« 12年ぶり! 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その7〜ビールの現場から 愛知県名古屋市「浩養園クラフトビール」2回目 | トップページ | 新規316ヶ所目! 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その9〜ビールの現場から 静岡県富士宮市「Mt. Fuji Brewing」初訪問 »

食べ飲み放題 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その8〜ビールの現場から 愛知県名古屋市「浩養園クラフトビール」2回目

その7の続き。

 

3杯目、ダークヴァイツェン。

 

Img_2523-1

 

「ヴァイツェンをベースに褐色麦芽を加え、『濁り』ある褐色タイプに仕上げました。アルコール度数は6.5%と少し、高めにし、個性の強い特徴豊かなビールに仕上げました。」

濁りあり。

ボディ軽めで、ヴァイツェン感も少なめ。

★7

 

4杯目、5杯目はダブル注文。

 

Img_2524-1

 

左ゴールデンエール。

「『エール』は『上面発酵タイプ』のビールのことをいいます。イギリスの代表的なビールでフルーティーな香りと爽快な飲み心地が特徴です。今回は希少なホップであるネルソンソービンを使用し、白ワインのような苦戦ととしたボールに仕上げました。」

ボール・・・?

クリアで、ガス強め。

ややホッピーで、3種類の中ではこれが一番いいかな。

★7.5

 

右エビス。

この並びで飲むと、ボディしっかり。

 

メニューに含まれている枝豆を注文。

 

Img_2525

 

量、多いな。

 

6杯目、ゴールデンエール。

 

Img_2526-1

 

7杯目、エビスのハーフ&ハーフ。

 

Img_2527-1

 

8杯目、9杯目、ゴールデンエール。

 

Img_2528-1 Img_2529-1

 

十分、元は取りました。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

その9に続きます。

 

サッポロビール 名古屋ビール園 浩養園

住所:愛知県名古屋市千種区千種2-24-10

電話:052-741-0211

 

|

« 12年ぶり! 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その7〜ビールの現場から 愛知県名古屋市「浩養園クラフトビール」2回目 | トップページ | 新規316ヶ所目! 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その9〜ビールの現場から 静岡県富士宮市「Mt. Fuji Brewing」初訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12年ぶり! 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その7〜ビールの現場から 愛知県名古屋市「浩養園クラフトビール」2回目 | トップページ | 新規316ヶ所目! 名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記その9〜ビールの現場から 静岡県富士宮市「Mt. Fuji Brewing」初訪問 »