« 皿盛? 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その3〜京都市東山区「篠田屋」 | トップページ | 新規333ヶ所目! 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その5〜ビールの準現場から 大阪市北区「BAK」 »

ワンオペ大変そう 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その4〜ビールの現場から 大阪市西区「箕面ビール(土佐堀)」47回目

その3の続き。

 

京阪三条駅から、京阪電車で淀屋橋まで移動し、予約していたホテルにチェックイン。

アーリーチェックインできるプランで良かった。

 

17時半、ホテルを出て土佐堀へ。

Img_2473

 

まだ17時台にも関わらず、カウンターの空きは1席のみ。

Img_2479

Y「お久しぶりです」

現「1年ぶりですね」

 

Img_2474_20211019125501

箕面ビールのメニュー。

おなじみですね。

 

Img_2475_20211019125501

「現場」モノのメニュー。

 

Img_2476_20211019130001

1杯目、「現場」モノからラガー(パイント、930円)

「ビアベリーブルーイング今年初醸造の『ラガー』!!!!!すっきりとした飲み口でホップもしっかりめです。何杯でも飲めるビールに仕上がってます。」

やや濁りあり。

ガスが弱めなので、ごくごく飲めます。

ちょい甘めのフィニッシュです。

★7.5

 

Img_2478

シーザーサラダ(660円)。

最近サラダを頼むことが増えてます。

 

このあたりから、フロアにもお客さんが増えてきたんですが、中の人はYさんのみ。

旧土佐堀店では、ワンオペ当たり前でしたが、このハコだとかなり大変そう。

追加を頼むにも、気を使います。

Img_2480_20211019132301

2杯目、箕面ビールからペールエール(パイント、890円)。

「ホップの香りと苦みが特長のキレのある定番エール。カスケードホップを贅沢に使用した、柑橘系のアロマが爽やかなアメリカンスタイルのペールエールです。香りと一緒に心地よい苦味を楽しんでもらえ、すっきりとした後味のビールです。」

かすかに濁りあり。

ガス弱めで、ちょいフルーティなエール。

★8

 

Img_2481

3杯目、現場モノのブギウギシェイクIPAを頼んだんですが、キレてしまったとのことで、準現場モノの中からスタウト(パイント、880円)。

「コーヒーやビターチョコレートを思わせるフレーバー、滑らかなやわらかさとドライな後味にこだわった、飲み飽きないスタウト。何杯でも飲みたい『黒』!を追求した、箕面ビールの自信作です。」

ガス弱めで、記載の通り何杯でも飲めそうな良スタウト。

★8

料理に合わせたかった・・・

 

Img_2482_20211019140501

様子を見ながら、フィッシュ&チップス(715円)追加。

 

Img_2483

19時半ごろになって、ようやく少し余裕が出てきました。

 

Img_2484

4杯目、W-IPA(UKパイント、1,100円)。

「通常の2.5倍のモルトとホップで仕込んだアルコール度数9%のストロングエール!しっかりとした苦味とふんだんに使用したカスケードホップのアロマ、濃厚なモルトのフレーバーのバランスを楽しんでもらえるビールです。」

ほぼクリア。

東京のビアバーでも、見つければ必ず飲むビールの一つですが、準現場で飲むと違いますね。

ガス弱めなのと、UKパイントグラスが相まって、実にいい雰囲気。

★8

 

Img_2485

ラスト、ピルスナー(パイント、890円)。

「低温で長時間熟成をおこなったすっきりとした喉ごしと爽快感で、何杯でも飲んでいただけます。厳選したノーブルなホップのみを贅沢に使用した、爽やかな苦味が特徴のラガービール。和洋中問わずいろいろなお食事とあわせて楽しめます。」

このタイミングで見ると、色淡いですねぇ。

でもそこそこモルトが感じられるのがいい感じ。

★8

 

Img_2486

20時過ぎにもなると、かなりゆったり。

 

Img_2487_20211019142801 Img_2488

20時20分、お店を出ました。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

次は通常運転のときに来たいですね。

 

その5に続きます。

 

BEER BELLY

住所:大阪市西区土佐堀1-1-31

電話:06-6441-0717

|

« 皿盛? 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その3〜京都市東山区「篠田屋」 | トップページ | 新規333ヶ所目! 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その5〜ビールの準現場から 大阪市北区「BAK」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皿盛? 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その3〜京都市東山区「篠田屋」 | トップページ | 新規333ヶ所目! 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その5〜ビールの準現場から 大阪市北区「BAK」 »