« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

いいね鶏レバー 高田馬場「高田馬場タップルーム」34回目

高田馬場34回目の訪問。

中目黒が35回、原宿が36回。
バランス考えて訪問しているわけではないんですが、揃ってきましたね。

この日のスターターは、セゾンさゆり。

Img_1945

「スパイシーで華やかな香り、はじけるように爽快、力強くドライなフィニッシュ。フルーツを使用したセゾン(金柑、ゆず、カボス、青島みかん使用)」
濁り強め。
ドライな飲み口で、やや苦めの後味。

うずら&ハムカツ。

Img_1946

2杯目、レッドローズ。

Img_1947

やや濁りあり。
少し香ばしいが、十分ドリンカブル。

しいたけ&鶏レバー。

Img_1948

3杯目、アングリーボーイ。

Img_1951

濁りあり。
適度な香ばしさ、適度なボディ。

再度の鶏レバーとうずら。

Img_1952

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

月島「津湘苑」→月島「TOWERS」移転後初

ジム帰りによく行く月島の中華「津湘苑」で、運動後の一杯を油淋鶏と共に。

Img_1937

ビールとホッピーをいただいて、気分良く店を出るとこんな看板を発見。

Img_1938

TOWERSって、あの八重洲のTOWERS

2階に上がると、天井の高い開放的な空間に大きなディスプレイ。

Img_1942

立ち飲みは変わりません。

ビールメニューはコチラ。

Img_1939

ライジングサンは、変わらずレギュラー的なポジションなのかな?

Img_1940

ノースアイランドのNE-IPA。
NEなので、メチャ濁り。
ガス弱めでシトラッシー。

立ち飲みなので、長居は出来ませんが、ちょっと飲むにはいいですね。

「TOWERS」
住所:中央区月島4-18-2
電話:03-6204-2480

| | コメント (0)

一杯だけ 原宿「原宿タップルーム」36回目

原宿36回目の訪問。

Img_1929

中目黒が35回、高田馬場が33回。
中目黒との激しいトップ争いが続いてます。

この日は、色々あって一杯だけ。

Img_1931

無礼講時間ストロングゴールデンエール。
「ライトボディ、高アルコール、優しいタッチの刺激的でフローラルなホップフレーバー」
濁りあり。
苦め。
あまりデュベルっぽくない。

ハムカツと共に。

Img_1932

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

Happy Hour満喫 横浜・生麦「キングペリカン」少なくとも11回目

午後5時半から、生麦で飲み。

Img_1923

この時間はHappy Hourで、ドリンク20%off。
いいね。

ブラウマイスター(620円→496円)。

Img_1917

やっぱり、苦いですね。

2杯目、キリンスプリングバレーの496(780円→624円)。

Img_1921

濁りあり。
華やかで苦い。

フィッシュ&チップス。

Img_1922

3杯目、常陸野ネストのだいだいエール(780円→624円)。

Img_1924

やや濁りあり。
ちょい苦め。
フルーツビール感はあまりないかな。

4杯目、再度ブラウマイスター(620円→496円)。

Img_1926

チェダーチーズポテト追加。

Img_1927

最後は、ギネスで〆(980円→784円)。

Img_1928

Happy Hour内で、全て飲みきりました(笑)

キング・ペリカン
住所:横浜市鶴見区生麦1-11-12
電話:045-503-1950

| | コメント (0)

「現場」視察からの 蒲田「イタリアン食堂」初訪問

一つ年上の先輩と蒲田飲み。

少し早く蒲田に着いたので、お店に入る前に「現場」視察。

Img_1906

蒲田駅から徒歩5分ちょい。
羽田なのに、お店は蒲田なのか。
ここで造ってるんでしょうか?
今度来て確かめます。

蒲田駅から歩いてスグの「イタリアン食堂」。

Img_1911

お通しはトマト。

Img_1908 Img_1907

生ビール。

Img_1909

ビールの後ろに見えるのは、注文用のタブレット。
最近こういうお店増えてますよね。

ポテサラ。

Img_1910

パスタ。

Img_1912 Img_1915

ピザ。

Img_1913

お肉。

Img_1914

美味しゅうございました。

イタリアン食堂
住所:大田区西蒲田7-28-5
電話:03-6428-6642

| | コメント (0)

IPA&IPA ビールの現場から 東京都江東区「GAHAHA BEER(ガハハビール)」2回目 その2

その1の続き。

2杯目、こむぎペール(大、650円)。

Img_1897_1

「スッキリさわやか」
濁り強い。
小麦系ですが、香り抑えめ。
IBU12とある割には、苦さを感じます。
甘くないからかな?
★7.5

3杯目、DANCHI IPA(大、700円)。

Img_1899_1

「I LOVE DANCHI」
濁り強い。
ニュートラルな印象のIPA。
さほど苦くありません。
★7

Img_1898 Img_1900

ポークのビール煮込み(600円)&バゲット(100円)。

4杯目、マーシーIPA(大、700円)。

Img_1901_1

「ホップをマシマシ」
やや濁りあり。
香りホッピー。
IPAらしいIPA。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

GAHAHA BEER(ガハハビール)
住所:東京都 江東区南砂2-3
電話:03-6659-7043

| | コメント (0)

ゆったりのんびり ビールの現場から 東京都江東区「GAHAHA BEER(ガハハビール)」2回目 その1

ヒノキの花粉症に悩まされ、走れない週末。
家でじっとしてるのもなんなので、東陽町の「現場」再訪。

Img_1903 Img_1902

カウンターの端っこに着席。
ビールメニューは壁の黒板。

Img_1895

オリジナル7種、サッポロ2種。

1杯目、やつのブロンド#008(大、550円)。

Img_1892_1

「谷津でなく奴」
濁り強い。
ガス圧は弱そうに見えて標準的。
少し酸味を感じます。
★7

ガハハとり唐(550円)。

Img_1896

その2に続きます。

GAHAHA BEER(ガハハビール)
住所:東京都 江東区南砂2-3
電話:03-6659-7043

| | コメント (0)

無礼講SGA 中目黒「中目黒タップルーム」35回目

中目黒35回目。
原宿が35回、高田馬場が33回。
1年ぶりに、トップに並びました。

1杯目、修善寺ヘレス。

Img_1886

トップバッターとしての圧倒的な安定感。
ちょっとガス強めに感じましたが。

トマトパイ(1,200円)

Img_1888


2杯目、無礼講時間ストロングゴールデンエール。

Img_1889

「ライトボディ、高アルコール、優しいタッチのスパイシーでフローラルなホップフレーバー」
濁りあり。
良い香りです。

3杯目、中目黒ビター。

Img_1890

やや濁りあり。
ガス弱いのが、気分ですな。

中目黒タップルーム
住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階
電話:03-5768-3025

| | コメント (0)

小ジョッキで何杯も ビールの現場から~千葉県船橋市「サッポロビール千葉工場」6回目

1年半ぶり6回目。
バスの時間が合わなかったので、新習志野駅から歩いて到着。

Img_1877

オーシャンビューの窓際席。

Img_1881

窓がでかくてステキなんですが、見えるものがなぁ・・・
惜しい!

オーダーした特製味付けラムのジンギスカン食べ放題+飲み放題(税込5,100円)は、前菜付き。

Img_1883

飲み放題メニューはコチラ。

Img_1879_1

豊富に見えますが、ビールは黒ラベルのみ。
しかも前回から200円値上げになってます。

しかもその黒ラベルは小ジョッキでのみ提供。

Img_1880_1

厳しすぎる・・・

Img_1882 Img_1884

帰りは無料のバスで。

Img_1885

また行ってみたい度は★3(5段階)。

サッポロビール 千葉ビール園
住所:千葉県船橋市高瀬町2
電話:047-436-4388

| | コメント (0)

喫茶ランドリーからの 森下「山利喜本館」2回目

何かと話題のスポット「喫茶ランドリー」。
先日は前を通っただけでしたが、今回は入ってみました。

レジでドリンクを注文し、テーブル席に。

Img_1867

奥にランドリーがあります。
Electrolux製で、コインで動くタイプじゃありません。

Img_1868

ビール(450円)。
割とお値打ちで驚きました。

ビールを飲み終え、徒歩で「山利喜本店」に移動。

Img_1869 Img_1875

地下の席に案内されました。

Img_1870_1

あら、前回飲んだ大ジョッキが無くなってる!
実に残念・・・

煮込みを筆頭に色々食べましたが、写真を撮ったのはこれだけ。

Img_1874

山利喜
住所:江東区森下2-18-8
電話:03-3633-1638

| | コメント (0)

あまりにもいつもどおり 池袋「ライオン池袋東口店」2回目

ポイント2倍期間に、池袋東口のライオンへ。

挨拶代わりの黒ラベルの大ジョッキ。

Img_1863

そして、飽きもせずナポリタン。

Img_1864

2杯目はエビスの大ジョッキ。

Img_1865

いつものパターン、いつものパターン。

3杯目、エビスのハーフ&ハーフ大ジョッキ。

Img_1866

これも、変わらない儀式。
年を取ると、変化を好まなくなるって、こういうこと?

ライオン池袋東口店
住所:豊島区南池袋1-26-9
電話:03-5979-7080

| | コメント (0)

泉谷大御所 ビールの現場から 静岡市葵区「AOI BEER」6回目 その3

その2の続き。

2杯目、IPA(パイント、1,000円)。

Img_1854_1

「コク深い、英国風IPA。モルトとホップを贅沢に味わいたい方に」
濁りあり。
香ばしい。
じんわり苦くて、好きなタイプのIPA。
★8

3杯目、ドライスタウト(パイント、950円)。

Img_1856_1

「焙煎された麦芽の香ばしさと苦味を楽しめるアオイの黒。従来よりも少し苦味強め、飲み心地ドライに仕上げてます」
香りはニュートラル。
ガス弱めでいい感じ。
確かにドライで、ドリンカブル。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911

店を出ると、もう賑わいはなく。

Img_1857

駿府城前の大通りは、交通規制中。

Img_1859

いました!泉谷しげる。

Img_1860

AOI BEERSTANDの前は素通り。

Img_1861

また来ます。

| | コメント (0)

ボリュームたっぷり ビールの現場から 静岡市葵区「AOI BEER」6回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Img_1849_1

7種類。
その中から、1杯目に選んだのはコチラ。

Img_1850_1

ゴールデンエール(パイント、950円)。
「華やかに香るアオイのド定番。始めの一杯はこれがいい」
やや濁りありで、やや苦め。
良バランスでドリンカブル。
★8
キャッシュオンシステムは変わらず。
メンドイ・・・

フードメニューはこれかな。

Img_1851

あれ、ハンバーガー無かったっけ?

Img_1852

ありました。

ライオンキング(900円)。

Img_1855

その3に続きます。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911

| | コメント (0)

静岡まつり ビールの現場から 静岡市葵区「AOI BEER」6回目 その1

富士駅から東海道線で静岡駅に移動。
駅から続く地下道から、地上に上がってびっくり。

Img_1846

何かのお祭りらしく、かなりの人出。
ポスター発見しました。

Img_1858

この日は4月1日。
ってことは、大御所(徳川家康)役で、泉谷しげるが来てるらしい。
ふーん。

よく通る「静岡浅間通り商店街」も、いつもと違う賑わい。

Img_1847

車道を通行止めにして、昔の衣装をきた方々が行列してます。
泉谷しげるがいたりするんやろか。

現場「BEER GARAGE」の前は、行列の待避所になってた関係で大賑わい。

Img_1848

15時半の訪問でしたが、コの字のカウンターはまあまあいっぱい。

Img_1853

その2に続きます。

BEER GARAGE
住所:静岡県静岡市葵区宮ケ崎町30
電話:054-294-8911

| | コメント (0)

吉原〜富士 ビール東海道中膝栗毛その19

その18の続き。

12:39 吉原駅東の踏切。

Img_1832

弥「前回はここから西へ行って、風呂に入って沼津で寿司食ったんだよな」
喜「今回はここから、歩いて旧東海道を北へ」

12:54 

Img_1833

弥「きれいな桜やね」
喜「ちなみにこの日は4月1日」
弥「誰に喋っとんねん(笑)」

13:00 左富士の碑。

Img_1835

弥「広重も描いた左富士やって」
喜「東から西に向かう東海道が、ここだけ北へ膨らんでるもんね」
弥「高波の被害で、宿場が内陸に移動したんやって」
喜「だからここからは左手に富士が見えるんか」

13:19 吉原宿。

Img_1838

弥「ここが吉原宿やって」
喜「JRからはだいぶ離れてるけど、まあまあの商店街やね」
弥「あっ、あの店知ってる!」

Img_1840

喜「杉山フルーツ?」
弥「『がっちりマンデー』に出てた!ゼリーが美味いらしい」

Img_1841

喜「これやね、噂のゼリー」
弥「せっかくやから、一つ買って奥で食べよう」

Img_1842 Img_1843

イチゴの生ゼリー(470円)。

弥「キレイやね」
喜「まあまあエエ値段するけどな」

13:33 再スタート。

弥「商店街の終わりあたりで左かな」
喜「あそこじゃない?」

Img_1844

弥「スゲーな、この建物」
喜「テナント募集してるで」
弥「何屋が入んねん(笑)」

14:19 JR富士駅の北500m。

Img_1845

弥「今日はここまでにしとこか」
喜「せやね」

その20に続きます。

| | コメント (0)

生シンハー 銀座「SENGDEE TERRACE」

東急プラザ銀座10Fにあるタイレストラン「SENGDEE TERRACE」。

Img_1827

THAI BUFFET LUNCH、1,580円。

メインが来るまで、ブッフェで何品か。

Img_1822

生シンハーがあったので、いただきます。

Img_1825

メイン登場。

Img_1824

ちょっと贅沢な銀座ランチでした。

SENGDEE TERRACE
住所:中央区銀座5-2-1
電話:03-6264-5621

| | コメント (0)

セカンドストライク&セゾンさゆり 高田馬場「高田馬場タップルーム」33回目

高田馬場33回目。
ちなみに、中目黒は34回、原宿は35回。

1杯目、セカンドストライクアップルエール。

Img_1813

「やさしい甘酸っぱさで、フィニッシュはドライ!!」
濁りあり。
アップル感はさほど感じません。
ドライなのがいいですね。

ハムカツ&しいたけ。

Img_1814

2杯目、沼津ラガー。

Img_1815

やや濁りあり。
苦いね。

紅しょうが&玉ねぎ、チーズ&うずら。

Img_1816 Img_1817

3杯目、セゾンさゆり。

Img_1819

「スパイシーで華やかな香り、はじけるように爽快、力強くドライなフィニッシュ。フルーツを使用したセゾン(金柑、ゆず、カボス、青島みかん使用)」
濁りあり。
ベルジャンっぽい。
ほんの少し苦め。

牛すじ味噌煮込み。

Img_1820

4杯目、アングリーボーイブラウンエール。

Img_1821

やや濁りあり。
香ばしくて、美味しいですね。
安定の味。

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

門前仲町「ガブリエ」改め「B.linda」通算83回目

清澄白河から、歩いて門前仲町に移動。

Img_1808

先日2年ぶりに行こうと前を通ったら、何やら改装中だったので改めて訪問。
店内のレイアウトは変わりませんが、以前のパブっぽい内装から、カフェっぽいものに変わってました。

メニューを見る感じ、あまりガブリエ時代と変わってないかな。

Img_1802 Img_1804

サッポロ黒ラベル。

Img_1803

2杯目、バスペールエール。

Img_1806

トルネードソーセージ(500円)。

Img_1807

以前の店長は、2階にいらっしゃいました。

「Cafe & Bar B.linda」
住所:江東区富岡1-8-7
電話:050-3313-0361

| | コメント (0)

白→赤→白 ワインの現場から 江東区清澄白河「フジマル醸造所」その2

その1の続き。

連れも合流したので、まずは現場モノの白ワインをグラスで。

Img_1785

シャルキュトリープレート(1,500円)。

Img_1786

今度は、赤ワインをグラスで。
もちろん現場モノ。

Img_1788

色どりが素晴らしい料理。

Img_1789

サラダだったっけ?

白ワイン、グレードアップしてデキャンタで。

Img_1791

いい感じになってきた(笑)

ウニのスパゲティー(2,200円)。

Img_1792

現「これ美味くないですか?」
先「うん、美味い」
現「もう一品パスタにしてもいいですか」
先「いいねぇ」

その前に赤ワインをデキャンタで。

Img_1793

ロゼのように鮮やかな色。

自家製パッパルデッレパルメザンフォンデュソースビアンケットトリュフ(1,950円)。

Img_1794

これも美味い!

Img_1796 Img_1797

また白ワインを飲んで、お開き。
また来たいですね。

清澄白河フジマル醸造所
住所:江東区三好2丁目5-3
電話:03-3641-7115

| | コメント (0)

こんなところに?! ワインの現場から 江東区清澄白河「フジマル醸造所」その1

今話題の、東京ミッドタウン日比谷に行ってみました。
日比谷公園を望む6階のテラス。

Img_1771 Img_1773

すごい人でした。

ここから清澄白河に移動し、駅から住宅街を南東に歩くこと約10分。

Img_1774 Img_1775

看板が無ければ、全然こんなところにレストランがあるとは思えません。
ましてや、醸造所なんて。

マンションの外部階段を上がって2階へ。

Img_1778 Img_1777

待ち合わせ時間より、少し早く着いたので、ビールを飲んで待ちます。
メニューには「箕面ビール」とあったんですが、出てきたのはベアードの沼津ラガー。

Img_1782

ワインのメニュー。

Img_1783_1
Img_1784_1

もちろん「現場モノ」。

その2に続きます。

清澄白河フジマル醸造所
住所:江東区三好2丁目5-3
電話:03-3641-7115

| | コメント (0)

4杯飲みました ビールの現場から 静岡県沼津市「Repubrew」その2

その1の続き。

お待ちかねのビール。

Img_1756

セッションウィートダンクネス(パイント、860円)。
「アルコールは低め、飲みごたえはしっかりとした小麦由来のボディーに支えられ、香りはジューシー。Mosaic主体のタンジェリンのようなアロマ、鼻に残るダンクな香りです。年末、年始で飲み疲れしていても”いっぱい”飲めちゃう面白い味わいです」
濁りあり。
フルーティで飲みやすい。
やや苦めですが、良いバランスです。
これが「ダンク」なんでしょうか?
「ダンク」がどういうものなのかを、そもそも理解してないんですが・・・
★8

2杯目、菌の延べ棒(パイント、900円)。

Img_1760

「自社では少ないモルト主体のビール。香ばしさと甘味が程よく、優しい味わい。他社でも作っているところは少なく、やっぱりたまには飲みたくなるこの味わい」

微妙に注ぎが甘いのはマイナス。
濁りあり。
確かに甘めで麦っぽい。
かりんとうのような後味。
★7

深海魚のフィッシュ&チップス(1,020円)。

Img_1761

3杯目、沼津Hazy IPA(パイント、1,050円)。

Img_1762

濁りたっぷり。
トロピカル系で、全然苦くない。
ドリンカブルです。
★8

4杯目、Saphir Cream Ale(950円)。

Img_1764

一転、ほぼクリア。
見た目どおり、1杯目にもいい感じ。
ラガー好きからすると、少しキレは足りないかな。
★7.5

また行ってみたい度は★4(5段階)。
次はテーブル席がいいかな。

Repubrew
住所:静岡県沼津市大手町2-1-1
電話:055-939-8877

| | コメント (0)

新規283ヶ所目! ビールの現場から 静岡県沼津市「Repubrew」その1

熱海の福島屋旅館でお風呂に入った後、アーケードを通って熱海駅へ。

Img_1751

熱海駅から沼津駅までは東海道線。

Img_1752

南口を出て、東へ1ブロック行った所に「現場」はあります。

Img_1753 Img_1754

新規283ヶ所目「Repubrew」。
かなりの大バコです。

カウンターに着席。

Img_1759 Img_1765

テーブル席にあまりお客さんはいませんが、カウンターはビール好きな方が数組。
カウンターの中の人と、楽しそうにビール談義をしています。

ビールメニューはコチラ。

Img_1755_1

表しか撮ってませんが、裏にもメニューがあります。
オリジナル11種、ゲスト5種。

その2に続きます。

Repubrew
住所:静岡県沼津市大手町2-1-1
電話:055-939-8877

| | コメント (0)

真鶴〜熱海ラン

この日のランは、真鶴駅からスタート。

Img_1741

川を渡って湯河原へ。

Img_1743 Img_1742

国道135号線をどんどん登ります。

Img_1744

3月下旬、桜は満開までもう少し。

Img_1745

相模湾がキレイです。

厳しい坂を登りきって、いよいよ下り。

Img_1746 Img_1747

景色が熱海っぽくなってきました。

Img_1748

お宮の松の近く。
ゴールの福島屋旅館はもうすぐ。

Img_1750 Img_1749

走行距離約10km。
アップダウンはきつかったけど、楽しめました。

| | コメント (0)

初ラップサンド 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」44回目

土曜日、目的地はいつもの御茶の水ですが、いつもと違うルートでアプローチ。

Img_1726

墨田区千歳の千歳公園。
3月下旬だったので、桜開花寸前。

そのすぐ近くにあるのが、今話題の「喫茶ランドリー」。

Img_1727 Img_1728

フードは無いって聞いてましたが、あるみたいですね。
休日だからか、結構若い方々が店内に。
さすが話題のスポット。

外から覗くだけ覗いて、いつもの「神田アクアハウス江戸遊」でさっぱり。
で、歩いて大手町に移動。

Img_1731

外の席にしました。

Img_1734

1杯目、常陸野ネストのラガー。
かすかに濁りあり。
少し華やかで、苦めのラガー。

ラップサンド&フレンチフライ(バジルチキン)。

Img_1735

アボカドマグロ丼の次の定番になるかな?

2杯目、京都醸造の木漏れ日。

Img_1737

やや濁りあり。
セッションペールエール。
苦くない。
まったり飲めます。
好きなタイプです。

3杯目、North IslandのNew England IPA。

Img_1739

当然ですが、バリバリ濁ってます。
パッションフルーツのよう。
苦くなくて、トロピカル。
美味しいじゃないですか。

4杯目、箕面のW-IPA。

Img_1740

濁りあり。
ボディもしっかりで、ヤバイ奴です。

まだ肌寒い時期の外飲みでしたが、ちんたら飲んでても温度変化が少ないのがいいですね。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

ベアレンクラシックが飲める幸せ 虎ノ門「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)虎ノ門店」14回目

14回目の訪問は、ベアレンクラシックからスタート。

Img_1721

やや濁りあり。
このレベルが一杯目に飲めるって、幸せ。

こぼれおろし鶏ザンギ。

Img_1724

2杯目、Anglo Japanese Brewingの凛。

Img_1723

野沢温泉の里武士ですね。
濁り強め。
ボディ軽めでやや苦め。

3杯目、志賀高原のインディアンサマーセゾン。

Img_1725

やや濁りあり。
酸味があって、ベルジャンっぽい。

CRAFT BEER MARKET(クラフト・ビア・マーケット)虎ノ門店」
住所:港区西新橋1-23-3
電話:03-6206-1603

| | コメント (0)

赤ワイン2本持ち込み 八丁堀「焼ジビエ 罠」7回目

7回目の訪問は、異動してしまった先輩と。

ドリンク&フードメニュー。

Img_1716_1

とりあえず生ビールとジビエコンカンと猪鹿つくね。
写真はありませんが。

ここからは、今回持ち込んだワイン。

Img_1718

そろそろ、肉焼きますか。

Img_1717_1

この日は鹿中心だったかな。

Img_1719

訪れた日のワールドビジネスサテライトで、神田店が取り上げられてました。

「焼ジビエ 罠」
住所:中央区八丁堀3-20-11
電話:03-5542-2229

| | コメント (0)

ヴァイス ビールの現場から~山梨県北杜市「タッチダウンビール」16回目 その2

その1の続き。

2杯目、清里ラガー(Sサイズ、580円)。

Img_1707

かすかに濁り。
じんわり苦い。
ビタリングしっかり。
★8

ダブルベーコンカレー(1,720円)。

Img_1710

ダブルなんですけど、サイズの関係で3枚載ってます。

3杯目、ヴァイス(Sサイズ、580円)。

Img_1711

「飲み口ふんわり軽やか。しかも苦くない!バナナを思わせるフルーティーな白ビール。ビールの苦手な方や女性にもぴったり。後味のない飲みやすさです。さまざまなお料理とともにお楽しみあれ」
もの凄い濁り。
ミルクコーヒーかいな(笑)
味はややさっぱり。
まあまあ苦いけどね。
★7

4杯目、アルト(Sサイズ、580円)。

Img_1712

ほぼクリア。
ややガス強。
苦くもなく甘くもない。
★7.5
グラスのコンディションがちょっと・・・

5杯目、デュンケル(Sサイズ、580円)。

Img_1713

やや濁りあり。
少しモルトよりのバランス。
さすが定番の安定感。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。
ちょっとマンネリ化してきたかも・・・
次はカレー以外を食べてみますかね。

帰るころには、少し雪が融けてました。

Img_1714

ROCK
住所:山梨県北杜市高根町清里3545萌木の村
電話:0551-48-2521

| | コメント (0)

いつもと違う ビールの現場から~山梨県北杜市「タッチダウンビール」16回目 その1

小海線で清里へ。

Img_1695 Img_1697

いつもの清里駅、いつもの駅からの道の風景が全然違います。

Img_1698 Img_1699

見慣れた交差点からの風景も全然違いすぎて、どこをどう歩けば良いかもわからないくらい。

Img_1700

前回、店の外まで出来ていた行列も無く。

Img_1701

ま、平日の昼やし。
突然の雪やし。

Img_1709 Img_1708

1杯目、ピルスナー(Sサイズ、580円)。

Img_1704

ほぼクリア。
後味やや苦めで、華やか。
キリリとした印象のピルスナー。
★8

その2に続きます。

ROCK
住所:山梨県北杜市高根町清里3545萌木の村
電話:0551-48-2521


| | コメント (0)

初訪問 長野県松本市「信州酒場 山里」

松本での夕食は、地元の居酒屋。

Img_1674

信州酒場 山里」。

お通し(400円)。

Img_1679

ビールを既に飲んでいるので、いきなり日本酒。

Img_1676 Img_1675

大信州 しぼりたて樽場詰め(650円)。

信州五穀味噌つけ焼き(400円)。

Img_1681

これをちょびちょび食べながら、日本酒飲むなんて・・・最高過ぎる。

北安大國 豊響(みのり) 芳醇生純米(580円)。

Img_1683

信州サーモン鉄板焼き(680円)。

Img_1685 Img_1686

佐久乃花 純米吟醸 直汲み(980円)。

Img_1689

最後は漁師汁(480円)で〆。

Img_1687 Img_1690

帰りは雪道を歩いて。

Img_1691 Img_1692

信州酒場 山里
住所:長野県松本市中央1-4-2
電話:0263-88-8645

| | コメント (0)

フードが・・・ ビールの現場から 長野県松本市「MATSUMOTO BREWERY」その2

その1の続き。

ビールは1階のカウンターで注文します。

Img_1666

ビールは定番4種類。

1杯目、Smart Wheat(ハーフパイント、600円)。

Img_1662

「フルーティーなアロマ豊かな味わい ホップの苦み」
濁りあり。
主張しすぎない程よい香り。
やや苦めの小麦系。
★7.5

つまみも無しに一杯飲みきり、注文をするために1階へ。

現「何か食べるものはありますか?」
店「そこに置いてあるものしか無いんですよ」

Img_1667

ううむ。
ちょっと残念。

2杯目、Traditional Bitter(パイント、900円)。

Img_1668

「麦の香り豊かな味わい ほどよい苦み」
濁りあり。
全体として、軽めでバランスしています。
もう少しガス圧弱めのほうが好みかな。
★7.5

Img_1669

ピスタチオ350円。

3杯目、Awesome! Pale Ale(パイント、900円)。

Img_1670

「アロマホップ柑橘系の香り まろやかな口当たり」
やや濁りあり。
ホッピーですが、バリバリじゃありません。
やや草っぽい程度。
好きなバランスです。
★8

4杯目、Castle Stout(ハーフパイント、600円)。

Img_1671

「ローストモルトの香ばしいかほり 複雑な味わい」
ピタピタ。
もう少しドライは方がいいかな・・・
★7

また行ってみたい度は★3(5段階)。

マツモトブルワリータップルーム
住所:長野県松本市中央3-4-21
電話:0263-31-0081

Img_1664


| | コメント (0)

新規282ヶ所目! ビールの現場から 長野県松本市「MATSUMOTO BREWERY」その1

季節外れの大雪の日、中央線で松本へ。

大月近辺の車窓。

Img_1652

嘘でしょ(笑)

松本駅前。

Img_1656

嘘だよね(泣)

ホテルに荷物を置いて、中町通りへ。

Img_1658 Img_1659

中町通りから少し北に入った所で「現場」発見!

Img_1672 Img_1661

1階は立ち飲みカウンターのみ。

現「座れる席ってあるんですか?」
店「2階はテーブル席になってます」
現「見せてもらってもいいですか?」

Img_1663

ステンドグラスがステキ。
ここで飲むことに決めました。

ビールの注文は、下のカウンターで。

Img_1665

その2に続きます。

マツモトブルワリータップルーム
住所:長野県松本市中央3-4-21
電話:0263-31-0081

| | コメント (0)

ハートランドで始めるほかないのか・・・ 吉祥寺「居酒屋ビールボーイ 吉祥寺店」2回目

赤坂での仕事を終え、「居酒屋ビールボーイ 吉祥寺店」へ。

Img_1637

この日のビールメニュー。

Img_1638_1

相変わらず、1杯目が難しいラインナップ。

Img_1639

ビアバディのペールエール。
ほぼクリア。
やや苦め。
よくこなれてると思います。

よだれ鶏(400円)。

Img_1642

2杯目、うしとらの欲しがり屋さんのIPA。

Img_1643

濁り強い。
ライトなベルジャン風。
やや苦めでバランスしてます。

Img_1644 Img_1647

ハラミ&モモ(各200円)。

3杯目は、シャリキンレモン(480円)。

Img_1645 Img_1646

右は炭酸水かな。

せせり(200円)。

Img_1648

4杯目、大山の八郷。

Img_1650

濁りあり。
ベルジャン風ストロングエール。
ワイルドなデュベルって感じ。

田舎風レバーパテ(400円)。

Img_1649

居酒屋ビールボーイ 吉祥寺店
住所:武蔵野市吉祥寺南町2-8-8
電話:0422-29-9112

| | コメント (0)

LOST COAST 六本木「Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」9回目

赤坂のイタリアンでの食事の後、六本木「Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」に移動。

Img_1633

LOST COASTのPilot#3 IPA。
ビールはこの一杯だけで、あとはウィスキー。

Img_1635 Img_1636

昔のWGP(現MotoGP)の話で盛り上がりました。
懐かしかったなぁ。

Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」
住所:港区六本木7-13-6
電話:03-6434-5589

| | コメント (0)

痛恨の撮り忘れ ビールの現場から 群馬県高崎市「シンキチ醸造所」その3

その2の続き。

現「今日飲めるビールって、2種類なんですよね」
店「実は、もう1種類飲めるんですよ、アンバーエールタイプが」
現「アンバーエール?」
店「出来たばかりで、名前がまだ付いてないんですよ」
現「じゃ、それ下さい」

3杯目、名前のまだ無いアンバーエール。
不覚にも画像なし。
撮り忘れるかね(泣)

濁りあり。
香ばしく、苦さもあまり感じません。
ボディは軽め。
★7

おつまみセット4品目。

Img_1618

これは何やったかな?

おつまみセット5品目。

Img_1619

ふきのとう。

現「どれもこれも、日本酒に合いますね」
店「日本酒もありますよ」
現「じゃ、冷酒を下さい」

Img_1622

宝剣。
最初から、これでも良かったかも(笑)

店「外に吊るしてる干し柿食べます?」
現「食べます!」

Img_1621 Img_1620

ちょっと思ってたのと違いました。
つまみには、丁度良かったんですが。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

シンキチ醸造所
住所:群馬県高崎市若松町2-11
電話:080-6629-2017

高崎駅までは徒歩9分。

Img_1624

西口にOPAが出来てました。
2017年10月オープン。

フロア見学してたら、7階で偶然見つけました。

Img_1625

シンキチ醸造所高崎OPA店。
4月8日までの期間限定だそうです。

Img_1627 Img_1628

帰りはグリーン車で。

Img_1630


| | コメント (0)

和食由来 ビールの現場から 群馬県高崎市「シンキチ醸造所」その2

その1の続き。

1杯目、家路(中、800円)。

Img_1611

濁り強め。
色はゴールデン。
ストロベリーの様なフレーバー。
ボディは軽め。
★7

おつまみセット1品目。

Img_1613

ホタルイカ&〆鯖&菜の花。

2杯目、山笑ふ(中、800円)。
何と、ふきのとうのビールだそうです。

Img_1615

濁りあり、泡少なめ。
赤いんですね。
ふきのとうの苦みを感じます。
★7

おつまみセット2品目。

Img_1616

蕗味噌きゅうり。

おつまみセット3品目。

Img_1617

切り干し大根。

何でも、和食の料理人だった方がビールを造っているとのこと。
食中酒としてのビールを目指しているんですって。
いいじゃないですか。

その3に続きます。

シンキチ醸造所
住所:群馬県高崎市若松町2-11
電話:080-6629-2017

| | コメント (0)

新規281ヶ所目! ビールの現場から 群馬県高崎市「シンキチ醸造所」その1

10km走って、「さくらの湯」で汗を流して、住宅街を高崎駅方面へ。

Img_1606

国内281ヶ所目の「現場」到着。

Img_1607

何とも言えない、いいアトモスフィア。

5席のカウンター、3席のカウンター、6人がけのテーブル一つの店内には、先客が1名。

Img_1612

カウンターの右端に案内されました。

Img_1609

壁のメニューによると、ビールは2種類。

カウンターの中にビールサーバー。

Img_1614

フードは「おつまみセット(1,000円)」「金柑入り汁粉(500円)」の2種類のみと、非常に挑戦的。

Img_1610

色々と試されてる感じです。

その2に続きます。

シンキチ醸造所
住所:群馬県高崎市若松町2-11
電話:080-6629-2017

| | コメント (0)

新町〜高崎 ビール中山道中膝栗毛 その4

その3の続き。

弥「その4まで来たな」
喜「ここらで、一旦整理しとこか」

その1では、歩いて日本橋から板橋まで。
その2では、板橋からではなく、上尾から北本までランで。
その3では、板橋まで戻って、歩いて蕨まで。

喜「で、今日はどこから?」
弥「蕨からでも北本からでもなく、大きく飛んで新町駅スタート。走るで!」

Img_1597

喜「景色エエなぁ」
弥「土手の上の自転車道かな」

Img_1598

弥「烏川、北に渡るで」

Img_1599

喜「旧中仙道って書いてある」

Img_1600

10km少し走って、本日の目的地「さくらの湯」到着。

Img_1604 Img_1605

その5はどこを走る(歩く)のか?

| | コメント (0)

初訪問 築地「鮨 竹若 別館」

昔の上司と、築地で寿司。
新大橋通り沿いの「鮨 竹若 別館」。

Img_1591

シラウオとホタルイカの酢味噌。
いいねぇ。

Img_1592

鮨屋のばくだん。
混ぜ混ぜして、手前の海苔で巻いていただきます。

そして、刺盛り。

Img_1593

殻付きウニ焼き。

Img_1594

これはトロたくやったかな?

Img_1595

この後、握ってもらいましたが、写真は無し。

もちろん、日本酒飲みました。

Img_1596

鮨 竹若 別館
住所:中央区築地2-14-8
電話:03-3546-9113

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »