« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

初訪問! 新橋「BREW LA LA」

ジム帰りに、ちょっと足を伸ばして新橋。

Img_2616

目指すお店は2階にあります。

Img_2615

BREW LA LA」。
プールバーのような店内。

Img_2613

広々。

Img_2610

左端のカウンター席は、タップが目の前。

Img_2607_1

樽生は12種類。
ビールによって、値段が違うタイプ。

その中から1杯目、日本海のピルスナー(L、1,000円)。

Img_2608

量的にはパイントは無いかな。
クリア。
少し甘く感じます。

フードメニュー。

Img_2609

推しメニューが、グリルドチーズサンドイッチ。
変わってるな(笑)

豊富なラインナップの中から、THE BEEF IN GRAVY(900円)。

Img_2611

2杯目、ナギサのセッションIPA(L、1,000円)。

Img_2612

濁りあり。
ガス弱め。
ホッピーだけど爽やか。
後味やや苦。

3杯目、志賀高原のIPA。

Img_2614

濁りあり。
バランスよく、香り適度。
さすが、美味い。

BREW LA LA
住所:港区新橋3-2-2
電話:03-6205-4230

| | コメント (0)

ブドバー&オホーツク

お中元でいただいた「世界のビールセット」に入ってました。

Img_2602

ブドバー。
心配していたコンディションも、さほど悪くなくて一安心。
物流が進化しているってことかな。

グラスはいただきものの日本海倶楽部。

2杯目は、ふるさと納税の謝礼品で届いたオホーツクビールのピルスナー。

最後に現場に行ったのが2007年か・・・
11年も行ってないのか。

3杯目、オホーツクのエール。

Img_2604

安定した美味しさでホッとしました。
また行きたいなぁ、現場。

| | コメント (0)

2年ぶり 御茶の水「神田アクアハウス江戸遊」→「cafe104.5」6回目

猛暑の中、御茶ノ水「神田アクアハウス江戸遊」まで走った後、向かいの「cafe 104.5」へ。

Img_2598

涼し気な店内。
広々してていいですね。

ビールメニュー。

Img_2596_1

1杯目、ブルーノート東京アメリカンウィート(790円)。

Img_2597

濁りあり。
ガス弱め。
冷たすぎないのが素敵。
ホップもそこそこ香ります。

104.5ハンバーガー(1,200円)。

Img_2599

2杯目、104.5エール(750円)。

Img_2600

やや濁りあり。
泡がキレイ。
ハーブのような香りが印象的。

3杯目、ブルーノート東京セッションIPA。

Img_2601

やや濁りあり。
ガス弱め。
香り草っぽい。

大手町もいいけど、こちらもいいね。

cafe 104.5
住所:千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー2F
電話:03-3251-1045

| | コメント (0)

60分飲み放題1,000円 神田「Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)」2回目

御徒町の銭湯燕湯までラン。

Img_2583

いやぁ、暑い。
この時期水風呂がないのはキツイかも。

銀座線で神田まで移動し、「Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)」再訪。

Img_2594 Img_2584

18:30まではHappy Hourなので、60分飲み放題1,000円。
一人で飲むには、めちゃくちゃ丁度いいかも。
難があるとしたら、オリジナルビール5種のうち、2種類しか飲めないことかな。

1杯目はラドラー。

Img_2585

お通し(300円)は、鴨。

Img_2588

2杯目、ビットブルガー。

Img_2589

ジャーマンタルタルから揚げ(680円)。

Img_2590 Img_2586

3杯目、エルディンガー。

Img_2591

やっぱりグラスはオリジナルがいいね。
何か雰囲気出ないわ。

4杯目、オリジナルのペールエール、フェルンヴェー。

Img_2592

濁りあり。
香りホッピー。

ラストもフェルンヴェー。

Img_2593

全然混んでないし、とっても快適。
また来ます。

Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)
住所:千代田区内神田3-18-3
電話:03-3527-1233

| | コメント (0)

久しぶり 浜松町「バルケッタ」13回目

1年半ぶり13回目。
カウンターではなく、1階窓際のテーブル席。

Img_2572

ビールメニューから、日本地図が消えてました。

Img_2571_1

1杯目、日本海倶楽部のネルソン・アンバーラガー(L、890円)。

Img_2573

やや濁りあり。
ボディそこそこ。
しっかり後味苦め。

2杯目、サンクトガーレンのマンゴーIPA。

Img_2575

濁りあり。
香りシトラッシー、飲んだらマンゴー。

Img_2577

ここへ来たら、ピッツァは外せません。

3杯目、プレストンのペールエール。

Img_2576

やや濁りあり。
すんなり飲める、飲み飽きないペールエール。

肉の盛り合わせ。

Img_2578

大人数で来ると、こういうのが頼めるからエエよな。

4杯目、反射炉のセッション大明神IPA。

Img_2579

濁りあり。
ホップは苦みより香りに。

バルケッタ 浜松町・大門店
住所:港区浜松町1-18-11
電話:050-5788-8102

| | コメント (0)

NT−10 中目黒「中目黒タップルーム」37回目

仕事帰りに、中目黒。
37回目の訪問(原宿38回、高田馬場38回)、全然意識してないんですが、いい感じで揃ってきてます。

Img_2570

1杯目、クールブリーズピルス。

Img_2564

「爽快で飲み応えがあり、素晴らしくバランスのとれたピルスナーラガー」。
ほぼクリア。
モルトをまあまあ感じます。
後味は苦めかな。
キレがあるタイプでは無いですね。

ピザでは重たすぎたので、サルシッチャ(1,000円)。

Img_2566

肉肉しくて、好きです。

2杯目、ジョイ・デ・ビブレ。

Img_2567

「人生の喜びを表現したビール」
以前の同名ビールより濃くなってます。
濁りあり。
ハーブっぽい良い香り。
これじゃない感はありますが。

3杯目、NT-10アニバーサリーエール。

Img_2568

「中目黒タップルーム10周年記念ビール。濃厚なモルトの香りと強烈なホップ」
濁りあり。
昔懐かしい新大陸系。
良いじゃないですか。

サルシッチャ追加して終了。

Img_2569

中目黒タップルーム
住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階
電話:03-5768-3025

Img_2565

| | コメント (0)

焼き茄子 中野「らんまん」初訪問

中野ビール工房」で2杯ビールを飲んだ後、昔の上司と待ち合わせているこちらのお店に移動。

Img_2557

「らんまん」。
太田和彦「居酒屋百名山」掲載の店です。

まずは枝豆。

Img_2560

写真はありませんが、瓶ビールで乾杯。

名物の焼き茄子。

Img_2561

見た目のインパクトだけでなく、美味しいんですよね。

そして、お造り盛り合わせ。

Img_2562

百名山巡り、楽しくなってきました。

「らんまん」
住所:中野区中野5-59-10
電話:03-3387-0031

| | コメント (0)

新規289ヶ所目! ビールの現場から 東京都中野区「中野ビール工房」

新規289ヶ所目の「現場」。

Img_2549 Img_2550

中野ビール工房」。
中野の街自体が渋いんですが、中でも渋い立地。

左に注文カウンター。

Img_2551 Img_2552

右にカウンター。

Img_2554

1杯目、ブロンディ(M、480円)。

Img_2553

濁りあり。
やや苦めのバランス。
ほんの少し酸味あり。
★7

2杯目、ペールエール(L、750円)。

Img_2556

濁りあり。
ガス圧弱め。
こっちのほうがニュートラルですね。
★7.5

この後の予定があるので、何も食べず終了。

Img_2555

また行ってみたい度は保留で。

中野ビール工房
住所:中野区中野5-53-4
電話:03-3385-3301

| | コメント (0)

暑い! 上野「銀座ライオン 上野西郷会館店」2回目

御徒町「燕湯」までのランから、歩いて上野のライオンへ。
しかし、暑いなぁ・・・

Img_2543 Img_2545

黒ラベル大ジョッキ。
暑くなると、美味さが増しますな。

ナポリタン。

Img_2547 Img_2544

自分でも、よく飽きないなと思いますね(笑)

2杯目、エビスの大ジョッキ。

Img_2548 Img_2546

休日の上野は、観光客が多いっ!

銀座ライオン 上野西郷会館店
住所:台東区上野公園1-57
電話:03-5817-3631

| | コメント (0)

生ハム美味し 築地「ピグレット」初訪問

築地にある「生ハムとワインのお店 ピグレット」。

Img_2531

まずは、店主イチオシ!特選生ハム、サラミ、コットの全種盛り合わせ。

Img_2537

ド迫力。
見た目もインパクトありますし、味も最高。
さすが、推すだけあります。

パンを頼むと、普通のバケットではなく、こんなパンが。

Img_2536

結構食べごたえあります。

白レバーのムース。

Img_2538

4種類のチーズをたっぷり使ったピッツァロートロの紙包み焼き。

Img_2540

マンマの味 特製ラザニア。

Img_2541

そして、最後はぜっぴんティラミス。

Img_2542

生ハムもパスタもティラミスも、どれも美味でした。
また来ます!

生ハムとワインのお店 ピグレット
住所:中央区築地3-10-8
電話:03-6264-0753

| | コメント (0)

いいねぇ、うにみそ 札幌ビール旅行記2018夏 その7〜札幌市中央区「ふらの」初訪問

その6の続き。

3品目はお造り。

Img_2517

タコ、ボタンエビ、マグロ。
美味いなぁ、ボタンエビ。
こら、日本酒行くしか無いよね。

Img_2516 

右7つは、地元北海道のお酒。
この中から、「水曜どうでしょう」でもおなじみ、新篠津村の「大法螺」を。

Img_2518_2

4品目、焼き鮭。

Img_2519

これがバカ美味。
素晴らしい。

続いて、同じく新篠津村の「法螺吹」。

Img_2520

これに合わせるのは、牡蠣。

Img_2521

お料理のラストは、名物うにみそ。

Img_2524 Img_2523

これヤバイ奴やん。
日本酒すすみまくる奴やん。
これで500円ですから、恐るべし。
うにと味噌半々だそうです。

Img_2525 Img_2526

樻のせせらぎ&花埋み。
もう一杯吟子物語もいただきましたが、画像なし。

再訪間違いなしですな。

「ふらの」
住所:北海道札幌市中央区南五条西4
電話:011-521-6611

| | コメント (0)

ここちよくまんぞくに 札幌ビール旅行記2018夏 その6〜札幌市中央区「ふらの」初訪問

その5の続き。

2日目の夕食は「ふらの」。

Img_2510

太田和彦さんの「居酒屋百名山」掲載のお店。
20時に訪問したんですが、ちょうど予約客が帰った後とのことで、すんなり入れました。

Img_2514

単品でもオーダー出来ると思いますが、せっかくなので「おまかせ」から。

Img_2512_1

「さっぱりと」2,000円
「ここちよくまんぞくに」3,000円
「ちょっとぜいたくに」4,000円

昼食が遅めだったので、「ここちよくまんぞくに」にしました。

ビールとほうれんそうの胡麻和え。

Img_2511 Img_2513

自家製トーフを柚子塩とともに。

Img_2515

美味いねぇ。
いい夜になる気がしてきました。

その7に続きます。

「ふらの」
住所:北海道札幌市中央区南五条西4
電話:011-521-6611

| | コメント (0)

大人気! 札幌ビール旅行記2018夏 その5〜札幌市豊平区「回転寿司トリトン 豊平店」初訪問

その4の続き。

大人気の回転寿司チェーン「トリトン」初訪問。

Img_2498

平日の11時半なのに大行列。

Img_2499

壁一面に設置されたベンチシートに、お客さんがびっしり。

15分ほど待って、席に案内されました。

Img_2500

回転寿司飲みって、結構好きなんですよね。
目の前の皿を適当に取るってのが、いいのかも。

Img_2501

下足天とビールの後は、ひたすらお寿司。

Img_2502 Img_2503

Img_2504 Img_2505

まぐろづくし(650円)。

Img_2506 Img_2507

これでおしまい。

Img_2508 Img_2509

その6に続きます。

回転寿司トリトン 豊平店」
住所:北海道札幌市豊平区豊平4条6-1-10
電話:011-817-7788

| | コメント (0)

ラーメンも食べちゃった 札幌ビール旅行記2018夏 その4〜札幌市中央区「炭焼塩ホルモン 七厘」初訪問

その3の続き。

North Islandに入れず、あてもなく狸小路商店街を西へ。

炭焼塩ホルモン 七厘」。
このあたり、よく来るんですがこのお店は初めて。

Img_2492

まずは瓶ビール。

お通しは、何と玉ねぎ。

Img_2493

これを目の前で焼いていただきます。

塩ホルモンなどをいただきました。

Img_2494 Img_2495

ホテルに歩いて帰る途中で、ラーメン。

Img_2497 Img_2496

昔は人気店だったような記憶があるんですが・・・

その5に続きます。

炭焼塩ホルモン 七厘
住所:札幌市中央区南2条西5丁目1
電話:011-210-4129

| | コメント (0)

まさかの空振り 札幌ビール旅行記2018夏 その3

その2の続き。

18時、創成川公園。

Img_2485

何かイベントやってました。

Img_2486

気温が低かったせいか、今ひとつ盛り上がりに欠けてました。

Img_2487

2年ぶりのNorth Island。

しかし・・・

Img_2488

まさかの満員。
開店時間じゃなかったのね(泣)

一旦ホテルに帰って仮眠して、21時に出直したもののすでに閉店。
日曜は閉店早いのね(泣)

いやぁ、参った。

その4に続きます。

| | コメント (0)

炙り推し 札幌ビール旅行記2018夏 その2〜札幌市中央区「クラフトビア食堂VOLTA」初訪問

その1の続き。

お店が推してた、和牛肩ロースの炙り寿司(500円)。

Img_2476

目の前で炙ってくれます。

Img_2477

いやぁ、こってり。
インスタ映えするかもしれませんが、寿司感は無いですな(笑)
でも、推すだけのことはあります。

2杯目、オレゴン州BendのCrux Fermentation ProjectのPlay Wave。

Img_2478

濁りあり。
少しソラチっぽい・・・
鼻へ抜けますね。

十勝彩美牛のメンチカツ(400円)。

Img_2479

3杯目、ポートランドLAURELWOODのSlipping into Ryeness。

Img_2481

にごりあり。
Rye使用の割には、クリアでスッキリ。

清水若牛ハラミ炙り刺し(700円)。

Img_2480

全体的に、炙り推しなんですね。

その3に続きます。

クラフトビア食堂VOLTA
住所:北海道札幌市中央区南4条西6丁目
電話:011-212-1585

| | コメント (0)

パイント600円!? 札幌ビール旅行記2018夏 その1〜札幌市中央区「クラフトビア食堂VOLTA」初訪問

2年ぶりの札幌。

Img_2469

ホテルにチェックインして、すすきの方面へ。

Img_2484 Img_2483

クラフトビア食堂VOLTA」。

初訪問。
土日は15時から営業してるんですね。
しかもHAPPY HOURで、パイント780円が600円。
素晴らしい!
入りましょう。

ウッディで明るい店内。

Img_2475

カウンター8席、4人がけテーブルが6つ。

ビールは何と、12種類。

Img_0328

キリンのハートランドと、道内のクラフトビール6種、アメリカのクラフトビール5種。
これが全てパイント600円!!

お通しはキャベツ。

Img_2474

1杯目、ポートランドLompoc BrewingのPARKWAYS PILS。

Img_2473

濁りあり。
ガス圧は弱めで温め。
爽快感はあんまり無いかな。

その2に続きます。

クラフトビア食堂VOLTA
住所:北海道札幌市中央区南4条西6丁目
電話:011-212-1585

| | コメント (0)

とってもリーズナブル 神田「Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)」その2

その1の続き。

4杯目、オリジナルからフェルンヴェー。

Img_2460

「奥深い味わいとさっぱりとした喉越しのペールエール」

5杯目、もう一杯フェルンヴェー。

Img_2461

絶品カリーヴルストポテト付き(900円)。

Img_2457

6杯目、ハッフェンストッフ。

Img_2462

「ブラックモルトがもたらす苦みと穏やかなエステル香が調和する上質な味わい」

ここで60分飲み放題終了。
6杯飲みましたから、1杯170円弱。

7杯目、ベルグバウム(750円)。

Img_2464

「スッキリとした口当たりと麦芽本来の苦味とフローラルなアロマが印象的」
ここからは、飲み放題にラインナップされていないオリジナルものから。

半熟卵のベーコンビスマルク(1,100円)。

Img_2463

8杯目、ヴンダービア(750円)。

Img_2465

「クローブとバナナの香りを楽しめる、バランスの良いヴァイツェン」
珍しく、最後ヴァイツェンで〆てみました。

赤坂、新宿、渋谷、吉祥寺などにお店があるんですって。
リーズナブルに楽しめて、気に入りました。
また来ます。

Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)
住所:千代田区内神田3-18-3
電話:03-3527-1233

| | コメント (0)

初訪問! 神田「Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)」その1

昔の部下と、神田飲み。
Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)」。

Img_2451

18:00集合。
18:30までならHAPPY HOURで、60分飲み放題なんです。

Img_2452

間口は狭いんですが、奥に行けば広がる店内。

1杯目、ビットブルガー。

Img_2454

2杯目、エルディンガー。

Img_2456

ドイツ風きのこサラダ(780円)。

Img_2455

3杯目、エーデルピルス。

Img_2458

まだ18:21。
その2に続きます。

Schmatz Kanda(シュマッツビアダイニング神田)
住所:千代田区内神田3-18-3
電話:03-3527-1233

| | コメント (0)

元上司と 田町「SWANLAKE Pub Edo 田町店」2回目

昔の上司と、田町飲み。

Img_2442

SWANLAKE Pub Edo 田町店」。
1年4ヶ月ぶり、2回目です。

ゴールデンエール。

Img_2439

超ピタピタで登場。
クリア。
ピリピリしますね。
やっぱり泡ありが好きやな、個人的には。

コーンビーフとポテサラ。

Img_2441

2杯目、ホワイトスワンヴァイツェン。

Img_2443

やや濁りあり。
ヴァイツェン感弱め。

3杯目、アンバースワンエール。

Img_2445

やや濁りあり。
ホップが香りますが、苦みはあまり感じません。
いい感じの香ばしさ。

ビール衣のハムカツ(1枚300円、写真は2枚)。

Img_2446

こっから先は、メモがないので不明。

Img_2447 Img_2450

SWANLAKE Pub Edo 田町店
住所:港区芝5-21-15
電話:050-3469-1951

| | コメント (0)

かりんとう&ポーター 原宿「原宿タップルーム」38回目

清水湯ランからの、原宿38回目の訪問(中目黒36回、高田馬場38回)。

Img_2427 Img_2430

定番のヘレススタート。

Img_2428

走った後は、これでしょうね。

Img_2431

豚しょうが焼き丼(700円)。

2杯目、ライジングサン。

Img_2432

かすかに濁りあり。
ホッピーでいいね。

かりんとうと黒船ポーター。

Img_2433 Img_2434

抜群の組み合わせですな。

いつもなら原宿駅から帰るんですが、今日はちょっと散歩。

Img_2435

新国立競技場、絶賛工事中。

いちょう並木。

Img_2437

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

単独トップに 高田馬場「高田馬場タップルーム」38回目

高田馬場38回目の訪問(中目黒36回、原宿37回)。
ついに高田馬場が単独トップに。

1杯目、バイシクルキックケルシュ。

Img_2418 Img_2419

「きりっと爽やか、明るい黄金色で、やや濁っており、クリーミーな泡が特徴」
濁り強い。
スパイシーな香り。
ちょっと焦げっぽいかな。

うずら&鶏レバー、豚バラ&チーズ。

Img_2420 Img_2422

2杯目、ヘレス。

Img_2421

ほぼクリア。
改めて見ると、結構色が濃いですね。

しいたけ&ハムカツ、牛串&紅しょうが。

Img_2423 Img_2425

3杯目、アングリーボーイ。

Img_2424

濁りあり。
ややホッピーですが、モルトとバランスしているので、ドリンカブル。

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

月島「津湘苑」→月島「TOWERS」移転後2回目

ジム → 津湘苑 → TOWERS。

Img_2416

この日のラインナップ。
・箕面「こざるIPA」
・伊勢角屋「ITSUMONO-GALAXY」
・南信州「アップルホップ」
・ベアード「ホップハボックインペリアルペールエール」
・志賀高原「Blue Bird Day Saison」
・箕面「ピルスナー」

まあまあ飲んで食べてますんでねぇ・・・

現「こざるIPAお願いします」
店「すいません、さっき切れたんです」
現「そうですか。じゃあ、志賀高原のBlue Bird Day Saison」
店「あっ、それも切れてるんです」

結局飲んだのは伊勢角のギャラクシー。

Img_2415

ここで飲むなら、中華でセーブしとかんとあきません(笑)

「TOWERS」
住所:中央区月島4-18-2
電話:03-6204-2480

| | コメント (0)

外飲み 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」49回目

御茶ノ水ランからの49回目。

Img_2409

気持ちのいい天気だったので、テラス飲み。

1杯目、富士桜のTHE WEIZEN。

Img_2410

当然濁りあり。
ガス圧弱めで、酸味が少々。
個性強めのヴァイツェン。

ラップサンド&フレンチフライ。

Img_2411

アボカドマグロ丼亡き後の新定番。

2杯目、京都醸造の一期一会。

Img_2412

濁りあり。
ベルジャンですな。
キリッとはしてません。

3杯目、志賀高原のNEW ENGLAND IPA。

Img_2413

ニューイングランドにしては、濁りそこそこ。
口を付けて香り、飲んで香る。
しかも好ましい香り。
好きですねぇ。

4杯目、箕面のW-IPA。

Img_2414

ほぼクリア、外で映えます。
温くてガス弱め。
ようでけてます。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

ついにトップへ 高田馬場「高田馬場タップルーム」37回目

高田馬場37回目の訪問。
中目黒36回、原宿37回ですから、最後発ながらトップに並びました。

ヘレス。

Img_2400

ほぼクリア。
ゴクゴク飲めていいね。

ハムカツ&鶏レバー。

Img_2401

2杯目、沼津ラガー。

Img_2402

同じラガーでも、しっかり系。

椎茸&うずら&チーズ。

Img_2403

3杯目、アングリーボーイ。

Img_2405

濁りあり。
安定の美味さ。

豚バラ&ズッキーニ。

Img_2404

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

錦糸町「井のなか」 → 錦糸町「Beerich YEAST」16回目

会社の先輩と、錦糸町「井のなか」で日本酒。
※残念ながら、画像なし。

まあまあいい感じで飲んだので、ここで切り上げる予定だったんですが・・・

先「えっ、もう帰っちゃうの?」
現「いやいや、けっこう飲みましたよね」
先「お前がよく行く店、近くにあるって言ってたよな」
現「ここですけど」
先「近っ」

奥のカウンターが空いてました。

Img_2399

志賀高原のKASUMI。

Img_2395

サンクトガーレンの湘南ゴールド。

Img_2396

プレストンのペールエール。

Img_2398

Beerich YEAST
住所:墨田区錦糸2-5-12
電話:03-6658-8155

| | コメント (0)

手賀沼ラン → 満天の湯

珍しく、車でお出かけ。

Img_2394

手賀沼のほとりにある「手賀沼観光リゾート 天然温泉 満天の湯」。
いきなりお風呂に入ってもいいんですが、まずはラン。
車でウエアに着替え、手賀沼周辺の緑道をラン。

Img_2393 Img_2392

気持ちいいけど、暑いわ。

いくら汗をかいても、お風呂があるから問題なし。

Img_2391

当然、ビールは飲んでません。

手賀沼観光リゾート 天然温泉 満天の湯
住所:千葉県柏市箕輪新田68-1
電話:04-7191-4126

| | コメント (0)

古都鎌倉あじさいラン → 大船「串かつ でんがな」

横須賀線で鎌倉駅。

Img_2372

若宮大路を南に下り、下馬交差点を西へ。
長谷観音前交差点を左に曲がり、突き当りを右へ。

Img_2373

明鏡山円満院星の井寺。
少し行くと、成就院。

Img_2374

あじさいの名所みたいです。

Img_2375

上からの景色がいいんです。

Img_2376

来た道を少し戻り、海岸へ。

Img_2377

気持ちエエなぁ。
由比ヶ浜から材木座と海沿いを走り、再び駅方面へ。

九品寺。

Img_2378 Img_2379

若宮大路の東の道を北上し、鎌倉宮に到着。

Img_2380

鎌倉には何度か来ていますが、ここまで来たのは初めて。
ここから鶴岡八幡宮方面に転じ西へ。

Img_2381

源頼朝の墓。
この階段を上がる気力無し。

鶴岡八幡宮を横断し、建長寺前、北鎌倉駅前を経由し、大船駅へ。

Img_2383

ひばり湯」到着。
この日の走行距離は、約12km。

風呂上がり、近くの串カツ屋に吸い込まれました。

Img_2390 Img_2384

もつ煮と串カツ。

Img_2386 Img_2387

串かつ でんがな 大船店
住所:神奈川県鎌倉市大船1-22-29
電話:0467-42-7855

| | コメント (0)

Happy! 横浜・生麦「キングペリカン」少なくとも12回目

横浜関内での用事を終え、生麦へ。

Img_2371

キング・ペリカン」。
Happy Hour開催中です。

まずは、ブラウマイスター(620円→496円)。

Img_2364

しっかりボディとそのボディに対応する苦み。

Img_2367

チェダーチーズポテト(580円)。

2杯目、伊勢角屋のペールエール(780円→624円)。

Img_2365 Img_2368

やや濁りあり。
しっかりとホップが香ります。
苦いねぇ。

3杯目、横浜の瀬谷の小麦ビール(1,190円→952円)。

Img_2369

小麦系ゆえ濁りあり。
ガス弱く、ドリンカブル。
UKパイントは、迫力ありますな。

キング・ペリカン
住所:横浜市鶴見区生麦1-11-12
電話:045-503-1950

| | コメント (0)

too much 京橋「炉端かば」7回目

米子市のふるさと納税でもらった1,000円割引券を握りしめ、久しぶりの「山陰海鮮 炉端かば 銀座店」。

サッポロの赤星。

Img_2360

そして、刺盛り。

Img_2359

一人で食べるには、少々多すぎました。

山陰海鮮 炉端かば」銀座店
住所:中央区京橋3-1-1
電話:050-5799-6527

| | コメント (0)

日本酒も飲みました ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」2回目 その3

その2の続き。

3杯目、「立夏の候」。

Img_2351

「この季節にぴったりの爽やかなIPA。フルーティなアロマホップ(主にSimcoe、Centennial)をふんだんに使用」
しっかりというよりは、軽めのIPA。
★8

4杯目、「縁が和」(スペシャル、950円)。

Img_2352

「100年の時を越えて復活させた木桶発酵ビール。凝集したモルトの旨みに、上品なスギの香りが膨らむじっくり味わう極上の一杯」
そこそこしっかりの下面系。
このスタイル、好き。
★8

ここからは日本酒。

Img_2353 Img_2354

広島呉の盛川酒造「白鴻」。

豚ロースの味噌漬け(750円)。

Img_2356

K「また味噌か」
現「好きやろ?」
K「もちろん(笑)」

もう一杯、日本酒。

Img_2355 Img_2358

兵庫淡路の都美人酒造「都美人桃ラベル」。

現「エエやろ」
K「エエねぇ」

また行ってみたい度は★5(5段階)。

籠屋たすく
住所:狛江市駒井町3-34-4
電話:03-5761-8101

| | コメント (0)

燻製&味噌 ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」2回目 その2

その1の続き。

1杯目、「籠屋さんちのクラフトラガー」。

Img_2345

「丁寧な手造りだからこそ出せる透明感、みずみずしさ。ほのかなモルトの甘みと、ホップの爽やかな苦みのバランス。飲み飽きない定番ビール」

K「薄張りグラスやね」
現「口当たりがシャープでいいよね」
かすかに濁りあり。
説明どおり、飲み飽きない味。
★8

ミックスナッツの燻製(380円)。

Img_2346

K「燻製好きやね、俺ら」

2杯目、「タマさんの誘惑」。

Img_2348

「フレッシュで爽やかなホップ香に、上品な大人の色気が纏う。アルコール度数と苦み抑えめで、クラフトビール初心者にもお勧めのIPA」

現「これ、前回飲んだときはIPAやったけど、セッションIPAになってるな」
K「そうなんや」
かすかに濁りあり。
軽めで、良セッションIPAです。
★8

豚肩ロースと鶏レバーとお味噌のパテ(620円)。

Img_2347

現「味噌も好きなんだよね」
K「間違いない」

その3に続きます。

籠屋たすく
住所:狛江市駒井町3-34-4
電話:03-5761-8101

| | コメント (0)

すごいやろ ビールの現場から 東京都狛江市「籠屋ブルワリー」2回目 その1

経堂の「後藤醸造」を出て、小田急線で西へ。

K「どこで降りよっか?」
現「歩いて近いのは和泉多摩川やけど」
K「雨降ってるで」
現「じゃ、狛江かな」

狛江駅で降り、タクシー。

現「籠屋ってわかります?」
タ「わかりますよ、酒屋さんでしょ」
現「そうです、そうです」
K「有り難いね」

「現場」到着。

Img_2343

K「唐突にいい感じの店があるな」
現「すごいやろ」

奥のテーブル席に案内され、ビールを吟味。

Img_2344

K「すげーな、10種類もあるんや」
現「すごいやろ」

フードメニュー。

Img_2349 Img_2350

K「どれもうまそうやん」
現「すごいやろ」
K「お前、『すごいやろ』しか言うてへんやん(笑)」

その2に続きます。

籠屋たすく
住所:狛江市駒井町3-34-4
電話:03-5761-8101

| | コメント (0)

ポテトサラダ380円 ビールの準現場から 東京都世田谷区「後藤醸造」その2

その1の続き。

結構充実のフードメニュー。

Img_2336

3種類(プレーン/マスタード/カレー)の中から、2種類を選ぶポテトサラダ。

Img_2338

マスタードとカレーをチョイス。
これで380円ですから、ポテサラ好きにはたまりません。

2杯目、経堂エール(Sサイズ、500円)。

Img_2339

濁りあり。
やや苦めです。
あまり経験したことのない香りがします。
ホップ何なんだろう?
★7

ここでビア友K合流。

K「お待たせ」
現「先に飲んでるんで、全然平気」
K「何杯目?」
現「2杯飲んだとこ」

3杯目、Srrangeアンバーエール(Sサイズ、500円)。

Img_2340

濁りあり。
香りは控えめ。
色から想像するとおりの香ばしさ。
★7

また行ってみたい度は★3(5段階)。
近所にあると、いいかもね。

後藤醸造
住所:世田谷区経堂2-14-3
電話:03-6751-0698

Img_2341 Img_2342


| | コメント (0)

新規288ヶ所目! ビールの準現場から 東京都世田谷区「後藤醸造」その1

小田急線「経堂」駅近くにある「現場」を初訪問。

Img_2333

後藤醸造」。
スタンディングのみの店内。
正面に注文カウンター、両サイドにカウンター、真ん中にアイランド。
12人くらい飲めるやろか。
6時過ぎに入店したんですが、地元の方っぽい先客が3組4名。

飲めるビールは、注文カウンター上の黒板。

Img_2334

オリジナル3種+ゲスト1種。
左側カウンター奥に荷物を置き、注文カウンターへ。

Img_2337

1杯目、スプリングフィールド。

Img_2335

Sサイズ(275ml、500円)。
濁りあり、泡少なめ。
ガス圧やや強い。
想像より苦め。
★7.5

その2に続きます。

後藤醸造
住所:世田谷区経堂2-14-3
電話:03-6751-0698

| | コメント (0)

3杯で終了 ビールの準現場から 東京都調布市「調布ビアワークス」その2

その1の続き。

マグロポキとアボカドのフレンチタルタル(680円)。

Img_2329

ハワイ風やね。

2杯目、アメリカンブラウンエール(580円)。

Img_2330

「クリスタルモルトとアンバーモルト、チョコレートモルトにマリスオッターとオーツ麦の5種類のモルトを使用し、濃厚な琥珀色の味わいはチョコレートとカラメルとビスケットのような味わい。ダンクで松やにのようなホップの香りも印象的」
濁りあり。
香ばしい香り。
さっぱりとしたチョコレートのようなフィニッシュ。
★7

とろける角切り牛タン串焼き(380円)。

Img_2331

ちょっと小さいね。

3杯目、最初に戻ってグランドティトン。

Img_2332

濁りあり。
じんわり苦い。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

Img_0327

今回は行ってませんが、1階のジャクソンホールはメチャ混みでした。

Img_0326

盛り上がってるなぁ。

| | コメント (0)

新規287ヶ所目! ビールの準現場から 東京都調布市「調布ビアワークス」その1

京王線国領駅から歩いてスグの「現場」。

Img_2324

調布ビアワークス」。

立ち飲みくらいは出来ると聞いてたんやけど、とてもそんな雰囲気は無く・・・
甲州街道を歩いて、調布駅方面へ。

Img_0325

「ホノルル食堂」。
先程空振った「調布ビアワークス」のビールを置いてるお店。

サーフボードがディスプレイされていたり、その名のとおりハワイアンな店内。

Img_2328

ビールは2種類。

Img_2325

アメリカンブラウンエールとグランドティトンエール。

1杯目、グランドティトンエール(580円)。

Img_2327

「US産モルト4種のアメリカンホップとUSイーストを使用したアメリカンペールエール。ネーミングのグランドティトンはワイオミング州のジャクソンホールから由来されるもの。ペールエールは、ブルワリーの基本的評価になるスタイルのビール」
説明を読んでると、ゴリゴリのアメリカンペールエールっぽいんやけど、飲んでみると割とマイルド。
冷たいからそう感じるんかもしれませんが。
香りも弱めやし。
★7.5

その2に続きます。

「ホノルル食堂」
住所:調布市布田1-3-1
電話:042-499-8451

| | コメント (0)

串揚げ三昧 高田馬場「高田馬場タップルーム」36回目

高田馬場36回目の訪問。
参考:中目黒36回、原宿37回。

1杯目、ヘレス。

Img_2317

やや濁りあり。
安定のスタート。

鶏レバー&ハムカツ。

Img_2318

2杯目、沼津ラガー。

Img_2319

少し濃いラガー。

チーズ&うずら、しいたけ&紅しょうが。

Img_2320 Img_2321

3杯目、お気に入りの4姉妹スプリングボック。

Img_2322

濁りあり。
ボディがしっかりしてるのに、ドリンカブル。
バランスの為せる業。

豚バラ&鶏レバー。

Img_2323

高田馬場タップルーム
住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »