« のんびり 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その2〜ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」19回目 | トップページ | 朝ラン 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その4 »

焚き火飲み 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その3

その2の続き。

 

サイトに戻って、夜を迎える準備。

Img_8151

今回デビューのフュアーハンドのオイルランタン。

灯油でも使えるんですが、今回は隣のパラフィンオイルを使用しました。

 

Img_8158

これまで使っていたコールマンのガソリンランタンと比べると、明るさは圧倒的に足りませんが、それがまたいい感じです。

 

Img_8152

これも今回デビューのシュレードのナイフ。

バトニング用です。

 

Img_8153Img_8154

おかげで焚き火も簡単に着火。

さて、そろそろ飲み始めますか。

 

Img_8157Img_8161

焚き火がいい感じで盛り上がって来たところで、ビールスタート。

 

Img_8155

秋味と信濃屋で衝動的に買った豚バラ軟骨。

結構ボリュームありますね。

 

Img_8160

2杯目、コンビニで買った清澄み一番搾り。

 

Img_8163

3杯目、先程「現場」で購入したシュバルツヴァイツェン。

グラスによく合います。

 

Img_8165

4杯目、常陸野ネストのサマーモザイクラガー。

爽やかに〆てくれました。

 

その4に続きます。

|

« のんびり 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その2〜ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」19回目 | トップページ | 朝ラン 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のんびり 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その2〜ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」19回目 | トップページ | 朝ラン 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その4 »