« 最後は〆鯖 門前仲町「すし処 匠」 | トップページ | ご飯がすすむすすむ ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」7回目 その2 »

イタリアンから中華へ ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」7回目 その1

仕事で川越に行く機会があり、4年ぶりに訪問しました。

Img_2679

駅から結構遠いので、バスで。

前回来たときは、イタリアンでしたが、中華レストランになってました。

Img_2681

内装はあんまり変わってないかな?

定番ビールメニュー。

Img_2680_1

前回は5種類でしたが、毬花が増えて6種類。

加えて、限定ビールが2種類。

Img_2682

1杯目、瑠璃(L、800円)。

Img_2683_1

「ホップの苦みと香味のバランス、麦の旨味をスッキリと」
ほぼクリア。
甘さと苦さが、良いバランス。
★8

ピリ辛メンマ(380円)。

Img_2685

食感が素敵。

その2に続きます。

香麦-xiangmai-(シャンマイ)
住所:埼玉県川越市福田59-1
電話:049-228-0800

|

« 最後は〆鯖 門前仲町「すし処 匠」 | トップページ | ご飯がすすむすすむ ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」7回目 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後は〆鯖 門前仲町「すし処 匠」 | トップページ | ご飯がすすむすすむ ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」7回目 その2 »