« 1年半ぶり 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その1〜ビールの準現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」15回目 | トップページ | 皿盛? 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その3〜京都市東山区「篠田屋」 »

名古屋から京都へ 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その2〜京都市中京区「夷川燕楽」おでん

その1の続き。

 

Y.MARKET BREWING KITCHEN」で飲んだ後、在来線で名古屋駅から大垣へ。

Img_2439

米原経由で京都に向かい、山科駅で地下鉄東西線に乗り換え、京都市役所前駅へ。

Img_2443_20211016121601

ホテルは、京都マラソンの時と同じ。

チェックインして、まず一杯。

Img_2442_20211017071901

ウエルカムドリンク無料券をいただいたので。

有り難や。

 

17時、ちょっと早めですが、夕食のお店を探しに外出。

麩屋町通りを北へ向かい、夷川通りを西に進んですぐ、いい感じの店を発見しました。

Img_2444_20211017073701 Img_2464_20211017073701

店先のメニューを見る限り、割とリーズナブル。

入ってみました。

 

入ってすぐ左のカウンター席。

Img_2453_20211017074101

木の質感が素敵なカウンターで、調理場が一望できます。

 

Img_2447 Img_2446_20211017075001

瓶ビール(660円)。

 

Img_2445_20211017075501 Img_2449_20211017075501

おでんメニューから、厚揚げ、玉子、ごぼ天、大根。

最近コンビニおでんに慣れていたので、きつすぎない優しい味付けが身にしみました。

 

Img_2451

少し遅れて麩が別皿で登場。

フワフワでメチャうま。

 

Img_2448_20211017081101 

おでんを食べた瞬間から、日本酒が欲しい口になってしまいました。

京都のお酒中心のラインナップ。

嬉しいですね。

 

Img_2452

メニューの一番右、佐々木酒造のまるたけえびす(710円)。

 

Img_2454 Img_2455

鱧と松茸の天ぷら(1,070円)。

季節感あっていいわぁ。

 

Img_2456_20211017083601

右から2つ目、玉乃光酒造の酒魂(750円)。

スルスル飲めるので、こちらのほうが好みですね。

 

Img_2458_20211017084801 Img_2459_20211017084801

豆腐、湯葉。

湯葉の食感がたまりません。

 

Img_2457_20211017085301

右から3つ目、キンシ正宗の金鵄正宗純米吟醸(890円)。

これはちょっとドライな印象。

 

Img_2460_20211017085601

ちくわ、生姜天。

 

Img_2452

右から4つ目、齊藤酒造の古都千年(800円)。

キリリ、フルーティ。

 

Img_2461 Img_2462_20211017090401

田舎こんにゃく、うどんきんちゃく。

出汁の旨みを感じますね。

 

夷川燕楽

住所:京都市中京区夷川通り麩屋町西下ル北側

電話:075-254-8488

|

« 1年半ぶり 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その1〜ビールの準現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」15回目 | トップページ | 皿盛? 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その3〜京都市東山区「篠田屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年半ぶり 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その1〜ビールの準現場から 愛知県名古屋市「Y.MARKET BREWING」15回目 | トップページ | 皿盛? 名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 その3〜京都市東山区「篠田屋」 »