« ビアポートには、ラガーがある ビールの現場から〜横浜市鶴見区「キリンビール横浜工場」18回目 その1 | トップページ | 初訪問! 横浜市中区「太田なわのれん」牛鍋 »

微妙な違い ビールの現場から〜横浜市鶴見区「キリンビール横浜工場」18回目 その2

その1の続き。

1杯目、一番搾り横浜づくり(400ml、480円)。

Img_9082

「横浜の風を感じるような、すっきりと爽やかな一杯」
もちろん、クリア。
色は少し濃いかな。
ほのかに甘く、ほんの少し香ばしい。
★8

1杯目を飲んでる途中で、2杯目注文。
通常の一番搾り(グラス、480円)。

Img_9085

左が「横浜づくり」、右が「一番搾り」。
こうすると、色の違いが明確ですね。

「麦100%のおいしさをうまく引き出しているから、その味わいは、すっきりしているのにうまみも充分。一番搾り製法ならではの、うまさです」
クリアで、色淡い。
ほのかに甘いのは「横浜づくり」を共通です。
まろやかですね。
それほど冷たくなく、ちょうどいい温度。
★8

2色のキャベツマリネ(400円)と、クリスピーフライドチキン(560円)。

Img_9083 Img_9084

3杯目、ラガー(グラス、480円)。

Img_9086

「ラガーとは、『熟成』という意味。豊かなコクと爽やかな苦味・喉越しの飲み応えのあるビール」
一番搾りとロゴは違うが、同じ形のグラス。
一番搾りにあった、甘めの後味が無く、ちょい苦。
個人的には、グラスを変えたほうがいいのではないかと・・・
★8

4杯目、横浜ピルスナー(グラス、500円)。

Img_9088

「キリン横浜工場地内のミニブルワリーで醸造。キリンビール伝統の豊かなコクと締りのある苦味、すっきりとした飲み口の麦芽100%ビール」
おっ、グラスが違う。
色淡め。
やや苦めの、麦芽100%。
★8

5杯目、現場モノではありませんが、ハートランド(グラス、520円)。

Img_9089

ちょっと高めなんですが、グラスが大きいのでお得感あり。
香り高く、やや苦め。

これからは、こっちかな。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

レストラン ビアポート
住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-503-8250

|

« ビアポートには、ラガーがある ビールの現場から〜横浜市鶴見区「キリンビール横浜工場」18回目 その1 | トップページ | 初訪問! 横浜市中区「太田なわのれん」牛鍋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビアポートには、ラガーがある ビールの現場から〜横浜市鶴見区「キリンビール横浜工場」18回目 その1 | トップページ | 初訪問! 横浜市中区「太田なわのれん」牛鍋 »