« 3年ぶり 札幌ビール旅行記2021秋 その1 | トップページ | 飲み放題 札幌ビール旅行記2016夏その3〜札幌「牛乃屋本店」 »

5年ぶり 札幌ビール旅行記2021秋 その2~ビールの準現場から「Beer Bar NORTH ISLAND」20回目

その1の続き。

 

5年ぶりの「Beer Bar NORTH ISLAND」。

20時過ぎ、移転後初の訪問です。

Img_3188

 

エレベーターで10階へ。

Img_3189_20211209184501

店内に入ると、左にも右にも奥にもカウンター席が。

眺めいいですね。

以前より、大バコになったかな。

 

左のカウンターに着席し、ビールメニュー確認。

Img_3190

10種類飲めるようです。

 

Img_3192_20211209212201

1杯目、Pilsner(L、780円)。

「爽快なホップ香と軽やかな味わい。1杯目に迷ったらこちらがお勧め。」

迷った結果、コレ(笑)。

クリアで、ガス普通。

モルトのフレーバーが感じられるピルスナー。

★7.5

 

Img_3191_20211209212901 Img_3194

道産北あかりのポテトフライ(600円)。

前回(2016年)も思いましたが、北海道のポテト恐るべし。

 

ふと振り返ると、反対側のカウンター奥のキッチンに前の店にもいらっしゃった料理長が。

現「ご無沙汰してます」

料「おおー、お久しぶりです」

現「こっちのカウンターに移ってもいいですか?」

料「どうぞどうぞ」

 

Img_3195_20211209213301

2杯目、Fresh HOP Ale(L、780円)。

「初の試みとして地元江別産ホップを100%使用したAmber Ale。」

やや濁りあり。

見た目どおり、ちょっと香ばしいアロマ。

確かにホップがユニーク。

品種的には、何なんでしょう?

★7.5

 

現「5年ぶりなんですよ」

料「そんなになりますか」

現「こっちの店初めてですもん」

 

Img_3197_20211209214301

3杯目、White I.P.A(L、780円)。

「江別産小麦を使用したジューシーでトロピカルなビール。グレープフルーツの皮のような苦みが特徴。」

濁りあり。

ガス弱めで、見事にフルーティ。

ドライなフィニッシュ。

今風ですね。

★8

 

現「あれっ?」

料「どうしました?」

現「スタウト、無いですね」

料「そうなんです。上から5つが今の定番です」

 

Img_3198 

4杯目、I.P.A(L、780円)。

「鮮烈な苦みとホップの柑橘香が特徴。ボディー感がしっかりしており、お肉料理との相性も抜群。」

やや濁りあり。

ガスやや弱めで、ホッピーなアロマ。

苦みはそこそこ。

★8

 

Img_3201_20211209220701

5杯目、Coriander Black(L、780円)。

「コリアンダーシードの果実味が心地よい黒ビール。スパイス料理との相性も抜群。」

ガス弱め。

スパイシーで、軽やか。

さすがの飲みやすさ。

★8

 

現「じゃ、このへんで」

料「いつまで札幌ですか?」

現「明後日帰ります」

料「また来てください」

現「明日来いってか(笑)」

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

その3に続きます。

 

Beer Bar NORTH ISLAND

住所:北海道札幌市中央区南2条西4-10-1 

電話:011-251-8820

Img_3200 Img_3196_20211209221501

|

« 3年ぶり 札幌ビール旅行記2021秋 その1 | トップページ | 飲み放題 札幌ビール旅行記2016夏その3〜札幌「牛乃屋本店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年ぶり 札幌ビール旅行記2021秋 その1 | トップページ | 飲み放題 札幌ビール旅行記2016夏その3〜札幌「牛乃屋本店」 »