキ、620円)。

Dscn5819

「冬しかビールが造れなかった時代、3月に造る特別なビール。コクとのど越しのバランス!」
濁りあり。
ボディしっかり。
飲みやすくは無いが、そんなこと知ってるんで問題なし。
★8

チーズのビール漬け(620円)。

Dscn5818

これ、なかなか美味いです。

5杯目、マイボック(ジョッキ、620円)。

Dscn5821

「マイは5月、ボックとは濃厚な強いビールの意。濃厚なコクと甘味が感じられます」
やや濁りあり。
メルツェンより、さらにボディしっかり。
こんなラインナップ、なかなか無いよね。
俺は好きだけど。
★8

中ノ橋ビール会、スタート。

Dscn5824

ホールが一気に埋まりました。
何か、講義的なものがあるのかと思ってましたが、皆さん思い思いに出されるビールを飲んでる感じ。

6杯目、シュバルツ(ジョッキ、620円)。

Dscn5823

「コーヒーのようなロースト香と麦芽の味わいが特徴のスッキリとしたのど越しの黒ビール」
もう少しスッキリかと思いきや、まあまあしっかり。
★8

今日は何だか、馴染んだ気がする。
平日の夜だからかな。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

Dscn5826 Dscn5828

その19に続きます。

BEER BAR BAEREN(ビアバーベアレン) 中ノ橋
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21
電話:019-651-6555

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

アルト、いいねぇ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その17〜ビールの現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」13回目

その16の続き。

1杯目、春のヴァイツェン(ジョッキ、620円)。

Dscn5811

「ホップの香りとヴァイツェンの香りがベストバランス、春らしい爽やかな小麦ビールです」
濁りあり。
ヴァイツェンらしさは抑えられていて、飲みやすくなってます。
★8

盛岡短角牛バラ肉の角切りグリル(980円)。

Dscn5813

2杯目、クラシック(パイント、720円)。

Dscn5814

「コクとバランスの良いドルトムンダースタイルのラガービール。ベアレンの定番中の定番」
クリア。
美しいですね。
麦の香りがします。
少々ガス圧強めかなぁ。
もう少し泡があった方が好みです。
もちろん美味しいんですけど。
★8

3杯目、アルト(ジョッキ、620円)。

Dscn5815

「ブドウのようなホップの香りと麦芽の甘味が特徴の伝統的オールドスタイルのビール」
ほぼクリア。
こちらは泡しっかり。
ガス圧低めで、スルスル飲めます。
程良いモルト感。
何でしょ、この安心感。
★9

その18に続きます。

BEER BAR BAEREN(ビアバーベアレン) 中ノ橋
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21
電話:019-651-6555

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

14TAP?それとも11TAP? 東北ラン&ビール旅行記2017春 その16〜ビールの現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」13回目

その15の続き。

盛岡着。
ホテルにチェックインして、歩いて「中ノ橋」へ。
4回目の訪問です。

Img_8830 Img_8831

前回(1月)に来たときは、貸切で入れなかったのでリベンジ!

Dscn5806

まだ6時なので、カウンターに先客が3名だけ。

Dscn5808

ん?

Dscn5809

中ノ橋ビール会?
毎月第一火曜日開催って、今日やん!
だから、フロア空いてるのか。

ビールは驚きの14TAP。

Dscn5807

オリジナル7種(ラードラー含む)+ゲスト4種。
MAX14種ってことかな?
ちなみに、HPには12TAPとあります。

ユーリゲじゃないですか!

Dscn5820

その17に続きます。

BEER BAR BAEREN(ビアバーベアレン) 中ノ橋
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21
電話:019-651-6555

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

初十和田湖 東北ラン&ビール旅行記2017春 その15

その14の続き。

国道102号線で十和田湖へ。
十和田湖に近づくにつれ、道がエライことになってきました。

Img_8822

9時50分、御鼻部山展望台到着。

Dscn5805

この展望台、どうやって登るんや?

Dscn5799

こんな所で怪我するわけにいかんし。
下手したら死ぬで。

展望台上からの眺め。

Dscn5802

左に見えるのが御倉半島、真ん中に見えるのが中山半島。
展望台には私一人。
何の音もしません。

そろそろ行くか。

Dscn5804

このまま盛岡だと早く着きすぎるので、一旦久慈に向かうことにしました。

13時過ぎ、久慈駅到着。

Img_8825

「あまちゃん」でよく観た風景がそこに。

国道45号沿いの、産直プラザで昼食。

Img_8827 Img_8829

ダシラーメン550円を食べて、いざ盛岡へ。

その16に続きます。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

弘前朝ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その14

その13の続き。

6時に起きて、ランスタート。
まず目指したのは、昨日散々行った弘前城。

Img_8800

朝の光で観ると、葉っぱが目立ちますね。

営業時間中はお金が必要な弘前城にも、早朝だと無料で入れるんです。

Img_8802 Img_8803

石垣修理のために、ちょっと移動している弘前城。

Img_8804

桜越しの天守閣。

Img_8806

そして、岩木山。

Img_8808

標高1,625m。
日本百名山です。

弘前城北側の、仲町伝統的建造物群保存地区。

Img_8810

日本には、良い所がありますね。
ランだからこそ来れた気がします。
ラン、最高。

西濠と桜のトンネル。

Img_8811 Img_8812

数時間しか経ってないんですが、だいぶ印象が違います。

少し南に下って、禅林街。

Img_8814 Img_8815

突き当りの長勝寺まで行って、帰路に。

素敵な建物がスタバになってました。

Img_8817

陸軍師団長の官舎だったとのこと。
入ってみたかった・・・

弘前市立観光会館の敷地内に、旧弘前市立図書館。

Img_8819

約8km、1時間弱のランニングで、弘前満喫しました。

その15に続きます。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

夜桜見物 東北ラン&ビール旅行記2017春 その13

その12の続き。

ギャレスのアジト」から再び弘前城へ。
とても歩く気にならないので、タクシーを呼んでもらいました。

Img_8799

本日2度目の弘前城。

Dscn5781

夜だと、葉っぱが目立たず昼よりキレイです。

Dscn5785

西濠へ。

Dscn5789

美しい・・・
同じ弘前城でも、東側より西側の方が、ピークが遅いようです。

桜のトンネル。

Dscn5793

夜の花筏。

Dscn5798

間に「現場」を挟んで、2回の花見。
満喫しました。

その14に続きます。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

わいは、けやぐ、へちょべ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その12〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」

その11の続き。

3杯目、わいはセッションIPA。

Dscn5772

クリア。
香り強めで、苦み控えめ。
セッションですねぇ。
★7.5

「わいは」は、「びっくり」の意味だそうです。

ローストビーフ(800円)。

Dscn5775

4杯目、けやぐウィートIPA。

Dscn5776

ウィートなんですがクリア。
ホップがしっかり香ります。
苦いんですが、良いバランスです。
★8

「けやぐ」は仲間とか友達の意味とのこと。

5杯目、へちょべオートミールスタウト。

Dscn5777

飲みやすいですね、このスタウト。
甘さと苦さのバランスが取れてるんですね。
★8

「へちょべ」は鍋底に付いた煤のこと。
黒いってことかな。

以前三沢基地にいらしたギャレスさんが始めた醸造所。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

その13に続きます。

ギャレスのアジト
住所:青森県弘前市松ヶ枝5-7-9
電話:0172-78-1222

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

青森弁で・・・ 東北ラン&ビール旅行記2017春 その11〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」

その10の続き。

ビールメニュー。

Dscn5766

オリジナル5種+ゲスト3種。

1杯目、あずましウィートエール。

Dscn5767

Lサイズ、600円。
濁りあり。
香りは控えめ。
ボディ軽めで、苦めのウィート。
★7

現「この『あずまし』ってどういう意味なんですか?」
店「青森弁で『心地よい』っていう意味なんです」

2杯目、かちゃましぐねペールエール。

Dscn5770

クリア。
Loralというホップを使用しているとのこと。
これもボディは軽め。
後味にホップが残ります。
★7

現「『かちゃましぐね』って?」
店「『ごちゃごちゃしていない』『シンプルな』って意味です」

ポテトフライ 3種の自家製ディップ付き(550円)。

Dscn5771

その12に続きます。

ギャレスのアジト
住所:青森県弘前市松ヶ枝5-7-9
電話:0172-78-1222

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

新規261ヶ所目! 東北ラン&ビール旅行記2017春 その10〜ビールの現場から 青森県弘前市「Be Easy Brewing」

その9の続き。

弘前城から約30分(2.4km)歩いて、目的地到着。

Dscn5764

ギャレスのアジト」。
新規261ヶ所目の「現場」です。

周辺に飲食店はほとんど無し。
箕面ビールの「WAREHOUSE」とか、ニセコが似てますかね。

Dscn5765

外部階段で2階に上がると、天井が高く広々とした空間。

Dscn5769

逆L型のカウンターが6席。
フロアには、6つのテーブル席がゆったりと配置されています。

Dscn5779

カウンターには、東京から来たと思われる2組2名の先客。
ホールには外国人のお客さん含む3組のお客さんがいて、結構賑わっています。
この立地にしては(失礼!)、凄いんじゃないでしょうか。

その11に続きます。

ギャレスのアジト
住所:青森県弘前市松ヶ枝5-7-9
電話:0172-78-1222

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

弘前到着 東北ラン&ビール旅行記2017春 その9

その8の続き。

弘前城近くの旅館に到着したのは、18時頃。
何とか、明るいうちにたどり着けました。

Dscn5756

東側のお堀。

Dscn5757

お堀が白濁してるように見えますが、これが有名な花筏。

Dscn5758

お見事!
桜のピークは、少々過ぎてますが、花筏的には見頃かもしれません。

Dscn5761

東門から入り、北門へ。

Dscn5759 Dscn5760

北門を出て、東へ。

Dscn5763

その10に続きます。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

酒田でもラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その8

その7の続き。

2日目、新発田発。
国道7号線を北へ向かいます。

Img_8788

10時、「かんぽの宿酒田」到着。

Img_8796

駐車場に車を駐めて、ウエアに着替えてランスタート。

Img_8789

出羽大橋を渡ると、酒田市街。
橋、とっても長いんですが(笑)

まずは、地図をゲットしに駅へ。

Img_8790

3ヶ月前にも来てるんですが、全く別世界。

お寺が並ぶ通りを西へ。

Img_8791 Img_8792

着いたのが、日和山公園。

Img_8793

千石船。

ここから市場を経由して、山居倉庫。

Img_8794

この後、スタート地点に戻り、お風呂でスッキリ。

そして、市場で海鮮丼。

Img_8798

その9に続きます。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

10杯飲みました 東北ラン&ビール旅行記2017春 その7〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その6の続き。

現「このお店で、人気の料理は何ですか?」
店「よく出るのは、炙り寿司ですかね」
現「それ下さい!」

Dscn5750

極上あがの姫牛の炙り寿司(980円)。
これ、メチャ美味い。
皆さんが頼むのも、納得の味。

9杯目、アンバーエール再び。

Dscn5748

あら汁(100円)。

Dscn5752

ラスト、ゴールデンエールで〆。

Dscn5751

いやぁ、満足。
これで飲み放題999円って、凄すぎます。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

歩いて、水原駅へ。

Dscn5753 Dscn5754

水原駅から新発田駅まではJR。

Img_8786

その8に続きます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵
住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25
電話:0250-62-5355

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

温めて飲むインペリアル 東北ラン&ビール旅行記2017春 その6〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その5の続き。

店「メニューには乗ってないんですが、アンバーライスラガー飲まれますか?」
現「是非!」

6杯目、アンバーライスラガー。

Dscn5744

ほぼクリア。
アンバーなこしひかり。
定番になってもおかしくないほどの完成度。
★8

7杯目、ポーター。

Dscn5746

「クリーミィな泡と香ばしい味と苦みのイギリス系黒ビール。黒ビールの中でも飲みやすいマイルドタイプ」
泡ほとんど無しで登場。
スッキリ、ドリンカブルなポーター。
★8

8杯目、インペリアルスタウト。

Dscn5747

「圧倒的なロースト感。長期熟成の洗練されたブレーバーが魅力」
湯で温めて出されます。
温めると、バランスが良くなります。
最初から、温く出すわけにはいかんのか?
★8

その7に続きます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵
住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25
電話:0250-62-5355

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

やっぱりアンバー? 東北ラン&ビール旅行記2017春 その5〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その4の続き。

3杯目、ホワイトスワンヴァイツェン。

Dscn5741

「ドイツ・バイエルン地方特産のビールでヴァイツェン酵母と小麦を使用。フルーティーな味と香りが特徴です」
ほぼクリア。
すっきりヴァイツェン。
洗練されてます。
★7.5

4杯目、アンバースワンエール。

Dscn5742

「褐色系ビールです。芳醇な味と甘み、繊細な味わいと豊かな麦芽の風味が特徴です」
ほぼクリア。
色もあいまって、ワインのように見えます。
モルトとホップが絶妙にバランスしてます。
今日イチ。
★8

5杯目、スワンレイクB-IPA。

Dscn5743

「ベルジャンホワイトビールの酵母と、アメリカンホップの融合。フルーティーでスパイシーでホッピーなユニークビール」
かっこつけて登場(笑)
濁りあり。
ボディしっかり。
気持ちベルジャン。
量が丁度いい。
飲み放題じゃなかったら、どうなるんやろ?
★8

ネギだくホルモンの安田瓦焼き(530円)。

Dscn5745

その6に続きます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵
住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25
電話:0250-62-5355

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

こしひかり&GA 東北ラン&ビール旅行記2017春 その4〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その3の続き。

飲み放題、1杯目は越乃米こしひかり仕込み。

Dscn5734_2

現「飲み放題は、全部このグラスですか?」
店「いえ、ビールによって変えています」

「地元新潟県産コシヒカリを含んだビール。キレがあり香り豊かなスペシャルラガービール」
色は不明。
恐らく淡いんでしょう。
1杯目としては最適。
★7.5

お通し(300円)。

Dscn5735

鴨とクリームチーズ。

5分でこの状態。

Dscn5737_2

きちんと注がれていることがわかります。

2杯目、ゴールデンエール。

Dscn5740_2

「イギリス系エールビール。やや日本的でライトな口あたり。少し苦みも味わえる風味の豊かさが特徴です」
泡なしで登場。
ほぼクリア。
定番の安定感。
すっきりドリンカブル。
★8

その4に続きます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵
住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25
電話:0250-62-5355

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

飲み放題999円! 東北ラン&ビール旅行記2017春 その3〜ビールの準現場から 新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」4回目

その2の続き。

水原駅から、準現場へは徒歩15分。

Img_8784

住宅地の路地を抜けていく動線は、牧落駅からWAREHOUSEを思い起こさせます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵」到着。

Dscn5729 Dscn5730

駅からここまでは、ほとんど人に会いませんでしたが、店の中は人だらけ。
繁盛してるやんけ。
念のため、予約しといて良かった。

Dscn5738

カウンターは私だけ。
そらそやね。

ビールメニュー。

Dscn5731

現「飲み放題とか、あったりします?」
店「今なら、999円で飲み放題出来ますよ」
現「じゃあそれでお願いします」

スワンレイクが、999円で飲み放題!
えらいことです。
東京なら、1パイントしか飲めません。

その4に続きます。

SWANLAKE Pub Edo 修蔵
住所: 新潟県阿賀野市中島町1-25
電話:0250-62-5355

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

新発田ラン 東北ラン&ビール旅行記2017春 その2

その1の続き。

昼食後、北上を再開。
会津若松からは、国道49号線を西へ。
本日の宿泊地、新発田に向かいます。

途中でちょっと寄り道。

Img_8775

スワンレイクの「現場」。
近くにお風呂は入れそうな所が無いか探してみましたが、ありませんね、本当に。
ラン&ビアでは、来れそうに無いですね・・・残念。

新発田駅前のホテルにチェックインし、着替えてランスタート。

旧新発田藩足軽長屋。

Img_8778

新発田城跡。

Img_8779

市街地をくるっと回って、約5km。
新潟県初ラン、達成しました。

一旦ホテルに戻り、シャワーを浴びて再出撃。

Img_8781

新発田駅からJRに乗って、水原へ。

Img_8783

いよいよビールです。

その3に続きます。

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

「横川のさと」で大辛大根そば 東北ラン&ビール旅行記2017春 その1

GWに3泊4日で、東北に行ってきました。
・一人で
・車で
・走ったことのない県でランして
・弘前で桜を見る

もちろんビールも飲みますが、飲酒運転厳禁で。

東北道を北へ向かい、宇都宮ICで一般道(国道121号線)へ。
今回は、なるべく一般道で行きたいんですよね。

鬼怒川温泉を通り過ぎ、男鹿温泉の近くの蕎麦屋で昼食。

Dscn5728

「横川のさと」。

店内はこんな雰囲気。

Dscn5726

メニューはコチラ。

Dscn5725

名物っぽいので、大辛大根そば(850円)をオーダー。

Dscn5724 Dscn5727

飲みたいけど、我慢我慢。

その2に続きます。

「横川のさと」
住所:栃木県日光市横川38
電話:0288-79-0813

2160)東北ラン&ビール旅行記2017春

| | コメント (0)

燕湯からの 三越前「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット) 三越前店」6回目

自宅から、御徒町の「燕湯」までラン。

Img_8766

そろそろ、暑くなってきました。
燕湯さんは、水風呂が無いんですよね・・・

末広町から三越前まで銀座線で移動して、6回目の「CRAFT BEER MARKET 三越前店」。

1杯目、田沢湖ケルシュ。

Img_8769

やや濁りあり。
ケルシュなので、苦み抑えめ。
香りはいい感じ。
ビール苦手な女性に勧めるなら、ヴァイツェンよりもケルシュだと再認識。

ランチメニューの中から、チキン南蛮(1,000円)。

Img_8770 Img_8771

衝撃的な色のタルタルソース。

2杯目、ナギサのペールエール。

Img_8772

濁りあり。
クラシカルなアメリカンペールエール。
ブレてない印象。

3杯目、志賀高原のIPAが欠品で、こぶし花のIPA。

Img_8773

クリアで、しっかりボディ。
香り抑えめ、苦みもIPAにしては抑えめ。

CRAFT BEER MARKET 三越前店
住所:中央区日本橋室町1-5-5
電話:03-6262-3145

| | コメント (0)

アボカド醤油漬け 高田馬場 「高田馬場タップルーム」18回目

18回目の訪問。

Img_8761

ライジングサンペールエールでスタート。
濁りあり。
そこそこフルーティ。

Img_8762

しいたけ&チーズ。

2杯目、アングリーボーイ。

Img_8763

濁りあり。
見た目よりドリンカブル。

アボカドの醤油漬け。

Img_8764

3杯目、帝国IPA。

Img_8765

濁りあり。
穏やか系IPA。

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

サラダ、マグロ、肉、ピザ ビールの現場から~東京都品川区「TENNOZ ALE」17回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Dscn5711

ウィートエールから。

Dscn5715

「大麦と小麦を混ぜて作られた典型的なベルギースタイルのビールです。女性にも飲みやすい、独特の軽やかさとドライさが特徴です」

ケールと夏みかんのサラダ(1,600円)。

Dscn5717

2杯目、ペールエール。

Dscn5719

「淡いブロンズ色のエールで、フルーティな味わいを持ちながらカスケード・ホップの苦味がバランスよく混ざった、ティー・ワイ・ハーバーの定番ビールです」

マグロとアボカドのポキ(1,900円)。

Dscn5718

3杯目、アンバーエール。

Dscn5720

「ボディのしっかりした、琥珀色のエールです。焙煎したモルトを使用し、コクがありながらも低炭酸で苦味が抑えられているので、ゆっくりと飲んで頂けます」

グリルミートのコンボプレート(6,000円)。

Dscn5721

ラスト、IPA。

Dscn5722

「通常のペールエールの3倍のホップを使用することで通常のビールよりしっかりした苦味とキレのあるコクをお楽しみください」

ピザも食べちゃいました。

Dscn5723

また行ってみたい度は★5(5段階)。

T.Y.HARBOR BREWERY
住所:品川区東品川2-1-3
電話:03-5479-4555

| | コメント (0)

アンテナアメリカからの ビールの現場から~東京都品川区「TENNOZ ALE」17回目 その1

T.Y.HARBOR BREWERY」に行くために、品川駅で待ち合わせ。

ちょっと早く着いたので、軽く一杯。

Img_8755

「アンテナアメリカ アトレ品川店」。
フードコートの一角にあります。
軽く飲むには、丁度良い雰囲気。

Img_8753

Maui BrewingのBikini Blonde Lager。

Img_8754

800円。
しっかり飲むにはアレですが、ちょこっと飲んでサッと帰るにはいいかも。

「アンテナアメリカ アトレ品川店」
住所:港区港南2-18-1

品川から歩いて、天王洲の「現場」到着。

Img_8756 Img_8757

今日は、テラス席をしっかり予約してます。

その2に続きます。

T.Y.HARBOR BREWERY
住所:品川区東品川2-1-3
電話:03-5479-4555

| | コメント (0)

どれもこれもハイレベル ビールの現場から 横浜市緑区「TDM 1874 BREWERY」その3

その2の続き。

2杯目、B.B.B(ブリティッシュ・ベスト・ビター)、710円。

Img_8745

「使用するホップはすべてイギリス産。麦の苦みが次の一口を誘う飲みやすいビール」
かすかに濁りあり。
ビターだけに、泡もガス圧も少なめ。
スルスルスルスル。
いいねぇ。
★8

3杯目、ペールエール(730円)。

Img_8748

「オレンジピールとホップの香り。ほどよい苦みと旨味ある飲み口」
濁りあり。
香り系のペールエール。
良いバランスですねぇ。
さすが、イギリス人が造ってるだけあります。
★8

フライドポテト(300円)追加。

Img_8749

ラスト、IPA#1.1(750円)。

Img_8750

「スパイシーかつソフトな飲み口。エルドラドホップに由来する豊かな香り」
濁りあり。
抑えめIPA。
これも良いバランス。
素晴らしい。
★8

全体に抑制が効いていて、いい現場です。
また行ってみたい度は★5(5段階)。
必ず、近いうち再訪します。

TDM 1874 BREWERY
住所:神奈川県横浜市緑区十日市場町835-1
電話:045-985-4955

Img_8746


| | コメント (0)

フードも結構充実 ビールの現場から 横浜市緑区「TDM 1874 BREWERY」その2

その1の続き。

カウンター上部の黒板に、今日のラインナップが掲示されています。

Img_8747_2

注文はカウンター横のレジで。

Img_8744

まずは、クリームエールをパイントで(700円)。

Img_8737

「フルーティな香りとすっきりとしたのどごし。リフレッシュできるバランスのよい味わい」
色は淡めで、かすかに濁りあり。
フルーティで、ボディ軽め。
薄味にならない、良いバランスです。
★8

フードメニュー。

Img_8739

思っていたより充実してます。
ピザも豊富ですし。

Img_8740

本場ドイツ仕込みの焼きソーセージ(890円)。

Img_8743

熱々のスキレットで提供されます。

その3に続きます。

TDM 1874 BREWERY
住所:神奈川県横浜市緑区十日市場町835-1
電話:045-985-4955

| | コメント (0)

新規260ヶ所目! ビールの現場から 横浜市緑区「TDM 1874 BREWERY」その1

田園都市線で「あざみ野」まで行き、そこからランスタート。
246を渡り、中川駅前、センター北駅前、センター南駅前と、馴染みのエリアを通り過ぎ、川和高校脇を抜けて「ヨコハマ ユーランド 緑」到着。

Img_8734

走行距離は約9km。
後半の道がイマイチではありましたが。

汗を流して、1.7km歩いて「現場」へ。

Img_8735 Img_8736

幹線道路沿い。
駐車場越しに醸造設備が見えます。

店内に入ると、正面にカウンター。

Img_8741

左に醸造設備。

Img_8742

右には、ワインや日本酒、焼酎がずらりと並ぶリカーショップ。

窓際の樽席に座って、品定め。

Img_8738

その2に続きます。

TDM 1874 BREWERY
住所:神奈川県横浜市緑区十日市場町835-1
電話:045-985-4955

| | コメント (0)

さすがフラッグシップ ビールの現場から〜東京都新宿区「Vector Beer」26回目※「現場」としては通算6回目

この日のラインナップ。

Img_8729

6番が九十九里のIPAに、9番が日本海倶楽部ピルスナーに変更になっているとのこと。

1杯目、富士桜のプレミアムピルスナー。

Img_8730

濁りあり。
じんわり苦いピルスナー。
もう少し温い方が良かったかな。

チキン南蛮(680円)。

Img_8731

2杯目、Shinjuku Beer Brewing Vector Pale Ale。

Img_8732

「フルーティーな酵母とホップの爽やかな香りを楽しめるベクタービアのフラッグシップビール」
かなり濁りあり。
フローラルで苦み適度。
良いバランスです。
さすがフラッグシップ。
★8

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

ふるさと納税 その6 〜 大阪府箕面市

5万円ふるさと納税して、6回もらえる頒布会の3回目。
隔月で3種類のビールが2本づつ送ってもらえます。

12月はヴァイツェン、カベルネ、ゴッドファーザー
2月はピルスナー、ペールエール、インペリアルスタウト

そして、4月はこの3種類。

Img_8728

ヴァイツェン、スタウト、おさるIPA。

まずはヴァイツェンから。

Img_8723

2杯目は、アサヒの株主限定ビール。

Img_8725

3杯目、おさるIPA。

Img_8727

スタウトは、また今度。

| | コメント (0)

西日暮里「熟成和牛焼肉 Aging Beef(エイジング・ビーフ)」

昔の同僚と、西日暮里「熟成和牛焼肉 Aging Beef(エイジング・ビーフ)」。

西日暮里と言う立地から想像してたより、モダンな店内。

Img_8715

私だけ早く着いたので、キムチと生ハム。

Img_8716 Img_8717

全員集合したので、肉スタート。

Img_8718 Img_8719

ホルモンも。

Img_8720

希少部位も。

Img_8721

結構リーズナブルで、良いお店でした。

熟成和牛焼肉 Aging Beef(エイジング・ビーフ)
住所:荒川区西日暮里5-13-11
電話:03-5615-3388

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »