« 1,600円で飲み放題 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 その6〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市8回目 | トップページ | 大きなグラスにチェンジ いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 その7〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市8回目 »

極私的「現場」リスト-鹿児島(6)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

 

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

 

鹿児島「太平洋ビール」
鹿児島市内の、すこし外れにありました。
石造りの倉庫か何かを改装してレストランにしていて、ちょっと変わった雰囲気を醸し出してました。
★3

 

鹿児島「城山エール」6回
鹿児島の名ホテル「城山観光ホテル」内にある現場です。
食事と一緒に飲むことを強く意識して造られたビールは、変わってはいますが、どれもとてもハイレベル。
桜島を一望できるロケーションも含めて、素晴らしいです。
★5
難があるとすると、ビール全種類飲もうとすると、1軒では無理なことでしょうか。
訪問したときの模様はコチラ

<2013.8追記>

2回目の訪問。

初Holt、初飲み放題でした。

★5

<2014.5追記>

3回目の訪問。

「アメリカンフェア」開催してました。

★4

<2015.1追記>

4回目の訪問。

いぶすきマラソン初参戦の後、足を引きずり引きずり寄りました。

やっていたのは「北欧フェア」。

★5

<2016.1追記>

5回目の訪問。

すっかり恒例化しつつあります。

やっていたのは、また「北欧フェア」。

★5

<2017.1追記>

6回目の訪問。

3年連続の「北欧フェア」。

★5

<2019.1追記>

2年ぶり7回目の訪問。

いつもの「北欧フェア」じゃなく、「九州うまいもん・なんさつもんフェア」でした。

★5

<2020.1追記>

8回目の訪問。

「故郷の味 九州うまいもんフェア」でした。

サブ4の後に飲むビールは最高ですね。

★5

 

 

国分「薩摩ビール」2回
丘の上にあるかなり立派なブルワリーです。
ドイツっぽい料理を出すレストランと、和食を出すレストランが敷地内にあります。
提供しているビールはドイツ系。
なかなかのクォリティです。
★4

 

霧島「霧島高原ビール」4回
ここは私が一番好きなブルワリーですね。
(あんまり仲間はいないようなのですが・・・)
とにかく、チェコでビールを飲んでる気分が味わえます。
何せ、日本で唯一のチェコレストランですから!
とにかくオススメ!
★5

<2013.8追記>

5回目の訪問。

リトルプラハでした。

外で飲みたかったんですが、あまりにも暑くて。

★5

<2014.5追記>

6回目の訪問。

リトルプラハのテラス席で飲みました。

やっぱり外はいいですね。

★5

<2005.1追記>

7回目の訪問。

ビア友Kと、いぶすき菜の花マラソン完走翌日に訪問しました。

思い入れが強すぎるのか、ちょっと残念でした。

★4

<2016.1追記>

8回目の訪問。

鹿児島空港に到着するや否や、一人で訪問しました。

初めての「こうじ蔵GEN」でいただきました。

ビールは昨年に引き続き、残念でした。

★3

8回目の2日後、9回目の訪問。

ビア友Kと、リトルプラハでいただきました。

ブロンドがイマイチなのが、厳しかった。

★4

<2017.1追記>

10回目の訪問。

鹿児島空港でビア友Kに会えず、一人で訪問しました。

マラソン前日だったので、カツカレーをいただきました。

ブロンドが少し復活してました。

★4

11回目の訪問。

マラソン翌日に、西郷公園経由でリトルプラハへ。

★4

<2018.1追記>

12回目の訪問。

鹿児島空港に着いた直後、ビア友Kと二人で訪問しました。

★3

<2019.1追記>

13回目の訪問。

前年同様、鹿児島空港に着いた直後、二人で訪問しました。

まだ調子は戻っていませんでした。

★3

<2020.1追記>

14回目の訪問。

ここ数年の状況を踏まえ、最終日の抑えは任せられないとの判断で、初日に訪問。

想定通りの結果でした。

★3

 

いちき串木野「伝兵衛ビール」
鹿児島中央駅から30分ほどの「市来」駅にある現場です。
何と1種類しか飲めません!
さぞかし「また行ってみたい度」が低いと思いきや、驚きの★4
何故そうなったかはコチラをご覧ください。
ビールにしか興味がない方は、ご覧にならないほうがいいと思いますが。

 

枕崎「花渡川ビアハウス」
鹿児島中央駅を10時に出て、「現場」に到着したのが何と13時過ぎ。
JRの終着「枕崎」にある現場です。
めちゃくちゃ有名な焼酎「さつま白波」を造っているところです。
とにかく、芋、芋、そして芋な「現場」でした。
★3
訪問したときの模様はコチラ

<2017.1追記>

2回目の訪問。

いぶすき菜の花マラソンの前日に、ビア友Kと訪問しました。

コース料理+飲み放題で3,000円と、お値打ちでした。

★3

 

 

|

« 1,600円で飲み放題 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 その6〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市8回目 | トップページ | 大きなグラスにチェンジ いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 その7〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市8回目 »

コメント

そういえば、今週の火曜(2月13日)から暫くの間、神田のJha barで九州の地ビール特集をやっているので早速飲んできました。10のブルワリーから計19種類くるため全種類制覇への道のりは遠いですが、どれも美味しかったです。

投稿: pezhetairoi | 2007/02/16 09:22

pezhetairoi様
そうなんですか!
行ってみようかなぁ・・・

投稿: beer-kichi | 2007/02/16 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1,600円で飲み放題 いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 その6〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市8回目 | トップページ | 大きなグラスにチェンジ いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 その7〜ビールの現場から「城山ブルワリー」鹿児島県鹿児島市8回目 »