« 現場未遂? 那覇ビール旅行記2024冬 その4〜那覇「古酒と琉球料理 うりずん」初訪問 | トップページ | 那覇朝散歩 那覇ビール旅行記2024冬 その6〜那覇「味噌めしや まるたま」 »

新規466ヶ所目! 那覇ビール旅行記2024冬 その5〜ビールの現場から 沖縄県那覇市「浮島ブルーイング」

その4の続き。

 

「うりずん」を出て、徒歩で牧志にある「浮島ブルーイング」に戻る途中でビールなお店発見。

Img_8614_20240311111001

「The Orion Hotel」1階にある「THE ORION BEER DINING」。

ホテルの1階だけあって、とってもオシャレ。

今回の予定には入ってませんが、機会があれば。

 

Img_8615_20240311111501

国際通りはエキゾチック。

 

Img_8616_20240311111801Img_8625_20240311112401

19:48 再訪問。

18時の件があったからか、スムーズに案内していただきました。

 

Img_8620_20240311113501Img_8619_20240311113501

正面にカウンターが6席、10人がけの大きなテーブルが4台。

広々とした空間で、窓の形がユニーク。

 

Img_8617-1

ビールメニュー。

8種類も飲めるんですね。

 

Img_8621_20240311115201

1杯目、浮島ホワイトフローラ(730円)。

「フローラ(flora)は花と豊穣と春を表す女神。小麦による白湯した色と県産カーブチーの香りを楽しめます。」

クリアで、その名のとおり、フローラルなアロマ。

カーブチーっていうのは、沖縄県で取れる柑橘類のようです。

★7.5

 

Img_8618_20240313073401Img_8622_20240313073401

ミジュンの南蛮漬け(520円)。

「沖縄近海で捕れた小イワシを油で揚げ、まろやかな酢漬けにしています。」

 

Img_8623_20240313073701

2杯目、ポーたまエール(750円)。

「ポークたまこおにぎりさんとのコラボビール。タンカンとサブロ(ホップ) によるさわやかな香り。」

かすかに濁っていて、アロマは控えめ。

少しフローラルなフレーバー。

ゴクゴク飲めますね。

★8

 

Img_8624_20240313074301

3杯目、浮島 New England IPA(800円)。

「ホップを通常の8倍も使用しジューシーな香りと味わいを追求したエール。」

濁っていて、アロマはそこそこ。

★7.5

 

まだ飲んでないビールもありますが、ここで終了。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

その6に続きます。

 

浮島ブルーイング

住所:沖縄県那覇市牧志3-3−1 水上店舗第二街区3F

電話:098- 894-2636

|

« 現場未遂? 那覇ビール旅行記2024冬 その4〜那覇「古酒と琉球料理 うりずん」初訪問 | トップページ | 那覇朝散歩 那覇ビール旅行記2024冬 その6〜那覇「味噌めしや まるたま」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現場未遂? 那覇ビール旅行記2024冬 その4〜那覇「古酒と琉球料理 うりずん」初訪問 | トップページ | 那覇朝散歩 那覇ビール旅行記2024冬 その6〜那覇「味噌めしや まるたま」 »