« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

信玄餅&ほったらかし温泉 富士山ラン&キャンプ旅行記2017冬 その4

その3の続き。

 

月曜日の朝。

 

現「やられた・・・」

K「どうした?」

現「猫ちゃんに、パン食われた」

K「部屋の中に入れるの忘れたか・・・」

現「そやねん」

K「パンが無いってことは・・・」

現「玉子とコーヒーだけ」

K「物足りんな」

現「ところで、今日どうする?」

K「『紅富士の湯』は昨日行ったしな」

現「俺、『ほったらかし温泉』行ってみたいねんけど」

K「ほったらかし?」

現「かなり景色いいらしいで」

K「近いの?」

現「Google先生によると、北に約40km」

K「ふーん・・・行ってみよか」

 

出発し、国道137号線を北へ。

 

現「行く途中に、信玄餅の工場あるで」

K「いいねぇ、土産も買えそうやし」

 

11時過ぎ、桔梗信玄餅工場到着。

 

K「結構賑わってるな、平日やで」

現「信玄餅詰め放題は、もう終わってるみたいやけど」

K「信玄餅ソフトやて!!」

Img_0592 Img_0593

 

笛吹川フルーツ公園内を抜け、ほったらかし温泉駐車場到着。

Img_0594 Img_0595

現「荒削りやね」

K「休日は、このだだっ広い駐車場が車で埋め尽くされるんかな」

 

素朴なエントランス。

Img_0596

 

「あっちの湯」と「こっちの湯」。

Img_0599

現「どちらも入湯料800円か」

K「『あっちの湯』の方が新しくて見晴らしがいいらしい」

現「じゃ、『あっちの湯』で」

Img_0600 Img_0602

 

トイレもユニーク。

Img_0601

お風呂の写真はありません(当たり前)。

ものすごく景色が良くて、開放感がある露天風呂でした。

 

現「この風呂はすごいな」

K「メチャクチャ気持ちいい」

現「来年は『こっちの湯』か(笑)」

K「だな(笑)」

 

風呂上りに食堂で昼食。

Img_0603 Img_0605

たまご巾着うどん(550円)。

 

桔梗信玄餅工場からのほったらかし温泉コース。

満足度高し。

たぶん、また来ます。

| | コメント (0)

屋外で6時間 富士山ラン&キャンプ旅行記2017冬 その3

その2の続き。

 

ひとっ風呂浴びて、車でキャンプ場へ。

 

現「予定では、キャンプ場から歩いて富士桜だよね」

K「だね」

現「昨日買った食材、まだ結構あるよね」

K「かなり・・・ね」

現「富士桜・・・やめない」

K「俺もそれ思ってた」

現「現場主義者としては、断腸の思いなんだが・・・」

 

ビールを追加購入するために、「ふじやまビール」へ。

Img_0580 Img_0581

キャンプ場に近い富士桜高原に行くことが多かったので、ちょっと新鮮。

1リットルサイズのボトルを購入して、キャンプ場に帰還。

 

16時、宴会スタート!

Img_0582

 

まずは、肉!

Img_0554 Img_0583

網焼きと鉄板焼きと両方試してみましたが、鉄板焼きの方が好みかな。

 

プレモル達。

Img_0584 Img_0585

 

鯖缶を使ったアヒージョ。

Img_0586

 

プレモル黒。

Img_0589

 

残った食材を、スキレットで適当に・・・

Img_0588

 

そして、焚火メインに。

Img_0590

 

22時。

Img_0591

外で6時間も、何やってんねん(笑)

 

その4に続きます。

| | コメント (0)

忍野八海〜山中湖ラン 富士山ラン&キャンプ旅行記2017冬 その2

その1の続き。

 

日曜日の朝。

Img_0565 Img_0564

ベランダで、ゆっくりと朝食。

実にいい天気です。

 

ウエアに着替え、車で「紅富士の湯」に移動し、ここからランスタート!

まずは、忍野八海を目指します。

 

現「幹線から一本入ったけど、歩道が結構整備されてるな」

K「FANUCがあるからかも」

現「確かに、そうかもしれん」

 

4kmほど走り、忍野八海到着。

Img_0566

 

中国人観光客と思しき方々でいっぱい。

Img_0568

 

忍野八海から山中湖へ。

Img_0569

実に美しい。

 

山中湖畔到着。

Img_0576

現「湖面が近いね」

K「河口湖とか西湖は、ちょっと上がってるもんな」

現「しかも遊歩道もあるし」

Img_0577 Img_0579

山中湖を時計回りに1周して、再び「紅富士の湯」へ。

後半ちょっとへばりましたが、楽しく走れました。

走行距離23kmちょっと。

 

その3に続きます。

| | コメント (0)

パーティの始まり! 富士山ラン&キャンプ旅行記2017冬 その1

毎年恒例の富士山マラソン・・・と言いたいところですが、今回はマラソン出場は見送り。

ビア友Kの車で中央道を西へ。

Img_0546

いい天気です。

 

いつもの「いちやまマート城山店」で食材の買い出し。

 

現「つい買っちゃうね、毎度のことだけど」

K「学習しないよな、俺ら」

現「そうそう、『白州』忘れてるで」

K「いや、さっきから探してるんやけど無いんよ」

現「さすがに『白州』無しは寂しいもんな」

K「酒屋行ってみよ」

 

富士山駅近くの酒販店に移動。

 

K「無いねぇ」

現「聞いてみよう」

 

現「すいません、白州って置いてないんですか」

K「無いんですよ、なかなか入ってこなくて・・・」

現「そうなんですか・・・」

K「これからは、白州は持ち込まなアカンってことか」

現「そうなるね」

 

キャンプ場到着。

Img_0548Img_0549_20210907132401

いつものコテージですが、暖房機が新しくなってました。

 

現「去年だったか一昨年だったか、サーモスタットが壊れてて、暑くなっては切り、寒くなっては付けの繰り返しやったから、嬉しいわ」

K「そんなことあったっけ?」

現「君は寝てただけやからな(笑)」

 

買ってきた食材達。

Img_0547

 

炭火をおこして、パーティスタート!

Img_0550

まずは鶏皮を炭火で。

 

K「いい感じやね」

現「油が垂れるから、炭もよく燃えるわ」

 

一番搾り&黒ラベル。

Img_0551

 

鯖缶、厚揚げ、エビス。

Img_0552 Img_0553

 

アルミ鍋、プレモル。

Img_0556 Img_0555

 

香るエール、エビス。

Img_0558 Img_0559

写真には残ってませんが、主に食べてたのはホイル焼き。

 

焚火も盛り上がってきました。

Img_0562

 

琥珀エビス☓2。

Img_0560 Img_0561

現「明日マラソン無いって楽やね」

K「ちょっと罪悪感あるけどな」

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

ランプレドット 中目黒「中目黒タップルーム」31回目

団体さんで賑わう仲、中目黒31回目。

沼津ラガーでスタート。

Img_0539

かすかに濁りあり。

華やか系ラガー。

 

ランプレドット。

Img_0542

 

2杯目、修善寺ホップガーデンエール。

Img_0543

濁りあり。

穏やかなエールです。

 

バケット追加。

Img_0544

 

3杯目、中目黒ビター。

Img_0545

やや濁りあり。

苦くなく、フルーティ。

 

この日は3杯で終了。

 

中目黒タップルーム

住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階

電話:03-5768-3025

| | コメント (0)

初・富山ラン 富山ラン&ビール旅行記2017秋 その3

その2の続き。

 

帰京の前に朝ラン。

まずは富山駅へ。

Img_0530

 

駅の北側に行くのに、若干手こずりました。

Img_0531

 

「世界一美しいスタバ」として話題になった、「スターバックス富山環水公園店」。

Img_0532

開店前から行列が出来てました。

 

Img_0533 Img_0534

フォトジェニックですねぇ。

 

Img_0535 Img_0536

ランニング環境としては恵まれてると言わざるを得ませんな。

 

駅の南側に戻って、富山城址公園周辺。

Img_0537

走って感じましたが、富山って整備されてますね。

歩道も綺麗ですし。

 

北陸新幹線で駅弁をいただきながら帰京。

Img_0538

| | コメント (0)

カニもブリも 富山ラン&ビール旅行記2017秋 その2 富山県富山市「旬菜静加」

その1の続き。

 

先輩Aと合流し、案内されるがままに魚の美味しいお店へ。

Img_0511 Img_0512

「旬菜静加」というお店です。

 

まずはビール。

Img_0527

先「いい時期に来たね」

現「どうしてですか?」

先「カニとブリの両方食べれるから」

現「そうなんですね!」

 

香箱カニ面盛り酢(900円)。

Img_0516

香箱カニ(ズワイの雌)って、なかなか東京では食べる機会ないですよね。

素晴らしい。

 

刺身の盛り合わせ。

Img_0517

こらたまらん。

幸せ。

 

本ズワイの天ぷら(1,100円)と爆弾すり身揚げ(600円)。

Img_0518 Img_0520

 

上市の里芋煮揚げ(600円)とアスパラ塩焼き(600円)。

Img_0522 Img_0523

 

すじこ味噌漬け(600円)、真鱈白子昆布焼き(1,000円)。

Img_0524 Img_0525

 

最後は、氷見うどんで〆。

Img_0529

いいなぁ、富山。

美味しかった、楽しかった。

 

その3に続きます。

 

「旬菜静加」

住所:富山県富山市桜木町6−22

電話:076-441-2422

| | コメント (0)

大阪からアウトレット経由で富山へ 富山ラン&ビール旅行記2017秋 その1

大阪・茨木での仕事を終え、京都駅に移動。

Img_0505

 

ここから、サンダーバードで金沢へ。

Img_0506 Img_0507

車窓(左側)の風景。

 

金沢駅でIRいしかわ鉄道に乗換えて、石動駅へ。

石動駅からは、バスでアウトレットへ。

 

Img_0509 Img_0508

 

寒っ。

Img_0510

せっかくなので、ジャケットを1着購入して富山へ。

駅前のホテルにチェックインして、以前同じ会社で1年上だった、先輩Aと飲みです。

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

上尾から北本までラン ビール中山道中膝栗毛 その2

その1の続き。

 

9:51 上尾駅。

Img_0494

弥次「いやぁ、ご無沙汰ご無沙汰」

喜多「4年ぶりやで」

弥「前回は日本橋から板橋まで歩いて、今日は上尾から」

喜「えらい飛んでるやんか」

弥「ま、ええがな。細かいことは気にしない」

 

ウェアに着替えて、駅のすぐ近くを通る中山道へ。

Img_0495

喜「何かやってるね」

弥「マラソン大会かな?」

 

警備員の方に聞いてみたら、「上尾シティマラソン」だそうです。

箱根駅伝に出場する選手も出たりしてるみたいです。

Img_0496 Img_0497

 

10:13 桶川宿

弥「このあたりは、宿場町っぽい雰囲気やね」

喜「写真は撮らへんの?」

弥「先を急ごう」

 

10:54 北本天然温泉 湯花楽(ゆからく)着。

Img_0498

休日大人820円。

弥「良いお風呂やったな」

喜「メシ、どうする?」

弥「北本の駅に行けば、何かあるんじゃない?」

 

北本駅。

 

弥「無いね」

喜「ぐっと来ないね」

弥「もう電車乗っちゃうか」

喜「じゃ、どこで食うねん?」

弥「西川口で中華とかどうやろ」

喜「あるね」

 

Img_0499

鴻運楼。

 

ホイコーロー丼(580円)に半ラーメン(200円)。

Img_0503 Img_0504

 

もちろん、ビールも飲んでます。

Img_0502

弥「何か、西川口っぽくないね」

喜「普通の中華みたいやね」

弥「失敗したなぁ・・・」

 

その3はどこからかな?

 

「鴻運楼」

住所:埼玉県川口市西川口1-24-2

電話:048-437-6858

| | コメント (0)

HUBに遭遇 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」35回目

35回目の訪問も、御茶の水ラン帰り。

Img_0488

 

1杯目、富士桜高原のミュンヘンラガー。

Img_0489

ミュンヘンラガー、、、ヘレスってことかな。

ほぼクリア。

ピルスナーと比べると、キレが無くもっさりしてますが、それが良いんです。

 

アボカドマグロ丼。

Img_0490

 

2杯目、志賀高原☓ベアードのBS!!!。

Img_0491

志賀高原とベアードのコラボビール。

濁りがあって、色淡い。

志賀のホップとベアードのホップを使用しているとのことですが、印象としては志賀強め。

 

3杯目、バラストポイントのスカルピンIPA。

Img_0492

やや濁りあり。

IPAなんですが、やや苦い程度。

いいですね。

バラストポイントの「現場」、行きたかった・・・

 

たまたま、ポートランドのブリュワリー、Hopworks Urban Breweryの方が来店されてました。

Img_0493

 

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店

住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F

電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

六本木「豚組しゃぶ庵」 → 六本木「Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」8回目

職場の飲み会で六本木「豚組 しゃぶ庵」。

Img_0476

 

KAGUAが飲めるのがステキ。

Img_0474 Img_0475

 

豚組 しゃぶ庵

住所:港区六本木7-5-11

電話:03-5770-4821

 

解散して、私だけもう一軒。

Img_0479

Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」。

 

Tap Marche発見!

Img_0480

 

ブルックリンラガー。

Img_0477

クリアでややアンバー。

 

アボットチョイスと言えば、ドライトマト。

Img_0481

 

2杯目、キルケニー。

Img_0482

意外と飲む機会が無いので、懐かしいですね。

 

ミックスナッツ。

Img_0483_2

 

3杯目、COEDOの毬花。

Img_0485

クリアで、色淡め。

草感強め。

 

よく食べ、よく飲みました。

 

Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」

住所:港区六本木7-13-6

電話:03-6434-5589

| | コメント (0)

平日ランチビール価格改訂 ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」49回目

桜木町駅から、歩道橋を渡って横浜ビールの「現場」へ。

Img_0464

 

13時を過ぎてるので、こちらのメニューから行くかな。

Img_0465

ビフテキは完売か・・・

 

現「すいません、ジュ〜ジュ〜ランチお願いします」

店「申し訳ありません、もう終わっちゃいました」

現「まじで!」

 

仕方ないので、通常メニューから。

Img_0466

 

清水屋ケチャップミートドリアの大盛りにしました。

Img_0469 Img_0470

 

さて、ビール。

Img_0467

えっ?

値段変わってる・・・

以前はグラス250円、ジョッキ350円でしたが、Mサイズ600円、Lサイズ800円に。

※前回の平日ランチ ま、以前がバカ安すぎたので、適正価格に修正したというのが正当な評価なんでしょうが、個人的には寂しいです。

ここで飲むために午後休み取ったりしたことも、1度や2度では無かったので・・・

 

1杯目はピルスナー(Mサイズ、600円)。

Img_0468

「3デコクション製法による麦の香ばしさ、チェコ産ザーツホップの上品な苦味が心地よいプレミアムビール」

濁りあり。

ガス圧も丁度良く、やや苦め。

相変わらずの良ピルスナー。

美味いなぁ

★9

以前のグラスより大きいですね。

これならまあまあ飲みごたえあります。

 

2杯目、ペールエール(Mサイズ、600円)。

Img_0471

「アメリカンホップを使った爽やかな苦味と、華やかなアロマが特徴。幅広い層から支持される人気者です」

濁りあり。

新大陸系ペールエール。

香るけど、苦みはさほどではない。

ボディはそこそこしっかり。

★8

 

3杯目、横浜ラガー(Mサイズ、600円)。

Img_0472

「今や横浜ビールを代表する逸品!!柑橘系の香りと、苦くて飲み応えのあるビールが好きな方へ!」

濁りあり。

ガス圧弱めで爽快感は無し。

でもそこが良い。

★8

 

4杯目、アルト(Mサイズ、600円)。

Img_0473

「赤レンガ色の香ばしいアルトは、みずみずしささえ感じるスッキリとした飲み口と豊かな香りが特徴」

濁りあり。

悪くはないんですが、少しまとまりに欠ける印象。

期待が高すぎたかな。

★8

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

ランチビールの価格改定はショックでしたが、素晴らしい「現場」であることに変わりありません。

 

驛の食卓

住所:横浜市中区住吉町6-68-1

電話:045-641-9901

| | コメント (0)

鉄板とんかつ&ワイン 銀座二丁目「矢場とん 東京銀座店」3回目

最近お気に入りの「矢場とん 東京銀座店」。

1回目は、普通のわらじとんかつ。

2回目は、同じわらじとんかつで、味噌とソースのあいがけ。

そして、今回は鉄板とんかつ。

Img_0461

ビールはいつも瓶ビールです。

 

そしてこの日は、オリジナルワイン(ハーフ)を飲んでみました。

Img_0462

これはこれでありですね。

 

矢場とん 東京銀座店

住所:中央区銀座2-11-2

電話:03-3546-8810

| | コメント (0)

池袋「BEER PUB CAMDEN(カムデン)東口店」10回目 → 池袋「聚福楼」4回目

最近お気に入りの羊の丸焼き。

集合時間まで少し時間があったので、また池袋東口「BEER PUB CAMDEN」。

この時と全く同じパターン(笑)

Img_0453

ハートランド(800円→600円)。

 

2杯目、PunkIPA(950円→750円)。

Img_0456

ほぼクリアで、ちょい苦。

 

BEER PUB CAMDEN

住所:豊島区東池袋1-7-2

電話:03-3982-6599

 

そろそろ良い時間になったので、北口に移動。

家族と合流してから、「聚福楼」に移動。

Img_0457

丸焼きドーン!

 

Img_0458

干し豆腐大好き!

 

Img_0459

よだれ鳥美味し!

 

Img_0460

これは何だっけ・・・

 

「聚福楼」

住所:豊島区西池袋1-37-16

電話:03-6912-7333

 

絶対また来るわ、このコース(笑)

| | コメント (0)

秋川渓谷ランからの ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「雑蔵」12回目

武蔵五日市駅からランスタート。

山歩き目的の人がいっぱいいらっしゃいます。

秋川沿いに西へ。

Img_0428 Img_0429

水が綺麗ですね。

ここも東京都ですから、驚きです。

 

6kmほど走ったところで、いい感じの橋が見えてきました。

Img_0431

あれ、ひょっとしてもうゴール?

 

Img_0432

橋を渡ると・・・

 

Img_0434 Img_0435

素敵な温泉登場。

秋川渓谷 瀬音の湯」。

かなり賑わっています。

お風呂はかなり開放的で、人気があるのも頷けます。

ここ、いいですね。

 

バスで武蔵五日市駅に戻り、五日市線で拝島へ。

Img_0449 Img_0436

店内に入ってビックリ、2017年いっぱいで「雑蔵」閉店だそうです。

12回で打ち止めか・・・残念だなぁ。

Img_0443

 

ビールメニュー。

Img_0438

 

やっぱりピルスナー(ジョッキ、850円)でしょうな。

Img_0439

「大手のビールと同じタイプですが、よりコクを持たせて苦味をしっかり出し、スッキリとした炭酸ガスの強いビールです」

やや濁りあり。

少し苦めでバランスさせてます。

いいですね。

★8

 

そば味噌田楽(450円)&揚げそばのサラダ(750円)。

Img_0444 Img_0445

 

2杯目、ペールエール(グラス、500円)。

Img_0446

「香りが強くフルーティーで味も濃い、苦みと甘みのバランスのとれたビアグランプリ2000金賞受賞のビールです」

濁りあり。

少しだけアメリカンテイスト。

★7.5

 

3杯目、TOKYO BLUES(ジョッキ、950円)。

Img_0447

濁りあり。

新大陸系。

苦みと甘みが良い按配です。

★8

 

最後に日本酒「あらばしり」。

Img_0448

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

いやぁ、名残惜しい。

Img_0437

 

雑蔵

住所:東京都福生市熊川一番地

電話:042-530-5057

| | コメント (3)

Schooner Exact推しの日でした 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」34回目

御茶の水ランからの34回目。

Img_0422

日本海倶楽部の奥能登伝説。

クリアでブラウン。

ゴクゴク飲めないラガー系。

このタイミングじゃないの、忘れてた・・・

 

アボカドマグロ丼。

Img_0423

 

2杯目、京都醸造の一期一会。

Img_0424

濁りあり。

一口飲むと、シトラッシーなホップの風味が鼻腔内に広がります。

モルト感は少なめ。

 

3杯目、うしとらの#213 IRIE LIFE IPA。

Img_0425

濁りあり。

トロピカルな風味のIPA。

 

この日はやたらとSchooner Exact推しだったので、ちょこっとだけ試飲させてもらいました。

Img_0426

パシフィックは、すっきりゴールデンエール。

ファームハウスは、ベルジャンっぽい。

 

結局オーダーしたのは、Schooner Exactのノースウェストペールエール。

Img_0427

やや濁りあり。

爽快感のあるペールエールですね。

 

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店

住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F

電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

再PAで〆 ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」46回目

46回目の訪問。

いつものようにピルスナースタート。

Img_0415

「後味に感じる苦味とフレーバーは、ドイツ産高級アロマホップが決め手。ゴクゴク飲めるすっきりテイスト」

美しく、そして美味い。

★9

 

自家製ボロネーゼのオリジナルドリアプレート(980円)。

Img_0416

 

2杯目、いつものようにペールエール。

Img_0417

「イギリス産のエールモルトとホップを使い、ハーブを思わせるおだやかな香りと、エールモルトの醸し出す深い味わいが特徴」

スルスル飲める、良エール。

いつ飲んでも美味いねぇ。

★9

 

3杯目も、いつものようにブラウンエール。

Img_0418

「カラメルモルトのフレーバーと米国産ホップのあでやかな柑橘系の香りが特徴的。フルーティーで個性的なエールです」

上品な新大陸系。

ワイルドさは無いかもしれませんが、好きですね私は。

★8

 

4杯目は、いつものシュバルツではなくペールエール再登板。

Img_0419

 

ちなみにこの日のシーズナルはコチラでした。

Img_0413

すいません、飲んでません。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House

住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F

電話:047-305-5652

| | コメント (0)

@150円でも楽しめます 高田馬場 「高田馬場タップルーム」26回目

Wi-Fiに釣られて26回目。

Img_0405

ヘレス。

かすかに濁り。

安定のスターター。

 

チーズ&紅しょうが。

Img_0406

 

椎茸&ハムカツ。

Img_0407

 

2杯目、レッドローズ。

Img_0408

やや濁りあり。

香ばしいですね。

 

うずら&チーズ。

Img_0409

今日は全て単価150円の串カツで揃えてみました。

 

3杯目、アングリーボーイ。

Img_0410

濁りあり。

レッドローズより香ばしさ抑えめ。

 

高田馬場タップルーム

住所:新宿区高田馬場3-2-14

電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

チョリソー要注意 原宿「原宿タップルーム」33回目

PDX TAPROOM」から歩いて訪問。

Img_0404

 

もう2杯飲んでますので、帝国IPAスタート。

Img_0399

濁りあり。

ちょっとエキス分の多いエール。

 

ここで手羽先&チョリソー到着。

チョリソー辛すぎ。

帝国IPAが台無しになるほどのインパクト。

 

つくね。

Img_0401

 

2杯目は、クーポン利用で黒船ポーター。

Img_0403

 

そして、ポーターのお供。

Img_0402

 

原宿タップルーム

住所:渋谷区神宮前1-20-13

電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

初訪問! 神宮前「PDX TAPROOM」

渋谷から歩いて初訪問。

Img_0393

PDX TAPROOM」。

その名のとおり、ポートランド推しのビールなお店です。

 

カウンター席が窓際とタップ前に各々6席ずつ。

あとは2人がけのテーブルが2つと、6人がけのテーブルが1つかな。

Img_0398

タップは10タップ。

 

とは言え、この日飲めたのは8タップ。

Img_0394

全部ポートランドのビールなんでしょうね、きっと。

 

Img_0395

1杯目、DOUBLE MOUNTAINのTHE VAPORIZER(ハープパイント、750円)。

ポートランドの南東にあるブルワリー。

色淡く、濁りあり。

HPにDry-Hopped Pale Aleとあるとおり、香りホッピーだが苦くありません。

 

チップス&サルサ(500円)。

Img_0396

 

2杯目、BREAKSIDE BREWERYのWanderlust IPA(パイント、1,250円)。

Img_0397

濁りあり。

香りが良いですね。

ポートランドの流行りなのかな?

 

PDX TAPROOM

住所:渋谷区神宮前5-30-2

電話:03-6450-5455

| | コメント (0)

今度は北から ビールの現場から~静岡県御殿場市「御殿場高原ビール」6回目

バスタ新宿から、御殿場へ。

Img_0369

 

前回は、南から北上しましたが、今回は南下してアプローチ。

Img_0370

御殿場ICのバス停留所から、ランスタート。

北上は基本登り坂なんですが、南下は下り坂なので快適ランニング。

 

Img_0371

富士山は残念ながら雲の向こう。

 

8km少し走り、「天然温泉 気楽坊」到着。

Img_0372

 

汗を流して、「グランテーブル」へ。

Img_0374

ただいま「時之栖」では、イルミネーションイベント「ひかりのすみか」開催中。

夜に来るときれいなんでしょうね。

 

Img_0375

さあ、飲みましょう。

 

いつ来ても立派です。

Img_0382

 

ビールメニュー。

Img_0378

定番5種+季節限定1種。

 

Img_0379

その季節限定はセッションIPL。

 

Img_0383

ラン後、かつ風呂上りなので、ピルスとヴァイツェンの2杯同時注文。

 

ピルス(300ml、390円)。

「のどごしとホップの香りが爽やか。欧州ビール大国の一つ、チェコのピルゼン生まれ、黄金色のビールです」

クリアでさほど苦くない。

ピルスと名乗るわりにはキレが少ないかな。

★7.5

 

ヴァイツェン(300ml、390円)。

「香りはフルーティー、色は白みがかった黄金色。特殊な酵母と小麦麦芽を用いた、ドイツ・バイエルン地方が故郷の、無ろ過ビールです」

濁り強い。

レモン入れてる?と思うくらいのレモン感。

しっかりヴァイツェンです。

★8

 

サーロインステーキ200g(1,000円)。

Img_0385

 

3杯目、季節限定のセッションIPL(400ml、590円)。

Img_0386

「強い苦みと高アルコールが特徴のIPA。そのアルコールを抑えて飲みやすくしたセッションIPAの稀有なラガーバージョン。超贅沢なホップ選定と使用量から生まれた定番では出来ないリッチで強烈なビール」

濁りあり。

香りやや華やか。

「セッション」と名乗るだけあり、イマ風な仕上がり。

★7.5

全体的に冷たすぎるかな。

 

ガーリックトースト(480円)。

Img_0384

 

4杯目、シュバルツ(300ml、390円)。

Img_0387

「3種類のローストモルトの配合により深みのある香ばしさと、すっきりビターな味わいの黒ビールに仕上げました」

軽くて香ばしい。

温くていいですね。

★8

 

5杯目、ヴァイツェンボック(300ml、390円)。

Img_0388

「アルコール度数7%の無ろ過ビール。その芳醇な味と香りは、一度口にすると強烈な印象が残ります。定番ビールの中でイチバンのコク」

濁り強い。

このタイミングで飲むと、美味いヴァイツェンとしか感じませんね(笑)

★8

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

グランテーブル

住所:静岡県御殿場市神山719

電話:0550-87-5500

 

帰りは御殿場駅から再びバス。

Img_0390

残念ながら渋滞にはまり、予定より4時間も遅れて新宿到着。

電車にしとけば良かった・・・

| | コメント (0)

新規274ヶ所目! ビールの現場から 埼玉県飯能市「CARVAAN」

宮沢湖温泉 喜楽里別邸」からバスで飯能駅に戻り、そこから改めて徒歩。

Img_0337 Img_0340

駅から線路沿いを西に向かうと、入間川にかかる割岩橋。

下を見ると、バーベキューに最適な河原が。

Img_0338 Img_0339

 

渡りきって左に進むと、何やら色々工事中。

Img_0342

 

シックな建物が見えてきました。

あれが「現場」のようです。

Img_0341 Img_0364

2階建ての建物の2階からアプローチ。

このアプローチは、ちょっと仮設感ありますね。

まだ工事中ってことかな?

 

店内は非常にゴージャス。

中央吹き抜けで、1階には半円の大きなカウンター席があります。

私が案内されたのは、2階の窓際のテーブル席。

Img_0344 Img_0349

 

外を眺めれば、入間川とテラス席が見えます。

Img_0343 Img_0361

 

ランチメニュー。

Img_0345

結構いい値段しますね。

 

アラカルトにするか。

Img_0352

アラビアンプレートか。

面白そうですね、これにしましょう。

 

ビールメニュー。

Img_0346

定番は4種類のようです。

 

Img_0347

季節限定は2種。

いきなり6種類は凄いね。

ビジネス感たっぷり。

 

1杯目は、定番からファーイースト・ベルジャンホワイト(750円)。

Img_0351

「香味豊かなエジプト産コリアンダーと、国産の無農薬レモンピールをふんだんに使用した、フルーティーでスパイシーなビールです」

特徴的なグラスですね。

濁りあり。

ガス弱めで苦み少なめ。

穏やかですね。

★8

 

アラビアンプレートが運ばれてきました。

Img_0353 Img_0354

1人前を頼んだつもりが、2人前(1,400円)がきました。

量的には、これでいいかな。

 

2杯目、スペルト・ヴァイツェン(750円)。

Img_0355

「濃厚なバナナ香とスムースな飲み口。スペルト小麦の深い味わいが、よりリッチな味わいを醸し出します」

濁りあり。

同じ小麦系ですが、こちらの方がイエロー。

少々ガス強め。

個人的には好きな見た目ですが、まだこなれていない感じ。

★7.5

 

3杯目、限定醸造からウィンナーラガー(750円)。

Img_0356

「ドイツのオクトーバーフェストで飲まれるメルツェンビールの元となったのが、オーストリアの首都ウィーンで生まれた、このウィンナースタイルです。ヴィエナ(ウィーン)モルトに由来する赤みがかった深みのあるアンバーカラーの色合いと、ナッツのようなモルトの風味が特徴です。また椰子の花蜜糖を使い、モルトフレーバーに豊潤さを加えました。ヨーロピアンホップに加えて、飯能産ホップも一部使用しています。飲み飽きないフェスとビールとして、そして秋の夜長に大切な人とゆっくりとした時間を過ごすビールとしてもお楽しみください」

濁りあり。

ちょっとだけ酸味を感じますが、全体としては手堅く造ってる印象。

★7.5

 

アラビアンプレートだけでは、ちょっと足りなかったので、「エイシ」というアラビアパン(150円)を追加。

Img_0360

 

4杯目、アラビアンライム・エール(750円)。

Img_0359

「ペールモルトのしっかりしたボディを感じさせる芳醇な味わいに、エジプト産ライムピールが爽やかに香るエールタイプのビールです」

かなり濁りあり。

グラスに口を付けた瞬間、ライムが微かに香ります。

シトラッシーですが、これはホップ由来じゃないかな。

フレッシュな印象。

★7.5

 

最後にエイシをもう一つ。

Img_0360_2

お会計をしようとしたら、お店の方から声を掛けられました。

 

店「ビールお好き何ですか」

現「ええ、そうですね」

店「良かったら、店内ご案内しましょうか」

現「いいんですか!有難うございます」

 

1階に降りて、ホール、テラス、醸造設備を見せてもらいました。

Img_0362

 

現「道路の向かいでは、何を工事してるんですか?」

店「当社の社屋を建設してます」

現「そうなんですか」

Img_0363

いやぁ、すごい店でした。

もう少し工事が進んだら、また是非来たいですね。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

ちなみにこのビールを造っている会社の名前が、株式会社 FAR EAST。

KAGUAを造っているのは、Far Yeast Brewing株式会社。

紛らわしいね(笑)

 

CARVAAN

住所:埼玉県飯能市大河原32-1

電話:042-973-7000

| | コメント (0)

武蔵藤沢〜ジョンソンタウン〜トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園〜飯能ラン

この日のランは、武蔵藤沢駅スタート。

Img_0327

西武池袋線で来たんですが、休日の朝の下り電車にも関わらず激混み。

何があるのかと調べたら、入間基地で「航空祭」があるんですね。

ブルーインパルスが飛ぶやつ。

そら混むわ・・・

 

国道463号線に出て、北西へ。

2kmほど走った所で、ジョンソンタウン到着。

Img_0328

よくテレビ等で紹介される、アメリカンな街並みの一角です。

 

入間市駅を過ぎ、8km地点過ぎ。

Img_0329

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

 

入間川を南から北に渡ったんですが、その時上空を飛行機が通過。

Img_0331 Img_0330

入間基地方向に飛んでいきました。

 

トータル13.5km走って、目的地「宮沢湖温泉 喜楽里別邸」到着。

Img_0335

施設もきれいで、眺望も良くて、なかなかヒットでした。

 

ここからはバスで、一旦飯能駅へ。

Img_0336

さて、ここから初訪問の「現場」を目指します。

| | コメント (0)

法善寺横丁「三平」からの ビールの現場から「箕面ビール(土佐堀)」44回目

京都での仕事を終え、大阪支店の同僚と法善寺横丁でお好み焼き。

Img_0315

ここに来る途中で道頓堀を通ったんですが、すごいですね、インバウンド。

ほとんど外国人客。

銀座より多いんじゃないかなぁ。

 

同僚と別れ、一人で土佐堀へ。

Img_0316 Img_0323

現「まいど」

Y「いつも急ですねぇ(笑)」

Img_0317

 

1杯目、ゴールデンエール。

Img_0318

「ビアベリーブルーイングの定番銘柄のゴールデンエールは、箕面ビールの先代社長をイメージして醸造。苦味の効いたゴールデンエールに仕上がっています。アルコール度数5.5%)」

現場モノ。

濁りあり。

ややホッピーで、ちょい苦。

バランスが良いので、飲みやすいです。

★8

 

トリハツのトマト煮込みクミン風味(550円)。

Img_0320

 

2杯目、ボスザルIPA。

Img_0321

色濃い。

香りはスタウトのそれ。

ボディはしっかり。

★8

 

3杯目、W-IPA。

Img_0322

濁りあり。

全然フツーに飲めます。

バランス取れてるんやね。

★9

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

筑前橋を渡ってホテルへ。

Img_0325

今回はちょっといいホテル泊まっちゃいました。

 

BEER BELLY

住所:大阪市西区土佐堀1-1-31

電話:06-6441-0717

| | コメント (0)

続・満喫「なごやめし博覧会」! 

なごやめし博覧会」を満喫した翌日。

これから仕事で京都に向かうんですが、名古屋でモーニング。

Img_0313

コメダ珈琲店 名古屋駅西店」。

たっぷりアイスコーヒーを頼むと、トーストが付いてきます。

小倉あんをつけて、あんトーストにすることにしました。

 

そして、余ったチケットでみそカツサンドを追加。

Img_0314 Img_0312

写真では伝わりづらいんですが、かなりのBIGサイズ。

朝から、もたれるわ〜

それにしても、堪能しました「なごやめし博覧会」。

来年はこれ目当てに来るかな。

 

コメダ珈琲店 名古屋駅西店

住所:愛知県名古屋市中村区則武2−3−2

電話:052-414-6721

| | コメント (0)

満喫「なごやめし博覧会」! 

Y.MARKET BREWING KITCHEN」を出て、別の「なごやめし博覧会」開催店舗を目指します。

何と言っても、ホテルでもらったチケットは4枚。

まだ1枚しか使ってませんから。

 

2軒目、「醸しメシかもし酒 糀や(KO-JIYA)」。

チケット対象料理は「発酵名古屋メシ盛り合わせ&自家製ビール」。

現「自家製ってここで造ってるんですか」

店「いえ、この近くのYマーケットさんで」

そういうことでしたか。

Img_0309

左からどて煮、味噌串カツ、手羽先唐揚げ。

これにビールが付いてきます。

Img_0308

Yマーケットの「珈琲待夢」。

かすかに濁りあり。

見た目にコーヒー感なし。

油断させといて、飲んだらしっかりコーヒー。

美味しいかどうかは別ね。

 

「醸しメシかもし酒 糀や(KO-JIYA)」

住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-13-3

電話:052-561-0850

 

まだチケットは2枚あるので、頑張ってもう一軒。

がブリチキン 名駅3丁目店」。

Img_0311

「名古屋八丁味噌マヨからあげ」+ハイボール。

いやぁ、お腹いっぱい!

まだチケット1枚残ってますが、ここで終了。

何の気なしに、このチケットが付いてるプランを予約して良かった(笑)

 

がブリチキン 名駅3丁目店

住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-12-10

電話:052-565-4187

| | コメント (0)

「なごやめし博覧会」開催中でした ビールの現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」10回目

関西出張の前乗りで名古屋泊。

最近このパターンばっかりやね(笑)

 

名古屋駅桜通口を出て、ホテルにチェックイン。

そして改めて向かったのはコチラ。

Img_0296

Y.MARKET BREWING KITCHEN」。

 

お気に入りのカウンター奥が空いてました。

Img_0297

1杯目、まるはちセッションIPA(R:750円)。

「切れのあるシャープなボディーですが、透き通ったオレンジ色の綺麗な見た目。香り・フレーバー・奥行きなど今までと違う深みのある仕上がりを楽しんでください」

クリアでオレンジ色がきれい。

香るだけでなく、そこそこ苦い。

キレが良いですね。

★8

 

ホルモンパクチー(550円)。

Img_0302

毎度書いてますけど、何でスキレットが冷たいんでしょうか?

本気で謎。

 

ん・・・

こりゃ、何じゃ?

Img_0299

なごやめし博覧会」。

そういえば、さっきホテルにチェックインした時、チケットもらったなぁ。

 

現「このチケットって使えるんですか?」

店「ええ、もちろん」

現「じゃ、これ使います」

 

2杯目、ホップカーニバルセッションIPA(R)。

本来700円ですが、チケット使用で0円。

Img_0303

「新しく収穫されたホップが入荷されるのを待つこの既設、大事に保管してきたホップを大放出。手持ちのホップを贅沢かつ繊細に、そしてバランスよく使用。今年もやります、ホップ祭り!!」

濁りあり。

さすがにホップの香りが強いですね。

★8

 

うなぎのテリーヌ ひつまぶし風。

Img_0304

なかなか、独創的な料理です。

 

3杯目、レッドロック(L:1,000円)。

Img_0305

「ミディアム〜フルボディー、モルトのふくよかなフレーバー、カラメルモルト由来の香ばしくほんのり甘い後味にローストモルトのほろ苦さが感じられる、豪州産ギャラクシーのみを使用した重厚な仕上がりのアメリカンレッドエール」

濁りあり。

ガス弱めで、スルスル飲めます。

ホップはあまり香りません。

香ばしいエールです。

★8

 

また行ってみたい度★4(5段階)。

★5じゃないのは、ラインナップのバランスとスキレット。

 

Y.MARKET BREWING KITCHEN

住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6

電話:052-533-5151

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »