« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

また「かば手箱」 京橋「炉端かば 銀座店」8回目

仕事終わりに、京橋「山陰海鮮 炉端かば」。

Img_0673

いつもの無料券で、生ビール。
ちなみにお通しは400円。

Img_0674

これもいつものアジフライ(486円)。
醤油とソースを一匹ずつかけるのが、私の定番。

ここで、サービス(0円)。

Img_0675

ちょっとしたことですけど、嬉しいですね。

Img_0676

カウンターでしか注文できない「かば手箱」(1,080円)。
前回も頼んで公開したのを、運ばれてきた瞬間に思い出しました。
一人で食べるには、多すぎるんでした・・・

でも、また頼んじゃうんやろなぁ(笑)

山陰海鮮 炉端かば」銀座店
住所:中央区京橋3-1-1
電話:050-5799-6527

| | コメント (0)

帰りはグリーン ビールの現場から 静岡県沼津市「Repubrew」2回目 その2

その1の続き。

2杯目、ネルセゾン(890円)。

Img_0666_1

「白ワインの様な香りがしっかりと立っていて、ドライで食事の邪魔をしないセゾンイーストのフルーティーなエステル香がメインで、口に含んだ後に、HOPの香りがしっかりと立っています。金色でイーストのニゴリがあり、炭酸ガスボリュームは強め、ドライな仕上がり、イーストのエステル香りが白ワインを思わせるような香りです」
やや濁りあり。
ドライなのが私好み。
★8

3杯目はコチラから。

Img_0662_1

13番、フュージョンIPA(1,000円)。

Img_0668_1

「しっかりとした苦みとシトラス感とグラッシー感。シムコーホップをメインにドライホップしています。冬場にガツンと苦みがあるIPAをゆっくり飲むのもありかとおもいます。是非ゆっくりとホップの香りの変化を楽しみながらご賞味ください」
濁りあり。
フルーティー。
シトラッシーでかつ、パッション感もあり。
美味しいけど、1,000円は結構いい値段。
★8

また行ってみたい度は★3(5段階)。

微妙に食い足りないので、帰りのグリーン車で静岡おでん&ビール。

Img_0669 Img_0670

Repubrew
住所:静岡県沼津市大手町2-1-1
電話:055-939-8877

| | コメント (0)

草薙から沼津へ ビールの現場から 静岡県沼津市「Repubrew」2回目 その1

草薙駅から、JRで沼津へ。

Img_0659

2回目の訪問。
17時前の訪問だったんですが、カウンターはほぼ満席。
いちばん奥が空いてました。

メニューを見る限り、現場モノは13種類。
意識高いなぁ。
迷いに迷って選んだのが、金蛇。

Img_0660_1

店「すいません、金蛇切れてます」
現「じゃあ・・・シェパードBlonde(840円)で」

Img_0665_1

「キャラメル化したモルトの香りとイースト由来の洋ナシの様な香りがうまく調和しています。糖度は少なめで、飲んだ後の花に抜ける香りで心地よいベルジャン感が味わえます」
ほぼクリア。
説明どおり、ほんのりベルジャン感。
★7.5

黒はんぺんのフリット(590円)。

Img_0667

はんぺんに衣を付けて揚げてます。
ちょっとこってり。

その2に続きます。

Repubrew
住所:静岡県沼津市大手町2-1-1
電話:055-939-8877

| | コメント (0)

清水〜三保の松原〜久能山東照宮〜日本平〜草薙ラン

1月のフルマラソン出走に備えて、遠征ラン。
JR東海道線で清水駅。

Img_0643

東口を出て、南へランスタート。
エスパルスドリームプラザ。

Img_0644

どんどん南下し、海にぶちあたりました。

Img_0645

北に向かうと、三保の松原。

Img_0646

あの雲の向こうに富士山が見えるのかなぁ・・・
ここで南西に反転し、海沿いの道をラン。

Img_0647

気持ちいい。

12kmと少し走ったところで、久能山下に到着。

Img_0648 Img_0649

ここからはひたすら階段を登ります。

Img_0650

頑張って登ったご褒美。

Img_0651

こんなに登ってきたんや。
ここからは日本平ロープウェイ。

Img_0652 Img_0654

駿河湾が一望。

Img_0655

汗が引いて、少し寒くなってきました。

日本平到着。

Img_0656

ここからは、ひたすらに下ります。

Img_0657

ゴールは、草薙駅近くの「あおい温泉 草薙の湯」。

Img_0658

総走行距離約18km。

| | コメント (0)

葛西ランからの ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」48回目

定番の一つ、葛西ランからの舞浜。

Img_0642

ランチビール設定がなくなってしまったこともあり、ほぼ1年ぶりの訪問。
ランチビールは復活してませんでしたが、HAPPY HOURなるものが。

Img_0632

定番5種が1杯390円(税抜)。
お得感は少し減りましたが、致し方ありません。
ありがたいことです。

1杯目、ピルスナー。

Img_0633_1

クリアで美味い。
相変わらず美味しいねぇ。
★8

いろいろ食べられるロティズ・ハウス特製ランチプレート(1,390円)。

Img_0634 Img_0637

1年ぶりだと、ランチメニューも結構変わってます。

2杯目、ベルジャンスタイルウィート。

Img_0635_1

濁りあり。
香りベルジャンなんですが、飲みやすさ重視。
★8

3杯目、ペールエール。

Img_0638_1

濁りあり。
スルスル飲める感がすごいので、このサイズだとあっという間に終わるのが難点。
★8

4杯目、シュバルツ。

Img_0639_1

香ばしいんですが飲みやすい。
これって結構難しい。
★8

5杯目、ブラウンエール。

Img_0640_1

濁りあり。
アメリカンなエールなんですが、アメリカのに慣れると穏やかに感じますね。
★8

相変わらずどれもバランスが素晴らしい。
また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

ゆず湯の後に 大手町「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店」57回目

この日(12月22日)のランは、隅田川の右岸と左岸を行ったり来たりしながら北上。
言問通りまで行き、上野方面へ。

Img_0623 Img_0624

ゆず湯を堪能した後、シェアサイクルで大手町へ。

Img_0625

お気に入りのラップサンドがまた☓印。
タコライスかな。

Img_0628

ビールはこんな感じ。

Img_0626_1

志賀高原のIndia Miyama Lager。

Img_0627

やや濁りあり。
キリっと系のラガーではないが、これはこれであり。

2杯目、京都醸造の欧州の風。

Img_0629

やや濁りあり。
後味がユニーク。
やや酸味がありますが、いやじゃない。

3杯目、志賀高原のアフリカペールエール。

Img_0630

濁りあり。
香りホッピー。
さすがのバランスですね。

CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)大手町店
住所:千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F
電話:03-6262-5759

| | コメント (0)

ベアード推し 清澄白河「DRAGONFLY BEER HALL」初訪問

桜なべをたらふく食べた後、ぶらぶら歩いて清澄白河。

Img_0615

ビールなお店発見。
DRAGONFLY BEER HALL」。

席と席の感覚も広く、ゆったりした店内。

Img_0614

ビールメニュー。

Img_0612

ビールは8種類。
かなりのベアード推し。

Img_0613

Sierra NevadaのHazy Little Thing IPA(1,300円)。
もちろん濁りあり。
ほんの少し酸味あり。
トロピカルな風味。

3軒目なので、1杯だけ。

DRAGONFLY BEER HALL
住所:江東区白河2−1−4
電話:03-5809-8255

Img_0611


| | コメント (0)

老舗満喫 森下「みの家」2回目

mukuraf」から歩くこと1〜2分。

Img_0604

桜なべの名店「みの家」。
4年ぶり、2回目。
以前は1階でしたが、この日は2階。

Img_0607

いい感じですねぇ、相変わらず。

この店に来たからは、当然桜なべ。

Img_0606

こりゃたまらん。

馬刺し(肉さし&あぶらさし)も外せません。

Img_0608

玉子焼。

Img_0609

お肉追加。

Img_0610

よく食べました。

みの家
住所:江東区森下2-19-9
電話:03-3631-8298

| | コメント (0)

人参美味し 森下「mukuraf」初訪問

ご近所ランで前を通って、気になっていたお店訪問。

Img_0600 Img_0599

mukuraf」。

ドリンクメニュー。

Img_0597_1

タップは6本。
なかなかユニークな品揃え。

Img_0601

AJBセッションIPA(850円)。
やや濁りあり。
少々雑味があるような。

キャロットラペ(400円)。

Img_0602

これがかなりの美味。

2杯目、箕面のボスざるIPA(850円)。

Img_0603

パンチありますね、いつ飲んでも。
次があるので、このへんで。

mukuraf
住所:江東区新大橋3-7-5
電話:03-6659-3069

| | コメント (0)

タップルーム貸切のため 中目黒「大樽」3回目

仕事帰りに中目黒のタップルームを訪問したところ、なんだかいつもと違う雰囲気。

店「すいません、今日貸切なんですよ」
現「えっ」

どうりで店に入った瞬間に、他のお客さんからジロジロ見られると思った。

スグ近くの居酒屋「大樽」へ。

Img_0591 Img_0590

大ジョッキ580円。
バカ安。

とり皮。

Img_0592

大ジョッキ2杯目。

Img_0593

ちくわの磯辺揚げ。

Img_0595

3杯目。

Img_0596

とってもリーズナブル。

「割烹大樽 西口店本店」
住所:目黒区上目黒3-7-4
電話:03-3794-1941

| | コメント (0)

帰りのビールも期待はずれ サンフランシスコ ビール滞在記2018 その18

その17の続き。

帰国の日。
ホテルからはUberで、無事にサンフランシスコ空港着。

Img_0583

イサム・ノグチです。
チェックインも無事済んで、腹ごしらえ。

Img_0585

どんだけケチャップ付けんねん(笑)

帰りの飛行機は、定時出発。

Img_0372

希望していた通路側の席がいっぱいだったため、窓際の席。
かつ、3席並びの真ん中の席には、かなりガタイのいい方が・・・
狭い。

期待していたビールも、残念ながらステラアルトワとハイネケンの二択。

Img_0587

ただでさえ、向かい風で時間がかかるのに、体感的にも長い長い旅となりました。

Img_0589

やっと富士山が見えてきました。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

夕食は蓮根チップス サンフランシスコ ビール滞在記2018 その17〜ビールの現場から San Francisco「Harmonic」初訪問

その16の続き。

SPEAKEASY」の「現場」から、寂しく殺風景な道を歩くこと1.3マイル。

Img_0572

ここも昼間に下見済み。
下見してなかったら、行こうと思ってなかったと思います。

Img_0573

Harmonic Brewing」。
結構賑わってます。

Img_0579

明るい雰囲気の中の人に誘われて、カウンター左端の席へ。

ビールメニュー。

Img_0574_1

11種類飲めるのかな。
ケルシュにピルスナーにセゾンにIPA。
どこもそうですけど、色々なスタイルを取り揃えてます。

1杯目、LEMMY, HAVE ANOTHER IPA($7)。

Img_0575_1

「A Bright & Citrus Forward IPA. ft. Lemondrop, Amarillo & Idaho 7 Hops」
いくつか試飲させてもらって選びました。
クリアでやや苦め。
穏やかな良IPAです。
★8

それにしても、食べるもんないな(泣)

Img_0576

このスナック食べるしかないか・・・

Img_0578

Lotus Chips。
蓮根チップスです。
海苔味かな。

2杯目、PRAGUE ROCK PILSNER($6)。

Img_0577_1

クリアでそこそこモルト。
悪くは無いですね。
★7.5

また行ってみたい度は★3

Img_0580

ホテルに帰って寝ます。

その18に続きます。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

1杯$5 サンフランシスコ ビール滞在記2018 その16〜ビールの現場から San Francisco「SPEAKEASY」初訪問

その15の続き。

シャワーを浴びてさっぱりしたら、「現場」目指して再出撃。
Uberで、既に下見済みの「SPEAKEASY」の「現場」。

Img_0563

ロゴマークが、怖さを増幅させてます。
入口、雰囲気あります。

Img_0564

カウンター10席ないくらいの、こじんまりとしたタップルーム。

Img_0570

ビールメニューは、黒板ではなくディスプレイ。
さすがサンフランシスコ、ハイテクで合理的。

紙のビールメニュー。

Img_0565_1

7種類飲めます。
パイントはほとんどが$5。
かなりリーズナブル。

1杯目、Pop Gun Pilsner。

Img_0566_1

「Brewed using the finest German Pilsner malt, Pop Gun delivers a clean full body with hints of honey and malty sweetness. German Magnum, Hallertau, and Saphir hops balance the malt with a crisp bitter finish and infuse the aroma with tangerine, spice, and flowery notes.」
濁りあり。
やや苦めでバランス。
良ラガーではありますが、もう少しクリアな方が好きかも。
★7.5

ビール代金をカードで払ったんですが、一向にカードが返ってきません。
最後に一回だけサインすればいいのは楽でいいんですが、カードを預けるのが落ち着きませんね。

2杯目、Resilience Butte County Proud IPA。

Img_0569_1

「Brewed in collaboration with Sierra Nevada. Butte County roots run deep. Forested hills, winding rivers, towering pines, mighty oaks, and even mightier people. In the aftermath of the Camp Fire, the most destructive wildfire in Carifornia history, we are helping Butte County rebuild. This IPA was brewed to support those...」
今年11月に発生した火事「Camp Fire」の被害を受けたButte Countyを支援するためのビール。
Butte Countyと言えば、2017年8月に訪問したChicoのあたり
だからSierra Nevadaとコラボなのか。
ほぼクリア。
結構草っぽいIPAですが、バランスしてるので美味しく飲めます。
★8

19時15分、フードも無いようなので、ここで終了。

Img_0571

時間や曜日によっては、フードトラックが来たりするんでしょうか。
次はゆっくり来たいですね。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

その17に続きます。

SPEAKEASY
住所:1195 Evans Ave, San Francisco, CA 94124
電話:(415)642-3371

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

「現場」見学ラン サンフランシスコ ビール滞在記2018 その15

その14の続き。

ホテルで1時間ほど休憩した後、ウエアに着替えランスタート。
サンフランシスコ市内に点在する「現場」を見るだけ見てやろうってね。

Market St.に出て、南西方向へ。

Img_0548

去年息子と泊まったモーテルの前通過。

Img_0548_2

オシャレなお店が並んでいると言う、Valencia St.を南へ。
写真はありませんが、走るのが難しいくらい賑わってました。
確かに、お店もオシャレ。

あまりに走りにくいので、東に逸れながら南下。
目の前に立ちはだかるBernal Heights Parkを左に回り込み、更に南へ。

Img_0549

ものすごい傾斜。
ピークを越えて、下りきったあたりで「現場」発見。

Img_0551

BAREBOTTLE BREWING」。
昨日のSan Joseの「現場」も倉庫感ありましたが、ここはモロに倉庫。
16時前と微妙な時間でしたが、外から眺める限り、中はかなりの賑わい。
住宅街にポツンとある立地にしては、驚異的です。

Img_0550

入口に掲げられてる黒板。
・IDが必要
・週末は持ち物チェックあり
・外で飲んじゃダメ
・子供はずっと親のそばにいること
みたいな注意事項が書いてあります。
この「現場」はちょっと気になりますね。
まだラン中なので、今回は写真だけ撮ってスルー。

更に東へ、サンフランシスコ湾の方へ。
280号線を越えると、景色はほとんど埋め立て地。

Img_0552

こんな人気のない所にあるのが、「SPEAKEASY」の「現場」。

Img_0553

これはなかなかユニーク。
そそられますな。

ここで踵を返して、中心部に戻ります。
1.3マイルくらい戻ったあたりにもう一軒。

Img_0554

Harmonic Brewing」。
こちらの「現場」は倉庫街のど真ん中。

ここから、午前中に歩いたDogpatch地区、Mission Bay地区を通過し、AT&Tパーク。

Img_0555

だいぶ暗くなってきました。

海沿いに走っていると、ベイブリッジが見えてきました。

Img_0556

遊歩道になっていて、かなり走りやすくなってきました。

Img_0557

ベイブリッジの真下を通り抜けると、Rincon Park。

Img_0559 Img_0558

これは気持ちいい。
ランニングには最適ですね、坂もなくフラットだし。

Img_0560

ここからFinancial Districtを抜けてホテルへ。
総走行距離18km。
結構走りました。

その16に続きます。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

DOGPATCHからMISSION BAYへ サンフランシスコ ビール滞在記2018 その14

その13の続き。

MAGNOLIA BREWING」を出て北へ。

また「現場」発見。

Img_0533

Triple Voodoo Brewery」。
営業してないので、外から眺めるだけ。
至るところに「現場」がありますね、サンフランシスコ。

DOGPATCH地区から、MISSION BAY地区へ。

Img_0539

ものすごい建設ラッシュ。
東京で言うと、湾岸エリア的な。

道の突き当りには、去年行ったAT&Tパークが。

Img_0541

そや、あそこで息子に土産買わんと。

Img_0544

サンフランシスコ近代美術館のショップ経由で、ホテルへ。

Img_0547

ここまでの移動距離3.2マイル(トータル6.4マイル)。
よく歩きました。

その15に続きます。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

これがサンドイッチなんだね サンフランシスコ ビール滞在記2018 その13〜ビールの現場から San Francisco「MAGNOLIA」初訪問

その12の続き。

カウンター正面には、タップがずらり。

Img_0523

改めまして、ビールメニュー。

Img_0522_1

情報量がすごい(笑)
オリジナルは17種かな?
全て$7と比較的リーズナブルなので、沢山飲みたいところですがまだ11時前。
自重せんと。

1杯目、KALIFORNIA KÖLSCH。

Img_0524_1

「This is a light, crisp and refreshing golden ale in the style of those brewed in the German city of Cologne(Köln), A slightly sweet aroma with a hint of grassiness leads to herbal and spicy hop character and sweet malt notes. Simply refreshing!」

ほぼクリアで、泡少なめ。
ケルシュなので、ボディ軽めはデフォルトなんですが、それにしても軽いかな。
★7

フードメニュー。

Img_0525_1

どれもこれも$10超え・・・悩みます。
これにしますか。

Img_0525_2

MAGNOLIA BREAKFAST SANDWICH($15)。
ベーコンかソーセージかを聞かれたので、ソーセージと答えました。

Img_0528

イメージしてたのと違った・・・

2杯目、INDIA PRINT(SLIGHT RETURN)。

Img_0530_1

「The second version of the India Print series is a classic modern American IPA, bittered with Nugget and loaded up with Citra and Mosaic hops from the Yakima Valley.」
濁りあり。
確かにクラシックな新大陸系IPA。
苦さが程よく感じるのは、舌が苦さに慣れてるからなのか。
★8

Img_0531

仕切りの向こう側にも広いスペースが広がっていて、かなりな大バコです。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

その14に続きます。

MAGNOLIA BREWING
住所:2505 3rd St, San Francisco, CA 94107
電話:(415)864-7468

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

ANCHOR BREWING経由で サンフランシスコ ビール滞在記2018 その12〜ビールの現場から San Francisco「MAGNOLIA」初訪問

その11の続き。

SIGHTGLASS」で朝食を済ませ、徒歩移動再開。

昔倉庫街で、今はアーティストなどが集まっているというDOGPATCH地区に向かう途中でちょっと寄り道。

Img_0513

分かりづらいと思いますが、ANCHOR BREWINGの「現場」。

Img_0514_1

夕方に来れば、ここで飲めるみたい。
いいねぇ。

壁には可愛い絵が。

Img_0515

これが本社っぽい建物。

Img_0516

歴史が感じられていいですね。

22nd St.経由で東へ。

Img_0532

「現場」発見!
MAGNOLIA BREWING」。
ここまでの移動距離2.3マイル(トータル3.2マイル)。

幸い、カウンターが空いてました。

Img_0527

その13に続きます。

MAGNOLIA BREWING
住所:2505 3rd St, San Francisco, CA 94107
電話:(415)864-7468

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

「SIGHTGLASS」で朝食 サンフランシスコ ビール滞在記2018 その11

その10の続き。

サンフランシスコ3日目。
色々市内に見たいものがあったので、朝9時過ぎに徒歩でホテル出発。

Img_0508

2日前、ID不所持で入れなかったCellarmaker Brewing
もちろん、こんな時間には開いてないので見るだけ。

少し移動して、妻に教えてもらったコーヒーショップへ。

Img_0512

SIGHTGLASS」。
住宅街っぽいところに、ぽつんとあります。

Img_0509 Img_0511

天井が高くてオシャレ。
いわゆるサードウェーブですな。

朝食がまだだったので、デニッシュとカフェラテ。

Img_0510

優雅ですな。
ここまでの移動距離0.9マイル。

その12に続きます。

SIGHTGLASS
住所:270 7th St, San Francisco, CA 94103
電話:(415)861-1313

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

トータル6杯 サンフランシスコ ビール滞在記2018 その10〜ビールの現場から San Jose「Uproar Brewing Company」初訪問

その9の続き。

4杯目、SOFA KING WET($8)。

Img_0501_1

wet hopped IPA。
濁りあり。
やや甘みを感じるIPA.
★7.5

5杯目、2 IN THE DANK($8)。

Img_0504_1

DOUBLE IPA。
ダブルと言いつつ、バランスが素敵。
良IPAです。
★8

6杯目、RASPBERRY($8)。

Img_0506_1

RED BRANCH CIDER。
飲む予定では無かったんですが、一緒に行った若者が飲めなさそうだったので代わりに。

Img_0502

また行ってみたい度は★4(5段階)。

ここから、サンフランシスコまではUBERで。
遠かった・・・

その11に続きます。

Uproar Brewing Company
住所:439 S 1st St, San Jose, CA 95113
電話:(408)673-2266

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

フードはガッツリ サンフランシスコ ビール滞在記2018 その9〜ビールの現場から San Jose「Uproar Brewing Company」初訪問

その8の続き。

最初のオーダーで頼んだフードが、続々到着。

Img_0494
CHICKEN WINGS($16)。
手、ベタベタ。

Img_0495
BEER BUTTERED FRIES($7)。
こってり。

Img_0496
4 CHEESE PESTO($17)。
これは結構美味。

他のメンバーも若かったので、ガッツリ系中心。

2杯目、MILD HIGH($8)。

Img_0497_1

English Mild。
割とモルティ。
見た目もそうですが、飲んだ感じも正統派のイングリッシュエール。
★7.5

3杯目、SHOT IN THE DANK($8)。

Img_0499_1

UNFILTERED WEST COAST IPA。
やや苦めのIPA。
勝手に想像してたよりも、どれも穏やかですね。
★8

その10に続きます。

Uproar Brewing Company
住所:439 S 1st St, San Jose, CA 95113
電話:(408)673-2266

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

初SanJose サンフランシスコ ビール滞在記2018 その8〜ビールの現場から San Jose「Uproar Brewing Company」初訪問

その7の続き。

朝食から一気に飛んで夕食。
そりゃそうです、仕事してますから。

現地スタッフと一緒に、今日はSan Joseの「現場」へ。

Img_0507

何とか入れそうです。

倉庫っぽい雰囲気。
天井、高っ。

Img_0503

カウンターで注文して、その場で払うスタイル。
面倒くさいけどしゃあない。

ビールメニューは、カウンターの上。

Img_0500_1

14種類飲めるようです。

その中から選んだ1杯目。

Img_0493_1

SAISON JOSE($8)。
ビールっぽくない見た目。
妥当なセゾンでした。
★7.5

その9に続きます。

Uproar Brewing Company
住所:439 S 1st St, San Jose, CA 95113
電話:(408)673-2266

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

朝ラン サンフランシスコ ビール滞在記2018 その7

その6の続き。

2日目の朝。
仕事に出かける前に、ちょっと朝ラン。

Img_0468

7時少し前、まだまだ暗いです。
日本でも同じような時間に走ってますが、全然こっちの方が暖かいですね。
夏涼しくて、冬暖かい。
いいですね、地中海性気候。

目指すはゴールデンゲートブリッジ。
去年の夏来たので、ある程度わかってましたが、やっぱり坂道すごい。
走ると実感します。
って言うか、そもそも走られへんくらいの傾斜。

ユニオンスクエアあたりから、ひたすらに北西を目指したどり着いたのがFort Mason。

Img_0469

だいぶ、夜が明けてきました。
せっかくなので、公園の中の道をラン。

Img_0470 Img_0471

ランナーも結構しますし、犬の散歩も多いですね。
Fort Masonを抜け、Marina Blvdを西へ。

Img_0472

クリスマスの飾り付けをした家がチラホラ。

クリッシーフィールド到着。

Img_0473 Img_0474

ゴールデンゲートブリッジ&アルカトラズ島。
出来れば、徒歩で橋を渡りたかったんですが、そんなことしてると仕事に間に合わないので、この辺りで帰路に。

公園内のBBQテーブル。

Img_0475

こんな所でBBQしたら、素敵でしょうね。

公園内の道。

Img_0476

結構な傾斜。
サンフランシスコ恐るべし。

ホテル近くまで帰ってきた所で、見慣れたマーク発見。

Img_0477

常陸野ネストやんか!

Img_0478_1

馴染みのビールが並んでます。
大きさは定かじゃないですが、$10って結構いい値段ですね。

ホテルの部屋に帰って朝食。

Img_0482

その8に続きます。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

セゾン&IPA サンフランシスコ ビール滞在記2018 その6〜ビールの現場から San Francisco「Thirsty Bear」初訪問

その5の続き。

3杯目、etoile $7。

Img_0459_1

クラシックセゾン。
ほぼクリア。
角の取れたセゾン。
いいですね、抑制されてて。
★8

Img_0462

まだまだ賑わってます。

4杯目、howard street ipa $8。

Img_0461_1

濁り強め。
シトラス感強めのIPA。
そもそもIPAなのかって言うくらい、苦みは無し。
★8

午後9時半、お会計をしてホテルへ。

Img_0464 Img_0466

アメリカはチップがめんどいね。

その7に続きます。

Thirsty Bear
住所:661 Howard St. San Francisco, CA 94105
電話: (415) 974-0905

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

高価っすねぇ サンフランシスコ ビール滞在記2018 その5〜ビールの現場から San Francisco「Thirsty Bear」初訪問

その4の続き。

1杯目、the mariner $7。

Img_0453_1

ゴールデンエール。
やや濁りあり。
ちょい苦。
少し爽やかで、良バランス。
★8

フードはどないしましょか。

Img_0455

THIRSTY BURGER $16

Img_0457

これで16☓113☓1.15で約2,080円(チップ込み)。
高いねぇ(泣)

2杯目、the navigator $7。

Img_0456_1

アメリカンスタイルブラウンエール。
色が濃い目。
香ばしい。
キリっとしてますが、スッキリしてるわけではない。
ちょっと冷たいのが残念かな。
★7.5

その6に続きます。

Thirsty Bear
住所:661 Howard St. San Francisco, CA 94105
電話: (415) 974-0905

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

入れました! サンフランシスコ ビール滞在記2018 その4〜ビールの現場から San Francisco「Thirsty Bear」初訪問

その3の続き。

1軒目でIDを持って無くて、入店を断られたところまでが前回。
さて、パスポートを取りにホテルに帰るか、もう一軒チャレンジするかのが思案のしどころ。
昨年息子とアメリカに来たとき、IDを求められた事が無かったため、思い切ってもう一軒チャレンジすることに。

Howard St.を北西に0.8マイル進むと、また「現場」があります。
恐るべし、サンフランシスコ。

Img_0465

Thirsty Bear」。

ID確認は無し。
レストランっぽいからでしょうか?

結構大バコなんですが、ほぼ満席。
カウンターの開いてる席に、滑り込みます。

Img_0458

確かに「現場」です。

ビールメニュー。

Img_0452_1

ドラフト9種、カスクが2種。

すごいなぁ、アメリカ。

その5に続きます。

Thirsty Bear
住所:661 Howard St. San Francisco, CA 94105
電話: (415) 974-0905

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

酒を飲むならID必須? サンフランシスコ ビール滞在記2018 その3

その2の続き。

シリコンバレーでの仕事を終え、サンフランシスコに取って返し、ユニオンスクエア近くのホテルにチェックイン。

Img_0467 Img_0449

ここで3泊。
いいですね。

シャワーを浴びて、着替え。
時差ボケもさほどでもないので、「現場」を求めて再出陣です。

Img_0450

午後8時少し前。
まだ大丈夫だよね。

Img_0451

大通りMarket St.
まずは、一番近くっぽかったCellarmaker Brewingへ。

「現場」到着。
外から覗く限り、かなり賑わってます。
入ろうとすると、入口の屈強そうなお兄さんに声をかけられました。

兄「ID持ってる?」
現「IDって、パスポートとかのこと?」
兄「そうだな」
現「持ってないと入れない?」
兄「入れないね」

何と言うことでしょう。
ご丁寧にも、ホテルのセーフティボックスにパスポート入れてきちゃいました。
見た目、21歳未満には見えませんが、ルールはルール。
さて、どうしますか?

その4に続きます。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

約2時間遅れ サンフランシスコ ビール滞在記2018 その2

その1の続き。

国際ターミナルのラウンジで、スマホを充電しながら待機。

Img_0440

空いてますな、国際ターミナルは。

出発ゲートに移動して再待機。

Img_0441

ん?
遅れるの?

Img_0442

結局、定時より2時間25分遅れで羽田を出発。
まずはビール。

Img_0443

ハイネケン。
残念です。

Img_0444

寝るために、もう一杯。

Img_0445

幸い真ん中の3席は、私以外の乗客はおらずのびのび。
それなりに眠れました。

朝食。

Img_0446

サンフランシスコ国際空港に遅れて到着し、急ぎUberでシリコンバレーへ。

Img_0447

その3に続きます。

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

いきなり飲んじゃいます サンフランシスコ ビール滞在記2018 その1 羽田「銀座ライオン羽田空港店」2回目

出張でサンフランシスコへ。
羽田発の午後4時台の便だったので、ちょっと早めに行って軽く飲んでから乗ることに。
飲んでれば、機内でよく寝られそうな気がしたので。

羽田空港で飲むところと言えば、「銀座ライオン羽田空港店」。
国際ターミナルから、第一ターミナルに移動するのが少々面倒でしたが。

Img_0433 Img_0434

銀座ビヤホールSPECIALの限定樽生を、大ジョッキで(1,050円)。
黒ラベルより、色が濃い目で少しモルティ。

フードはいつものナポリタンではなく、豆アジとワカメの唐揚げ(500円)。

Img_0436

いいねぇ。
ビールが進むわ。

2杯目、黒ラベル大ジョッキ。

Img_0437

やっぱりこっちの方が色が淡め。
銀座ビヤホールSPECIALの後に飲むと、スッキリさが際立ちます。

唐揚げ(小)追加。

Img_0438

3杯目、再び銀座ビヤホールSPECIALを中ジョッキで(860円)。

Img_0439

さて、そろそろ出国手続きしますか。
その2に続きます。
サンフランシスコ感ゼロですいません。

銀座ライオン羽田空港店
住所:大田区羽田空港3-3-2第一旅客ターミナルビル1F
電話:03-5757-9090

187)サンフランシスコ ビール滞在記2018

| | コメント (0)

バスクの後に 渋谷「Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao (ファーイーストトウキョウ クラフトビール&バオ )」2回目

バスク料理の後の2軒目。

Img_0429_1

Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao」。

1杯目、東京ホワイト。

Img_0430

おつまみは、揚げ出し豆腐。

Img_0431

東京IPAも。

Img_0432

Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao
住所:渋谷区渋谷2-6-8
電話:03-6874-0373

| | コメント (0)

美味しくてオシャレ 渋谷「ABASQUE Itsas eta Mendi(アバスク イチャスエタメンディ)」2回目

2年半ぶりに再訪。

Img_0425

18時半時点では我々だけでしたが、帰る頃にはほぼ満席になってました。

この日のメニュー。

Img_0419_1

これにワインを合わせるコース。
楽しみです。

鴨フォアグラのパテ ダークチェリージャム。

Img_0420

タスマニア産サーモンの自家製スモーク。

Img_0421

ずわい蟹のビスク セロリピュレ。

Img_0422

真鱈のピルピル ブランダード添え。

Img_0423

料理の写真ばかりですが、これに合わせたワインやシェリーが一杯ずつ出るわけで。

博多地鶏小雛のバスク風。

Img_0424

キントア豚バラ肉のコンフィ アサリのパエリア。

Img_0426

黒トリュフのフラン 洋梨のコンポート。

Img_0427

デザートとコーヒー。

Img_0428

どれもこれも、美味しかった。
また来たいですね。

ABASQUE Itsas eta Mendi(アバスク イチャスエタメンディ)
住所:渋谷区渋谷2-12-11
電話:03-5468-8908

| | コメント (0)

2019年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年は初めておせちを購入してみました。

Img_0711 Img_0712 
Img_0713

普段食べないものがちょこちょこ入ってて、楽しいですね。
お酒がかなり進んでしまいました。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »