« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

風の強い日は中で 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」48回目

御茶ノ水ランからの48回目。

Img_2312

この日は風が強かったので、店内で。
うしとらの「駆け抜けてピルス」からスタート。

Img_2311

クリアで、色淡い。
後味は少し苦め。
切れの良いタイプのピルスでは無いかな。

Img_2313

ここのところのお気に入り、ラップサンド。
温かいうちに、ポテトを食べちゃうのがお気に入り。

2杯目、こぶし花のESB。

Img_2314

ブラウンで濁りあり。
ESBと言う割には、ガスが強かったのはちょっと残念。

3杯目、志賀高原のアフリカペールエール。

Img_2315

濁りあり。
いつ飲んでも美味しいねぇ。
このバランスが、私好み。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

きれいなグラス 恵比寿「惠比壽ビヤホール」2回目

恵比寿駅西口ロータリーに面した「惠比壽ビヤホール」、2回目の訪問です。

黒ラベル大ジョッキ。

Img_2307 Img_2304

お通し(お替り自由)。

Img_2306

自由って言われても、一回したらもう満足。

知床鶏のチェダーマスタードグリル。

Img_2308

エビス中ジョッキ。

Img_2309

エビスマイスターで〆。

Img_2310

グラス、キレイやなぁ。

惠比壽ビヤホール
住所:渋谷区恵比寿南1-1-1
電話:03-3719-0557

| | コメント (0)

満足度高し 木場「ラ・ポルトルージュ」2回目

木場の「ラ・ポルトルージュ」再訪。

Img_2301

左の1,200円ゾーンの前菜から一品、右の1,600円ゾーンの主菜から一品選ぶのが基本のスタイル。

今回私がチョイスしたのは、「キッシュロレーヌ フランス風オムレツ」。

Img_2302

写真じゃ伝わりづらいですが、かなりの大きさ。
普通だったらこれだけで終わらせちゃうレベル。

和牛ホホの赤ワイン煮込み(1,600円+500円)。

Img_2303

もうね、トロットロ。
連れが頼んだ鴨肉のローストも、美味しそうでした。

「ラ・ポルトルージュ」
住所:江東区東陽1-11-3
電話:03-3647-6367

| | コメント (0)

2人ではキツイか 池袋「聚福楼」4回目

先輩を引き連れて、4回目の「聚福楼」。

2人ですが、前足ドーン!

Img_2299

大好き干し豆腐。

Img_2298_2

これも大好き豆苗炒め。

Img_2300

できれば、4名以上で来たいね。

「聚福楼」
住所:豊島区西池袋1-37-16
電話:03-6912-7333

| | コメント (0)

秩父温泉「満願の湯」

ランでもなく歩きでもなく、車で秩父温泉「満願の湯」。

Img_2294

長瀞って行ったことなかったんですよね。
なかなか良い、日帰りの湯でした。

風呂上がりに名物わらじカツ丼。

Img_2296

皆さん寛いでます。

Img_2297

車なので、当然飲めません・・・

| | コメント (0)

タコス初挑戦 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」47回目

御茶ノ水ランからの大手町。

Img_2285

テラス席で一杯目。

Img_2287

San DiegoのBenchmark BrewingのPrimitive Camp。
色淡く、濁りあり。
私には、ボディ軽すぎ。

今回はタコスにチャレンジ。

Img_2289

ポークパストール&フィッシュフライ(各480円)。

2杯目、京都醸造のまるでるつぼ。

Img_2291

濁りあり。
ガス弱め。
ハーブっぽくて、後味良し。
バランス取れてますね。

チキンブレスト追加(480円)。

Img_2292

3杯目、North IslandのIPA。

Img_2293

濁りあり。
ガス弱めでドリンカブル。
7%を感じさせません。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

ランチビール 銀座「ライオン銀座インズ店」4回目

有楽町から歩いて銀座インズ。

Img_2278 Img_2279

ナポリタン&ランチビール。

Img_2280 Img_2281

2杯目、エビスをジョッキで。

Img_2283

累積ポイントでいただいたチケットを使って、美味しくいただきました。

ライオン銀座インズ店
住所:中央区銀座西2-2 銀座インズ2 2F
電話:03-3564-4792

| | コメント (0)

松宮10ブラックIPA 高田馬場「高田馬場タップルーム」35回目

高田馬場35回目の訪問。
参考:中目黒36回、原宿37回。

静岡サマーみかんエールでスタート。

Img_2269

「フルーティで甘酸っぱく爽快な香り」
濁りあり。
爽やかシトラッシー。
一杯目に選んで正解やったね。

鶏レバー&うずら。

Img_2270

最近、高田馬場では鶏レバーがお気に入り。

2杯目、帝国IPA。

Img_2271

濁りあり。
結構スモーキー。
IPA感はなし。
わかって頼んでますが。

新玉ねぎ&ハムカツ。

Img_2272

そして、しいたけ&豚バラ。

Img_2273

3杯目、松宮10ブラックIPA。

Img_2274

「店長松宮さんのベアードビール10週年で作られたブラックIPA!!」
ロースト香に加え、特徴的な香りが・・・

現「これって、ソラチエース入ってます?」
松「入ってるのかなぁ??」
現「自分の名前のビールなのに(笑)」

チーズ&牛串。

Img_2275

4杯目、4姉妹スプリングボック。

Img_2277

「パンのような風味がどこか健康的で、気持ちのいい爽やかさ!」
やや濁りあり。
ドライで好きなタイプ。
7%にしては、ドリンカブル。

Img_2276

この日は、角煮丼も食べちゃいました。

Wi-Fiがフリーなのをいいことに、「I AM A HERO」を全部見ちゃいました。

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

パスタがお値打ち ビールの現場から 東京都大田区「羽田ブルワリー」その2

その1の続き。

Img_2256

ランチメニュー。
この日は「ツナとしめじのトマトソース」「ベーコンとたけのこのゆずこしょう風味」の2種のパスタから選べ、何と500円!
前菜とサラダとスープを付けても、750円!
これはリーズナブル。

前菜&サラダ&スープ。

Img_2260

これで250円相当。

そして500円相当のパスタ。

Img_2262

エエやん!

2杯目、ヴァイツェン(680円)。

Img_2263

「小麦のビール。苦味少なくフルーティ」
濁りあり。
ヴァイツェンらしい香り。
ガス圧弱めで、やや甘め。
★7

3杯目、IPA(730円)。

Img_2264

泡多すぎ。
濁りあり。
バランスは悪くないが、まとまりにやや欠ける印象。
★7.5

4杯目は、再びペールエール。

Img_2265

また行ってみたい度は★3(5段階)。

羽田バル
住所:大田区西蒲田7-41-8
電話:03-6424-7716

| | コメント (0)

新規286ヶ所目! ビールの現場から 東京都大田区「羽田ブルワリー」その1

あまりに悔しくて、翌日にリベンジ。

Img_2254

昨日は、こんな看板も出てなかったもんね。

階段を上ると、新規286ヶ所目の「現場」。
今日は営業してます。

Img_2255

店内はこんな雰囲気。

Img_2261

質素といいますか、シンプルといいますか。

ビールメニューはコチラ。

Img_2257

スタイルによって、値段が違うパターン。
8種類飲めるってことかな?

この中から、1杯目に選んだのはペールエール(680円)。

Img_2259

「クラフトビールと言えばまずこれ」
やや濁りあり。
ほのかに良い香り。
モルト弱めで、後味に苦みあり。
★7.5

その2に続きます。

羽田バル
住所:大田区西蒲田7-41-8
電話:03-6424-7716

| | コメント (0)

自由が丘〜蒲田ラン

自由が丘まで東横線で移動し、自由が丘駅からランスタート。

Img_2250

南口を出て、九品仏川緑道を西へ。
田園調布を経由し、多摩川沿いの道へ。

Img_2251

気持ちイイっすねぇ。

9kmほど走って、蒲田到着。

Img_2252

遠くに「ゆ」って見えます。
あそこがゴール「ゆ〜シティ蒲田」。

キレイな体になって、満を持して蒲田駅西口の「現場」へ。

Img_2253

「12日ランチタイムのみお休み致します。17:30より通常営業します」

マジか・・・

| | コメント (0)

外でもう一杯 ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」6回目 その2

その1の続き。

3杯目、インディア・ペールエール。

Img_2239

「高いアルコール分と引き締まった苦味を与えられたタフなビール。当、インディア・ペールエールは、フラワリーなホップの香る、苦味を比較的マイルドなイングリッシュ・スタイルになっています」
やや濁りあり。
説明どおりの、穏やか系IPA。
★8

4杯目、メルツェン。

Img_2241

「苦味控えめ、モルトをたっぷりと使ったコク豊かな長期熟成ビール。エキス分を濃く造られたミュンヘン発祥の赤銅色クラシックラガービールです」
クリア。
モルティなのにドリンカブル。
すごい。
★8

うどん+かきあげで〆。

Img_2242

むじな庵を出て、「キヤッセ羽生」園内へ。

Img_2243

気持ちエエなぁ。

Img_2244

外でもビール売ってるやん。

Img_2245

ピルスナー、買ってるやん。

美味いやん(笑)
また行ってみたい度は★4(5段階)。

キヤッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255

Img_2247


| | コメント (0)

加須から徒歩 ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」6回目 その1

加須駅から、歩いて「キヤッセ羽生」へ。

Img_2229

本当は走りたかったんですが、東海道で足を痛めたのでやむなく歩き。

Img_2230

6kmちょっと歩いて、「キヤッセ羽生」到着。
もちろん、目指すは「キヤッセ羽生 むじな庵」。

Img_2232

ビールは定番4種。

Img_2238

まずは、その中でもド定番のピルスナー(430円)。

Img_2234

「ラガービールの源流、チェコ・ボヘミアスタイルのプレミアム・ゴールデンラガー。コク豊か、おだやかな香味は、和食ともよく合います」
かすかに濁りあり。
やや苦の王道ピルスナー。
ガス圧は強くもなく弱くもなく。
★8

二口ほど飲んだところで、ベルギーホワイト到着。

Img_2235

「ベルギーの伝統的な小麦ビール。コリアンダーとオレンジの果皮を香り付けに使って、さわやかで豊かな味わいに仕上げました」
濁りはあるけど、美しい。
香り抑えめ。
角の丸くなったベルジャン。
★8

ちくわ天&ごぼう天。

Img_2236

各170円。
凄いな。

その2に続きます。

キヤッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255


| | コメント (0)

浦和〜さいたま新都心 ビール中山道中膝栗毛 その6

その5の続き。

10:41 浦和駅西口交差点。

Img_2215

弥「今度は中山道」
喜「まだ足痛いけどな」

10:50 慈恵稲荷神社。

Img_2216


11:07 北浦和東口交差点。

Img_2217

弥「ここは仕事で来たことあるから、何か不思議な感じ」
喜「歩いて来れるんやもんね」

11:33 

Img_2218

喜「さいたま新都心見えてきたな」
弥「しかし、暑いなぁ」

11:41 コクーン前。

Img_2219

さいたま新都心駅東口で、この日は終了。

弥「今回5kmも歩いてへんで」
喜「東海道で痛めた足が、戻ってないもんしゃあない」

駅構内を東から西に横断。

Img_2220 Img_2221

喜「えらい、盛り上がってるな」
弥「VIVA LA ROCKって書いてあるやん」
喜「フェス・・・的な?」
弥「やろうね」
喜「で、ビールは?」

銀座ライオン さいたま新都心店

Img_2225

弥「以前来たことあるはずやけど、雰囲気が違うなあ」
喜「移転でもしたんちゃう?」
弥「それにしても、上の賑わいが嘘のようやな」

Img_2222

黒ラベル大ジョッキ。

弥「くーっ」
喜「たまらんね(笑)」

ナポリタン。

Img_2226

喜「よう飽きへんな」
弥「なんでやろな」

Img_2227 Img_2228

2杯目黒ラベル、3杯目ハーフ&ハーフ。

その7に続きます。

銀座ライオン さいたま新都心店
住所:埼玉県さいたま市中央区新都心10番地 けやきひろば1F
電話:048-600-3731

| | コメント (0)

グリーン帰京 「沼津魚がし鮨 沼津店」4回目

4回目の訪問。

Img_2203

駅近ってのがエエよね。

一番安い握りのセット「関脇」。

Img_2204 Img_2206

もちろん、一杯目はビール。

Img_2205

静岡麦酒。

続いて、静岡の地酒。

Img_2207 Img_2208

穴子天を追加して、昼食終了。

Img_2210 Img_2209

熱海からはグリーンで。

Img_2211

快適快適。

魚がし鮨 沼津店
住所:静岡県沼津市大手町1-1-6
電話:0120-79-7798

| | コメント (0)

3種類 ビールの現場から 静岡県浜松市「OCTAGON BREWING」その2

その1の続き。

改めてビールメニュー(オリジナルのみ)。

Img_2190

3種類しかないので、あとは順番だけ。
1→3→2か、3→1→2か・・・

Img_2192

セラン(L、900円)。
「春に合わせて小麦のやさしさはそのままに、前作の小麦ビールより軽い飲み口に仕上げています。ほのかに香りオレンジの香りと柔らかな風味をお楽しみください」
USパイントよりちょっと小さめかな?
濁りあり。
後味にシトラス。
ホップ弱めでまろやか。
★7.5
グラスにひっついちゃうコースターはちょっと・・・

BBQコンボ(レギュラー、1,500円)。

Img_2193

結構ボリューミー。

2杯目、オウデナールデ(L、900円)。

Img_2194

「ホップの爽やかな柑橘香、フルーツ香が華やかに香り、軽い飲み口にきりりと引き締まった苦みで何杯でもスルスル飲めるドリンカブルの高いビールです」
濁りあり。
ガス圧弱め、ボディ軽めで飲みやすい。
良セッションIPAです。
★8

飲んでいると、たまに外をハッピを着たラッパを吹く集団が通過します。

Img_2197

現「賑やかですね」
店「明日から『浜松まつり』なんですよ」

3杯目、トロワヴィル(L、900円)。

Img_2195

「前回好評だったハートサイドをリニューアル!濃色麦芽感を残しつつも飲みやすさをさらに増して、ビール初心者の方でもごくごく飲める濃い色のビールです」
やや濁りあり。
ガス圧弱めで、ほうじ茶感あり。
甘さはあまり感じませんね。
★7.5

Img_2196

あいにくの天候でしたが、なかなか賑わってました。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

OCTAGON BREWING
住所:静岡県浜松市中区田町315-25
電話:053-401-2007

| | コメント (0)

新規285ヶ所目! ビールの現場から 静岡県浜松市「OCTAGON BREWING」その1

マインシュロスで昼食を食べた後、チェックインするためホテルへ。

Img_2184

今日行く予定の「現場」があちらに。
後で行きますんで。

Img_2185

ホテルで仮眠し、再始動する頃には、外は大雨。

Img_2200

285ヶ所目の現場「OCTAGON BREWING」。
ガラス張りの外観。
大きく開くドアがユニークです。

Img_2198

カウンターは8席くらい、2人がけのテーブル☓8。

Img_2188

かなりオシャレな店内は、ほぼ満席。
すごいやん。

ビールメニュー。

Img_2186

全10TAPのうち可動しているのは8TAPで、うち3TAPがオリジナル。
早よ飲めって感じですね(笑)

その2に続きます。

OCTAGON BREWING
住所:静岡県浜松市中区田町315-25
電話:053-401-2007

| | コメント (0)

生姜焼きランチ ビールの現場から 静岡県浜松市「はままつ地ビール」7回目

島田から浜松にJRで移動。

4年ぶり7回目の「マインシュロス」。

Img_2169 Img_2170

ランチ時で、そこそこお客さんはいてますが、いかんせんハコがデカ過ぎて賑わい感が・・・

Img_2174 Img_2179

あと、昼やっちゅうのに暗いのは残念ですね。
ドイツ感はあるんやけどね。

レギュラービールメニュー。

Img_2171

4種類体制は、内訳も含め4年前と同じ。

Img_2175

1杯目、ヘレス(500ml、760円)。
「ドイツ・バイエルン地方特産の地ビール。すっきりしたキレのある味で、透明感がある淡色ビール。日本のビールに最も近いタイプ」
クリア。
麦っぽいんですが、運動後に最適。
★8

生姜焼きランチ(870円)。

Img_2176

2杯目、限定のドウマイラー(500ml、870円)。

Img_2177

「フルーツを思わせる豊かな香りとホップの苦みが麦芽の甘味と調和しこんなに美味しいビールが醸造できるとは思っていませんでした。ドイツの伝統的な製法で作り上げたマインシュロス初のIPAタイプビールです」
IPAタイプだけあって、香りホッピー。
草っぽい系。
★7.5

3杯目、アルト(500ml、760円)。

Img_2178

「ドイツ・デュッセルドルフ特産の地ビール。適度な苦味とコクのある深い味わいで、ビール通にお勧めの個性派ビール。独特の香りと生きた酵母も魅力です」
濁りあり。
香ばしさは抑えめで、ドリンカブル。
バランスがエエんやろね。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

Img_2180 Img_2182


| | コメント (0)

藤枝〜島田 ビール東海道中膝栗毛 その26

その25の続き。

7:23 青木の交差点。

Img_2164

弥「おはようございます」
喜「足、痛いね」
弥「痛いな」
喜「ホテルからここまで来るのもちょっと辛かったもんね」
弥「『筋肉痛』のレベルではないな」
喜「『故障』『負傷』と言っていいね」
弥「言っていいね」
喜「あんまり無理せず、行けるとこまで行こう」

8:04 青島酒造。

Img_2165

弥「ここで喜久酔造ってるんか」
喜「旧東海道沿いにあるんや」

9:29 島田宿。

Img_2166

弥「そろそろ限界かな」
喜「せやね」

9:33 本通り2丁目交差点。

Img_2167

弥「今日はここまで」
喜「ここまでたった8km」
弥「致し方無し」

その27に続きます。

Img_2168


| | コメント (0)

静岡市葵区「ビールのヨコタ」4回目 ビール東海道中膝栗毛 その25

その24の続き。

喜「さあ、ビール飲もうぜ」
弥「とりあえず駅前行こか」

喜「あんまり店無いね」
弥「もう、思い切って静岡まで行くか」
喜「エエかも」

Img_2149

乗車時間20分、料金410円で静岡駅到着。

弥「さて、ここまで来たら選択肢は豊富やで」
喜「葵ビールの『現場』もあるしな」
弥「俺、久しぶりに『ビールのヨコタ』行きたいんやけど」
喜「エエやんエエやん」

Img_2159 Img_2150

4年ぶり4回目。

Img_2153_1

1杯目、この店オリジナルのプロンプトンエール(850円)から。

Img_2152

弥「香ばしいな」
喜「香ばしいを通り越して、スモーキーなレベル」

コールスロー(400円)。

Img_2154

2杯目、修善寺ヘリテッジヘレス(850円)。

Img_2156

弥「歩いた後にはこれやね」
喜「さすがの安定感」

リエット(500円)。

Img_2157

3杯目、レッドローズアンバーエール(850円)。

Img_2158

弥「色の割には飲みやすいな」
喜「ドリンカブルってやつか」
弥「かっこつけた言い方しやがって(笑)」

弥「そろそろ帰ろか」
喜「藤枝にね」

いつもと違う道を通って、静岡駅へ。

喜「おいっ、あれ見て」
弥「ビールなお店やん」

Img_2160

喜「あっ、こっちにも!」
弥「これもビールなお店やんか」

Img_2161

1軒目が「Hug Hop」、2軒目が「Craft Beer Station」。
こんな近い距離に、2軒あるなんて。
静岡のビールシーン、盛り上がってきてますね。

その26に続きます。

ビールのヨコタ
住所:静岡県静岡市葵区呉服町2-5-22ソシアルカドデビル2F
電話:054-255-3683

| | コメント (0)

丸子〜藤枝 ビール東海道中膝栗毛 その24

その23の続き。

歩き再開。

Img_2130 Img_2131

弥「これは何かな?」

Img_2133

喜「十返舎一九の歌碑や」
弥「ホンマモンの弥次喜多や」

14:20 宇津ノ谷。

Img_2138 Img_2139

弥「おいおいおい」
喜「本格的な峠道やがな」

Img_2141

15:22 岡部宿柏屋(かしばや)。

Img_2143

喜「昔の旅籠やって」
弥「立派やなぁ」

16:21 須賀神社。

Img_2145 Img_2147

喜「めちゃくちゃ立派な木やなぁ」
弥「樹齢500年の楠やって」

17:19 青木の交差点。

Img_2148

弥「今日はここまで」
喜「めっちゃ足痛い・・・」
弥「だって38km歩いてるんやもん」
喜「そら痛いはずや」

藤枝駅近くのホテルにチェックイン。
さあ、ビールです。

その25に続きます。

| | コメント (0)

清水〜丸子 ビール東海道中膝栗毛 その23

その22の続き。

8:36 清水銀座。

Img_2119

喜「エエ天気やね」
弥「今日も張り切って行こか」
喜「まだ足痛いけどな(笑)」

9:59 県総合運動公園駅。

Img_2120

弥「こんな駅あるんやね」
喜「静鉄って、乗ったことないなぁ」
弥「JRと並行して走ってるんだ」

11:04 静岡市街。

Img_2122

喜「都会やねぇ」
弥「見慣れたところに来ると、ホッとするなぁ」
喜「あっ、AOI BEER STAND!」

Img_2123

11:40 安倍川。

Img_2125

弥「ここまで約16km」
喜「さすがに、腹減ってきたね」
弥「いいところあったら入ろう」

12:12 丸子宿。

Img_2129

喜「ここ入れるんちゃう」
弥「入ろう、迷わず!」

Img_2127

弥「美味いねぇ」
喜「生き返るわ〜」

Img_2126 Img_2128

ラーメン・チャーハン(小)セット、700円。

その24に続きます。

| | コメント (0)

静岡県静岡市清水区「味彩 そ乃田」 ビール東海道中膝栗毛 その22

その21の続き。

ホテルにチェックイン。
汗かきまくってるので、当然シャワー。
そして、ビールを飲みに再出発。

Img_2103 Img_2104

ついさっき歩いていた旧街道沿いにあったお店「味彩 そ乃田」。

喜「やっと飲めるな」
弥「昼、飲んでないからな、珍しく」

Img_2105 Img_2106

弥「お通しと、黒ラベル」
喜「今更やけど、ビール大好き」
弥「知ってる」

Img_2108

もつカレー(500円)。

ビールは黒ラベルからキリンラガーへ。

Img_2109

カンパチのカマ焼き(650円)。

Img_2114

臥龍梅という、清水のお酒。

Img_2112

赤武。

Img_2115

昆布のおにぎり(200円)で、明日へのエネルギーを補給し終了。

Img_2116

その23に続きます。

「味彩 そ乃田」
住所:静岡県静岡市清水区銀座10-3
電話:054-365-1612

| | コメント (0)

蒲原〜清水 ビール東海道中膝栗毛 その21

その20の続き。

「蒲原館」でラーメンを食べ、再始動。

14:32 由比本陣。

Img_2082

喜「ここも宿場感あるな」
弥「せやね」
喜「やたらと桜えびの店あるな」
弥「そら、名物やもん」

Img_2083 Img_2084

喜「桜えび好きにはたまらんね」
弥「俺、苦手やからなぁ、桜えび」

15:15 薩埵峠登り口。

Img_2087

弥「峠っちゅうからには、上りってことやね」
喜「頑張るしかないな」

Img_2089 Img_2090

15:24

Img_2091 Img_2092

弥「あれは東名かな」
喜「そうちゃう」
弥「まさかこんな角度から、いつも通ってる高速を眺めるとは」

15:30 薩埵峠。

Img_2094 Img_2095

弥「晴れてりゃ、富士山が見えるんやけどな」
喜「残念やなぁ」

16:18 興津宿公園。

Img_2099

17:02 細井の松原。

Img_2101

弥「足痛い・・・」
喜「今日一日で、26kmくらい歩いてるからな」

17:20 清水銀座。

Img_2102

弥「今日はここまで」
喜「明日はここからスタートってことで」

その22に続きます。

| | コメント (0)

富士〜蒲原 ビール東海道中膝栗毛 その20

その19の続き。

11:58 富士駅北側の商店街。

Img_2061

弥「おっ、富士山」
喜「もう少しで旧街道や」

12:03 旧東海道。

Img_2062

弥「今日はここからスタート」
喜「歩くで〜」

12:32 富士川橋。

Img_2063 Img_2064

弥「ここでも富士山」
喜「エエなぁ〜」

12:47 岩渕一里塚。

Img_2068 Img_2069

13:23 蒲原宿到着。

Img_2071 Img_2072
 
弥「宿場町って感じやな」
喜「そろそろ腹減ってきたんやけど・・・」
弥「俺も」
喜「旧街道って、意外と店無いんだよね」

Img_2073

13:48 

Img_2074

弥「イルカスマシ?!」
喜「静岡ではイルカを食べるって聞いたことあるな」

13:58 蒲原駅前。

Img_2080

喜「ここ食べれそうじゃない?」
弥「ランチ時間が14時までじゃなきゃいいけど・・・」

Img_2076 Img_2075

弥「何とか間に合ったな」
喜「やっと食える(笑)」
弥「ラーメン、丼、カレー。で、何にする?」
喜「久保田利伸のお気に入りは、ラーメンらしいで」
弥「何や、その情報」
喜「グーグル先生調べ」

Img_2078

ラーメン、オーソドックスでなかなかいい感じ。

ここまで約10km。
その21に続きます。

「蒲原館」
住所:静岡県静岡市清水区蒲原堰沢433
電話:054-385-2233

| | コメント (0)

蕨〜浦和 ビール中山道中膝栗毛 その5

その4の続き。

喜「えっと、今日はどこから?」
弥「蕨からやね」

10:33 旧中山道。

Img_2042

喜「えらい、賑わってるがな」
弥「『苗木市』なるイベント開催中らしいで」

Img_2043 Img_2044

10:44 蕨宿の端っこ

Img_2045

10:50 宝蔵寺。

Img_2046

11:27 調神社。

Img_2047

喜「立派な神社やな」
弥「しらべじんじゃ?」
喜「つきじんじゃって読むらしいで」

11:36 浦和駅西口交差点。

Img_2048

弥「今日はここまでにしとこか」
喜「5km弱は歩いたかな」

昼食は、出発地点の蕨駅近くの激安中華。

Img_2050

生ビールは300円。

弥「ちょっとジョッキ小さくない」
喜「そうかも」

Img_2055

エビスも300円。

弥「あんまり見ない中ジョッキやね」
喜「そうかも」

Img_2059

干し豆腐の細切り和え、100円。

弥「安っ!」

Img_2060

油淋鶏、300円。

喜「安っ!!」

続きはその6で。
恐らく浦和から。

| | コメント (0)

104.5エールを飲みながら 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」46回目

御茶ノ水の銭湯「神田アクアハウス江戸遊」からの帰り、隣のWATERRASで何やらイベント開催中。

Img_2031 Img_2033

ジャズのイベントか、エエやん。

おっ、ビール飲めるがな。

Img_2030 Img_2032

「cafe 104.5」のブースで、オリジナルの104.5エール購入。
ビール飲みつつ、徒歩で大手町へ。

Img_2034

気候がいいので、テラス席。

Img_2036

ヤッホーの「僕ビール、君ビール。裏庭インベーダー」。
やや濁りあって、ややホッピー。
バランス取れてるのはさすがやね。

ラップサンド&フレンチフライ(950円)。

Img_2037

3回目やったかな?

Img_2040

2杯目、サンディエゴのCoronado Brewingから、ノースアイランドIPA。
濁り強めな見た目で判断するに、ニューイングランドスタイルやね。
ボディ軽めで、フルーティ。

Img_2041

3杯目、同じくCoronadoのスティングレー
濁りあり。
あまり苦くなく、トロピカル。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

中目黒「中目黒タップルーム」36回目 → 虎ノ門「頤和園 霞が関店」初訪問

恵比寿での仕事が予想以上に早く終わったので、虎ノ門での飲み会までの間にちょっと一杯飲みに中目黒へ。
中目黒は36回目(原宿37回、高田馬場34回)。

Img_2023

修善寺ヘリテッジヘレス。
のんべえカードがあると、キャッシュレスで飲めるんで助かります。

1杯だけ飲んで、虎ノ門へ移動。

Img_2028

霞が関ビル近くの中華料理店「頤和園 霞が関店 」でコース料理。

Img_2024 Img_2025

Img_2026 Img_2027

頤和園 霞が関店
住所:千代田区霞が関3丁目2-6 東京倶楽部ビルディング3階
電話:03-3501-3222

| | コメント (0)

初訪問 自由が丘「CRAFT BEER KITCHEN」

オシャレな街、あまり縁のない街、自由が丘。
駅正面口を出て、歩くこと3分。

Img_2022

オシャレなファッションビルの地下にあったぜ「CRAFT BEER KITHEN」。

ビールメニューは、迫力の20TAP。

Img_2014

ベイピルスナーから、行こっかな。

Img_2015

Mサイズ、930円。
かすかに濁りあり。
量の割りにエエ値段しますが、それと味とは関係あらへん。
美味いもんは美味い。

店内の写真。

Img_2017

カウンターは3席と少なめ。
広めのホールにテーブル。

パテ・ド・カンパーニュ&スパニッシュオムレツ(どちらも500円)。

Img_2018 Img_2020

2杯目は、サンクトガーレンのペールエール。

Img_2019

Lサイズ、1,080円。
ほぼクリア。
オールドアメリカンなペールエール。
まあまあ苦いね。
フルーティさは、さほどありません。

ラスト、志賀高原のNot So Mild Ale。

Img_2021

Lサイズ、1,180円。
ブラウンで濁りあり。
香ばしいけど、穏やか。

CRAFT BEER KITHEN
住所:目黒区自由が丘2-9-6
電話:03-5726-8624

| | コメント (0)

アジフライ ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その3

その2の続き。

2杯目、ペールエール「華(ハナ)」(パイント、1,018円)。

Img_2007

「苦みと香りのバランスよく、隠し味に華北山椒(カホクザンショウ)を使い後味をスッキリと仕上げた何度でも飲み飽きないビール」
UKパイントグラスにピタピタ、迫力あります。
やや濁りあり。
香り抑えめ。
少しガス強めとは言え、じんわり苦いペールエール。
★7.5

フィッシュ&チップス(602円)。

Img_2009

フィッシュはアジフライ2枚。
本場イギリス人もびっくり。

3杯目、ニューイングランドIPA「しろくま」(パイント、1,018円)。

Img_2008

「グアバ、マンゴー、桃の果汁とたっぷりのホップを使い苦みをおさえジューシーなフルーツの香りに仕上げたニューイングランドスタイル濁りIPA」
めちゃ濁り。
突出してるところがなく、非常にドリンカブル。
フルーティさは、さほどでもなし。
苦いと言えば苦いかなぁ、ってレベル。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)。

まほろバル
住所:埼玉県秩父市番場町17-14
電話:0494-24-3000

| | コメント (0)

滑り出し順調 ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その2

その1の続き。

お待ちかね、ビールメニュー。

Img_1999

ビールは6種類。
色々なスタイルがバランスよくラインアップされてます。

1杯目、ウイートセゾン「雪(ユキ)」(ハーフ、555円)。

Img_2004

「大麦麦芽、小麦麦芽、ライ麦麦芽を使用し少し酸味のあるセゾン酵母で仕上げた白濁りビール」
濁りあり。
ライも入っているので、味わいが複雑。
やや苦めで、ちゃんとバランスしてます。
★8
パイントでも良かったな。

フードメニュー。

Img_2002

全体的にリーズナブルで、選ぶ楽しみがありますね。
推しメニューっぽかったホットサンドの中から、武州豚パテホットサンド(602円)。

Img_2005_2

その3に続きます。

まほろバル
住所:埼玉県秩父市番場町17-14
電話:0494-24-3000

| | コメント (0)

新規284ヶ所目! ビールの現場から 埼玉県秩父市「秩父麦酒」その1

芦ヶ久保駅から羊山公園経由西武秩父駅までのランを終えて、駅直結の温泉「祭の湯」へ。

Img_1995

新しくて、露天風呂も大きくて、すっきりさっぱり。
ここから「現場」へは徒歩。

Img_1997

御花畑駅近くの大きな木。

秩父鉄道を渡って、「現場」のある通りへ。

Img_1998

なかなかいい雰囲気の通り。

現場「まほろバル」到着。

Img_2012

エライ洒落てますやん。

入口を入ったところのカウンターで、注文をしてから席につくスタイル。

Img_2006

カウンター席が壁際と合わせて10席ほどと、4人がけのソファ席が2つ、2人がけのテーブル席が3つ。
ファミリーと女性客が多いかな。

Img_2010

奥の2人がけのテーブルに陣取りました。

その2に続きます。

まほろバル
住所:埼玉県秩父市番場町17-14
電話:0494-24-3000

| | コメント (0)

秩父芝桜堪能ラン

GW前半、西武線に乗って秩父方面へ。

西武秩父線「芦ヶ久保」駅。

Img_1987

今日はここからランスタート。

国道299号線は、秩父方面が渋滞中。

Img_1988

ノロノロ進んでますので、走ったほうが早いくらい。
テンション上がります(笑)

5km少しで、羊山公園の入口到着。

Img_1989

人の列が芝桜を目指して続いています。
走りたいところでしたが、ここは自粛で。

入場料300円払って入場。

わお。

Img_1991

すごい。

Img_1994

王道の観光スポット、さすがです。
次に向かうは、西武秩父駅の「祭の湯」!

| | コメント (0)

ヤバイ奴でした 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」45回目

ランを終え、「神田アクアハウス江戸遊」。

Img_1972

で、いつものように歩いて大手町。
外飲みが美味しい季節になりました。

Img_1979

1杯目、大山の「ウィートラガー」。
ウィートだけに、やや濁りあり。
フルーティさはさほどでも無し。
やや苦めで、ボディもそこそこあります。

前回に引き続き、ラップサンド&フレンチフライ。

Img_1981

2杯目、あくらビールの「ふたりがかり」。

Img_1983

濁りあり。
香りは抑えめ。
ガス圧やや強めで、キレのいいエールです。

3杯目、志賀高原の「Not So Mild Ale」。

Img_1985

濁りあり。
濃色で濁ってると、外での見た目はイマイチですね。
香ばしくってマイルド。
バランス取れてるなぁ。

ラスト、うしとらの「このダブルIPA、凶暴につき」。

Img_1986

やや濁りあり。
これ、ヤバイ奴やん。
バランス取れてるあたりが、実にヤバイ。
ある意味ドリンカブル。
箕面よりヤバイかも。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

やっぱりハムカツ 原宿「原宿タップルーム」37回目

原宿37回目の訪問。
ちなみに、中目黒が35回、高田馬場が34回。

いつものヘレススタート。

Img_1965

やや濁りあり。

原宿と言えば、ハムカツ。

Img_1966

2杯目、帝国IPA。

Img_1967

やや濁りあり。
IPAと言うよりは、アンバーエール感。

ハツ&ハツモト。

Img_1968

3杯目、スルガベイ。

Img_1969

濁りあり。
やっとIPA感出てきました。

つくね&ハラミ。

Img_1970

この日は3杯で終了。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

初訪問 三軒茶屋「福一(ぷくいち)」

三軒茶屋の府中焼きのお店「福一(ぷくいち)」。

まずはホルモン炒め(700円)&瓶ビール。

Img_1958 Img_1959

府中焼き豚玉(850円)。

Img_1962

広島焼きとの違いは、今ひとつ感じられず。
魚粉が隠し味なんですって。

ここからはホッピー。

Img_1964

そして、山芋のとろろ豆腐焼き(650円)。

Img_1963

真ん中に豆腐がまるまる入っていました。

「福一(ぷくいち)」
住所:世田谷区三軒茶屋2-11-14
電話:03-3421-7722

| | コメント (0)

8年ぶり 三軒茶屋「European Beer Pub Pigalle(ヨーロピアンビアパブピガール)」2回目

超々久しぶりに再訪問。

Img_1953

早い時間から、常連っぽいお客さんがチラホラ。
店から漂う雰囲気は、以前と変わらないですね。

Img_1955

ビールメニューは、カウンター上の黒板。
イギリス☓2、ベルギー、デンマーク、日本☓2。

1杯目は、イギリス物。

Img_1954

Bathの南、Westcombeのブルワリー「The Wild Beer」のBIBBLE(1,150円)。
濁りあり。
やや苦めで、少し酸味。
フルーティっちゃ、フルーティ。

2杯目、麦雑穀工房のへーフェヴィツェン。

Img_1956

へーフェなので濁りあり。
安定してますね。

European Beer Pub Pigalle(ヨーロピアンビアパブピガール)」
住所:世田谷区太子堂2-15-8
電話:03-6805-2455

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »