« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

朝ラン 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 その6

その5の続き。

 

2日目の朝。

Img_0405

幸い雨は止んでいたので、ルーティンの朝ランへ。

 

Img_0406

富士山は見えそうで見えません。

 

Img_0407

8.4km走って、ラン終了。

ここのキャンプ場、お風呂があるのがいいんです。

 

Img_0408

前回に引き続き、朝はホットサンド。

中身は、ハム&チーズ。

 

その7に続きます。

| | コメント (0)

つまみはロースハム 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 その5

その4の続き。

 

Img_0397

お会計を済ませ、リュックを背負い、雨合羽を着て店を出たのが19時過ぎ。

不安ですが、スマホのライトを頼りにキャンプ場へ。

 

Img_0400Img_0398

無事到着し、火起こしにも成功。

 

Img_0399

性懲りもなくビール。

 

Img_0401

つまみは朝食用に購入したロースハム。

 

Img_0403

地元のスーパーで購入したmahouのsession IPA。

結構美味しいです。

 

そろそろ寝ますか。

その6に続きます。

| | コメント (0)

さくらボック 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 その4 ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」22回目

その3の続き。

 

Img_0391

4杯目、ラオホ(300ml)。

「日本でほとんど味わえない燻製ビール。ドイツ・バンベルグ特産のビール。麦芽を乾燥させる時にスモークし、独自の香りと味が楽しめる日本でも珍しい通好みの逸品」

燻製香がしっかりします。

正露丸一歩手前で踏みとどまってていて、ギリドリンカブル。

★8

 

Img_0392

牛すじ煮込み(800円)。

 

Img_0393

5杯目、シュバルツヴァイツェン(300ml)。

「キレと甘芳ばしさが共存した、黒ビール。7種類のモルトをブレンドし、甘芳ばしさを表現したオリジナルの黒いヴァイツェン」

色の割には飲みやすいが、酸味がちょっと気になるかな。

★7

 

Img_0394

だいぶ暗くなってきました。

テラス席は、ほぼ埋まってきました。

 

Img_0395

6杯目、限定のさくらボック(300ml)。

ドッペルボックだけあって、モルトしっかり。

さくらと言うよりは、ストロベリー感があるのが不思議。

★7.5

 

Img_0396

全種類飲んだので、最後はインペリアルピルスナー(400ml)。

美味しいですよ、これ。

 

また行ってみたい度は★5(5段階)

コスパ高杉です。

 

その5に続きます。

 

SYLVANS(シルバンズ)

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1

電話:0555-83-2236

| | コメント (0)

インペリアルピルスナー 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 その3 ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」22回目

その2の続き。

 

Img_0384

1杯目、ピルス(250ml)。

「世界で最も愛飲されているビール。アロマホップとビターホップのバランスが特徴」

やや濁りあり。

ちょい苦めですが、モルトも感じます。

★8

 

Img_0386

シェフサラダ(700円)。

 

Img_0387

2杯目、ヴァイツェン(500ml)。

「女性でも飲みやすいフルーティーな香りと上品な味。フルーティーな香りと上品な味はビールが苦手な方や女性にもおすすめ」

濁りあり。

ヴァイツェン特有の香りが、し過ぎないのがいいですね。

★8

 

Img_0389

3杯目、インペリアルピルスナー(250ml)。

やや濁りあり。

ガス弱め。

色がやや濃いです。

モルトとホップが、高いレベルで調和してます。

★8

 

Img_0390

 

その4に続きます。

 

SYLVANS(シルバンズ)

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1

電話:0555-83-2236

| | コメント (0)

税込1,000円飲み放題 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 その2 ビールの現場から 山梨県富士河口湖町「富士桜高原麦酒」22回目

その1の続き。

 

16時半。

気持ち雨足が弱くなったので、リュックを背負って、雨合羽を羽織って、ビニール傘。

完全装備で、富士桜の現場に向けて徒歩で出発。

約20分の道のりです。

 

PICAの前の道は、川のように水が流れてます。

写真を取りたかったんですが、スマホはリュックの中。

とても取り出せません。

 

Img_0381

16時50分、現場到着。

ディナータイムは17時からなので、少し建物の下で待機。

Img_0383

ここまでして、やって来たのはコレが目的。

Img_0382

税込1,000円で、90分飲み放題。

天国かよ!

 

17時になると同時に入店。

いつものテラス席に案内されました。

Img_0385

定番4種。

 

Img_0388

限定2種。

 

その3に続きます。

 

SYLVANS(シルバンズ)

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1

電話:0555-83-2236

 

| | コメント (0)

テント泊断念 富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 その1

去年の秋以来のテントでのソロキャンプ出発の日。

天気予報どおり、朝からしっかり雨。

水曜どうでしょうの「四国八十八ヶ所」の副音声を聴きながら、高速飛ばしてPICA富士吉田到着。

雨は、一向に止む気配が無いどころか、雨足強くなってます。

 

現「本日から2泊で予約してるんですけど」

P「はい、承っております」

現「相談なんですが、テントサイトをコテージに変更出来ませんか?」

P「はい、空いていれば大丈夫ですよ」

現「では、お願いします」

P「まだ清掃が終わってないので、14時までお待ち下さい」

現「わかりました」

 

料金はだいぶ上がっちゃいますが、豪雨の中でテント設営するガッツが無かったので・・・

 

Img_0378

狭めのテラスには、バーベキューコンロ。

風も吹いているので、座席はびしょびしょ。

 

Img_0377Img_0379

狭いながらも、ロフト付き。

下しか使いませんが。

 

Img_0376

Img_0375

これまで泊まったコテージと違い、冷蔵庫、流し、IHヒーター、電子レンジ、食器が揃ってます。

テントはもちろん、持ってきた荷物ほとんど使わなくて済みそう(笑)

 

Img_0380

とりあえず、コーヒーを一杯。

室内にいても、雨音がすごいです。

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

お得なセットビール 銀座「YEBISU BAR 銀座二丁目店」42回目

銀座二丁目へ。

Img_0365 Img_0364

ランチを頼むと、ビールがお安く頼めます。

 

Img_0366

やっぱり、マイスターでしょ(笑)

 

Img_0367 Img_0368

目玉焼きのせハンバーグ(864円)。

 

Img_0369

2杯目、レシートアンケートで再びマイスター。

好きなんですよね、マイスター。

 

Img_0370

3杯目、琥珀エビス。

エビスバーで好きになったビールです。

 

Img_0371

4杯目、アプリ特典で三たびマイスター。

 

YEBISU BAR 銀座二丁目店

住所:中央区銀座2-5-7

電話:050-5788-0440

| | コメント (0)

燕湯からの 銀座「ライオン 銀座五丁目店」87回目

御徒町の燕湯までラン。

クラフトビールが飲みたい気分では無かったので、銀座へ。

Img_0360

1杯目、レシートアンケートで黒ラベル。

やっぱりラン後はこれだよね。

 

Img_0362

チキンの唐揚げハーフサイズ(510円)。

 

Img_0361

2杯目、黒ラベルの大ジョッキ。

 

Img_0363

3杯目、エーデルピルスをドリンクチケットで。

 

ライオン 銀座五丁目店

住所:中央区銀座5-8-1

電話:03-3571-5371

| | コメント (0)

「nonpi foodbox」で家飲み 2回目

自宅に料理とドリンクが届く「nonpi foodbox」を使って、オンライン飲み会開催。

Img_0352

本日の料理。

前回はチンする料理もあったんですが、今回は全てチン無し。

Img_0354

クール便で来ますが、あまり冷たいのもなんなので、常温に戻して。

 

Img_0353

1杯目、ベアレンのラドラー。

こんなのが、缶で飲めるんですよね。

 

Img_0355 Img_0356

黒ラベルと一番搾り。

飲み会はどんどん進行していきます。

 

Img_0357

KONA BREWINGのGOLD CLIFF IPA。

これを飲んだあたりで、オンライン飲み会終了。

 

Img_0358 Img_0359

これは、飲み会が終わってから一人で食べました。

| | コメント (0)

初訪問! Schmatz LaLaport Toyosu3(シュマッツ・ビア・ダイニングららぽーと豊洲)

ららぽーと豊洲内にある「Schmatz LaLaport Toyosu3(シュマッツ・ビア・ダイニングららぽーと豊洲)」へ。

通路と店舗の壁がなく、開放的な店内。

Img_0342

自分のスマホで注文できるんですって。

これは便利。

Img_0346

これが注文画面のスクショ。

 

Img_0343

これらのビールが、ハッピーアワーで全て500円。

 

Img_0344

1杯目、ババリアヘレス。

かすかに濁りあり。

ちょい麦を感じます。

さすがヘレス。

 

Img_0345

お通し(300円)。

 

Img_0347

2杯目、ジャーマンラガー。

ほぼクリア。

ちょっと色濃いめ。

ちょこっと苦いです。

 

Img_0348

レバーケーゼハムカツ串揚げ(480円)。

 

Img_0349

3杯目、IPA。

やや濁りあり。

ホップの香りが強く、苦みもしっかり。

 

このハッピーアワーはお得ですね。

 

Schmatz LaLaport Toyosu3(シュマッツ・ビア・ダイニングららぽーと豊洲)

住所:江東区豊洲2-2-1

電話:03-5534-8118

 

| | コメント (0)

塩梅エール 東京「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」4回目

早めに仕事を切り上げて、東京駅へ。

Img_0334

もちろん、60分飲み放題。

いつまで続くんでしょう、この制度。

Img_0328-1

 

Img_0327

1杯目、ホワイトエール。

濁りあり。

スルスル飲めてスパイシー。

 

Img_0329

田舎風ミートパテ(680円)。

 

Img_0330

2杯目、塩梅エール。

窒素ガズなので、細かくクリーミィな泡。

やや濁りあり。

少し塩味を感じます。

 

Img_0331

3杯目、ジャパニーズクラシックエール。

これしか取れませんでした。

飲み放題ならではですね。

 

Img_0332

4杯目、ラガー。

ほぼクリアで、ちょい苦め。

フルーティなラガー。

 

Img_0333

5杯目、ペールエール。

ほぼクリア。

美味いねぇ。

 

Img_0335

6杯目、だいだいエール。

ほぼクリア。

IPAですが、さほど苦くなく、美味しいエールって感じ。

 

Img_0336

7杯目、再びペールエール。

 

常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station

住所:千代田区丸の内1-9-1

電話:03-6551-2515

| | コメント (0)

色々終売 新橋「銀座ライオン 新橋店」47回目

前回同様、ハーフ唐揚げ3種セット(900円)をオーダー。

Img_0322

セットのビールは、黒ラベル。

Img_0320

やっぱり1杯目はこれですね。

 

Img_0321

2杯目はレシートアンケートでエビス。

エーデルピルスも、白穂乃香も終売だそうです。

今だけなのか、今後ずっとなのかはわかりませんが。

 

Img_0323 Img_0324

クリーミートップを連続で。

これも今の樽で終わりだそうです。

 

銀座ライオン 新橋店」

住所:港区新橋1-15-5

電話:050-5269-7098

 

 

| | コメント (0)

ふるさと納税で鹿肉ステーキ

北海道白糠町のふるさと納税返礼品、えぞ鹿肉セットが届きました。

もも肉500g(実際は600gありました)、ロース肉300g。

夕食は、私と妻と息子の3人なので、もも肉をステーキにしてみました。

Img_0315

鹿肉は料理したことが無かったので、デリッシュキッチンのレシピを参考にさせていただきました。

かかっているのはバルサミコソース、添えてあるのはパクチー。

赤身の肉なので、ボリュームの割にさっぱりしています。

我ながら、美味しくできました。

 

息「今まで食べた肉の中で、一番好きかも」

現「そりゃ、よかった」

 

もちろん、ビールではなく赤ワイン。

また作ってみようかな。

 

 

| | コメント (0)

カウンター左端 中目黒「中目黒タップルーム」55回目

日曜日、朝風呂をやっている文化浴泉までラン。

Img_0303

11時半到着。

ボディソープ等は無し。

汗を流して、中目黒まで徒歩で移動します。

 

Img_0308

カウンター、一番左の席。

 

Img_0304

1杯目は、ラン後の定番ヘレス。

ちょっと麦芽よりのバランスが好きなんですよね。

 

Img_0307

ピザはちょっとヘビーだったので、ミックスナッツ(600円)。

 

Img_0309

2杯目、初醸造2020インディアペールラガー。

「ホッピーでインパクトのあるIPA仕様のラガー。ホッピーニューイヤー!」

2020の初醸造を1年寝かしたの?

それとも記載ミス?

店の人に聞けば良かった。

 

Img_0313

3杯目、中目黒ビター。

「中目黒タップルームオリジナルビター。2種類の伝統的なアメリカンホップを使った琥珀色のするする飲めるエール。」

記載のとおり、するする飲めます。

 

Img_0314

4杯目、ばかやろー!エール。

「このふてぶてしい、横柄な態度のエールは、危険な程強い。あなたに油断の隙を与えないだろう」

濁りあり。

ガス弱めで、複雑なのがいいですね。

 

中目黒タップルーム

住所:目黒区上目黒2-1-3中目黒GTプラザ2階

電話:03-5768-3025

 

| | コメント (0)

雨中ランからの 秋葉原「常陸野ブルーイング・ラボ」6回目

朝から雨だったんですが、小降りになった瞬間を見計らってランスタート。

Img_0289_20210314173301

茅場町あたりで一度本降りになりましたが、雨宿りしながら何とか秋葉原到着。

混んでましたねぇ、いつもより遅い時間だからでしょうか。

 

Img_0293

もちろん、60分飲み放題。

 

Img_0296

外の席なんですが、雨なので暗いですね。

夕方みたい。

 

Img_0290

1杯目、ホワイトエール。

 

Img_0291

鯖サンド到着。

やっぱりこれですね。

 

Img_0292

2杯目、小麦系つながりでヴァイツェン。

 

Img_0294

3杯目、ラガー。

フルーティですね。

 

Img_0295

4杯目、ジャパニーズクラシックエール。

ガスやや弱め。

ほんの少しベリー感あり。

 

Img_0297

5杯目、ペールエール。

 

Img_0298

6杯目、だいだいエール。

 

Img_0299

7杯目、再びジャパニースクラシックエール。

秋葉原では、7杯が限界かな。

 

常陸野ブルーイング・ラボ

住所:千代田区神田須田町1-25-4

電話:03-3254-3434

 

 

| | コメント (0)

ハーフ唐揚げ3種セット 新橋「銀座ライオン 新橋店」46回目

46回目の訪問。

Img_0262

ハーフ唐揚げ3種と生ビールをセットで900円。

お得そうなので、頼んでみました。

 

Img_0263

黒ラベルかエビスの二択で、エビス。

 

Img_0264

左から、エスニック、チーズ、タルタル。

あれ、写真と違う?

Img_0266

店員さんに言ったら、持ってきてくれました。

 

Img_0265

2杯目、レシートアンケートでハーフ&ハーフ。

 

Img_0267

3杯目、クリーミートップをジョッキで。

三角くじはハズレ。

 

Img_0269

ハーフ唐揚げセット再び。

左から、ブラックカレー、オリジナル、赤の唐揚げ。

赤の唐揚げ、メチャ辛。

次は無いかな。

 

Img_0268

今度は黒ラベルをチョイス。

 

Img_0270

5杯目、再びクリーミートップをジョッキで。

1等で有終の美を飾りました。

 

銀座ライオン 新橋店」

住所:港区新橋1-15-5

電話:050-5269-7098

 

| | コメント (0)

ビヤホールセット 銀座「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」112回目

早めに仕事を切り上げ、銀座七丁目。

Img_0261

 

ビヤホールセット(1,220円)がオーダーできました。

Img_0257

黒ラベル中ジョッキと、塩えんどう豆。

 

Img_0258

玉ねぎのマリネ?とチーズフォンデュ。

 

Img_0259

2杯目、レシートアンケートで白穂乃香。

 

Img_0260

3杯目、琥珀エビスをドリンクチケットで。

 

ビヤホールライオン 銀座七丁目店

住所:中央区銀座7-9-20

電話:03-3571-2590

| | コメント (0)

其の十を自宅で

在宅での仕事を終え、最大の楽しみの夕食。

Img_0250

メインは豚肉と蓮根の炒めもの。

蓮根って、食感が素敵ですよね。

 

Img_0251

この日のビールは、キリンのクラッシックから。

 

Img_0252

2杯目、Goose IslandのIPA。

 

Img_0253

3杯目、志賀高原のの其の十。

いやぁ、ほんと美味いわ。

これが自宅で飲めるって、いいよね。

信濃屋さんに感謝です。

| | コメント (0)

なんと8杯! ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」52回目

久しぶりに、湯処葛西までラン。

Img_0235

こんなご時世ですが、結構混んでました。

サウナなんか行列してましたし。

私はサウナは入りませんが。

 

風呂上がり、いつもはバスで葛西臨海公園駅まで行って、京葉線で舞浜まで行くんですが、この日は思い切ってタクシー。

 

現「すいません、舞浜駅まで」

 

これが失敗。

橋を渡る前に遠回り、橋を渡った後も遠回り。

運転手さんのせいじゃないです、道の問題です。

これなら、歩いたほうがマシ。

 

Img_0241 Img_0239

舞浜と言えば、「舞浜地ビール工房 Roti's House」。

Happy Hourなので、1杯390円!

飲みますよぉ。

 

Img_0238

1杯目、ピルスナー。

「黄金色の下面発酵ビール。ホップがきいた、すっきりキレのある爽快感」

ほぼクリア。

ホップはもちろん効いているんですが、その裏でしっかりモルトが感じられるのがたまりません。

★8.5

 

Img_0236-1 Img_0240

フライドポテト(550円)。

スパイシーをチョイス。

 

Img_0242

2杯目、ベルジャンスタイルウィート。

「オレンジピールとコリアンダーを使用したフルーティーなフレーバー」

小麦系ですが、ほぼクリア。

ガス弱めで、ちょい甘シトラッシー。

穏やかベルジャン。

★7.5

 

Img_0243

3杯目、ペールエール。

「ハーブを思わせるおだやかな香りと、エールモルトの醸しだす深い味わい」

濁りあり、ガス弱め。

ちょい冷たいのが残念ですが、するする飲めます。

★8

 

Img_0244

4杯目、シュバルツ。

「苦みと甘みのバランスがよい黒ビール。ローストモルトの香ばしいアロマとフレーバーが美味しさの秘訣」

ガス弱め。

実に飲みやすい黒ビール。

フライドポテト以外のフードに合わせたい・・・

★8

 

Img_0245

5杯目、ブラウンエール。

「カラメルモルト由来の美しいカラー。フルーティで華やかな香りが個性的なビールです」

濁りあり、ガス弱め。

ちょい苦めで少し香ばしい。

角が取れてていいですね。

★8

 

いつもならここで止めるんですが、こいつがあるのでまだ飲みます。

Img_0247

店員さんが呼びやすくなりました。

 

Img_0246

6杯目、ピルスナー。

 

Img_0248

7杯目、ペールエール。

 

Img_0249

8杯目、ブラウンエール。

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House

住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F

電話:047-305-5652

| | コメント (0)

お得なセットビール 銀座「YEBISU BAR 銀座二丁目店」41回目

御茶ノ水「RAKUSPA」ランからの、「YEBISU BAR 銀座二丁目店」。

Img_0225

ランチをオーダーすると、1杯目のビールが400円でオーダー出来るとのこと。

利用しない手は無いでしょ。

 

Img_0226

1杯目はエビスマイスター(670円→400円)。

 

Img_0227 Img_0229

チキン南蛮ランチ(891円)。

ライスでもパンでもなく、サラダで。

 

Img_0228

2杯目、エビス(550円)。

 

Img_0230

3杯目は、この限定ビールをレシートアンケートで。

 

Img_0231

ウィンターボック。

「『ボックビール』とは、ドイツ北部のアインベックが発祥と言われる伝統的なビールスタイルです。エビス酵母を用い、低温で長期熟成することにより、麦のうまみあふれる、まろやかで芳醇な味わいに仕上げました。」

色は通常のエビスより少し濃く、モルティ。

 

Img_0232

4杯目、琥珀エビス(550円)。

こっちが3杯目だったかな。

 

Img_0233

5杯目、ハーフ&ハーフ。

 

YEBISU BAR 銀座二丁目店

住所:中央区銀座2-5-7

電話:050-5788-0440

| | コメント (0)

クリーミートップをジョッキで 新橋「銀座ライオン 新橋店」45回目

Lion新橋店。

Img_0211

1杯目、レシートアンケートでエビス。

 

Img_0212

鮭のちゃんちゃん焼き(580円)。

フライドポテトが斬新。

 

Img_0213

2杯目、クリーミートップをジョッキで(850円)。

このサイズで飲めるのは貴重ですね。

三角くじはハズレ。

 

Img_0214

3杯目、同じくクリーミートップをグラスで(690円)。

三角くじは2等。

 

Img_0215

4杯目、やっぱりジョッキサイズで。

やっと1等ゲット。

 

銀座ライオン 新橋店」

住所:港区新橋1-15-5

電話:050-5269-7098

| | コメント (0)

ビヤホールセット 銀座「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」111回目

17時ちょっと前に飛び込んで、ビヤホールセット(1,220円)。

Img_0206

黒ラベル中ジョッキ&塩えんどう豆。

 

Img_0208

レシートアンケートで白穂乃香。

 

Img_0207

この日のおつまみは、菜の花の天ぷらとハム。

 

Img_0209

ラスト、黒ラベルの大ジョッキ(1,030円)。

サクッと飲んで帰るにはいいですね、ビヤホールセット。

 

ビヤホールライオン 銀座七丁目店

住所:中央区銀座7-9-20

電話:03-3571-2590

| | コメント (0)

Budvar、Goose Island&志賀高原

在宅勤務を終え、夕食。

Img_0202

まずは一番搾り。

Img_0201

この日のメインは、ローストポーク。

 

Img_0203

近所のナチュラルローソンで購入したBudvar。

やっぱり瓶より缶の方がいいかも。

 

Img_0204

Goose IslandのIPA。

 

Img_0205

志賀高原のアフリカペールエール。

| | コメント (0)

またもリバーラウンジ ビールの現場から~東京都品川区「TENNOZ ALE」20回目

自宅から、品川までラン。

Img_0189

築地大橋からの眺め。

いい天気です。

 

Img_0190

三田、高輪台、五反田を経由して目黒川。

 

Img_0191

「金春湯」。

初めての訪問。

訪問した日は、ぼんたん湯が開催されていたため、湯船には巨大なぼんたんが何個も浮かんでいました。

サウナーの方に人気な感じでしたね。

私はあまり利用しませんが。

 

Img_0192

ドコモのシェアサイクルで天王洲へ。

11時半過ぎにお伺いしたんですが、緊急事態宣言下にもかかわらず大人気。

予約はしていたんですが、席に案内されるまでに、まあまあ時間かかりました。

 

Img_0195 Img_0196

案内されたのは、前回同様リバーラウンジ。

リア充感ありますね、相変わらず。

 

Img_0193

カリフォルニアバーガー(170g、2,000円)をオーダー。

 

Img_0194Img_0031_20210301151901

1杯目は、前回ゲットしたドリンクチケットを使用してウィートエール(Mサイズ)。

「大麦と小麦を混ぜてつくる典型的なベルギースタイルのビール。バナナのようなフルーツと、クローブのようなスパイスを感じる香りが特徴です。」

濁りあって、ガス弱め。

飲みやすいです。

★8

 

Img_0197

2杯目、ペールエール。

「淡いブロンズ色のエールで、フルーティな味わいを持ちながら、ホップの苦味がバランスよく混ざり合ったT.Y.HARBOR BREWERYの定番ビールです。」

濁りあり。

これもガス弱め。

今回はモルトをやや強めに感じました。

★8

 

Img_0198

カリフォルニアバーガー到着。

アボカドがあふれるほど入ってます。

 

Img_0199 Img_0200

3杯目、4杯目は連続でIPA。

「柑橘アロマが特徴の7種類のホップをペールエールの3倍使用したインディアペールエール。パワフルな苦みと柑橘系の香り、しっかりとしたコクを楽しめます。」

濁りあり。

ガス弱め。

トラディショナルなIPAです。

★8

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

もう少し入店がスムーズになればなぁ・・・

 

T.Y.HARBOR BREWERY

住所:品川区東品川2-1-3

電話:03-5479-4555

| | コメント (0)

秋葉原→大手町→東京駅 東京「常陸野ブルーイング丸の内」初訪問

御茶ノ水RAKUSPAまでラン。

風呂上がりに徒歩で向かったのが、「常陸野ブルーイング・ラボ」。

一応席は空いていたものの、まあまあお客さんがいたのと、オンオペで色々渋滞しそうだったので諦めて次へ。

 

ドコモのシェアサイクルで大手町まで移動して、「魚がし日本一」へ。

店の前の行列が無かったので、すんなり入れると思ったんですが、さにあらず。

7席あるカウンター席は、2〜3名客で満員。

ちょっと待ちゃ空くだろうと思っていたんですが、様子を伺っているとどのお客さんも食べ始めたばかりのご様子。

さすがに数十分は待てないので、並ぶのは断念して次へ。

難民化してるなぁ・・・

 

徒歩で、東京駅丸の内北口に移動。

Img_0186Img_0185

常陸野ブルーイング丸の内」に、やっと居場所発見。

 

Img_0175-1

フードメニューが充実しています。

 

Img_0173

WHITE ALE。

「白ビール、オレンジ、スパイシー、すっきり、苦くない、人気!」

 

Img_0176

BLTサンド(980円)。

 

Img_0177

2杯目、CRAFT GIN LEMON。

「東京で作ったジンに藻塩と瀬戸内レモン」

あんまり好みじゃないかも。

 

Img_0178

3杯目、YUZU LAGER。

「柚子の豊かな香り。キレがあり、爽快。金賞受賞!」

 

Img_0179 Img_0180

4杯目、PALE ALE。

「豊かなホップの香り。ほどよい甘みと苦み。飲み飽きしない」

5杯目、DAI DAI ALE。

「IPA、柑橘系ホップ、茨城特産みかん使用、香り豊か」

どちらも美味い!

 

Img_0182

ミックスナッツ(480円)。

 

Img_0181

6杯目、AMBER ALE。

「青々としたホップ感。ほろ苦い、味濃いめ。カラメルのような甘み」

色々バランスしてますが、ガスやや強めなのが惜しいかな。

 

Img_0183 Img_0184

7杯目、DAI DAI ALE、8杯目、AMBER ALE。

 

常陸野ブルーイング丸の内

住所:千代田区丸の内1-9-1 JR 東京駅グランスタ東京1階

 

| | コメント (0)

東京「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」3回目

Img_0163

60分飲み放題につられて、3回目の訪問。

 

Img_0164

1杯目、ラガー。

 

Img_0165

いつもは常陸さばサンドですが、気分を変えて田舎風ミートパテ(580円)。

 

Img_0166 Img_0167

2杯目ホワイトエール、3杯目ヴァイツェン。

どちらも小麦系ですが、私はホワイトエールのほうが好みですかね。

 

Img_0168 Img_0169

4杯目ペールエール、5杯目だいだいエール。

どちらも好きですが、特にだいだいエールが素晴らしい。

 

ここでギアを入れ替え。

Img_0170

ブラウニー(580円)と、チョコレートベリーエール。

窒素ガスなので、泡が細やか。

 

Img_0171Img_0172

7杯目エスプレッソスタウト、8杯目ジャパニーズクラシックエール。

ブラウニーに一番合ったのは、強いて言えばエスプレッソスタウトかな。

とは言え、スタウトにしては香りに癖があるので、スタンダードなスタウトのほうがよりいいかも。

 

常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station

住所:千代田区丸の内1-9-1

電話:03-6551-2515

 

| | コメント (0)

欠品多すぎ・・・ 銀座「ライオン 銀座五丁目店」86回目

仕事終わりに、銀座五丁目。

席に案内されるなり、「申し訳ありません、エーデルピルスと白穂乃香とクリーミートップが、切れていてご注文いただけません」とのこと。

こんなん初めて。

 

Img_0158

黒ラベルの大ジョッキ。

これが飲めて良かった・・・

 

Img_0159

チキンの唐揚げ(890円)。

 

現「エビスを大ジョッキで」

店「すいません、エビスも切れていて、近くの店に樽を借りに行ってますので、あと15分くらいかかります」

現「じゃ、黒ラベルの大ジョッキをください」

Img_0160

これだけ欠品が多いと、選びづらいですね。

 

Img_0161

樽が借りられたとのことで、レシートアンケートでエビス。

 

Img_0162

最後は、エビスのハーフ&ハーフを大ジョッキで。

あんまり楽しくなかったなぁ。

 

ライオン 銀座五丁目店

住所:中央区銀座5-8-1

電話:03-3571-5371

| | コメント (0)

バイエルンマイスタービールで家飲み

Img_0152

キャンプの帰りに購入した、バイエルンマイスタービール。

 

Img_0154

自家製焼売とともに。

 

Img_0155

1杯目、エーデルワイス。

フルーティーな香りとコクが特徴。味の良さは抜群です。南ドイツにご旅行や滞在された方がなつかしく思われるまさに本場の味です。」

 

Img_0156

2杯目、プリンス。

「きらめく黄金色と清々しい味わいは、気品あるプリンスを彷彿とさせます。大麦の旨み、ホップの優しい苦みと香りが人気です。」

 

Img_0157

3杯目、スペシャルビールのクラシック。

今から500年以上前 世界最古の食品の法律がドイツ国 バイエルン州で制定されました。ビール純粋令という法律です。ビールに使う原料は 麦 ホップ 酵母 水のみを用い造ること。今回は その時代に造られていた大変古いビールレシピでお楽しみいただけたらと思っております。ビールカラーは 黒色です。最高級の材料で丁寧に再現いたしました。様々な機会に至福のひと時をお楽しみください!」

どれもスタイルに忠実で、大変レベルが高い。

流石です。

| | コメント (0)

バイエルンマイスタービール! 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その7

その6の続き。

 

Img_0139

3日目の朝、2回目の朝食もホットサンド。

Img_0138 Img_0141

前日と具は同じ。

次は別の具にチャレンジしたいですね。

 

テントは無いので、撤収はあっという間。

西湖から富士宮鳴沢線で富士宮方面へ。

Img_0142

今日もいい天気です。

 

Img_0146

あさぎり温泉 風の湯」。

 

駐車場から、ランスタート。

Img_0148

まかいの牧場。

16年くらい前に、家族と来ました。

懐かしいなぁ。

 

Img_0149

9km走って、お風呂でスッキリ。

 

Img_0150

同じく16年ぶりの、バイエルンマイスタービール。

ビール3本買って、帰途につきました。

Img_0151

| | コメント (0)

鯖缶ごはん 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その6

その5の続き。

 

Img_0128

4杯目、エチゴのピルスナー。

 

Img_0126 Img_0130

ご飯一合に鯖缶と余っていた玉ねぎを投入して、炊き込みました。

メチャクチャ簡単ですが、結構いけますね。

結構な量でしたが。

 

Img_0131

5杯目、TOKYO CRAFTのIPA。

 

Img_0132

6杯目、富士桜のシュヴァルツヴァイツェン。

 

Img_0134

つまみは、かりんとう。

 

Img_0133Img_0137

7杯目はラオホ、8杯目は一番搾りの黒生。

 

結構飲みましたが、しっかり後片付け出来ました。

 

その7に続きます。

 

| | コメント (0)

燻製作りからのビール 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その5

その4の続き。

 

Img_0118

暖かかったので、コテージのテラスでテレワーク。

贅沢です。

 

午後は、仕事をしながらスモーク作り。

Img_0120 Img_0121

燻製チーズ・・・出来上がったのを撮るの忘れました。

 

夕方、仕事を終えて飲みスタート。

Img_0123

黒ラベル。

 

Img_0122 Img_0125

昨日は焼肉、今日は鍋。

 

Img_0124Img_0127

2杯目富士桜のピルス、3杯目ヴァイツェン。

 

Img_0129

その6に続きます。

| | コメント (0)

西湖を反時計回り一周 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その4

その3の続き。

 

6時半起床。

Img_0110

ラン、スタート!

Img_0111

 

西湖の周囲を、反時計回り。

Img_0112

やっと富士山が見えました。

 

Img_0113

約10km。

ちょうどいい感じです。

 

キャンプ場のお風呂に入って、朝食の準備。

Img_0115

今回デビューする、ホットサンドメーカー。

これもふるさと納税の返礼品です。

トーストって、キャンプで食べようとすると少々面倒くさかったので、前から欲しかったんです。

 

Img_0114  Img_0117

ハムとチーズを挟んで、いい感じに焼き上がりました。

こりゃええわ。

 

その5に続きます。

| | コメント (0)

富士桜をボトルで 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その3

その2の続き。

 

Img_0096

3杯目、地元のスーパーで購入した富士桜のピルス。

やっぱ美味いわ。

 

Img_0098

4杯目、富士桜のヴァイツェン。

盤石の美味さ。

 

Img_0097 Img_0102

正価で購入した、トランギアのメスティンで自動炊飯。

うん、美味しく炊けますね。

 

Img_0100

5杯目、シュバルツヴァイツェン。

どれもこれも、レベル高いねぇ。

 

Img_0103 Img_0105

ハラミを食べきったので、缶詰。

 

Img_0106

6杯目、ラオホ。

どれもこれも美味いね、富士桜。

 

Img_0107

食器を洗って、サイトを片付けて、コテージ内へ。

 

Img_0109

ハイキューを観ながら、もう一杯(笑)

 

その4に続きます。

| | コメント (0)

ハラミでビール 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その2

その1の続き。

 

Img_0108

コテージ到着。

さあ、夕食の準備です。

 

Img_0090

その辺の枝とか、家から持ってきた木製家具を燃やして、炭に着火。

Img_0091

ソロだと、ユニセラ半分で十分なんですよね。

Img_0092 Img_0094

焼いたのは、泉佐野市のふるさと納税返礼品のハラミ。

 

Img_0093

家から持ってきた一番搾り。

 

Img_0095

2杯目、これも家から持ってきたクラシックラガー。

まだ6時過ぎなんですよね(笑)

 

その3に続きます。

| | コメント (0)

津久井湖ラン 富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 その1 「相模下九沢温泉 湯楽の里」

2021年初の旅行記はソロキャンプで富士西湖。

「またか!」感はありますが、ご時勢ですから。

 

キャンプの準備を整えて、ランニングウエアに上着を羽織って、車で出発。

高速を全く使わず、「相模下九沢温泉 湯楽の里」に12時頃到着。

Img_0087

道中のお供は、水曜どうでしょうDVD「北極圏突入!」の副音声。

D陣のみのトークを飛ばすのを覚えてから、ドライブが楽しくなりました。

駐車場に車を停め、津久井湖を目指してランスタート。

Img_0086

相模川。

思いの外暑かったのと、道がイマイチだったので津久井湖までたどり着けず引き返し、約8kmのラン。

ま、いいでしょ。

 

Img_0088

相模湖ICから高速に乗り、河口湖ICへ。

 

Img_0089

午後3時過ぎ、マックスバリュ富士河口湖店で食料の買い出し。

今回はテント泊でなく、コテージ泊なので、ちょっとのんびり出来ます。

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

黒っぽく 高田馬場「高田馬場タップルーム」55回目

RAKUSPAまでラン。

Img_0073

御茶ノ水駅の改札が無くなってて、びっくりしました。

 

Img_0079

久しぶりに、高田馬場タップルーム。

 

Img_0076

ラン後なので、ヘレスから。

ほぼクリア。

普通に飲みやすいのがいいよね。

 

Img_0077

スタウト枝豆(330円)。

 

Img_0078-1

2杯目、インディアペールラガーを頼むも、欠品だったので帝国IPA。

写真撮り忘れましたが。

 

Img_0074-1

ここで、かりんとう(330円)追加。

写真撮り忘れたけど。

 

Img_0080

かりんとうに合わせて、3杯目にばかやろー!エール。

「このふてぶてしい、横柄な態度のエールは、危険な程強い、あなたに油断の隙を与えないだろう。」

ほぼクリア。

レモングラス感があるのが、かりんとうと合わすには邪魔だったかも。

 

Img_0081

4杯目、黒船ポーター。

ガス弱め。

スルスル飲めて香ばしい。

これが合うのよ、かりんとうに。

 

住所:新宿区高田馬場3-2-14
電話:03-5332-7795

| | コメント (0)

PA✗2 東京「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」2回目

東京駅丸の内北口を出てすぐのところにある、「常陸野ブルーイング丸の内」。

Img_0061

東京駅の構内に2ヶ所もあるんですね、常陸野ブルーイング。

店の外から眺めた感じ「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」より、少し席数は多いかな。

丸の内と八重洲をつなぐ自由通路に面していて、人通りは多そうなんですが、少々落ち着かない雰囲気だったので、入店せず八重洲に移動。

 

Img_0063

2回目の訪問。

前回に引き続き、1時間飲み放題をオーダー。

 

Img_0062

1杯目、ホワイトエール。

「ハーブスパイスを加えた小麦ビール。爽やかな香りに、ほどよい酸味となめらかなのど越しが特徴です。常陸野ネストの一番人気!」

濁りあり。

ガスやや弱め。

ちょっとスパイシーですっきり。

 

Img_0064

常陸さばサンド(780円)。

 

Img_0065

2杯目、ペールエール。

「英国産の麦芽とホップをふんだんに用いた小麦色のビール。草原を思わせる豊かな香りとキレの良さで飲みやすいビールです。」

やや濁りあり。

ガスやや弱め。

美味い!

 

Img_0067

3杯目、ラガー。

「アロマホップの爽快な香りとほど良い苦味、キレの良いフレッシュなのど越しを堪能してください。明るい色合いのビールです。」

淡色でやや濁りあり。

ガス弱めでフルーティーなラガー。

 

Img_0068

4杯目、ジャパニーズクラシックエール。

「東京駅店限定!モルトの旨味とアロマホップの華やかな香りが存分にお楽しみ頂けます。日ごとに味わいが異なるもので、その時々の味わいを是非お試しください。」

ほぼクリアで、当たり前ですがガス弱め。

 

Img_0069

5杯目、だいだいエール。

「『福来みかん』の皮由来のフルーティーな苦味がしっかり。」

やや濁りあり。

しっかり苦い。

 

Img_0070

6杯目、再びペールエール。

これで終わりだったため、量が中途半端。

飲み放題ならではですね。

 

Img_0071

7杯目、エスプレッソスタウト。

「重厚なスタウトをベースに、深入りのコーヒー豆を加えて醸造した、ネストビールでも特に濃厚な、ヘヴィなタイプの黒ビール。」

ガス弱めでかなり香ばしい。

単独で飲むとクセ強めなので、スイーツと合わせたいかな。

 

常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station

住所:千代田区丸の内1-9-1

電話:03-6551-2515

Img_0072

| | コメント (0)

「nonpi foodbox」で家飲み

いわゆる「会食」しなくなって結構経ちますが、会社の同僚から「nonpi foodbox」を使ったオンライン飲み会を提案されました。

Img_0055-1

飲み会当日、クール便で料理とお酒(缶ビール✗3)が到着。

選んだセットは「北海道の冬の味覚プラン(税抜4,500円)。

 

定刻から少し遅れて、オンライン飲み会スタート。

 Img_0058

まずは「冷製アラカルト」から。

左上から右に「花畑牧場のフレッシュモッツァレラチーズとオリーブ」「数の子入り松前漬け」「ズワイガニのポン酢ジュレ」。

左下から右に「ホッキ貝サラダ」「ウニ豆腐蒸しウニのせ」「北海道産ローストポーク刻みわさびソース」。

確かに北海道感あるメニュー構成。

 

冷製アラカルトだけでも十分なんですけど、「温製アラカルト」もあります。

Img_0059

600wで1分。

左上から右に「チーズ入りいももち」「いか焼売」「甘辛ザンギ」。

左下から右に「鮭ちゃんちゃん焼き」「ラム肉のジンギスカン」「帆立とアスパラのバター焼き」。

ちょこちょこ食べられるのはいいですね。

 

Img_0060

これも600wで1分。

あっという間に味噌ラーメン。

 

ちなみに付いていたビールは、スーパードライ、一番搾り、よなよなエールでした。

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »