« 早朝散歩 函館ビール旅行記2023春 その10 | トップページ | 13年ぶり 函館ビール旅行記2023春 その12〜ビールの現場から 北海道函館市「はこだてビール」4回目 »

無添加生うに 函館ビール旅行記2023春 その11〜函館「うにむらかみ 函館本店」2回目

その10の続き。

 

ホテルをチェックアウトして、予約していたお店へ。

Img_3133_20230610075201

11:00 「うにむらかみ 函館本店」。

2001年頃、家族で一度来たことありますが、うにが衝撃的に美味しかった以外の記憶がありません。

 

Img_3148_20230610081201

予約していたおかげか、ゆったりとした奥のテーブル席に案内されました。

 

うに丼を食べる前に、少しつまみますか。

Img_3135_20230610082401Img_3143_20230610082401

うに屋の前菜セット(1,760円)。

右下、あわびのうに味噌和え。

左下、うにの醤油漬け。

上は、一人だとサービスでいただける小鉢。

お酒は、うにむらかみの特別純米(900円相当)。

差し引き860円ですから、お得感ありますね。

量少ないけど(笑)

 

そろそろ丼、いきますか。

Img_3138_20230610085301

うに丼レギュラーサイズ7,260円。

うーん、高い。

なんぼなんでも高すぎる。

 

Img_3140-1Img_3145-1

悩んだ末チョイスしたのが、うにとまぐろの二色丼(5,940円)。

まぐろが入荷したときしか、注文出来ない点に惹かれました。

うに、さすがですね。

この20年間、ちょいちょいウニをいただく機会ありましたが、全然違いますね。

まぐろも上質。

この辺で穫れたものだとしたら、ほぼ大間だからかな。

 

Img_3139_20230610090301Img_3147_20230610090301

国稀の特別純米(900円)。

 

美味しかったんですが、滞在時間わずか40分。

あっという間でした。

確かに美味しいんですが、満足度が高いかと言われると・・・

 

その12に続きます。

 

うにむらかみ 函館本店

住所:北海道函館市大手町22-1

電話:0138-26-8821

|

« 早朝散歩 函館ビール旅行記2023春 その10 | トップページ | 13年ぶり 函館ビール旅行記2023春 その12〜ビールの現場から 北海道函館市「はこだてビール」4回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝散歩 函館ビール旅行記2023春 その10 | トップページ | 13年ぶり 函館ビール旅行記2023春 その12〜ビールの現場から 北海道函館市「はこだてビール」4回目 »