« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

後輩と 麻布十番「The Tipplers Arms」2回目

後輩を連れて、麻布十番の「The Tipplers Arms」へ。

Img_0919

キリン一番搾り(UKP、900円)。

ケサディア(1,000円)とフィッシュ&チップス(1,200円)。

Img_0920 Img_0921

Black Isleのゴールデンペールエール(UKP、1,100円)。

Img_0922

同じものををハーフパイント追加して、この日は終了。

Img_0923

The Tipplers Arms
住所:港区麻布十番1-8-12
電話:03-3505-8278

| | コメント (0)

全体的にガス強め ビールの現場から〜神奈川県小田原市「箱根ビール」11回目 その2

その1の続き。

2杯目、小田原エール。

Img_0911

「伝統的な製法で、ほのかに甘さを感じさせるマイルドな味は、女性にもおすすめ」
クリアで赤い。
スルスル系のエールなんですが少しガス強め。
★7

二狩り目は、唐揚げと練り物。

Img_0912

三狩り目。

Img_0913

3杯目、箱根ピルスをグラスサイズで。

Img_0914

四狩り目でカレー。

Img_0915

フード的にはオーラス感が出た所で、4杯目風祭スタウト。

Img_0916

「ホップの苦みと焦がした麦芽の香り、フルーティーな香味。濃い色調と香ばしさは、黒い麦芽とカラメル麦芽から」
これもガス強め。
デザートは合いづらいね・・・
★7

Img_0917

また行ってみたい度は★4(5段階)。
80分の飲み放題は、複数で来ると物足りないんですが、一人だと丁度いいですね。

えれんなごっそ
住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465-23-7373

| | コメント (0)

女性客多し ビールの現場から〜神奈川県小田原市「箱根ビール」11回目 その1

風祭駅13時過ぎ。

Img_0903 Img_0904

えれんなごっそ」、来ちゃいました。

Img_0918

案内された席からの眺め。

Img_0907 Img_0906

明るい店内。
女性客が多いですね。

いつものように、飲み放題(80分、1,780円)。
料金、前回と変わらず。

Img_0905

箱根ピルスをジョッキサイズで。

Img_0908

「世界の主流。上品なホップの香りとほのかな苦味、すっきりとした中にある味わいとコク」
クリア。
毎度のことですが、発泡が気になります。
キリリ感はあまり無し。
★7

一息ついた所で、一狩り。

Img_0909

その2に続きます。

えれんなごっそ
住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465-23-7373

| | コメント (0)

角煮丼 高田馬場「高田馬場タップルーム」30回目

休日のお昼に訪問。

Img_0889

いつものように、ヘレススタート。

Img_0890

お昼なので、ランチメニューから角煮丼。

Img_0891 Img_0892

2杯目、初醸造2018インディアペールラガー。

Img_0893

「ホッピーでインパクトのあるラガービール。祝2018年!」
やや濁りあり。
古き良きアメリカンクラフトビールといった趣き。

3杯目、ばかやろー!エール。

Img_0896

「痛いほどホッピーで、危険なほど強い!」
濁りあって、色濃いめ。
原宿でも飲んだけど、美味いね。

串揚げ追加。

Img_0897 Img_0898

最後は意表をついてシングルテイクセッションエール。

Img_0899

濁りあり。
ベルジャンっぽい。
セッションにしては、モルトを感じます。

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

板橋〜蕨 ビール中山道中膝栗毛 その3

その2が北本で終ったにも関わらず、今回はその1のゴール地点板橋から。

12:20 居酒屋「新八」前

Img_0877

弥「前ここで飲んだね」
喜「あれは4年前やったか、5年前やったか・・・」

ここから商店街を北に向かってスタート。

12:23 石神井川にかかる「板橋」

Img_0878

12:54 志村一里塚

Img_0879

13:32 荒川にかかる戸田橋

Img_0880

喜「あれ、富士山ちゃう?」
弥「そして、埼玉県 in!」

Img_0881

13:54 国道沿いの「幸楽苑」で昼食

Img_0883

弥「さすがに腹へった・・・」
喜「そもそも、どこで食う気やったんや」

15:18 錦町一丁目交差点

Img_0884 Img_0885

弥「おっ、ここから少しいい雰囲気」
喜「旧街道っぽく整備してる感じやな」

15:29 中山道蕨宿本陣跡

Img_0886

弥「よし、今日はここまで!」
喜「約9kmか」
弥「次は一気に上尾までか?」
喜「20kmくらいあるで(笑)」
弥「ちょっとしんどいか・・・」

和楽備神社から蕨駅へ。

Img_0887 Img_0888

その4に続きます(たぶん)。

| | コメント (0)

吉原〜湯らぎの里〜「沼津魚がし鮨 沼津店」3回目

東海道を三島広小路駅から吉原駅まで歩いた(走った)後、さらに4km先の温浴施設へ。

Img_0862

湯らぎの里」到着。

Img_0863 Img_0864

汗を流して、2km東の富士駅へ。
駅前に何か店は無いかと探したんですが、これといった店は見当たらず。

Img_0876 Img_0875


てなわけで、沼津まで移動し、駅前の「魚がし鮨」へ。

あいさつ代わりの生ビール。

Img_0865 Img_0868

最も安価なセット「関脇」(1,500円)。

Img_0866

日本酒「若竹」に移行。

Img_0867 Img_0869

店内黒板から、ぶりの握り(300円)。

Img_0871 Img_0870

限定醸造の「高砂 辛口純米」。

Img_0872

穴子天(480円)。

Img_0873

「喜久酔 特別純米」。

Img_0874

足は痛いが、いい気持ちです。

魚がし鮨 沼津店
住所:静岡県沼津市大手町1-1-6
電話:0120-79-7798

| | コメント (0)

三島〜吉原 ビール東海道中膝栗毛その18

その17の続き。

弥「久しぶりやね」
喜「ほぼ1年ぶりかな」
弥「今回は何とランで」
喜「その手があったか(笑)」

10:16 三島駅前

Img_0850

弥「まずは前回のゴール地点まで行かんと」
喜「三島広小路駅やね」

10:30 三島広小路駅

Img_0851

喜「富士山が見えますね」

10:40 宝池寺一里塚

Img_0852

11:04 沼津の川廓通り

Img_0853

弥「石畳ふうに整備されてるな」

12:00 原駅近くのセブンイレブンでちょっと休憩

Img_0855

弥「富士山がキレイ」
喜「富士山見ながら走るってのは贅沢やね」

12:27 沼津市から富士市へ

Img_0856

弥「あれ、足痛い・・・」
喜「どうした?」
弥「NIKEの厚底シューズ、今日がデビューなんやけど合ってないのかなぁ」
喜「あの、東洋大が履いてたやつか」

12:34 東田子の浦駅

Img_0857

弥「ごめん、ちょっと休憩」
喜「アカンか?」
弥「あと何kmくらい?」
喜「7〜8kmかな」
弥「微妙やけど、もうちょっと進むか」

13:05 吉原駅東側の踏切

Img_0861

喜「ここから東海道は北に迂回するけど」
弥「きついね」
喜「風呂まで最短距離で行こか、あと4kmあるけど」
弥「まだ4kmあるんか・・・」

三島広小路駅からここまで約20km。
その19があるとしたら、吉原駅東側の踏切からスタート。

| | コメント (0)

手前のカウンター席 中目黒「中目黒タップルーム」32回目

中目黒32回目。

Img_0844

ちなみに原宿は35回、馬場は29回。
拮抗してますねぇ。

奥のカウンターがいっぱい。
サイドのカウンターは奥行きが無いので、手前のカウンター。

Img_0840

1杯目、ヘレス。

Img_0836

ほぼクリア。
それにしても明るいですね、この席。
昼みたい。

ペパロニパイ(Sサイズ、1,450円)。

Img_0839

2杯目、初醸造2018インディアペールラガー。

Img_0841

「ホッピーでインパクトのあるラガービール。祝2018年!」
やや濁りあり。
説明通りホッピー。
後味に苦さが残ります。

3杯目、アングリーボーイ。

Img_0842

濁りあり。
香りまあまあホッピー。

ピザを食べきってしまったので、ポルケッタ(1,000円)追加。

Img_0845

いっぱい食べました。

中目黒タップルーム
住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階
電話:03-5768-3025

| | コメント (0)

7種類中5種類 ビールの準現場から〜静岡県伊東市「伊豆高原ビール」6回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Img_0811_1

飲み放題があって良かった(笑)

Img_0816 Img_0815

1杯目、大室。

Img_0814_1

「苦味を抑えた切れの良さが自慢の、伊豆高原ビールを代表する1杯です」
やや濁りあり。
冷たい。
冷たすぎる。
そしてガスも強め。
温くてガス弱めだといいのに・・・
★7

Img_0813 Img_0817

本日の地魚フライ(400円)は、マグロ。
結構立派です。

地金目鯛のお造り4貫(680円)。

Img_0820

2杯目、天城。

Img_0819_1

「すっきりしたホップの苦味とモルトの香りハーモニー」
やや濁りあり。
ややモルティで、ガス強め。
惜しいっ。
★7

3杯目、紅ヴァイツェン。

Img_0821_1

「当社マイスターが自身を持ってお勧めする赤い小麦ビール」
濁りあり。
しっかりヴァイツェン。
いいじゃない!
★8

Img_0823

じんたの唐揚げ(450円)。
「じんた」って、小鯵とか豆鯵のことらしいです。

4杯目、天城越え。

Img_0824_1

「麦芽を天城の1.5倍使用。モルトの香りと深いコクの調和が抜群」
濁りあり。
8%とハイアルコール。
アル感はそれなりにありますね。
★7

1,000円割引を使うためには、税抜4,000円は使わないといけません。

Img_0822 Img_0825

チョイ辛ピッツァ(1,080円)。
これで税抜4,000円突破。

5杯目、HONEY BEER。

Img_0826_1

「ホワイトハウスでのみ作られていたレシピをアレンジして再現。オバマ大統領が愛した味です」
色淡め。
見た目ほど、ガスは強くない。
ちょい甘ではありますが、フツーに飲めるスタンダード。
★7.5

また行ったみたい度は★4(5段階)。

伊豆高原ビール 伊東マリンタウン店
住所:静岡県伊東市湯川571
電話:0557-38-9000

| | コメント (0)

何とか6kmラン ビールの準現場から〜静岡県伊東市「伊豆高原ビール」6回目 その1

熱海で乗り換えて伊東へ。

Img_0804

何この列車。
窓側向いてますやん。

伊東駅到着。

Img_0805

ここから直で「現場」に向かってしまうと、10分もせずに着いてしまうので、市街地を行ったり来たりした上で、海沿いの道を反対方向へ。

Img_0806 Img_0807

3.5km地点で、反転して「現場」へ。

Img_0808

何とか6km走って「現場」隣の温泉「シーサイドスパ」到着。

Img_0827

年末年始特別料金1,500円。

Img_0810

ちょっと高いね・・・

その2に続きます。

伊豆高原ビール 伊東マリンタウン店
住所:静岡県伊東市湯川571
電話:0557-38-9000

| | コメント (0)

バカヤロー! 原宿「原宿タップルーム」35回目

35回目の訪問。

ヘレスではなく、沼津ラガーでスタート。

Img_0795

妥当なラガー。
何で避けてたんだっけ??

ハムカツ(400円)。

Img_0796

2杯目、スルガベイ。

Img_0797

濁りあり。
ほんの少しストロングなペールエール。

つくね&皮。

Img_0798

3杯目、バカヤロー!エール。

Img_0800

濁りあり。
ストロングなのに、バランス良し。

Img_0801

ハツ&ハツモト。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

どれもハイレベル ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」21回目 その2

その1の続き。

旬の野菜の天婦羅。

Img_0001

本来は蕎麦とセットなんですが、これも先に出してくれました。
有難い。

Img_0002_1

ラガー(グラス、600円)。
「モルトの旨味とアロマホップの軽快な香りを感じることのできるビールです。キレの良いフレッシュな喉越しをお楽しみください」
ほぼクリア。
香りシトラッシー。
香りホッピーだが、苦さ抑えめ。
★8

3杯目、ペールエール(グラス、600円)。

Img_0003_1

ほぼクリア。
ほんのりスパイシーなペールエール。
★8

4杯目、アンバーエール(グラス、600円)。

Img_0004_1

「高温で焙煎した麦芽の香ばしさと甘み、アロマホップの華やかな香りの深い味わいの楽しめる赤褐色のビールです」
ほぼクリア。
色んなものの角が取れて、とってもマイルド。
好きですねぇ、こういうビール。
★9

蕎麦とデザートで〆。

Img_0005 Img_0794

また行ってみたい度は★5(5段階)。

常陸野ブルーイング水戸
住所:茨城県水戸市宮町1-7-31水戸駅ビル エクセルみなみ 4F
電話:029-306-7575

| | コメント (0)

バランスの取れたラインナップ ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」21回目 その1

有休を取得して水戸へ。

Img_0789

いい天気なので、歩いて「酒+蕎麦 な嘉屋」へ。

Img_0790

大テーブルの奥の席。

Img_0792

お昼の蕎麦セット(1,400円)で、旬の野菜の天麩羅(温かい蕎麦)。
いつものように、サラダと前菜だけ先に出してもらうことに。

Image2

わがまま言ってすいません。

ビールメニュー。

Img_0791_1

樽生は5種類。
個人的には、いい感じのラインナップ。

Image12_1

ホワイトエール(グラス、600円)。
「コリアンダー、オレンジピール、ナツメグ等を加えた小麦ビールです。ハーブの爽やかな香り、小麦麦芽の酸味と柔らかな味わいが特徴です」
濁りあり。
爽やかな柑橘系の香り。
ボディ軽く飲みやすい。
★8

その2に続きます。

常陸野ブルーイング水戸
住所:茨城県水戸市宮町1-7-31水戸駅ビル エクセルみなみ 4F
電話:029-306-7575

| | コメント (0)

マカロニサラダ 高田馬場 「高田馬場タップルーム」29回目

仕事帰りに、高田馬場。
遠回りだけど(笑)

Img_0779

トップバッターと言えば、ヘレス。
やや濁りあり。

Img_0780

椎茸&チーズ。

修善寺産柚子胡椒を使ったマカロニサラダ(450円)。

Img_0782

2杯目、レッドローズアンバーエール。

Img_0783

やや濁りあり。
色キレイで、香り良し。

ハムカツ&うずら。

Img_0784

3杯目、アングリーボーイブラウンエール。

Img_0786

濁りあり。
さっぱりしてて、良バランス。

Img_0785

紅しょうが&豚バラ。

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

定番3種 ビールの現場から 栃木県河内郡上三川町「プレストンエール」4回目 その2

その1の続き。

フードメニュー。

Img_0770

バカ安では無くなってしまったのが残念ですが・・・

ビールメニュー。

Img_0769

1杯目、ペールエール(レギュラー、680円)。

Img_0771

「ビール通がうなるこだわりの苦味」
やや濁りあり。
安定のバランス。
ガス圧も丁度エエ感じ。
★8

今回はピザでもパスタでもなく、ソーセージ盛り合わせ。

Img_0768 Img_0774

これはお値打ち!

2杯目、ブラウンエール(レギュラー、680円)。

Img_0773

「麦芽と酵母が生んだマイルドな香ばしさ」
ほぼクリア。
香ばしくてナッツに合う感じ。
温くなっても美味しいです。
★8

3杯目、アイリッシュエール(レギュラー、780円)。

Img_0775

「スタウトならではのコクと深み」
やや苦めで、悪くないんですが、個人的にはもう少しドライな方が好き。
★7.5

また行ってみたい度は★4(5段階)。

帰りは宇都宮駅経由で。

The Preston Cafe(プレストン・カフェ)」
住所:栃木県河内郡上三川町磯岡421-1
電話:0285-57-2111

| | コメント (0)

走って訪問 ビールの現場から 栃木県河内郡上三川町「プレストンエール」4回目 その1

JR宇都宮線石橋駅。

Img_0764

この日は、ここからランスタート。
線路に沿って3kmほど北上し、北関東自動車道沿いの道を北東へ。

10km弱走って、インターパーク隣接の「ふくろう乃湯」到着。

Img_0765

大衆演劇の劇場も中にある、立派な温泉施設でした。

汗を流した後、無料バスに乗るためインターパーク内のバス停へ。
ふくろう乃湯」は、あくまでインターパーク「隣接」なので、建物同士は近いのに、道は繋がってないんですよね。
ちょっと不便。

無料バスでジョイフル本田へ。

Img_0766 Img_0776

13時過ぎに到着。
ランチのピークは過ぎてるかと思ったんですが・・・

Img_0767

お約束の入店待ち。
盛況ですねぇ。

10分待って、窓際の席に案内されました。

Img_0772

その2に続きます。

The Preston Cafe(プレストン・カフェ)」
住所:栃木県河内郡上三川町磯岡421-1
電話:0285-57-2111

| | コメント (0)

ラン記録(国立、草加)

東京メトロで練馬の平和台に移動して、ランスタート。
練馬区、西東京市、小金井市、小平市、国分寺市を通って、国立の「国立温泉 湯楽の里」がゴール。

Img_0719 Img_0720

走行距離約25km。
露天風呂からの眺めがいい感じでした。

1週間後。
自宅をスタートし、墨田区、台東区、荒川区、足立区を経由し、草加の「竜泉寺の湯」到着。

Img_0761

走行距離18km。
谷塚駅まで歩き、駅前の中華でビール。

Img_0763 Img_0762

頑張りました。

| | コメント (0)

途中からメモ無し ビールの準現場から~東京都品川区「DEVIL CRAFT五反田店」現場としては2回目 その2

その1の続き。

3杯目、サンキューペールエール(パイント、1,000円→900円)。

Img_0755

「箕面ビール(大阪・箕面市)とデビルクラフト双方共通の友人の銀婚式を祝うために生まれたコラボレーションビール!バランスが良く飲みやすいペールエールで、穏やかな苦みを従う柔らかなモルトのバックボーンと、ほどよいシトラスホップの香りが心地よい」
ほぼクリア。
ガス弱めで、穏やか。
スルスル系。
ホップもモルトも微妙な感じが、個人的には好印象。
★8

チキンウィング。

Img_0756

4杯目、ホーンズ&ハロス(パイント、1,100円)。

Img_0757

「偉大なるギタリスト、Keri Kelliとのコラボレーションビール!厚みのあるホップのフレーヴァーとアロマ、バランスの良いミディアムライトボディ、フルーティーな甘味とフィニッシュの苦味が一体となったウェストコーストスタイルIPA」
ほぼクリア。
じんわり苦い、ボディしっかりなIPA。
★8

あと2杯飲んでるようですが、メモ無し。

Img_0758 Img_0759

シカゴピザも食べてます。

Img_0760

また行ってみたい度は★4(5段階)。

DEVIL CRAFT
住所:品川区西五反田2-7-8
電話:03-6421-7788

| | コメント (0)

五反田店初訪問! ビールの準現場から~東京都品川区「DEVIL CRAFT五反田店」現場としては2回目 その1

後輩を連れて、五反田の「DEVIL CRAFT」へ。

Img_0745

飲食ビルの9階。

Img_0752

ビールメニュー。

Img_0746

「現場」モノは9種類。
そして、19時まではビール100円オフ!

1杯目、サマー セイント(ハーフ、650円→550円)。

Img_0748

「ライトボディのイングリッシュ・サマーエール。複雑な麦芽の個性を持ち、爽やかなシトラスとハーブ感のホップ香が心地よい後味」
クリアでボディ軽め。
全体的にさっぱりなんですが、ほんの少しフルーティ。
★7.5

ポテトサラダ(Lサイズ、850円)。

Img_0750

2杯目、ザ・デビル スワイプス ライト(パイント、1,000円→900円)。

Img_0751

「軽やかな味わいのアメリカンペールエール。香ばしいモルトの味わいの輪郭に、シトラス&ハーバルなホップ香がクリーンに重なる」
ほぼクリアで香りホッピー。
やや苦めでバランスしています。
ちょっとガスが強いかな・・・
★7.5

その2に続きます。

DEVIL CRAFT
住所:品川区西五反田2-7-8
電話:03-6421-7788

| | コメント (0)

原点回帰 銀座二丁目「矢場とん 東京銀座店」4回目

ジムで軽く運動した後に訪問。

Img_0740

どて煮&ポテサラ。

Img_0741

そして、黒ラベルを瓶で。

Img_0742

味噌大根追加。

Img_0743

さて。

1回目は、普通のわらじとんかつ。
2回目は、同じわらじとんかつで、味噌とソースのあいがけ。
3回目は、鉄板とんかつ。
今回は、振り出しに戻ってわらじとんかつ(味噌がけ)。

Img_0744

次は、何とんかつかな?

矢場とん 東京銀座店
住所:中央区銀座2-11-2
電話:03-3546-8810

| | コメント (0)

初訪問! 恵比寿「惠比壽ビヤホール」

恵比寿駅西口ロータリーに接する「惠比壽ビヤホール」初訪問。
入って知ったんですが、銀座LION系列なんですね。

Img_0729 Img_0730

黒ラベル(中ジョッキ、780円)。
LION系列ではありますが、ジョッキの形が違いますね。

お通し。

Img_0731

2杯目も黒ラベル(大ジョッキ、970円)。

Img_0733

大ジョッキは、一転ズングリしたフォルム。

燻製ポークグリル(1,100円)。

Img_0734

3杯目、エビスマイスター(670円)。

Img_0735 Img_0732

香りは良いんですが、しっかり感はあまりありません。

ごぼうのフライ(600円)と、お通しのお代わり(無料)。

Img_0737 Img_0736

ラスト、黒ラベル中ジョッキで〆。

Img_0738

惠比壽ビヤホール
住所:渋谷区恵比寿南1-1-1
電話:03-3719-0557

| | コメント (0)

12年ぶり? 神田「シャン・ドゥ・ソレイユ」2回目?

会社の飲み会で、12年ぶりに「シャン・ドゥ・ソレイユ」訪問。

ヴェデットからのステラアルトワ。

Img_0721 Img_0722

そして、この店と言えばムール貝。

Img_0723 Img_0724

エスカルゴバター風味と田舎風味(どちらもLサイズ)。
4人いるので、豪快に。

XXビターをボトルで。

Img_0725

牛ホホ肉のベルギービール煮込み。

Img_0726

この後はワインに移行しましたが、写真は省略。

シャンドゥソレイユ
住所:千代田区内神田1-10-6
電話:03-5281-0333

| | コメント (0)

葛西ラン → 西葛西「スパイスマジックカルカッタ南口店」

いつもの葛西ラン。
湯処葛西」で汗を流した後、いつもですと舞浜に移動するんですが、この日は東西線葛西駅方面へ。

走ってくる途中で見かけたパン屋「一本堂江戸川葛西店」で食パンを購入し、西葛西駅方面へ。
西葛西と言えば、インド料理激戦区。
行くしかないでしょ(笑)

スパイスマジックカルカッタ南口店」。
店内ほぼ満員。
しかも過半が、インド人っぽいお客さん。
さすが西葛西。

Img_0716

2種類選べるカレーは、チキンカレーとほうれん草・カッテージチーズカレー。

Img_0718

ビールの写真、一枚も無いですね・・・

スパイスマジックカルカッタ南口店
住所:江戸川区西葛西6-24-5
電話:03-3688-4817

| | コメント (0)

錦糸町「プアンタイ」 → 錦糸町「Beerich YEAST」15回目

昔の部下と、錦糸町でタイ料理。

Img_0706

「プアンタイ」。
錦糸町駅南側、ホテル街の真ん中にあります。
写真では切れてますが、左に振っても右に振ってもホテル、ラブホテル。
家族とは来れない立地。

Img_0707

なかなかにディープでした。

「プアンタイ」
住所:墨田区江東橋4-7-9
電話:03-3846-3292

駅北側に移動して、3年ぶり15回目の「Beerich YEAST」へ。

Img_0711

3年ぶりなのに、覚えてくれているのが嬉しいですね。

Img_0708

1杯目、ロコビアの佐倉スチーム(900円)。

Img_0709

クリアで、思っていたより色が濃い。
ややモルト寄りのバランスですが、ガス圧弱めでスルスル飲めます。

2杯目、箕面のヴァイツェン。

Img_0710

濁りあり。
はっきりとしたバナナ香。
お手本的なヴァイツェン。

このおつまみ、何やったかいな?

Img_0713

3杯目、こぶし花のマイボックをボトルで。

Img_0714

濁りあり。
ボディしっかり。
アルコール感あるけど、大丈夫なバランス。

4杯目、こぶし花のIPAをボトルで。

Img_0715

クリア。
やや苦の、いつものIPAでした。

Beerich YEAST
住所:墨田区錦糸2-5-12
電話:03-6658-8155

| | コメント (0)

やばいバカヤロー 原宿「原宿タップルーム」34回目

34回目の原宿は、ライジングサンから。

Img_0692

やや濁りあり。
シトラッシーで穏やか。

ハムカツ(400円)。

Img_0693

2杯目、原宿エール。

Img_0695

やや濁りあり。
リアルエールゆえ、スルスル飲めます。
香ばしさも適度。

牛すじ煮込み(500円)。

Img_0694

3杯目、やばいやばいストロングスコッチエール。

Img_0698

「リッチの一言!やばいほど贅沢で危険なあじわい」
濁りあり。
8%なので致し方ないんですが、少しアルコール感ありますね。

つくね&ぼんじり、牛ハラミ&皮。

Img_0696 Img_0700

4杯目、バカヤロー!エール。

Img_0701

「このふてぶてしい、横柄な態度のエールは、危険な程濃い」
濁りあり。
9%ですが、絶妙にバランスさせています。
いい出来です。

ハラミ&ハツモト。

Img_0702

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

ワンコインランチ ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」50回目

50回目の横浜ビール。

Img_0682

ピルスナー(Mサイズ、600円)
平日ランチ価格。

Img_0687

「3デコクション製法による麦の香ばしさ、チェコ産ザーツホップの上品な苦味が心地よいプレミアムビール」
濁りあり。
麦芽感ありますね。
★8

角煮カレー(500円)。

Img_0688 Img_0689

これで500円とは、驚きのプライス。
ビールはあんまり進みませんが(笑)

2杯目、アルト。

Img_0690

「赤レンガ色の香ばしいアルトは、みずみずしささえ感じるスッキリとした飲み口と豊かな香りが特徴」
やや濁りあり。
スルスル飲めます。
少し麦っぽい。
以前より洗練度が気持ち落ちてるような・・・
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

驛の食卓
住所:横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901

| | コメント (0)

串揚げ三昧 高田馬場 「高田馬場タップルーム」28回目

28回目の訪問は、ヘレススタート。

Img_0669

初球外角ストレート的な安定感。
そこそこガス圧もあって、キレが良い。
ゴクゴク飲めます。

ハムカツ&しいたけ。

Img_0670

2杯目、カントリーガールかぼちゃエール。

Img_0672

「優雅なほんのりとした甘さと、洗練された複雑なフレーバーを感じさせる、これぞ秋の味」
赤く濁りあり。
香りかすかにかぼちゃ。
飲むと、味に深みがあります。

チーズ&紅しょうが。

Img_0673

うずら&豚バラ。

Img_0674

3杯目、ばかやろー!エール。

Img_0675

「痛いほどホッピーで、危険なほど強い」
アンバー、やや濁りあり。
香りが好き。
美味しいね。

豚バラ&ズッキーニ。

Img_0677

4杯目の黒船ポーターは、かりんとうと共に。

Img_0678

も少しガス弱くてもいいかな?

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

ラストアボカドマグロ丼 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」36回目

いつもの土曜日ラン、いつもの大手町。

Img_0661

1杯目、先日「現場」に行けなかった富士桜のヴァイツェン。

Img_0662

ヴァイツェンはグラスが異なります。
濁りあり。
少々印象が違います。
もう少しキリッとしてたような。
うーん・・・

ランチメニューから消えてしまう、アボカドマグロ丼。

Img_0663

ラストか・・・
感慨深いな。

2杯目、ブリマーのアメリカンIPA。

Img_0664

濁りあり。
スキッと柑橘系。

3杯目、プレストンのブラウンエール。

Img_0665

ピタピタで、見た目のインパクトがありますね。
ほぼお茶。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

ビール増えてない? 新橋「Brasserie Beer Blvd.」2回目

関西勤務時代に仲良くしていただいた方と、新橋飲み。
SL広場で落ち合って、1軒目はジャケ買い。
ご馳走してもらっちゃったので、2軒目でお返し。

Img_0657

Brasserie Beer Blvd.」。

1杯目、この店オリジナルのPave the Wayのgolden BLOW。

Img_0656

木内で醸造されたんですって。
グラスがかっこいいですね。
安定悪そうですが。

2杯目、ハーヴェスト・ムーンのシュヴァルツ。

Img_0658

安定の美味さ。

それにしても、こんなに種類あったっけ?

Brasserie Beer Blvd.
住所:港区新橋5-10-8
電話:03-6435-9266

| | コメント (0)

初訪問! 麻布十番「The Tipplers Arms」

麻布十番の商店街に面したブリティッシュパブ。
細長く薄暗い店内。
いい感じです。

Img_0654

まずは一番搾り(900円)。

Img_0652

黒板にフードメニューらしきものはありますが、手元には軽食メニューのみ。

Img_0653

ま、いいんですけど、食べるつもり無かったので。

Img_0655

インヴァネスのブリュワリーBlack IsleのGoldeneye Pale Ale(1,100円)。

また来そう(笑)

The Tipplers Arms
住所:港区麻布十番1-8-12
電話:03-3505-8278

| | コメント (0)

5種類飲んで終了 渋谷「Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao (ファーイーストトウキョウ クラフトビール&バオ )」その2

その1の続き。

天ぷらメニューから、れんこん(200円)&せせり(300円)。

Img_0645

3杯目、東京IPA(Lサイズ、900円)。

Img_0646

ベルジャンIPA。
「しっかりとしたボディとバーン!としたホップ・酵母の香り」
やや濁りあり。
確かにベルジャン。
苦くない。

土手煮メニューから大根(250円)。

Img_0647

4杯目、馨和ブラン(Lサイズ、1,100円)。

Img_0650

「ゆずの香りが楽しめる小麦のビール」
濁りあり。
やや苦め。
甘くなくてさっぱり。
少し紅茶っぽい。
量が少ないのが気になります。

ミックスナッツ海苔塩(350円)。

Img_0648

5杯目、馨和ルージュ(Lサイズ、1,100円)。

Img_0651

「ロースト麦芽の香ばしさとどっしりとした飲みごたえ」
やや濁りあり。
さっぱりしたワインといった印象。
これもやや少なめ。

結構飲みました。

Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao
住所:渋谷区渋谷2-6-8
電話:03-6874-0373

| | コメント (0)

初訪問! 渋谷「Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao (ファーイーストトウキョウ クラフトビール&バオ )」その1

以前行ったバスク料理のお店の近く。

Img_0638

Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao」。

飯能の「Far East」ではなく、小菅村の「Far Yeast」。
ややこしい・・・

外資系企業の飲み会でしょうか、外国人の方でとっても賑わってます。

Img_0639

東京ブロンド(Lサイズ、900円)。

Img_0640

「ホップ香る王道の味わい!」
濁りあり。
キリリ苦い、さすが王道。

フードがユニーク。

Img_0641

天ぷらと土手煮推し。

まずは土手煮から豚白モツ(300円)&とろ玉(200円)。

Img_0642

2杯目、ファイナルカット(Lサイズ、900円)。

Img_0644

「苦いけど、爽快!」
セッションIPA。
やや濁りあり。
さらりとして、キリリ。

その2に続きます。

Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao
住所:渋谷区渋谷2-6-8
電話:03-6874-0373

| | コメント (0)

寿湯からの・・・ 三越前「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット) 三越前店」7回目

江東区・墨田区ラン。

Img_0629

あっち行ったりこっち行ったり、15kmほど走ってゴールは台東区の寿湯。

Img_0630

ひとっ風呂浴びて、銀座線で三越前へ。

Img_0632

1杯目、大山のピルスナー。

Img_0633 

濁りあり。
キリリ感はあまり無し。

Img_0634

お通しは、茄子のスパイシーマリネ。

カレーうどん。

Img_0636

カレーライスを頼んだはずが・・・
ま、ええか。

2杯目、こぶし花のIPA。

Img_0635

かすかに濁りあり。
まさかのカレーうどん☓IPAでしたが、穏やか系IPAなのでそれほど違和感無し。

3杯目、箕面のW-IPA。

Img_0637

濁りあり。
休日昼間に飲んじゃ行けないビールかも(笑)

CRAFT BEER MARKET 三越前店
住所:中央区日本橋室町1-5-5
電話:03-6262-3145

| | コメント (0)

厚木・飯山温泉ランからの「現場」

小田急線本厚木駅からランスタート。

小鮎川。

Img_0620

スタートから6kmほど走り、飯山温泉到着。

Img_0622

今日のお風呂は、「ふるさとの宿」。

Img_0624 Img_0625

なかなかいい感じです。
入浴料は、タオル付で1,000円。

お風呂は、内湯も露天も小ぶり。
しかも、露天風呂から見える庭にはブルーシートが・・・
ちょっと、がっくし。

神奈川中央交通バスで、本厚木駅方面へ。
戸室神社下バス停で下車し、東へ。

Img_0627

「厚木ビール」の「現場」到着。
何年ぶりやろ?

ん??

Img_0628

まさかの予約客のみ営業・・・
いやぁ、参った。

一応中の方にも確認しましたが、やっぱり駄目。
出直しか。

名物「とん漬け」買って帰ります。
事前の電話、大事ですね。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »