« 前回とは違う部屋 チェコ ビール旅行記2023 その15〜ビールの現場から プラハ「U Fleků」2回目 | トップページ | 列車でプルゼニへ チェコ ビール旅行記2023 その17 »

オリジナル控えめ チェコ ビール旅行記2023 その16〜ビールの現場から プラハ「U MEDVÍDKŮ」初訪問

その15の続き。

 

ホテルで休憩して、19時半を過ぎてやっと回復。

Img_7098

さあ、夕食です。

 

Img_7099_20231201153301Img_7111_20231201153301

U MEDVÍDKŮ」。

入口入って左に行くとホテル、右に行くとレストラン。

 

Img_7104_20231201153601

ほぼ満席ですね。

 

Img_7106_20231201154101

ビールメニュー。

一番上にBudvarが書いてあるんですが、オリジナルはOldgottとのこと。

 

Img_7100_20231201154301

これもオリジナルとのことだったので、頼んでみました。

 

Img_7101_20231201154301

1杯目、Sexgott(0.5リットル、96コルナ/約672円)。

濁りあり。

ガス弱めで、モルトもホップもしっかり感じるんですが、飲みやすい。

後味でしっかり苦みを感じます。

★8

 

Img_7102Img_7107_20231201155201Img_7105_20231201155601

Sausages with "OLDGOTT" semi dark unfiltered beer from our minibrewery with bread and grated horseradish(180コルナ/1,260円)。

これもまた西洋わさび多め。

デミグラスっぽく見えますが、ケチャップ感あり少し甘め。

 

Img_7109_20231201155901

2杯目、Budvar svêtly lezák(0.5リットル、65コルナ/455円)。

ライトラガー。

今回の旅行で、初Budvarですが、まず思ったのは「美しい!」。

スッキリしているんですが、しっかり麦を感じます。

 

Img_7110_20231201160501

3杯目、Oldgottと迷ったんですが、結局Budvar。

美味いんですもの。

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

その17に続きます。

|

« 前回とは違う部屋 チェコ ビール旅行記2023 その15〜ビールの現場から プラハ「U Fleků」2回目 | トップページ | 列車でプルゼニへ チェコ ビール旅行記2023 その17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前回とは違う部屋 チェコ ビール旅行記2023 その15〜ビールの現場から プラハ「U Fleků」2回目 | トップページ | 列車でプルゼニへ チェコ ビール旅行記2023 その17 »