« 滑り出し順調 ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その2 | トップページ | 初訪問 自由が丘「CRAFT BEER KITCHEN」 »

アジフライ ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その3

その2の続き。

2杯目、ペールエール「華(ハナ)」(パイント、1,018円)。

Img_2007

「苦みと香りのバランスよく、隠し味に華北山椒(カホクザンショウ)を使い後味をスッキリと仕上げた何度でも飲み飽きないビール」
UKパイントグラスにピタピタ、迫力あります。
やや濁りあり。
香り抑えめ。
少しガス強めとは言え、じんわり苦いペールエール。
★7.5

フィッシュ&チップス(602円)。

Img_2009

フィッシュはアジフライ2枚。
本場イギリス人もびっくり。

3杯目、ニューイングランドIPA「しろくま」(パイント、1,018円)。

Img_2008

「グアバ、マンゴー、桃の果汁とたっぷりのホップを使い苦みをおさえジューシーなフルーツの香りに仕上げたニューイングランドスタイル濁りIPA」
めちゃ濁り。
突出してるところがなく、非常にドリンカブル。
フルーティさは、さほどでもなし。
苦いと言えば苦いかなぁ、ってレベル。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

まほろバル
住所:埼玉県秩父市番場町17-14
電話:0494-24-3000

|

« 滑り出し順調 ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その2 | トップページ | 初訪問 自由が丘「CRAFT BEER KITCHEN」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滑り出し順調 ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その2 | トップページ | 初訪問 自由が丘「CRAFT BEER KITCHEN」 »