« 肉ランチ ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」その3 | トップページ | 移転後初! 下北沢「うしとら」6回目 その1 »

いかにもIPA ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」その4

その3の続き。

4杯目、KOMAE HOP 2017 Type-Ⅱ(レギュラー、580円)。

Img_1402

「狛江産ホップの生命力をしっかり引き出し、重厚な仕上がり!1年目の狛江産ホップのFreshさ、若々しさを引き出し、カラメルモルトとバランス」
ほぼクリア。
ややモルト寄りでバランス
全体にバランスは取れてますが、少しアルコール感がありますね。
★7.5

5杯目、ダークブラウン(レギュラー、500円)。

Img_1403

「女性に人気!チョコレートモルトの香ばしさほろ苦さに、すっきり後味!食事とも合わせやすい淡麗でやさしい黒ビール」
香ばしいが、飲みやすい。
飲みやすいのに、サイズ設定はレギュラーのみ。
Why?
★7.5

6杯目、タマさんの誘惑(スペシャル、900円)。

Img_1404

「フレッシュで鮮烈なホップ香、上品な大人の色気!籠屋のI.P.A.初仕込み。さわやかな柑橘系のホップ香を強めにつけました」
一口飲んでから写真を撮ったわけではなく、この状態で登場。
ほぼクリア。
香りはいかにもIPAといった趣き。
飲んでもいかにもIPA。
わかりやすい個性は無いが、上手くまとまってます。
★8
センスあるわぁ。

コーヒー&デザートで〆。

Img_1405

また行ってみたい度は★4(5段階)。

籠屋たすく
住所:狛江市駒井町3-34-4
電話:03-5761-8101

|

« 肉ランチ ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」その3 | トップページ | 移転後初! 下北沢「うしとら」6回目 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肉ランチ ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」その3 | トップページ | 移転後初! 下北沢「うしとら」6回目 その1 »