« テントを設営し「現場」へ 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その1 | トップページ | 焚き火飲み 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その3 »

のんびり 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その2〜ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」19回目

その1の続き。

 

Img_8135Img_8132

昨年11月以来の訪問は、いつものテラス席。

中途半端な時間だったので、こんな感じ。

 

Img_8129-1

レギュラーメニューも、前回と変わらず。

 

Img_8130-1

ピルス(400ml、700円)。

「世界で最も愛飲されているビール。アロマホップとビターホップのバランスが特徴」

やや濁りあり。

キリリ系ではありますが、そこそこ。

★8

 

Img_8128-1Img_8133

甲州富士桜ポークのしゃぶしゃぶサラダ(800円)。

最近、サラダばっかり食べてます。

 

Img_8134-1

2杯目、限定のヘレスラガー(400ml、700円)。

「ドイツ、ミュンヘンの『ヘレス』をベースにしたモルトの味わい豊かなビールです。新鮮なモルトの風味とスパイシーなホップでスムーズなのど越しです」

やや濁りあり。

色も濃いめですね。

ヘレスですから、しっかり麦の香り。

滑らか&穏やか。

★8

 

Img_8136-1

3杯目、ヴァイツェン(500ml、800円)。

「女性でも飲みやすいフルーティーな香りと上品な味。フルーティーな香りと上品な味はビールが苦手な方や女性にはおすすめ」

濁りあり。

「これぞ」って感じのヴァイツェン。

暑い時期に飲むのは、最高ですね。

★9

 

Img_8137-1

4杯目、限定のゆずヴァイツェン(500ml、800円)。

「山梨県富士川町産ゆず皮使用」。

濁りあり。

確かにゆずですね。

ヴァイツェンが苦手な方でも飲める感じに仕上がってます。

★7.5

 

優雅な時間でした。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

Img_8140Img_8148

歩いてPICAへ。

 

その3に続きます。

 

SYLVANS(シルバンズ)

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1

電話:0555-83-2236

|

« テントを設営し「現場」へ 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その1 | トップページ | 焚き火飲み 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テントを設営し「現場」へ 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その1 | トップページ | 焚き火飲み 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 その3 »