« 今回は店内で 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その5〜ビールの現場から 福岡県福岡市「杉能舎麦酒」4回目 | トップページ | 鯖&鯖 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その7 福岡県福岡市「寺田屋すみ処」初訪問 »

雷山ボック 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その6〜ビールの現場から 福岡県福岡市「杉能舎麦酒」4回目

その5の続き。

 

Img_5376-1

雷山ボック。

「冬季限定醸造『真の高級ビール』。伝統のボック製法を用いて醸造しました。贅沢で力強く、深い味わいが特徴です。じっくり味わえるビールです。」

濁りあり、ガス弱め。

ボックにも関わらず、結構スルスル飲めます。

どこがどうという訳ではないんですが、バランスが取れていて美味しいです。

★8

 

Img_5377

牛すじのどて煮(550円)。

 

Img_5378-1

スタウト。

「苦味を抑えた上品なのど越し。おつまみ無しでも楽しめる様なデザートビールです。じっくり焙煎したロースト麦芽を使い、苦味を抑え上品なのど越しが特徴です。」

少し酸味を感じます。

酸味のあるスタウトって、あまり好みではないんですが、これはギリギリバランス取れてます。

★7.5

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

Img_5381 

元岡のバス停から、九大学研都市駅へ。

 

その7に続きます。

 

杉能舎麦酒工房
住所:福岡県福岡市西区元岡1442
電話:092-806-1186

 

2177)福岡ラン&ビール旅行記2019冬

|

« 今回は店内で 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その5〜ビールの現場から 福岡県福岡市「杉能舎麦酒」4回目 | トップページ | 鯖&鯖 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その7 福岡県福岡市「寺田屋すみ処」初訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回は店内で 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その5〜ビールの現場から 福岡県福岡市「杉能舎麦酒」4回目 | トップページ | 鯖&鯖 福岡ラン&ビール旅行記2019冬 その7 福岡県福岡市「寺田屋すみ処」初訪問 »