41)かなり美味しかったビール(★9)

戸塚で途中下車 ビールの現場から 横浜市戸塚区「BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)」6回目

後輩Sと藤沢から帰る途中、戸塚で途中下車。

Img_9048_20240405072801Img_9052_20240405073801

BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)戸塚店」。

戸塚店は5年4ヶ月ぶり3回目。

 

Img_9050-1

ビールは前回と変わらず10種類。

 

Img_9051-1_20240405074101

ベイピルスナー(L、1,000円)。

「チェコの伝統的醸造方法『トリプルデコクション』によって、麦の香ばしさを引き出し、最高級ザーツホップで上品な苦みと爽やかなアロマに仕上げたピルスナー。」

さすがベイブルーイング、美味いピルスナーです。

★9

最近このフォルムのジョッキで飲むことが増えてます。

チェコ旅行の余韻ですかね。

 

Img_9054_20240405075101Img_9053_20240405075101

ラスポテト大盛(600円)。

S「懐かしいなぁ・・・大好きなんです、ラスポテト」

現「そうなんや」

 

Img_9055_20240405082501

チェコ・ピクルス&ザワー(450円)。

 

Img_9056-1

2杯目、ベイダーク(L、1,080円)。

「チェコのプラハの老舗醸造所『ウ・フレク』に古くから伝わる醸造方法で仕込んだ。焙煎麦芽とデコクションによる香ばしさとホップの爽やかさは相まって、何杯も飲めてしまうような黒ビール。」

「ウ・フレク」かどうかはさておき、チェコのダークをしっかり再現してくれてます。

★8

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

次は、1軒目で来たいですね。

 

BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)戸塚店」

住所:神奈川県横浜市戸塚区上倉田507-3-1

電話:045-392-6066

| | コメント (0)

一人でも飲み放題 JR東日本キュンパス旅行記2024冬 その5〜ビールの準現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」20回目

その4の続き。

 

Img_9023_20240403072301

17時46分、「BEER BASE BAEREN 盛岡駅前」。

 

Img_9009Img_9021_20240403072801

事前に予約をしていたからか、前回同様カウンター端の席。

入口のドアが開きっぱなしになると、少し寒いです。

 

Img_9004_20240403073501

前回はシーズナルが5種類あったんですが、今回は2種類。

 

Img_9005_20240403134801Img_9006_20240403134801

お一人様でもOKな1時間45分飲み放題プランを、注文しました。

 

Img_9007_20240403135401

1杯目、クラシック。

「苦味とコクのバランスがよくしっかりとした味わいのラガービール。」

モルトっぽいアロマがしっかりします。

あまりの美味さに、飲みごたえを感じるまでもなく、飲み干してしまいました。

★9

 

Img_9008_20240403135401Img_9010_20240403135901

お通し(310円)と、器からはみ出そうなワカメサラダ。

 

Img_9012_20240403140101

2杯目、トラッドゴールドピルスナー。

「チェコ産ザーツホップをふんだんに使った、キリリと苦みの効いた味わい。」

淡色でクリア。

さっぱりなんだけど、そこそこ苦め。

チェコっぽいだからこそ、もう少し温めがいいかな。

★8

 

Img_9011_20240403140501

ソーセージ。

 

Img_9014_20240403140601

3杯目、イノベーションレッドラガー。

「レッドX麦芽を使用した、赤色が特徴のビール。ホップの風味豊かなコクのある味わい。」

クリアでモルティなフレーバーですが、軽やかに飲める。

★8

 

Img_9015_20240403154701

フィッシュ&チップス。

開始して20分弱ですが、料理はこれで最後。

一人で飲むには、十分ですが。

 

Img_9016_20240403154901

4杯目、ヴァイツェン。

「ドイツ南部でよく飲まれている小麦を使った酵母入りビール。小麦麦芽と酵母由来のフルーティーな味わい。」

濁り強い。

ヴァイツェンらしいアロマが、しっかり感じられます。

★8

 

Img_9018_20240403163001

5杯目、スペシャルアルト。

「麦の味わいと穏やかなホップの香りが特徴のエールビール。ドイツデュッセルドルフで伝統的に愛飲されるアルト。」

かすかに濁りあり。

アロマはおとなしめですが、口に含むと香ばしさを感じます。

★8

これまでのアルトと、どう違うのかは不明。

 

レモンラードラー以外は全て飲んだので、ここからは2周目。

Img_9019_20240403163501Img_9020_20240403163601Img_9022_20240403163601

クラシック、スペシャルアルト、トラッドゴールドピルスナー。

時間も来たのでこれで終了。

飲み放題、確実にお得ではありますが、グラスが単一なのが少々残念ですね。

致し方ありませんが。

 

Img_9017_20240403164201

滞在中、一度も出番が無かったホフブロイハウスのロゴが入ったジョッキ。

気になったので聞いてみました。

 

現「すいません、あのジョッキ達は何を頼んだら使われるんですか?」

店「実は明日(3月5日)から、ホフブロイハウスのビールを出すんですよ」

現「そうなんですね!」

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

BEER BASE BAEREN 盛岡駅前

住所:岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11

電話:019-601-7110

 

Img_9024_20240403165001

予定どおり19時50分発のはやぶさで東京へ。

帰りはよく眠れました。

| | コメント (0)

ビール11種類 チェコ ビール旅行記2023 その35〜ビールの現場から プラハ「Vinohradský pivovar」初訪問

その34の続き。

 

Img_7385_20231207202601Img_7393

Vinohradský pivovar」。

中に入ると、幸い空席がありました。

 

Img_7386_20231207203301

ビールは何と11種類。

チェコのクラフトビール、ですね。

 

Img_7387_20231207203701Img_7398_20231207203701

レストランフロアから、窓越しに醸造設備を見ることが出来ます。

 

Img_7389_20231207204101

1杯目、Vinohradská 11(0.5リットル、65コルナ/約455円)。

かすかに濁りあり。

クラフトビール感が悪い方に出なきゃいいなと思ってたんですが、正統な感じのピルスナー。

★9

 

Img_7390-1Img_7391-1

チェコ語だとさっぱりわからないので、英語メニューをいただきました。

 

Img_7394_20231207205901

メインは10種類の中から選んだのは、Pork schnitzel with light potato salad(289コルナ/約2,023円)。

久しぶりに、シュニッツェル頼んでみました。

ナイフで切って一口食べたんですが、なかなかいけました。

 

Img_7395_20231207210701

シュニッツェルをどけてみると、下からポテトサラダが出現します。

上下に重なっているより、横に並んでる方が日本人の情緒に合います。

 

Img_7396_20231207211901

2杯目、Káranská 9(0.5リットル、65コルナ/約455円)。

少しアルコール度低めで、ライトなピルスナー。

淡色でやや濁りあり。

予想どおりさっぱりした飲み口で、1杯目には最適。

さっぱりしているんですけど、薄っぺらくないので。

★8

 

Img_7397_20231207212601

3杯目、Vinohradská 12(0.5リットル、65コルナ/約455円)。

これもピルスナーですが、プレミアムだそうです。

やや濁りあり。

プレミアムだけあって、ボディしっかり。

★8

でもバランス的には、11の方が好みです。

 

トイレに行くとき地下に下りたんですが、結構大バコでした。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

Img_7400_20231207221701

15:30 「Vinohradský pivovar」を出て、来た道を戻ります。

 

Img_7401_20231207221901Img_7402_20231207221901

15:49 聖リュドミラ教会。

 

Img_7403_20231207222201

16:02 ホテル到着。

ちょっと休憩します。

 

その36に続きます。

| | コメント (0)

念願かなって・・・ チェコ ビール旅行記2023 その18〜ビールの現場から プルゼニ「Pilsner Urquell」初訪問

その17の続き。

 

Img_7136_20231201181801

プルゼニ中央駅。

まだチェックインには早いので、キャリーバッグを引きずりながら、徒歩でウルケルの「現場」を目指します。

 

Img_7137_20231201182201

ウルケル醸造所に向かう歩道橋から市街を望む。

歩いてわかったんですが、駅から醸造所はすぐそこなんですが、動線がいまいち過ぎる・・・

 

Img_7139_20231201182501Img_7138_20231201182601

11:52 ウルケルの「現場」到着!

ビア友Kと初めて来た1992年は、ビール博物館近くのお店で飲んだだけ。

2006年にビア友Kとドイツから向かったときは、ドイツチェコ国境を越えられず断念。

やっと来れました。

 

Img_7140_20231201184201Img_7165_20231201185201

門をくぐると、左側にVISITOR CENTER。

醸造所見学ツアーは、11月上旬に予約しようとしたところ一杯で無理でした・・・

 

Img_7163_20231201185201Img_7141_20231201184301

と言うわけで、今回はレストラン「Na Spilce」へ。

 

Img_7145_20231201185901Img_7144_20231201185801

さすがウルケルの現場、超大バコ。

 

Img_7149_20231201190201

WiFiも使えます。

エモいです。

 

ドリンクメニューも見せてもらっていないうちからオーダーを取りに来たので、当然ウルケル!

Img_7147_20231201190501

1杯目、待ちに待った「現場」で飲むウルケルです。

素晴らしいドリンカビリティ。

しっかり麦の味を感じるのは日本で飲んでも同じなんですが、後味にしっかり甘みと苦みが感じられるのが「現場」ならではかな。

いつもより複雑に感じます。

★10

 

2杯目を頼む前に、ドリンクメニューを要求。

Img_7148_20231201190401

通常のウルケルに加え、無濾過ウルケル、ガンブリヌス等々が飲めるようです。

 

と言うわけで、2杯目Gambrinus(0.5リットル、50コルナ/約350円)を頼んだんですが、まさかの撮影忘れ。

舞い上がってたんかなぁ・・・

ジョッキの形がウルケルとは違っていただけに残念です。

値段が安いからというわけではありませんが、スッキリしていて淡白な印象。

夏の1杯目にはこっちがいいかもしれません。

★8

 

Img_7154_20231202160601

3杯目、ウルケルのUnfilered(0.5リットル、61コルナ/427円)。

確かにやや濁りあり。

スッキリさよりも、フクザツさが増加した印象。

★9

 

Img_7150_20231202160101Img_7152_20231202160101

Grilled chicken breast, pepper sauce and stir-fried spaetzle with bacon and peas(295コルナ/約2,065円)。

チキンの胸肉、柔らかくて良かった。

ソースは少し香ばしい。

 

Img_7153_20231202160401

団体客でだいぶ賑わってきました。

 

Img_7156_20231202160601

4杯目、Proud Sloos(0.5リットル、65コルナ/455円)。

クリア。

ラガーなんでしょうけど、アルトっぽい仕上がり。

飲みやすいダークラガー。

★8

 

Img_7158_20231202161001

5杯目、スタンダードなウルケルに回帰。

基本「現場」に行ったら、色々な種類が飲みたくなるんですが、チェコは違いますね。

ライトラガーだけで良いかも。

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

Img_7160-1Img_7161-1

後で読みます。

 

その18に続きます。

| | コメント (0)

寂しい昼食 チェコ ビール旅行記2023 その13〜ビールの現場から プラハ「Staropramen: Visitor Center」初訪問

その12の続き。

 

Img_7047_20231201121101Img_7048_20231201121101Img_7049_20231201121101

Vyšehrad Railway Bridgeを渡ると、すぐスタロプラメンの工場が見えてきました。

麦汁の香りも漂っていて、横浜の生麦っぽさがありますね。

 

Img_7065_20231201121301Img_7064_20231201121401

11:03 「Staropramen: Visitor Center」到着。

10時にはオープンしてるはずですが、外から覗き込む限り、中は真っ暗。

嫌な予感がしてきたところで、中から扉が開いて招き入れられました。

良かった。

 

Img_7050_20231201122001

暗めの演出なんですね。

 

ビールが飲めるレストランは、地下二層構造になってます。

Img_7063_20231201122301

一層目、誰もいません。

 

Img_7051_20231201122301Img_7054_20231201122201

二層目にも、誰もいません。

一番乗りのようです。

あまり嬉しくありませんが・・・

 

Img_7055_20231201122601

ビールメニュー。

スタロプラメンの名前が付いているのは4種類。

 

Img_7052_20231201122801

1杯目、STAROPRAMEN PREMIUM(0.4リットル、65コルナ/約455円)。

現場だけあって、スッキリしていますね。

全部そうですが、ゴクゴクいけます。

★9

 

Img_7056_20231201123301Img_7057_20231201123301

PICKLED PORK SAUSAGE(95コルナ/約665円)。

サーモンピンク色なのがソーセージです。

これ、高輪で食べたやつ。

 

Img_7059_20231201124301

2杯目、STRAPRAMEN UNFILTERED(0.4リットル、65コルナ/約455円)。

ドイツ製小麦麦芽使用だからか、濁り強め。

悪くはないんですが、これじゃない感あり。

★7.5

 

Img_7060_20231201124701

3杯目、STAROPRAMEN DARK(0.4リットル、65コルナ/約455円)。

ちょっと薬っぽくて、飲みやすいとは言えないかな。

★7.5

 

Img_7061_20231201125001

私以外のお客さんが一人入ってきたあたりで、樽の交換作業が始まりました。

1階から地下2階に樽を運んでくるんですが、駅でよく見かける階段用の台車(非電動)を使ってました。

何度も上り下りしてるんですが、いかにも非効率。

リフトぐらい付ければいいのに・・・

 

Img_7062_20231201125801

ラストは、プレミアムをもう一杯。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

その14に続きます。

| | コメント (0)

これぞチェコ! チェコ ビール旅行記2023 その11〜ビールの現場から プラハ「U Dvou koček」初訪問

その10の続き。

 

Img_7004_20231130163501

18:08 ホテルを出発。

写真を整理したり、ブログの下書きを書いたり、昼寝をしたりしてたらこんな時間になりました。

 

Img_7005_20231130163601Img_7023_20231130163601

18:27 「U Dvou koček」。

 

Img_7015-1 

いい感じで賑わっていて、見える限りほぼ満席。

こういうのを待ってたんよ。

 

Img_7008_20231130210001 

ビールメニュー。

オリジナルは2種類で、ウルケルも飲めます。

 

Img_7009_20231130210201 

1杯目、Kocka svètlá(0.5リットル、59コルナ/413円)。

オリジナルのライトラガーです。

濁りあり。

チェコの中では、少しガス強め。

これぞチェコビール感はありますね。

★9

 

Img_7006_20231130210001Img_7011_20231130210601

WARM STARTERメニューから、Roasted pork neck shoulder with mustard and horseradish(119コルナ/約833円)。

チェコのメニューって、必ずグラム数が書いてあるんです。

別に肉の量というわけではないと思いますが、大体のボリュームがわかるのでありがたいですね。

 

Img_7012_20231130211501

ここで頼んでもいないのにパンが運ばれてきました。

これまでヨーロッパで様々なパターンを経験しているので、念のため聞いてみました。

現「これは無料ですか?」

店「そうですよ」

 

一安心ですが、若い頃のようにバクバク食べる感じじゃないですね。

硬くて、美味しくないし。

 

Img_7014-1

2杯目、Kocka tmavá(0.5リットル、59コルナ/413円)。

オリジナルのダークラガー。

これも王道のダークラガー感あります。

チェコに来たって感じ。

★8

 

Img_7017_20231130212801

3杯目、今回チェコに来て初ウルケル!(0.5リットル、59コルナ/413円)。

当たり前ですがクリア。

やっぱりスッキリしてますね。

後味にしっかり麦を感じるあたりが流石です。

 

Img_7007_20231130213001Img_7018_20231130213101

Tomato salad with onions(75コルナ/約525円)。

ほんとにトマトとオニオン。

それだけ。

 

Img_7019_20231130213301

4杯目、Kocka svètlá(0.5リットル、59コルナ/413円)再び。

居心地いいですね、このお店。

 

Img_7022_20231130213501

5杯目、Kocka tmavá(0.5リットル、59コルナ/413円)再び。

実にいい気分。

 

Img_7021_20231130213601Img_7020_20231130213601

料理の値段と、ビールの杯数が棒で表現されてます。

 

これだけ飲んで食べて489コルナ/約3,423円。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

Img_7024_20231130213902Img_7025_20231130214001Img_7026_20231130214001

滑って転んで怪我しないよう、細心の注意を払いながらホテルへ。

 

その12に続きます。

| | コメント (0)

チェコ1杯目! チェコ ビール旅行記2023 その5〜ビールの現場から プラハ「U Tří růží 」初訪問

その4の続き。

 

Img_6894_20231129062201

17:14 濡れない程度の雨が降る中、ホテルを出発。

 

Img_6895_20231129062301 

17:21 ヴァーツラフ広場。

 

Img_6896_20231129062501Img_6897_20231129062501

これっていわゆるクリスマスマーケット?

やたらホットワイン売ってました。

 

Img_6898_20231129062901

17:31 Pilsner Urquell The Original Beer Experience。

今回は素通りさせていただきます。

 

Img_6899Img_6900

17:36 天文時計とティーン教会。

プラハに来たなら、まずはここに来ないとね。

 

Img_6901_20231129140401Img_6913_20231129141401

17:40 「U Tří růží」。

もちろん初訪問。

予約も取ってません。

 

店「このフロアはキャッシュだけですけど大丈夫?」

現「クレジットカードで払いたいんですが」

店「じゃ、上の階に行って」

現「ビールは同じですか?」

店「もちろん」

的な会話を交わして2階へ。

 

Img_6906_20231129141301

2階。

まだ私だけっぽいです。

 

Img_6902-1Img_6903-1

ビールは6種類かな。

 

Img_6904_20231129142501

1杯目は、Lager(0.4リットル、68コルナ/約476円)。

グラスがチェコに来た感じを盛り上げてくれます。

ガス弱めでドリンカブル。

イメージしていたチェコビール。

これですよ、これ。

★9

 

Img_6905_20231129143001Img_6907_20231129143001

何となく選んだのが、シュニッツェル(275コルナ/約1,925円)。

パッと見、マッシュポテトの海に泳ぐ巨大アジフライに見えました。

 

Img_6909

2杯目、Dark Lager(0.4リットル、68コルナ/約476円)。

チェコらしい、香ばしいのに飲みやすい濃色ビール。

コレですよ、コレ。

★8

 

Img_6910_20231129143901 

3杯目、再びLager(0.4リットル、68コルナ/約476円)。

飲みやすいだけに、微妙にジョッキが小さいのが気になりますね。

 

Img_6911_20231129144301

4杯目、Vienna Red(0.4リットル、68コルナ/約476円)。

ほぼクリア。

少し香ばしいフレーバー。

やっぱりチェコでこれは要らんかったかも。

★7.5

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

Img_6908_20231129144901Img_6912_20231129144901

 

その6に続きます。

| | コメント (0)

ビター美味し! 大阪・奈良ビール旅行記2022夏 その5 ビールの現場から 大阪市西区「箕面ビール(土佐堀)」48回目

その4の続き。

 

ホテルでのリモートワークを終え、徒歩で土佐堀の「BEER BELLY」へ。

Img_6464_20220715164001Img_6468_20220715164401

8ヶ月ぶり。

西日が眩しいです。

 

Img_6466_20220715164901

こちらが、箕面ビール(準現場モノ)のメニュー。

 

Img_6474_20220715165001

そして、こちらが「現場モノ」メニュー。

 

Img_6467_20220716073701

1杯目は現場モノからGOLDEN ALE〜MASAJI〜(USP、990円)。

「箕面ビール先代社長をイメージして醸したビアベリーブルーイングの定番銘柄。ウィートを少量使用し、カスケードをはじめとして数種類のアメリカンホップを使用。苦味の効いたゴールデンエールに仕上がっています。」

濁りあり。

説明から想像していたほど苦くない。

もう少し苦くてもいいかも。

★7.5

 

Img_6469 Img_6470_20220716075601

シーザーサラダ(660円)。

ベーコン美味し。

 

Img_6471_20220716080101

2杯目、ナイスなビター(UKP、900円)。

「イギリスのパブで飲まれてきた伝統的スタイル。苦味はなく、味わい深い優しいエール。」

UKPで飲めて900円はリーズナブル。

濁っていて、ビターらしくガス弱め。

アルコール3.5%なのに、軽すぎず飲みごたえあり。

★9

現「美味いっすね、ビター」

Y「現場さん、前も仰ってましたよね」

現「そうそう、ビターばっかり飲んだこともありました・・・」

 

Img_6472_20220716091501

18:13。

西日が強烈に顔面に当たり続けていたのを店員さんが見かねて、布で遮ってくれました。

有り難や。

 

Img_6473_20220716092401

3杯目、PALE ALE(USP、890円)。

「ホップの香りと苦みが特長のキレのある定番エール。カスケードホップを贅沢に使用した、柑橘系のアロマが爽やかなアメリカンスタイルのペールエールです。香りと一緒に心地よい苦味を楽しんでもらえ、すっきりとした後味のビールです。」

かすかに濁りあり。

説明どおり、素敵な香りと、丁度いい苦み。

★8

 

Img_6475

4杯目、IPA 7(USP、930円)。

「『これぞIPA』的な苦みもしっかりあり、香りもしっかりなアンバーカラーのIPAです、」

やや濁りあり。

ホップの香りしっかり。

ガス弱めでドリンカブル。

トラディショナルなIPAですね。

★8

現「なんで『7』なんですか?」

Y「7種類のホップで、7度だからですかね」

現「そうなんや」

 

Img_6478_20220716094901

5杯目、W-IPA(UKP、1,100円)。

「通常の2.5倍のモルトとホップで仕込んだアルコール度数9%のストロングエール!しっかりした苦味とふんだんに使用したカスケードホップのアロマ、濃厚なモルトのフレーバーのバランスを楽しんでもらえるビールです。」

Y「W-IPAなんて、珍しいですね」

現「なんでやねん、毎回頼んでるわ!」

★8

 

Img_6476_20220716175101 Img_6479

あったかいスモークチーズ(495円)。

ケーキのような見た目で、外側カリッと。

 

Img_6480_20220716175701

ラストは、ビター再び。

 

現「僕、そろそろ定年じゃないですか」

Y「もうそんななりますか」

現「奥さん何て言うかわかりませんけど、引退したら京都住もうかなって思てますねん」

Y「えっ、前は天六辺りとか行ってませんでしたっけ?」

現「言うてたけど、年取れば考え方変わるもんやで」

 

Img_6481_20220716180301 Img_6482_20220716180301

20:45 終了。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

その6に続きます。

 

BEER BELLY

住所:大阪市西区土佐堀1-1-31

電話:06-6441-0717

 

| | コメント (0)

1時間飲み放題 岩手・秋田ビール旅行記2021秋 その8〜ビールの準現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」17回目

その7の続き。

 

Img_2222

18:51発の電車で、花巻から盛岡へ。

 

盛岡駅の地下道から上がってすぐのところに、ベアレンの新しいお店があります。

Img_2223_20210926100701

ビアベースベアレン盛岡駅前」。

 

お店は地下1階。

Img_2238_20210927182901

店内、結構賑わってます。

 

Img_2235_20210927184201

幸いカウンターが空いてました。

 

Img_2225_20210927183101

そして、こちらでも飲み放題。

すでに花巻で飲んでいるので、1時間にしておきました。

 

Img_2224_20210927183301

ビールメニュー。

昨日の中ノ橋と同じラインナップですが、コメントが中ノ橋と違います。

 

Img_2227_20210927183801Img_2229_20210927183801

1杯目、2杯目はともにクラシック。

「苦味とコクのバランスがよくしっかりとした味わいのラガービール。」

クリアでガスやや弱。

さんざんIPAを飲んだ後でも、美味しいから素敵。

★9

 

Img_2230_20210927184301

チョリソーチリソースメキシカンピザ(740円)。

 

Img_2231_20210927184601Img_2234_20210927184601

3杯目、4杯目はアルト。

「上面発酵酵母を用いた赤褐色のビール。爽やかなホップの香り。」

クリアでガス弱め。

ちょいモルティで、美味しいねぇ。

★9

 

Img_2236_20210927185201

5杯目、イノベーションレッドラガー。

「レッドX麦芽を使用した、赤色が特徴のビール。ホップの風味豊かなコクのある味わい。」

グラスが普通ですね。

ちょっとがっかり。

ガス弱め。

やや香ばしくて、いい感じ。

かなり好印象。

★9

 

Img_2237_20210927195401

6杯目、シュバルツ。

香ばしくて飲みやすい。

安定して、素晴らしい。

★8

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

プラプラ歩いて、ホテルに帰りました。

その9に続きます。

 

ビアベースベアレン盛岡駅前

住所:岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11

電話:019-601-7110

| | コメント (0)

飲み放題! 岩手・秋田ビール旅行記2021秋 その2〜ビールの準現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」16回目

その1の続き。

 

盛岡駅から、菜園のホテルまで歩いてチェックイン。

16時40分まで休憩した後、中ノ橋に向けて出発。

Img_2138_20210918094801

 

開店時間の17時ちょうどに「ビアバーベアレン中ノ橋」到着。

Img_2139_20210918095101Img_2140_20210918095101

 

カウンターの一番奥の席に案内されました。

Img_2150_20210918095501Img_2151

 

こんな魅力的なオファーが。

Img_2141_20210918140801

2時間飲み放題(2,200円)にしました。

 

Img_2142

飲み放題メニュー。

色々飲めますが、ベアレンビールしか視界に入りませんね。

 

Img_2143_20210918144201

1杯目、かぼすラードラー。

飲み放題は、グラスサイズで提供されるようです。

「大分県産のかぼす使用。和柑橘の酸味が心地よい、香料無添加のフルーツビール。」

淡くて、濁りあり。

泡持ち悪いのは、ラードラーだから致し方無いのかも。

しっかり「かぼす」感ありますね。

★7

 

Img_2144

お通しのスモークサーモン(300円)。

 

Img_2146_20210918150001

2杯目、ヴァイツェン。

「バナナのような豊かな香りが特徴の小麦ビール。苦みが少なく女性にも人気です。」

やや濁りあり。

ガスやや弱めなのが、いいですね。

バナナ感あり。

★8

 

Img_2148_20210918150501

生ハムと県産サラダのグリーンサラダ(750円)。

 

Img_2149_20210918150801

3杯目、トラッドゴールドピルスナー。

「伝統的なピルスナースタイルで、チェコ産ホップをふんだんに使用。苦みがきいた味わい。」

グラスが変わりました。

缶をイメージさせるデザインです。

クリアで、ちょいモルティなのがチェコ感ありますね。

★8

 

Img_2152

4杯目、クラシック。

「ベアレンといえばコレ!コクと苦みのバランスが良く、しっかりとした味わいのラガービール。」

やや濁っていてガス弱め。

ちょい温めなのも相まって、モルトがしっかり感じられます。

東京で飲む機会の多いビールではありますが、さすが現場。

★9

 

Img_2153_20210918154701

5杯目もクラシック。

 

Img_2154

6杯目、イノベーションレッドラガー。

「きれいな赤色が特徴。コクのあり、ホップの風味が効いた飲みごたえのある味わい。」

このグラスデザインが生きますね、まるで缶ビール。

見てのとおりクリアで、ガス弱め。

香ばしい。

これも缶で飲むより好印象。

★8

 

Img_2155_20210918155801

7杯目、パンプキンエール。

「秋の食事と合わせて美味しい、ほのかな甘みとゆったり深みのあるスパイスの香り。」

かすかに濁りあり。

かぼちゃと言うより、ジンジャー感あります。

そしてスパイシー。

★7.5

 

Img_2156_20210918154901

定番!ピザ・マルゲリータ(850円)。

具沢山で、生地がしなっちゃう系のピザ。

 

Img_2157_20210918160501

8杯目、アルト。

「麦芽の甘みとホップの爽快な苦み。口当りがまろやかで、軽い飲み口のエールビール。」

クリア。

ガス弱く、舌にいい感じで絡む感じ。

温めなのも、モルトを生かしますね。

★9

 

Img_2158_20210918161401 

9杯目、シュバルツ。

「シュバルツはドイツ語で『黒』。味わいはまろやか、キレがありたくさん飲めちゃう黒ビール。」

香ばしいのに、ドリンカブル。

素晴らしい。

★8

 

全種類飲んだので、アルトとシュバルツをリピートして、2時間たっぷり楽しみました。

Img_2159-1Img_2160-1

 

2年ぶりのベアレンは、相変わらずの素晴らしさ。

Img_2162_20210918162501

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

ビアバーベアレン中ノ橋

住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21

電話:019-651-6555

 

歩いてホテルへ。

Img_2163_20210918162901

東北電力無線鉄塔。

 

Img_2164_20210918163301

桜山神社。

 

Img_2165_20210918163301

大通り。

 

その3に続きます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000)現場主義って・・・ 001)これまでに行った「現場」リスト 002)オススメの「現場」(国内) 003)オススメの「現場」(海外) 004)「現場」初訪問コレクション 011)北海道の「現場」 012)青森の「現場」 013)岩手の「現場」 014)宮城の「現場」 015)秋田の「現場」 016)山形の「現場」 017)福島の「現場」 018)茨城の「現場」 019)栃木の「現場」 020)群馬の「現場」 021)埼玉の「現場」 022)千葉の「現場」 0230)東京の「現場」※CRAFTROCK除く 0231)東京の「現場(CRAFTROCK) 024)神奈川の「現場」 025)新潟の「現場」 026)富山の「現場」 027)石川の「現場」 028)福井の「現場」 029)山梨の「現場」 030)長野の「現場」 031)岐阜の「現場」 032)静岡の「現場」 033)愛知の「現場」 034)三重の「現場」 035)滋賀の「現場」 036)京都の「現場」 0370)大阪の「現場」※箕面ビール除く 0371)大阪の「現場(箕面ビール)」 038)兵庫の「現場」 039)奈良の「現場」 040)和歌山の「現場」 041)鳥取の「現場」 042)島根の「現場」 043)岡山の「現場」 044)広島の「現場」 045)山口の「現場」 046)徳島の「現場」 047)香川の「現場」 048)愛媛の「現場」 049)高知の「現場」 050)福岡の「現場」 051)佐賀の「現場」 052)長崎の「現場」 053)熊本の「現場」 054)大分の「現場」 055)宮崎の「現場」 056)鹿児島の「現場」 057)沖縄の「現場」 060)ヨーロッパの「現場」 070)アメリカの「現場」 080)アジアの「現場」 100)旅行記INDEX 101)チェコスロバキア旅行記1990 102)チェコスロバキア・オーストリア ビール旅行記1992 104)ヘタレ ミュンヘン旅行記1989 105)ドイツ ビール旅行記1994 107)タイ サムイ島・バンコク旅行記2004 108)タイ ホアヒン・バンコクビール旅行記2005夏 1090)ドイツ・チェコビール旅行2006(準備編) 1091)妄想 ドイツ・チェコ ビール旅行記2006 1092)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・1日目(デュッセルドルフ) 1093)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・2日目(ボン・ケルン・ドルトムント・デュッセルドルフ) 1094)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・3日目(デュッセルドルフ・ケルン) 1095)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・4日目(リューベック・ハンブルク) 1096)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・5日目(チェコ国境、バンベルク) 1097)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目(クルムバッハ、バイロイト、バンベルク) 1098)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目(バンベルク、レーゲンスブルク、ヴェルテンブルク、アンデックス) 1099)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目(アイインク、ミュンヘン) 1100)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目(ミュンヘン) 1101)ドイツ・チェコビール旅行2006を振り返って 120)タイ ホアヒン・バンコクビール旅行記2006 121)マレーシア ランカウイビール旅行記2007 123)タイ パタヤ・バンコクビール旅行記2008 124)シンガポール ビール旅行記2012 1250)息子とアメリカドライブ旅行2017(準備編) 1251)息子とアメリカドライブ旅行記2017 126)サンフランシスコ ビール滞在記2018 127)チェコ ビール旅行記2023 2000)九州14泊15日ビール旅行記2001 2001)鹿児島ビール&ゴルフ旅行記2005冬 2002)佐久・軽井沢スキー&ビール旅行記2005冬 2003)八ヶ岳・清里スキー&ビール旅行記2005春 2004)富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005春 2005)会津ビール&ゴルフ旅行記2005夏 2006)富士西湖キャンプ&ビール旅行記2005夏 2007)関西帰省&ビール旅行記2005秋 2008)東北・北海道ビール旅行記2005 2009)茨城ビール造り旅行記2005 2010)広島・福岡ビール旅行記2005秋 2011)沼津ビール旅行記2005 2012)信州スキー&ビール旅行記2005冬 2013)札幌・旭川ビール旅行記2006冬 2014)札幌プチビール旅行記2006冬 2015)軽井沢スキー&ビール旅行記2006 2016)帯広ビール旅行記2006冬 2017)会津スキー&ビール旅行記2006冬 2018)富士五湖キャンプ&ビール旅行記2006春 2019)札幌ラーメン&ビール旅行記2006春 2020)新潟帰省&ビール旅行記2006春 2021)札幌旅行記2006春 2022)札幌プチビール旅行記2006春 2023)札幌プチビール旅行記2006夏 2024)伊豆夏休み旅行記2006夏 2025)愛媛ビール旅行記2006冬 2026)熊本・福岡ビール旅行記2006冬 2027)福島・山形スキー&ビール旅行記2006冬 2028)長野・車山高原スキー旅行記2007 2029)長野・白馬スキー旅行記2007 2030)伊豆ゴルフ&ビール2007 2031)大阪・京都ビール&都をどり満喫旅行記2007 2032)富士山ゴルフ&ビール&キャンプ旅行記2007 2033)佐賀・長崎ゴルフ&ビール旅行記2007夏 2034)出雲・三次・岡山・大阪ビール移動記2007秋 2035)道東&札幌ビール旅行記2007秋 2036)飛騨高山ビール旅行記2007秋 2037)盛岡ビール旅行記2007秋 2038)房総ビール旅行記2007秋 2039)三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007冬 2040)名古屋・浜松ビール旅行記2007冬 2041)鹿児島ビール旅行記2007冬 2042)北九州・岡山ビール旅行記2008冬 2043)福岡はしごしまくり再び2008 2044)博多~石見銀山~松江~出石~三田ビール移動記2008春 2045)息子と甲子園観戦旅行記2008春 2046)富山旅行記2008夏 2047)息子と甲子園観戦旅行記2008秋 2048)山口・神戸ビール旅行記2008秋 2049)盛岡ビール旅行記2008秋 2050)登別・札幌ビール旅行記2008秋 2051)萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋 2052)和歌山・神戸ビール旅行記2008冬 2053)福岡・佐賀・佐世保ビール旅行記2008冬 2054)新潟・石川・福井・静岡・神奈川ビール旅行記2008冬 2055)関西帰省旅行記2009新春 2056)大阪・京都・三重ビール旅行記2009冬 2057)小樽・札幌ビール旅行記2009冬 2058)車山・清里スキー&ビール旅行記2009冬 2059)宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春 2060)ビール現場サイコロの旅2009春 2061)京セラドーム観戦旅行2009年春 2062)札幌・富良野・小樽ビール旅行2009年夏 2063)野球観戦&ビール旅行記2009夏 2064)甲子園観戦旅行2009秋 2065)宇都宮日帰り2009秋 2066)合格祈願&ビール旅行記2009冬 2067)東北ビール旅行記2010春 2068)甲子園観戦&ビール旅行記2010春 2069)奈良・京都旅行記2010GW 2070)愛知・三重・大阪ビール旅行記2010初夏 2071)札幌・小樽・余市ビール&ウイスキー旅行記2010夏 2072)野球観戦&ビール旅行記2010夏 2073)甲子園観戦&ビール旅行記2010秋 2074)大阪・兵庫ビール旅行記2011冬 2075)札幌ビール旅行記2011春 2076)満喫!東日本パス2011 2077)大阪・神戸・京都 三都飲み2011 2078)札幌6泊7日滞在記2011夏 2079)軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 2080)神戸マラソン&ビール旅行記2011秋 2081)札幌ビール旅行記2011年末 2082)大阪・神戸・広島・岡山ビール旅行記2012冬 2083)京都マラソン&ビール旅行記2012 2084)金沢ビール旅行記2012 2085)岩手・青森ビール旅行記2012夏 2086)札幌ビール旅行記2012夏 2087)富士山マラソン&ビール旅行記2012冬 2088)大阪ビールなお店巡り2012年末 2089)ちょこっと札幌ビール旅行記2013冬 2090)大阪ビールなお店巡り2013初夏 2091)札幌ビール旅行記2013夏 2092)九州縦断ビール旅行記2013夏 2093)札幌ビール旅行記2013秋 2094)富士山マラソン&ビール旅行記2013冬 2095)大阪・兵庫・滋賀・山梨ビール旅行記2013冬 2096)大阪・城崎・米子・松江ビール旅行記2014冬 2097)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 2098)出雲・松江・大山 山&ビール旅行記2014夏 2099)宮城・岩手ビール旅行記2014夏 2100)三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 2101)大阪マラソン&ビール旅行記2014秋 2102)富士山マラソン&ビール旅行記2014冬 2103)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2015冬 2104)札幌ビール旅行記2015冬 2105)福岡ビール旅行記2015春 2106)京都・広島・岡山ビール旅行記2015夏 2107)東北ビール旅行記2015夏 2108)東海ビール旅行記2015夏 2109)福岡・大分ビール旅行記2015秋 2110)富士山マラソン&ビール旅行記2015冬 2111)静岡・愛知・滋賀・京都ビール旅行記2015年末 2112)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2016冬 2113)札幌ビール旅行記2016冬 2114)徳島・香川・岡山・滋賀・愛知ビール旅行記2016春 2115)札幌ゴルフ&ビール旅行記2016夏 2116)長野ラン&ビール旅行記2016夏 2117)神戸・大阪・滋賀ラン&ビール旅行記2016夏 2118)富士山マラソン&ビール旅行記2016冬 2119)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2017冬 2120)新潟・秋田・岩手ビール旅行記2017冬 2121)宮崎・大分・福岡ビール旅行記2017春 2122)東北ラン&ビール旅行記2017春 2123)名古屋・京都・金沢ビール旅行記2017春 2124)和歌山・大阪・奈良ラン&ビール旅行記2017秋 2125)富山ラン&ビール旅行記2017秋 2126)富士山ラン&キャンプ旅行記2017冬 2127)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2018冬 2128)福岡美味いもの旅行記2018冬 2129)松本・清里ビール旅行記2018春 2165)札幌ビール旅行記2018夏 2166)富士山マラソン&ビール旅行記2018冬 2167)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2019冬 2168)名古屋・京都・掛川ラン&ビール旅行記2019冬 2169)岡山・兵庫・大阪ラン&ビール旅行記2019冬 2170)佐賀・長崎ラン&ビール旅行記2019春 2171)福島ラン&ビール旅行記2019夏 2172)名古屋・岐阜・富士宮ラン&ビール旅行記2019夏 2173)近畿・北陸ラン&ビール旅行記2019夏 2174)弾丸甲子園観戦旅行記2019秋 2175)いわて盛岡シティマラソン&ビール旅行記2019秋 2176)富士山マラソン&ビール旅行記2019冬 2177)福岡ラン&ビール旅行記2019冬 2178)いぶすき菜の花マラソン&ビール旅行記2020冬 2179)京都マラソン&ビール旅行記2020冬 2180)富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020夏 2181)富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2020秋 2182)八ヶ岳明野ソロキャンプ&ビール旅行記2020秋 2183)GoTo甲子園観戦旅行記2020秋 2184)仙台ビール旅行記2020秋 2185)富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2020冬 2186)富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2021冬 2187)富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021春 2188)富士西湖キャンプ&ビール旅行記2021夏 2189)岐阜・三重・山梨ビール旅行記2021夏 2190)松本ビール旅行記2021夏 2191)岩手・秋田ビール旅行記2021秋 2192)修善寺ビール&キャンプ旅行記2021秋 2193)名古屋・京都・大阪ビール旅行記2021秋 2194)長野・富山ビール旅行記2021秋 2195)札幌ビール旅行記2021秋 2196)富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2021秋 2197)大分・福岡・熊本ビール旅行記2021冬 2198)京都滞在記2022冬 2199)富士吉田キャンプ&ビール旅行記2022春 2200)札幌ビール旅行記2022春 2201)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2022夏 2202)大阪・奈良ビール旅行記2022夏 2203)香川・高知・愛媛・岡山・兵庫・愛知ビール旅行記2022夏 2204)富士吉田ソロキャンプ&ビール旅行記2022秋 2205)広島ビール旅行記2022秋 2206)福島・岩手・宮城・新潟ビール旅行記2022秋 2207)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2022秋 2208)ふもとっぱら&御前崎ビール&キャンプ旅行記2022秋 2209)長野・山梨ビール旅行記2022冬 2210)兵庫・大阪・京都・岐阜ビール旅行記2022冬 2211)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2023冬 2212)静岡・京都・大阪ビール旅行記2023冬 2213)石川・富山ビール旅行記2023春 2214)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2023春 2215)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2023GW 2216)函館ビール旅行記2023春 2217)富士西湖ソロキャンプ&ビール旅行記2023夏 2218)奈良・大阪ビール旅行記2023夏 2219)静岡・愛知ビール旅行記2023夏 2220)福岡・長崎・山口・島根・鳥取・兵庫・滋賀・岐阜ビール旅行記2023夏 2221)勝浦ソロキャンプ&ビール旅行記2023夏 2222)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2023秋 2223)秋田・岩手・宮城ビール旅行記2023秋 2224)八ヶ岳・伊那ビール&キャンプ旅行記2023秋 2225)修善寺ビール&ソロキャンプ旅行記2023冬 2226)那覇ビール旅行記2024冬 2227)JR東日本キュンパス旅行記2024冬 2228)愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2024春 2229)大阪・京都ビール旅行記2024春 300)ビール東海道中膝栗毛~目指せ!宮宿編 301)ビール中山道中膝栗毛~目指せ!塩尻編 302)ビール飲み飲みダイエット記 303)緊急事態宣言下日記2020 304)禁酒日記2021 305)緊急事態宣言下日記2021初夏 306)緊急事態宣言下日記2021夏 39)ビール「好み度」別INDEX 40)メッチャクチャ美味しかったビール(★10) 41)かなり美味しかったビール(★9) 42)相当美味しかったビール(★8) 43)結構イケたビール(★7) 44)そこそこだったビール(★6) 45)まあまあだったビール(★5) 46)ちょっと?だったビール(★4) 47)イマイチだったビール(★3) 48)飲み干すのがキツかったビール(★2) 50)ビールなイベント 510)ビールなお店INDEX 511)ビールなお店(神田・THE Jha BAR、Bar Malt Road,新橋・Cooper Ale's) 512)ビールなお店(洗足・パンゲア) 513)ビールなお店(青葉台、町田・COPA) 514)ビールなお店(新橋・ビアライゼ’98) 515)ビールなお店(両国・ポパイ) 516)ビールなお店(恵比寿・イニッシュモア、広尾・ヘルムズデール) 517)ビールなお店(六本木・バーンズバー) 518)ビールなお店(本郷、神田・テイルズエールハウス) 519)ビールなお店(六本木、中野、新宿、池袋・アボットチョイス) 520)ビールなお店(六本木、虎ノ門、豊洲、新宿、赤坂・ベルオーブ系) 521)ビールなお店(横濱Cheers) 522)ビールなお店(池袋・vivo!) 523)ビールなお店(下北沢→神田・蔵くら) 524)ビールなお店(下北沢、渋谷・うしとら) 525)ビールなお店(代々木・タンネ) 526)ビールなお店(銀座・ファボリ、新宿・フリゴ、渋谷・ベルゴ、水道橋・フリゴ・エスト、渋谷・フォルチェ) 527)ビールなお店(信濃町・ビアテラス鶺鴒) 528)ビールなお店(新宿・カイテル) 529)ビールなお店(銀座、八重洲、田町・スワンレイク Kura凛&Edo) 530)ビールなお店(横浜・キングペリカン) 531)ビールなお店(横浜・CRAFT BEER BAR) 532)ビールなお店(鷺沼・Bourbon Bar Sal's) 533)ビールなお店(横浜天王町・PIVO屋) 534)ビールなお店(門前仲町・ガブリエ) 535)ビールなお店(中目黒、原宿、馬車道、高田馬場、吉祥寺・タップルーム) 536)ビールなお店(六本木、新日本橋、清澄白河・アウグスビアクラブ系) 537)ビールなお店(住吉・パイレーツオブスミヨシ) 538)ビールなお店(神保町など・ブラッセルズ系) 539)ビールなお店(新宿御苑・BEER PUB BAMBOO) 540)ビールなお店(有楽町・JSレネップ) 541)ビールなお店(錦糸町・Beerich YEAST) 542)ビールなお店(銀座・BULLDOG) 543)ビールなお店(池袋・CAMDEN) 544)ビールなお店(門前仲町・宮澤商店) 545)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI、浜松町、青山、水天宮・バルケッタ) 546)ビールなお店(四谷・THREE THREAD) 547)ビールなお店(荻窪・THE GRUB) 548)ビールなお店(中野坂上・THE HANGOVER) 549)ビールなお店(神田、浜松町、五反田・DEVIL CRAFT) 550)ビールなお店(新宿御苑前・Vector Beer) 551)ビールなお店(御茶の水・cafe104.5) 552)ビールなお店(吉祥寺、下北沢・Va bene) 5530)ビールなお店(銀座など・ライオン) 5531)ビールなお店(銀座など・YEBISU BAR) 554)ビールなお店(新宿など・キリンシティ) 555)ビールなお店(渋谷、大門、博多・Goodbeer faucets ) 556)ビールなお店(茅場町・Mile Post Bike and Cafe ) 557)ビールなお店(六本木・Two Dogs Taproom Roppongi ) 558)ビールなお店(赤坂、青山・よなよなビアワークス) 559)ビールなお店(虎ノ門、三越前、吉祥寺、大手町、高円寺、淡路町、神保町、神田、中目黒、渋谷、京都、仙台・CRAFT BEER MARKET/ビールボーイ/ヤキニクラフト) 560)ビールなお店(新橋・Brasserie Beer Blvd.、銀座・PILSEN ALLEY、三越前・「BULVÁR TOKYO」) 561)ビールなお店(東麻布・KAMIKATZ TAPROOM TOKYO) 562)ビールなお店(八重洲→月島・TOWERS) 563)ビールなお店(神田、田町、豊洲・SCHMATZ) 564)ビールなお店(新橋・DRY-DOCK) 565)ビールなお店(秋葉原、東京・常陸野ブルーイング・ラボ) 566)ビールなお店(門前仲町・craft dining SAOTOME) 567)ビールなお店(新橋・WURST HAUS) 600)ビールなお店(東京都) 601)ビールなお店(神奈川県) 602)ビールなお店(千葉県) 603)ビールなお店(埼玉県) 611)ビールなお店(中百舌鳥・eni-bru、The 2nd Vine) 612)ビールなお店(関西・上記のお店以外) 613)ビールなお店(関東・関西以外) 614)ビールなお店(海外) 625)日本酒なお店 626)居酒屋百名山 627)西荻窪カレー屋巡り 629)ビールなお店ではないお店INDEX 630)和食 631)そば・うどん・ラーメン 632)粉モン 633)焼鳥・鳥料理・焼とん 634)寿司 635)沖縄料理 636)焼肉・ステーキ・しゃぶしゃぶ・すき焼き 637)ジンギスカン 638)洋食 639)イタリアン 640)フレンチ 641)スパニッシュ 642)中華料理 643)タイ料理 644)インド・ネパール料理 645)海鮮料理 646)その他各国料理 647)バー 648)お菓子・スイーツ 649)飲み放題 650)外飲み 651)家飲み 652)ラン or ウォーク 653)お風呂 654)キャンプ 980)ビールよもやま話 993)ビア友K 994)ビア友K氏 995)元・ご近所S君 996)後輩S 998)熊&吉 9991)娘&息子 9992)野球 9993)車・バイク 9994)ふるさと納税 9995)株主優待 9996)キャッシュレスキャンペーン 9999)もろもろ